タグ別アーカイブ: hokkaido

ドラマ「足尾から来た女」谷中村住民の集団移住先は、北海道佐呂間町であった

1月18日と25日、NHK総合で放映される「足尾から来た女」。田中正造の紹介で福田英子宅に派遣された女性を軸にしたドラマだ。

足尾から来た女

土曜ドラマ「足尾から来た女」|NHKオンライン

明治末。栃木県谷中村は足尾銅山の鉱毒で田畑を汚染された。田中正造の闘いもむなしく、村は16戸にまで激減。国は住人に村を捨てるように命じ、残った家の強制執行に踏み切った。
この谷中村の娘が田中正造の仲介で社会運動家・福田英子宅に家政婦として派遣された史実をもとに、一人の女性が見知らぬ東京の地で石川三四郎や幸徳秋水ら社会主義者たち、さらに石川啄木や与謝野晶子など多彩な人物と交わる中で成長する姿を描く。
故郷を失う苦しみを味わいつつ人間としての尊厳を守り、たくましく生き抜くヒロインを、NHKドラマでは連続テレビ小説「カーネーション」以来の単独主演となる尾野真千子が演じる。

尾野真千子さんは、「カーネーション」以来の「単独主演」ということだが、先日放映された「夫婦善哉」でも、森山未來さんと二人で主演している。文字が読めない貧しい農村生まれの女性が、とまどいながら東京で暮らすという設定を、見事に演じている。
柄本明さん演じる田中正造は、なんだか本物に見えてくるようであった。

さて、強制的に廃村に追い込まれる谷中村の人々はどうなったのか。ちょっと検索してみたところ、北海道常呂郡サロマベツ原野に集団移住したとある。稚内の近く「サロベツ原野」があるので、似ているなと思ったが、そこではなく、現在の北海道佐呂間町であった(その後、妻がいろいろ調べてみていたようで、「サロベツ」も「サロマベツ」も、もともとはアイヌ語の同じ言葉が語源のようだと教えてくれた)。

佐呂間町に「栃木」という集落があり、ここが谷中村の人々が集団で移住してきて、苦労しながら開墾した土地だそうだ。札幌の開拓記念館だっただろうか、道北開拓の歴史に関する展示を見たのを思い出した。


大きな地図で見る

佐呂間町のウェブページに「もう一つの栃木」という、集団移住者の歴史に関するページがある。開拓の歴史がかなり詳しく記録されている。
大切なサロマの歴史|佐呂間町の紹介|佐呂間町

2013年に、読売新聞が栃木地区を取材した記事も残っていた。住民が「栃木」という地名にこだわりをもって、祖先が苦労して切り開いた土地を守っていこうとしていると報じている。

102年前 北の大地へ入植 : 伝える 北海道の栃木 : 企画・連載 : 栃木 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

栃木の谷中村の痕跡については、産経に記事があった。
【ロケ地巡りの旅】ドラマ「足尾から来た女」渡良瀬遊水地 昔、ここに村があった 水塚や墓石…ヨシ原の中にわずかな痕跡+(1/2ページ) – MSN産経ニュース

青函連絡船の時代を知る一冊:金丸大作「写真集 青函連絡船」

実家の本棚から引っ張りだしてみたら、予想外に面白かった一冊。1984年出版なので、廃止される前に出版された本。実家にいた時代にもパラパラめくってみていたはずだが、あまり印象に残っていない。

写真は昭和30年代を中心に掲載されており、青森と函館を往来する人々の姿、船を運行に関わる船員その他の表情などをリアルに伝えている。個人的最も興味深かったのは、景福丸。「景福」といって思い出されるのは、ソウルの「景福宮」なので、韓国と何か関係が?と思ったら、その通り。関釜航路から、青函航路にうつってきた船だそうだ。空襲で、青函航路の船の多くが被害を受け、他の航路から船を確保したそうで、稚泊航路からも「宗谷」が応援に入ったという記述もあった。

景福丸は戦後引退し、函館港に係留され、日本で唯一の船上旅館としてしばらく営業していたという。景福丸が解体後も函館ハーバービューホテルの一角に、船上旅館を運営していた鉄道弘済会によるお土産店「景福」がしばらく残っていたそうだ。

 

「函館市史」通説編4 7編1章コラム14

景福丸 – Wikipedia

景福丸 – 函館鉄道写真館 – Yahoo!ブログ

1984年に出版されたものと同じ写真で再度2006年に出版されたのが、「青函連絡船の記録」だそうだ。

旧海軍大湊通信隊稚内分遺隊幕別送信所庁舎、雪の重みで壊れる

稚内の旧海軍施設と言えば、宗谷岬の旧海軍望楼。宗谷岬の観光コースにも入っているので、望楼は何度も見たことがあったが、今日ニュースに出てきた、幕別送信所は知らなかった。おそらく恵北の奥の方に人知れず残っているのだろう。

“開戦暗号電報”施設 雪で壊れる NHKニュース

太平洋戦争開戦の際、「ニイタカヤマノボレ」の暗号電報を送った北海道稚内市にある旧日本軍の通信施設として使われた建物が、雪の重みで壊れているのが見つかりました。

壊れていたのは、北海道稚内市の郊外にある旧日本海軍の「幕別送信所」として使われた建物です。
建物の保存に取り組んでいる地元の市民グループが、17日、現地を訪れた際に壊れているのを確認しました。
この建物は、昭和6年に開設されたかつて旧日本軍の送信所で、太平洋戦争開戦の際、「ニイタカヤマノボレ」の暗号電報を送る際に使われました。
建物はれんが造りですでに老朽化していましたが、雪の重みで屋根の大部分が落ち、壁に長さ10メートルほどの亀裂が入りました。

おそらく整備はされていなかった(市民グループが定期的に見回っていた?)だろうし、これから修理するのかどうか、市としても判断に迷うところかもしれない。

 

暴風雪で稚内が「陸の孤島」に

今日の昼間、元同僚の安藤先生から以下のTweetが流れてきて、驚いた。

え、そんなことあるのか、と思ったが、やはりレアな出来事のよう。90年代、まだ稚内北星短大だった時代に、似たようなことがあったようだが、僕がいた時代にはそこまでのことはなかった。

さいほくネットに、荒れ狂う暴風雪の様子が、動画で公開されている。

【ぷちコミ】今日の稚内は陸の孤島。 (さいほくネット)

稚内に通じる交通網はどこも通行止めになっていて、稚内市内の都市機能もマヒしたようだ。いろいろ検索してみると、コミュニティFMのFMわっぴーがかなり細かく情報を出していたことがうかがえる。市民や各機関のTweetでもさまざまな情報が共有されていたことが分かる。

さて完全に「陸の孤島」となった稚内。これだけの事態ならば、さぞ大きく報じられたかと思い(実際、本州でこんなことがあったら大騒ぎだ)、検索してみると、Google検索にはなにも引っ掛からない。北海道新聞のウェブを見てみると、大雪に関する記事が出ていた。

道内大荒れ 交通網寸断-北海道新聞[道内]

道内は低気圧が急速に発達しながら通過している影響で、15日朝から日本海側を中心に風雪が強まった。16日朝にかけて日本海側などで局地的な大雪、太平洋側やオホーツク海側では強風になるなど、全道的に荒天となる見通しで、札幌管区気象台は警戒を呼びかけている。

 

同気象台によると、15日正午までの12時間の降雪量は上川管内幌加内町で24センチ、同管内上川町層雲峡で21センチ、宗谷管内中頓別町で18センチ。旭川市は8センチ、札幌市は4センチだった。最大風速は襟裳岬で22・5メートルを観測した。

 

この影響でJRは午後1時現在、学園都市線の一部で運転を見合わせているほか、特急など19本が運休や部分運休し、約2千人に影響が出た。旭川市の東旭川駅構内では雪で線路のポイントが切り替わらなくなるトラブルがあった。

 

ハートランドフェリーは奥尻―江差、稚内―利尻・礼文の計12便、津軽海峡フェリーは函館―大間の2便が欠航。

 

というわけで、道内全域で大荒れであったこともあるのか、稚内のあらゆる機能が止まってしまったというニュースは、現時点では道新ですら報じていないようだ(ちなみに道新は稚内支局がある)。

そんな中コミュニティFMのFMわっぴーが活躍、わっぴーはおりしも、念願の出力アップを実現し、近々出力50Wになるそうだ。宗谷岬あたりまでカバーするにはたしかにこれぐらいの出力が必要になる。今回の暴風雪は、まさに大出力で市内全域をカバーする必要性を、タイミング良く示した形となった。

またTwitterも力を発揮した。一次情報は大手のメディアからはほとんど報じられなかったが、わっぴーが活躍し、それを補完する形でTwitterを通じて情報が共有された。日本のニュースで、大手メディアがカバーできないことなどないかのように思われがちだが、実は稚内に限らず、離島などでもカバーされていないニュースは多いはず。地域メディア+Twitterにより、この機能が補完され、コミュニティ内部はもちろんのこと、外側との情報共有も、可能になっているように思う。

自然エネルギーの街 稚内

前任校稚内北星の学生たちが、昨年夏の集中講義で撮影した動画。集中講義の担当は、中央大学総合政策学部の松野良一先生。

風力発電、さらには太陽光発電と、自然エネルギーの町として脚光を浴びる稚内について、コンパクトに解説してくれるこの動画、現在「北海道魅力発信動画コンテスト」に応募している。こちらのコンテストは一般投票を募集している。以下のリンクから投票できる。

体感動画 北海道 魅力発信動画コンテスト|自然エネルギーの街 稚内

松野先生とともに稚内に行った、中央大学の学生たちも、「最北の珍味試食会」という動画で応募している。例の缶詰を試食して珍味度を審査するというもの。

こちらも投票受付中。

体感動画 北海道 魅力発信動画コンテスト|最北の珍味試食会

市民メディア活動―現場からの報告
市民メディア活動―現場からの報告

FriendFeedの新サービス「Room」で、「Friendfeed Asia」という「部屋」を設置してみた

FriendFeed に新しく、テーマごとに部屋を作ってコンテンツを共有できる、Roomという機能が追加された。

TechCrunchの記事を読んで、じゃあちょっと試してみようかと思ったところ、Akihitoさんがすでに、試してみた上で、記事を書き終えていた。早い。。。

僕もお試しということで、Friendfeed Asiaというのを作ってみた。Friendfeedユーザの方は、お気軽にご参加を。そうじゃない方も、これを機会にぜひ。

一人でも何部屋も作れるようだが、NiigataとかAomoriとかHokkaidoとか作っても、参加者がほとんどいないだろうから、とりあえずは様子見。

続きを読む

Marginal Niigataの観光情報


All about Hokkaido
Originally uploaded by shinyai.

香港で本屋をめぐって、例によって日本観光情報の現状もチェックしてきた。やはりガイドブックの種類で見る限り、圧倒的に東京と北海道が人気だ。上の本には、今まで不毛であった稚内の情報もかなり詳しく載っており、ノシャップ岬の樺太食堂が大きく紹介されていた。札幌も、もちろんラーメン横丁は載っているけれども、ジンギスカンのだるまもきっちりおさえてあり、今までの北海道ガイドには見られないマニアックさが見られた。

さて、一方でおどろいたことに、新潟に関しては全くといってもいいほど情報がなかった。東京、北海道以外の情報は、どの地域も薄いのだが、しかし地域ごとを扱った本がそれぞれ複数売られていた。が、新潟について扱った本は全く見あたらなかった。もともと関東甲信越に入ったり、北陸に入ったり、北信越といったり、といった位置づけの曖昧さにより、このように宙に浮く可能性はあるわけだが、やはりこれといって押し出すものがない(弱い)という状況にあって、イマイチプロモーションをしきれてないというのが現実だろうと思う。新潟から香港に、直行便が飛んでないから、というかもしれないが、恐らくこうした情報不足は、同じように中国本土にも及んでいると予想される。

どこにどのように新潟の情報が流通しているのか、関係者はきちんと把握していて、それでいてこの状態ならば仕方がない面もあるのだろうが、気がついてないのであれば、気がついてもらいたいし、気づいているなら、いろいろ手はあるように思う。

情報メディアフォーラム in Sapporo::セッション4「情報発信『Hokkaido Style』-地域からの情報発信とIT」企画趣旨

今週の土曜、大学主催の「情報メディアフォーラム」で、1セッション司会をやることになった。私の専門と直接には関係ないのだが、「いいだしっぺ」の提案者が司会をするという、よくある話だ。
情報メディアフォーラム in Sapporo::セッション4「情報発信『Hokkaido Style』-地域からの情報発信とIT」企画趣旨
パネラーの皆さんとやり取りをしているが、内容には大いに期待が持てる。
地域ごとの多様性を反映させながら、全体として「北海道ブランド」を発信するという、なかなか複雑なことを、北海道はやらなきゃいけない。しかし、コンテンツを担う人々の動きはともかく、一般の人々の認識はきわめて低いのではないか、というのが僕の仮説。
「北海道ブランド」の発信に、海外番組配信を通じて取り組んできたテレビ局。
稚内、札幌、それぞれの文脈で情報発信に取り組むNPO。
次世代の「発信者」を育てる高等学校放送部。
それぞれの立場は違うし、個々の皆さんが「北海道」を強く意識しているかどうかは定かではない。おそらく必ずしもそうではないだろう。でもこれらの動きが全体として、トータルな「北海道情報」を作り出していることはまちがいないと思う。
土曜日の午後、札幌在住でお時間のある方はぜひご参加ください。