タグ別アーカイブ: au

la_causette: どこの誰だか分からない人のコメント

ブログ実名派(実名推奨派)の小倉先生のブログで、ついにコメントへの「承認制」を採用し、過去の「匿名」コメントの削除を行うことにしたようだ。

リンク: la_causette: どこの誰だか分からない人のコメント.

僕は大学で働き始める前、「ネットでは匿名にしておいたほうがよさそうだ」、と思えるような職場環境で、数年間働いていた。なので、小倉先生の立場にかみついている人たちの気持ちも、わからないではない。

でも、コメント欄で匿名派の人の「言論の自由」を保証することが、そんなに大事なことだとも、僕には思えない。「匿名の発言は卑怯だから別に発言の場所を与えなくてよい」からではない。いくらでも外側に発言の場所が確保されているからだ。

自分の匿名のブログに他人のブログのエントリを批判する記事を書くのでもいいし、はてなブックマークなどに、自分のコメントを書くのでもいい。他人がブログに書いた内容に関連付けたコメントは、他の場所にいくらでも書く場所が確保されている。もちろん、ブログエントリのコメント欄に書かれた内容は、そのエントリとの関連性が明示的になっているので、見ているほうにはわかりやすい。また、コメント欄に比べると、コメントする人があらかじめ、常設的な自分用の発言の場所なり、アカウントなりを用意する必要がある。でもそれも、たびたびコメントしている人にとっては、大した手間ではないだろう。

かつて日記猿人(その後「日記才人」に。あ、いま検索したら、日記才人は健在だ。)の新着リストで、微妙に関連づけを主張しあいながら、日記を書いている人たちがいた。それらは今のネットに比べると非常に脆弱な関連付けのもとで交流していて、外側(とりわけ日記猿人の仕掛けを理解していない人たち)から見ると、非常にわかりにくかったに違いない。

その頃の構造に比べれば、ブログでの意見に他人から「コメント」される可能性というのは、コメント欄が閉鎖されても、依然としてきわめて高い状態をキープするように思う。実際にブログ検索、トラックバック、ソーシャルブックマークといった仕掛けの組み合わせにより、関連付けの仕組みは相当に洗練されてきている。多少のタイムラグはあるにせよ、言論空間への影響は、大してないんじゃないかと思う。

ちなみに僕のこのブログは、すでに以前から、コメントもTBも承認制にしてある。ほとんどがスパムで、承認するのも内輪からのコメントがほとんど(内輪に成りすましたコメントがないとは断定できないけど。)なので、大勢に影響はない。

ITmedia News:ブログ時代の“うわさ”対応広報術

リンク: ITmedia News:ブログ時代の“うわさ”対応広報術.

Doveのキャンペーンは、日本でも行われていて、夏ごろ新宿駅で見た。

http://www.mydove.jp/dove-realbeauty/

口コミメディアを使ってPRする際は、注意すべき点もある。広告であることを隠さず、透明性を保つことや、他媒体にない貴重な情報を提供すること、ユーザーからの反応には迅速に対応すること――など。消費者を尊重し、信頼を裏切らない姿勢が必要になりそうだ。

この辺のバランスを守り続ければ、信頼された口コミに期待ができるということになる。もちろん、口コミに値するものであることが大前提だが。

BBC NEWS | UK | Call for legal copying of own CDs

こうやってブログを書き始めると、自分の勉強不足を自覚する。
それはそれでいいことなのだろう。

リンク: BBC NEWS | UK | Call for legal copying of own CDs.

自己所有のCDやDVDを複製することを、法的に承認すること。著作権の保護期間を延長しないこと。がこのレポートの趣旨。

前者について、英国では、私的使用のための複製(そういう書き方ではないと思うが)が認められていないということだろうか?この記事によると、日々英国民の多くが著作権侵害を繰り返している、そうなのだが。こちらをみたほうが良さそうだ。

http://www.ippr.org.uk/pressreleases/?id=2404

Current intellectual property law provides the owner of copyright in a
work with the exclusive right to copy it ‘in any material form’. While
exceptions to copyright do exist, for example copying for the purposes
of research, reporting or parody, these apply only in special
circumstances and only where a ‘reasonable proportion’ of the work is
copied. What constitutes a reasonable proportion is not defined;
however, it is not taken to cover copying a work in its entirety. The
UK’s exceptions to copyright – so called ‘fair dealing’ provisions – do
not include a private right to copy.

(中略)

The EU Copyright Directive gives scope to introduce a private right to
copy: Article (38) Member States should be allowed to provide for an
exception or limitation to the reproduction right for certain types of
reproduction of audio, visual and audiovisual material for private use,
accompanied by fair compensation.

というわけで、英国著作権法では、著作物を丸ごとコピーするのは、私的使用のための複製として許容されないということになる。英国発のLast FMは、自分でCDからコピーしたか、あるいはダウンロードした音楽ファイルのプレイリストを、みんなに晒してシェアしている。自分で買ったものかどうかはバレないの?という項目がFAQにあったが、自分で買ってても、このレポートにしたがうなら、UKでは法的に許容されないということになる。

なので、「private right to copyを著作権法に含めろ」と、話としては納得だが、ほんとにそうなっていたのか。ノーマークだったのでちょっとびっくりでがっくり。UKがそうだとすると、コモンウェルスの他の国もそうなっているのだろう。

追記:日本語にフォロー記事がITmediaに出た。

リンク: ITmedia
News:「私的利用目的での複製を合法化せよ」――英シンクタンクが主張
.

Nepal: Summer School, Inaugural Ceremony

20050817_020
ずっと遊んでいたみたいに見えるので、まじめなのも一つ。
今回の訪問目的は、写真の通りのSummer School in Kathmanduにスタッフとして参加することであった。これは東海地区の小中高の先生の情報教育に関する研究会が、ネパールのComputer Associationと協力して、現地の高校生に日本語とITを教えようという企画である。WAKHOKからは、3名の学生がスタッフとして派遣され、僕が引率役でついていったというわけ。写真は開会式の写真で、ホテルアンナプルナで盛大に開催された。学生の英語力は正直言って不安だったが、学生たちは非常によく働き、ネパールの高校生からも信頼された。
僕もこの中で一日分の授業を担当したけれど、主要な任務は現地Collegeとの交渉。完全な校務である。こちらもいろいろ成果があったのだけど、まあそれはおいおい。

Nepal: Laughing Buddha Home

Java Coffee Houseでの感動の再会ののち、スーツケースを引きずりながら、ゲストハウスを探す。
すでにユーミーとBabinがある程度リサーチしていてくれた。僕らも疲れていて、正直もうどこでもよかった。バックパッカーの集まる街タメルでも、すべての道が舗装されているわけではない。凸凹道では、スーツケースのカートの動きもイマイチ。
p8140044
しかし、Mr. Discountはまだ納得していなかった。さらにCheck and Discountの交渉をしている。しぶとくBest Dealを探そうとするBabinを説き伏せて、事前にチェック済みだったLaughing Buddha Homeへ。路地裏の細い道を不安な気持ちで進んだ先にある(紹介なしではたどりつけない)。オーナーはチベット系かと思ったが、名前を見る限りGurung系。ガッツ石松みたいながっちりした体形の人だった。
p8160060
p8170005
価格は一部屋500ルピー(750円程度)。今思えば、これはたしかに定価に近い線で、Babinが渋っていたのも理解できる。その後Mr. Discountの精神を受け継いで、われわれももはやこの値段では納得しなくなっていった。だんだん体というか頭がルピー感覚になじんでいくのである。旅の終盤で学生に「先生が一番変わった」と言われた。旅の序盤、このLaughing Buddhaまでは、一人で一部屋を占有していたのだが、そのうち、ルームシェアでもなんでもいいから安く上げようという姿勢に変わったという。そうかもしれない。
このゲストハウスの1Fには、名前のとおり、微笑むブッダの像が置いてある。そう、LaughingっていうかSmilingなんだと思う。
部屋は普通(いい写真がなかった)。PCは一台だけでゲスト用は無し。家族経営で、なごめる雰囲気があるのだが、夜は早い時間に鍵がかかってしまうので、閉まっていたら呼び鈴で開けてもらわないといけない。水環境は当たりはずれがあるか。お湯は出た。
(写真撮影は、すべてT. Suzuki.)