タグ別アーカイブ: movie

Do I pick up the phone or not?  (Milano)

1200万件のアドレス情報を送信させたAndroidアプリ製作者を逮捕

Androidアプリの事件、今日はもう一件。今度は警視庁。こちらはゲームアプリだが、電話暗号やメールアドレスを送信させるという動作は同じで、すでに1200万件の流出が確認されていると、各社が報じている。

Do I pick up the phone or not?  (Milano)

By Guillermo Fdez

流出アプリ公開容疑で5人逮捕=スマホから1千万件超―警視庁 – WSJ日本版 – jp.WSJ.com

スマートフォン(多機能携帯電話)から個人情報を勝手に送信するアプリ(ソフト)がインターネット上に公開された事件で、警視庁サイバー犯罪対策課と赤坂署は30日、不正指令電磁的記録供用容疑で、IT関連会社の元会長奥野博勝容疑者(36)=東京都港区赤坂=ら男女5人を逮捕した。同課によると、奥野容疑者は「よく考えてから話す」と認否を留保。他の3人は容疑を認め、1人が否認している。

 アプリは奥野容疑者らが作成し、少なくとも約9万人がダウンロード。それぞれのスマホから、電話帳に登録されていた約1183万件の電話番号やメールアドレスなどがレンタルサーバーに勝手に送信された。同課は、奥野容疑者らが出会い系サイトへの勧誘などに個人情報を使おうとしたとみて捜査する。

このアプリは、「ぴよ盛り the Movie」で、すでに4月に個人情報流出アプリとして報道されている。

Androidの「the Movie」アプリで数万件~数百万件の個人情報が大量流出した可能性あり – GIGAZINE

スマホ情報流出アプリ、5人逮捕…9万人感染 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

個人情報1200万件流出 スマホ用ウイルスで

テレビ朝日の記事によると、奥野容疑者自身が運営する出会い系サイトの勧誘に利用していたとのこと。

映画「フタバから遠く離れて」「Nuclear Nation」

舩橋淳監督のドキュメンタリー映画「フタバから遠く離れて(英語タイトル 『Nuclear Nation』)」。終わりの見えない避難生活を続けている双葉町の人々を描いたドキュメンタリー映画。

映画『Nuclear Nation – ニュークリア・ネイション』公式サイト

予告編を見るだけでも、圧倒的な迫力だ。10月13日より全国順次公開だそう。

フタバから遠く離れて 予告編 from Atsushi Funahashi on Vimeo.

TEDx Tokyo 2012

TEDxTokyoにて、映画監督河瀨直美さんが講演

昨日渋谷ヒカリエを会場に行われたTEDxTokyo。金曜日上京していたので、参加したかったのだが、新潟に戻って用務があり断念。ネット中継を見ることができなかったのだが、今回は動画の編集作業も非常にすばやく、すでにYoutubeに動画がアップされ始めている。

Facebookで紹介していただいて、思わず見入ってしまったのが、映画監督河瀨直美さんの「The value of movies」。

TEDx Tokyo 2012

By tedxtokyo

プレゼンというのか、スピーチというのか。ほとんどがお話しだけで構成されているけれども、圧倒的な迫力・説得力で、映画の力、つながる力を伝えてくれる。なら国際映画祭にも行きたくなる。

「皆さん」と言わず、ひとりひとりに語りかけることで、つながりが強くなるということ。戻ってこない時間を記録する映像が、国境を超えること。彼女は映画のことを語っているのだが、自分には、インターネットやソーシャルメディアのことを語っているようにも聞こえた。

河瀨直美 オフィシャルサイト 組画 § Naomi Kawase Official Site‚ kumie

河瀬 直美 | TEDxTokyo

なら国際映画祭2012

新潟美少女図鑑ファンミーティング #niigata

新潟美少女図鑑ファンミーティングに行ってきた

テクスファーム主催の「新潟美少女図鑑ファンミーティング」が6月24日に開催された。Facebookを通じて、自分のところにもご招待をいただいたので、少なくない「アウェイ感」を感じつつも、参加させていただいた。

自らもイベントを開催する立場なので、他の方が主催するイベントには積極的に出かけていって、運営方法や参加者への配慮の仕方などを勉強するのは、とても大事なことだと認識している。そういいつつなかなか実践できていないのだけど。

この日のイベントは、新潟美少女図鑑相関10周年を記念するとともに、以下の3つが開催理由として挙げられた。

その1)最新号「Vol.21 Funny」発行記念
その2)電子書籍「小説・新潟美少女図鑑」リリース記念
その3)新潟美少女図鑑モデルの新曲「抱きしめて☆セツナ」披露

会場は新潟市中央区東堀通の、写真家タキザワフミオさんのスタジオ Takizawa Photo Works。タキザワさんには今年の敬和学園大学パンフレットの取材でも、たくさんいい写真を撮っていただいた。

自分のカメラは入院中で、撮影はiPhoneだけとなったが、会場内にはたくさんのカメラとプロカメラマン。絵になるモデルの皆さんが多数。

新潟美少女図鑑ファンミーティング #niigata

19時からは電子書籍「小説・新潟美少女図鑑」が発表になった。電子書籍は6月30日にiTunesからリリース。ストーリーは5つでコンテンツ課金となり、最初の一本目だけ無料公開。残りは各85円で、Movie、Story、Photoのセット。小説は藤田雅史さん。映像制作は、SOLU MEDIAGE inc.。新潟人の心をくすぐる映像になっていることが、予告編からも推測できる。

20時からは、新潟美少女図鑑モデルのユニット「セツナーズ」(と急遽決めたっぽかった)の新曲「抱きしめて☆セツナ」が披露された。また、この曲のCDは来場記念にいただくことができた。詳しく書いていいかわからないのだが、メンバーの一人とは結構ゆかりがあることがわかり、かなり親近感を持った。

関係者の皆さんに気を使っていただいたこともあり、さまざまな方々とお話しすることができ、また楽しいネットワークができた。

新潟美少女図鑑ファンミーティング

新潟美少女図鑑ファンミーティング報告書|テクスファーム小林のブログ

新潟美少女図鑑ファンミーティング☆|MIE☆BLOG ~COYOTE/S.A.L~

Keiwa Lunch、2作目の別撮り版をアップ

ゼミ学生たちのUstream番組「Keiwa Lunch」。前々回からUstreamとは別に、アーカイブ用のビデオを撮っている。学生たちはUstを動かして、担当がブログを更新するところまででオーバーフロー気味なので、今のところアーカイブ版の編集は一戸がやってみている。

iMovieの練習も兼ねての作業で、まだ完全に機能は理解していないが、とりあえず最低限の編集を加えてアップするという流れは、理解できた。さらにポイントを押さえたダイジェスト版を作れるようになるとなおよいのだが、時間と労力を掛ける必要がある。

今回は「ふれあいバラエティ」の実行委員募集について、コアメンバーが告知に来てくれたもの。「ふれバラ」は、実習でお世話になった福祉施設の皆さんを、学園祭の前日に敬和学園大学にお招きして行う、交流イベント。最初敬和にきたときには、名前を聞いてもピンとこなかった。すでに定例行事となっていて、学内では定着した用語になっているのだが、学外の人(や、関わっていない学生)にはすぐに理解されない言葉だと思うので、副題で工夫するなどしたらいいんじゃないかと思う。

ともあれ、実行委員50名を募集だそうで、コアメンバーはかなり気合が入っている。

ふれバラ (keiwa_hurebara) は Twitter を利用しています

creative commons -Franz Patzig-

まとめサイトへの利用を想定して、Livedoor NewsにCCライセンス適用

2ちゃんねるからまとめサイトに、転載禁止の通知があったことに対し、先週Livedoor Newsが新たな措置を取った。Livedoor Newsの記事に、CCライセンスを適用するという。

creative commons -Franz Patzig-

by A. Diez Herrero

livedoor ニュース、一部記事の二次利用が可能に~CCライセンス適用で -INTERNET Watch

CCライセンスを適用するのは以下の9つの提供元。

・トピックニュース
・Sports Watch
・ITライフハック
・家電チャンネル
・MOVIE ENTER
・独女通信
・エスマックス
・livedoor HOMME
・Peachy

 これらの提供元によるすべてのニュース記事は、CCライセンスが定める「表示-改変禁止」の適用対象となる。原著作者のクレジット(記事提供元の名称・URL)を表示し、ニュース記事の改変をしないことを条件に、記事全文を自由に転載・引用できる。

改変禁止ということなので、むしろ全文転載歓迎ということになるだろう。

livedoor ニュース、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスを適用し一部のニュース記事を転載・引用などの2次利用が可能に – プレスリリース 2012年 – プレスルーム – ライブドア

Thermae Romae

濃い顔の日本人が「古代ローマ人」を演じた映画「テルマエ・ロマエ」を見てきた(原作の予備知識ゼロ)

今日、妻の提案により、映画『テルマエ・ロマエ』を見てきた。先日映画館で予告編を見ていたし、初日を見てきた人の評判も見てはいたのだが、原作のことは一切知らなかった。

Thermae Romae

映画のあらすじは以下のようなテンプレ。

古代ローマの浴場設計技師ルシウス(阿部)は、生真面目すぎて時代に乗り遅れ、職を失った。友人に誘われて行った公衆浴場で、あまりにやかましく湯の中に潜って考えていると、排水溝に吸い込まれ現代日本の銭湯にタイムスリップする。漫画家志望の山越真実(上戸彩)ら“平たい顔族”(日本人)が生み出した画期的な浴場やグッズに衝撃を受けたルシウスは、ローマに戻って斬新な浴場をつくり、一躍名声を得る。

古代ローマ人の多くは、イタリア人、なのかどうかわからないが、少なくとも日本人風の人たちではない、西洋の顔立ちの人々が演じているのだが、主要な古代ローマ人の役柄は、阿部寛を筆頭に「濃い顔」の日本人が演じている。少なくとも日本人が見ると、いかにも「それっぽい」配役に笑ってしまう。映画版ならではの見所となっている。予告編に出ていた人も多いが、何人かは出てきたところで「この人が出てきたか」とそれ自体で笑ってしまった。

阿部寛演じる「古代ローマ人」という大枠での滑稽さが、阿部寛の演技力で加速し、現代日本の風呂文化を生真面目に観察するルシウスのおかしさと結びついて、相乗効果で笑いを呼ぶ作品であった。

タイムマシンものにありがちな、「もう一度元の時代に戻る困難」は全く話題にのぼることはなく、ルシウスは古代ローマと現代日本を何度も行き来する。これは原作からの設定だろうけど、古いフォーマットで発想しがちな自分にとっては、斬新であった。

日本人が演じる「古代ローマ人」で、イタリア人を笑わせるのは困難であるように思えたが、映画祭では非常に好評だったという報道も出ている。

「古代ローマ人」阿部寛にイタリアが爆笑 – シネマニュース : nikkansports.com

21日に北東部のウディネで行われたプレミア上映会は、爆笑の連続になった。温水洗浄便座で肛門にお湯を浴び、味わったことのない感覚に驚いて奇声を発し、便座を見詰めるシーンには拍手も起きた。1200人収容のメーン会場に観客が入りきらず、急きょ再上映が行われるほどの大盛況。観客の1人は「阿部さんはローマ人くらい顔が濃い。とても日本人とは思えない」と驚きの声を上げた。

 阿部ら顔の濃い日本人が古代ローマ人になり切った演技が、ハートをつかんだようだ。加えて温水洗浄便座やシャンプーハットなど、欧州に浸透していない日本ならではの文明の利器が登場するたびに、観客は阿部が演じたルシウスのように好奇の目でスクリーンを見詰めた。ネット投票NO・1という結果が、欧州の映画ファンからの厚く支持された証明だ。

 映画祭に出席した武内監督は「イタリア人の国民性なのか日本の3倍くらいの笑いが起きていた。イタリアで公開されることを期待してます」。阿部も「イタリアでも多くの方に見ていただけるとうれしいです」と期待した。

大ヒット上映中! 映画『テルマエ・ロマエ』公式サイト

Saudade

地方社会の実態を描いた映画『サウダーヂ』、4/7新潟シネウインドで公開 

昨年12月に津田大介さんのJ-Waveの番組に、富田克也監督が生出演していたを聞き、興味を持った映画。地方都市とそこで働く移民たちをテーマにした映画のようだ。舞台となるのは富田監督が生まれ育った甲府。

Saudade

実は12月に番組を聞いて、渋谷で上映中の映画を見るつもりだったが、残念ながらチャンスを逸した(その後延長されたようだが)。

4月7日から新潟シネウインドでの上映が始まることを、最近知った。初日は、富田克也監督、脚本の相澤虎之助の舞台あいさつがあるそうだ。

 

富田作品は、DVDでの発売はないようなので、ぜひ今回劇場で観たいと思う。

米国の食の実態を描いたノンフィクション映画「フード・インク」

WOWOWの「食メンタリー」という特集で放映されていた映画。2008年米国作品。

映画『フード・インク』公式サイト

アメリカの食がいかに「工業化」され、大量生産されているか。それがいかに動物、人間、環境にやさしくないか。さらにこの「アメリカの食」は、大企業やそれらと深く結びついた政府によっておし進められているか。さまざまなエピソードから見えるものを、おおざっぱにまとめるとこうなるだろうか。食の現場を取材しているので、やや刺激的な映像もあるにはあるが、取材拒否も受けており、必ずしも映像のどぎつさでアピールしようという映画ではない。

スーパーで、ついつい安い輸入食品に手を出してしまう自分も、この映画を見ると、よく考えて食材を選ぼうという気持ちにさせられる。また、農産物の輸入を自由化した先に何があるのかについても、大いに考えさせられる作品であった。

映画の後、「解説」部分のトーク映像で、小山薫堂さんが、「この映画を見て、日本の食の豊かさ、食のリテラシーの高さをあらためて実感した」と語っていた。全く同じことを思った。日本の食というのは、見た目の美しさだけに目を奪われがちだが、大量生産に頼りすぎない作り手の姿勢や、一般の人々の意識の高さに支えられているのではないかと、あらためて感じた。

検索してみたら、名指しで批判されている会社の一つ、モンサント社は、日本法人が日本語で見解を発表している。

映画「フード・インク(Food,inc)」に関する見解 | モンサント・カンパニーの見解 | 資料室 | 日本モンサント株式会社

映画評論家前田有一氏の批評記事。

超映画批評『フード・インク』65点(100点満点中)

鉄な人々はたしかにこんな感じ : 映画「僕達急行 A列車で行こう」

森田芳光監督の遺作となった作品。何の予備知識もなく、昨晩妻から提案があり、面白そうだなと思ったので、一緒にいってきた。結果的には「当たり」だった。

20120325-221832.jpg

映画『僕達急行 -A列車で行こう-』オフィシャルサイト

松山ケンイチと瑛太のコンビというので、あまりリアリティがないだろうなと思ったが、どうしてどうして。少なくとも、僕のイメージの中にある鉄な人々の、ちょっと変わった雰囲気が、デフォルメされつつもうまく現れていた。

主人公二人が、鉄道好きといっても微妙に違うところとか、世俗的な上司たちのバブリーな感覚とか、それに適当に合わせつつも我が道をいく若い世代の姿とか、細かい部分でも、時代性がうまく反映されていた。

大学界やIT業界には、職業柄ということなのか、鉄道好きが多い。自分はどちらかというと、世俗的な感覚でこれまで生きてきたようで、鉄分は薄めなのだが、旅をすることは多いので、鉄な方々にいろいろアドバイスをいただく。その結果なのか、次第に「乗り鉄」や「撮り鉄」な感覚は、理解できるような気になりつつある。少なくとも、楽しくお話をすることはできる。

最終的に「ただしイケメンに限る」という部分もあるのだが、この映画によって、「鉄な人々」の趣味の領域が、これまで以上にプラスに評価され、認知されるようになったらいいのではないか。

映画をみた後、行きたいなと思ったのは、行く機会がありそうということもあり、京急蒲田と喜多方。もちろん九州にも行きたいが。