大学教員の「自由な生き方」を探るインタビューを受けました(のへメモから)

一戸信哉


敬和キャンパスレポでのインタビューがきっかけで、新潟の起業家、亀貝康明さんに私のインタビューを撮影していただきました。亀貝さんの新しい企画「アップデート新潟」の2本目となります。

アップデート新潟|UpdateNiigataアップデート新潟は、新潟で挑戦する人を応援するメディアです。人にはそれぞれストーリーがあり、いつでも私たちを惹きつけます。update-niigata.com

アップデート新潟は、新潟で挑戦する人を応援するメディアです。
新潟で生活していると“人”が見えません。
しかしながら、“人”にはそれぞれのストーリーがあり、いつでも私たちを惹きつけます。
特にそれが挑戦する人であれば尚更に。
そんなストーリーが集まれば、挑戦する人を増やすことが出来るのではないだろうか。挑戦する人が増えれば、新潟をもっと盛り上げることが出来るのではないだろうか。
過去からの延長線上で物事を考えるのは難しくありません。ただそれは時としてネガティブになりがち。
“どうせ…”よりも、
未来に向けて
“きっと…”で考えたい。
今までの価値観や先入観もアップデートしていきたい。
そして新しい価値観や思考で新潟と向き合えるきっかけを、アップデート新潟を通して生み出したいと考えています。

大学教員としてのキャリアとして見た場合には、一般的なルートを歩いてきたわけではないので、あまり参考になる話はないような気はします。地方私立大学で働く中で、さまざまな事象にアダプトして生きてきたあゆみは、ある程度共通性はあるのかもしれないですが、誰かの役に立つのかはわかりません。前職、前前職のときにあったことについては、皆さんに迷惑にならないだろう範囲でお話ししたつもりです。

亀貝さんは、大学教員という「自由人」のような人たちの生態を描きたかったようですが、実はそんなに自由ではないですよね。あまりうまく説明できなかった気もします。

亀貝さんは、江口歩さんにキャンパスレポに出演していただいたときに、大学まで同行していて、そこで「台湾の動画をたくさんあげている方ですよね」と私が話しかけたのがきっかけで、さらに亀貝さんにもラジオに出ていただきました。引き続き「中国ー台湾ー新潟」を結ぶ話題で、お世話になりたいと思っています。

敬和キャンパスレポ Vol.92 20210709 【敬和×SDGsレポ4】お笑い集団NAMARA代表 江口歩さん 前編|敬和キャンパスレポ|note

敬和キャンパスレポ Vol.93 20210716 【敬和×SDGsレポ4】お笑い集団NAMARA代表 江口歩さん 後編|敬和キャンパスレポ|note

敬和キャンパスレポ Vol.98 20210820 株式会社サンゾウCEO 亀貝康明さんインタビュー|敬和キャンパスレポ|note

元記事はこちらです。大学で制作するラジオ番組に関連した内容については、しばらくは番組noteで、「一戸信哉の『のへメモ』」として書いていくことにします(適宜、blogや個人noteにも転載したり、リライトする予定です)

大学教員の「自由な生き方」を探るインタビューを受けました:一戸信哉の「のへメモ」20211221|敬和キャンパスレポ|note

一戸信哉の「のへメモ」|敬和キャンパスレポ|note

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter

Facebook

AppBank Store

カテゴリー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Instagram

Instagram