タグ別アーカイブ: IM

香港の街歩きに必携の一冊:小柳淳「香港ストリート物語」

たしかシンガポールに行く前に、ガイドブックのコーナーでたまたま見つけて買ったまま、放置してあった本。結構マニアックな香港の街歩きの解説本だ。

 

250ページほどあるうち、最初の50ページほどを読んでみただけが、ここまで読んだだけでも、何度も訪ねた香港について、知らない事柄がたくさんでてきた。

1.香港島のQueen’s Roadは、もともと海沿いに作られていた。

2.香港島の旧市街地はかつてビクトリア市と称されていて、かつての境界線には石柱が今も残っている。

3.第二次アヘン戦争の結果、割譲された九龍半島が割譲され、その際の境界線とされているのが「界限街」。

4.MTRのマークは、九龍と香港の中心市街地の形を模した「エ」の形になっている。

5.九龍半島の目抜き通りNathan Roadは、九龍で唯一の南北を貫く道路。

6.ホリデイ・イン・ゴールデンマイルというホテル、「ゴールデンマイル」というのは、尖沙咀の中心街をかつて「黄金の1マイル」と呼ばれたことから来ている。

7.旺角はかつて農地で、「茫角」と呼ばれ、あるいは、船がよく見えることから「望角」と呼ばれていたが、同じ発音であることからその後「旺角」となった。旺角には「望角堂」という教会が残っている。

このように、日本語本であるにもかかわらず、街路をめぐるたくさんのエピソードが詳細に取材されている。観光で何度も香港に行ったことがあるという人、あるいは、街道にあまり関心のない香港在住者にも、意外な発見があるだろう。

香港を「ブラタモリ」風に散歩したり、カメラを持ってフォトウォークをする際に、この本を持って行くと、いろんな角度から香港の街を楽しめそうだ。

Facebookページがあるようだ。

香港ストリート物語

It's a tweetoff @ #thestudiotweetup

11/24開催「新潟県コミュニティ・フォーラム2012」に参加します

昨日新潟日報に記事が出たようなので、一応ブログでも告知。コワーキングスペース「Jelly Jelly Cafe Niigata」を立ちあげメンバー、西村治久さんが、県内のコワーキングスペース、コミュニティカフェ、交流スペース、コミュニティ活動、シェアハウス、ゲストハウスなどなどをつなげるイベントを開催する。声をかけていただいたので、15時30分からNSMCの話をさせていただく予定。

It's a tweetoff @ #thestudiotweetup

By John Biehler

多くの活動紹介が予定されており、名前だけ聞いたことのある活動も多数あるので、交流のきっかけにさせていただければと思う。

一般参加の申し込みは11/12までだそう。コクヨ北陸新潟販売さんの『ライブオフィス』にうかがうのも、大変楽しみだ。

新潟県コミュニティ・フォーラム2012

【新潟県コミュニティ・フォーラム2012】参加申込フォーム

——- 主旨

県内のコワーキングスペース、コミュニティカフェ、交流スペース、コミュニティ活動(朝活、○○会など)、シェアハウス、ゲストハウス、その他もろもろのコミュニティ(もしくはそれらを今後つくりたい人)が一堂に集結し、互いを知り、つながり、ひろがることが目的。

また、新潟県へ移住/移住予定の人、もしくは新潟県とつながりたい方々など、皆さんの活動の場、発表の場の幅が広がることを願い、開催します。

——- 概要

■イベント名
新潟県コミュニティ・フォーラム2012

■日時
2012年11月24日(土)13:00〜19:30
*タイムテーブルは下記に掲載

■会場
コクヨ北陸新潟販売(株)『ライブオフィス』
http://www.kokuyo-h.com/liveoffice/niigata/index.html

■参加方法
エントリーフォーム
http://bit.ly/niigatacf_form
☆応募締切 2012年11月12日(月)24:00

■会費
2,000円
*学生証の提示で500円

■事務局へのお問い合わせ先
west2538@gmail.com 担当: 西村
TEL 090-6193-6086 担当: 卯田(ウダ)

■主催者のメッセージ
昨今、コワーキングスペースはもちろん、県内で新しいコミュニティが各種生まれています。

それらのコミュニティが、会社や自宅につぐ第三の職場であり活動拠点として需要が高まっていることに対応し、一堂に集結する【新潟県コミュニティ・フォーラム2012】という県内初イベントを開催することにしました。

県内のコミュニティ関係者はもちろん、すでに利用されている方、これからの利用を検討される方、今後コミュニティを作りたい方、そしてプレス、行政、教育機関、企業を巻き込んで100人超の規模にするつもりです。

開催宣言後1週間も経たずして数十名の賛同者を得ており、期待の大きさを感じております。

コミュニティが個々に奮闘するのでなく、互いを知り、つながり、ひろがることで、皆さんの活動の場、発表の場の幅が広がることを願っています。

■ゲストスピーカー(以下3名様)

・河田 珪子さま
http://www.chiiki.pref.niigata.jp/dukuri/pickup/no_9.html
新潟県新発田市出身。
全国に広まった常設型・地域の茶の間というコミュニティの創設者。

・広瀬 眞之介さま
https://www.facebook.com/hirose/info
東京・水道橋のコワーキングスペース【ネコワーキング】の代表。
全国の地方コミュニティの成功事例に関わっています。

・金森 裕樹さま
http://www.worksight.jp/
コクヨ WORKSIGHT LAB.
WORKSIGHT編集員。2006年にコクヨに入社。欧州のオフィス家具の国内販売企画や各種イベントプロモーションを担当。2011年には東日本大震災復興支援プロジェクトに所属。2012年よりWORKSIGHT LAB.所属 働くしくみと空間をつくるマガジン[ワークサイト]の編集に携わる。

■情報発信用アドレス

・Facebookグループ
http://bit.ly/niigatacf

・Twitter ハッシュタグ
#niigatacf

☆以上を、フォーラム開催後も新潟県コミュニティの情報交換の場として活用します

■フォーラム当日、ライブ配信します
Ustream番組【PLAGE-TV(プラージュ-ティーヴィー)】にて
http://www.ustream.tv/channel/plage-tv

——- タイムテーブル

▼12:30 開場

▼プロローグ
13:00 開幕の挨拶&1day cafe紹介(プロデューサー・西村 治久)
13:05 会場スポンサーの挨拶(コクヨ北陸新潟販売株式会社)
13:10 ゲストスピーカーの講演 1(常設型 地域の茶の間 創始者・河田 珪子)
13:40 休憩

▼第1部(県内コミュニティ プレゼン)
13:50 新潟駅南・JELLY JELLY CAFE NIIGATA
14:00 新潟市東区・Yumeスペースひだまり/Cafe korarema/シェアベーカリー工房
14:10 新潟市古町・meme
14:20 燕市・Nico*mam
14:30 燕市・サマンサハート
14:40 新発田市・古本いと本
14:50 村上市・地域の茶の間 心のわが家
15:00 休憩
15:10 新潟×朝活/green drinks Niigata
15:20 無名大陸
15:30 新潟ソーシャルメディアクラブ
15:40 新潟フューチャーセンターネットワーク
15:50 シェアハウス/ゲストハウス
16:00 サロン・ド笑天街
16:10 新潟プレゼン研究会
16:20 ビデオレターTime
16:30 休憩&1day cafe終了案内

▼第2部
16:40 ゲストスピーカーの講演 2(東京都 ネコワーキング 代表・広瀬 眞之介)
17:10 近県コミュニティ プレゼン 1(石川県金沢市・cafe? IKAGAWADO)
17:20 近県コミュニティ プレゼン 2(長野県上田市・HanaLab.)
17:30 近県コミュニティ プレゼン 3(栃木県足利市・SPOT3)
17:40 休憩

▼第3部
17:50 コクヨ WORKSIGHT・金森 裕樹『シリコンバレーにみる先端オフィス事例』
18:20 コミュニティデザイナー・唐澤 頼充からの提案
18:30 プロデューサー・西村 治久『フォーラムの今後と予告/本編閉幕の挨拶』

▼エピローグ
18:40 交流会
19:30 撤収
*交流会が始まったら自由解散となります

——-

【下記を必ずお読みのうえ、ご参加ください】

■当日は受付の際、事前にお申し込みいただいたお名前(もしくは団体の代表者名)をおっしゃってください
■駐車場の台数に限りがありますので、あいのりでのご来場をおすすめします
■Wi-Fiおよびインターネット接続環境は各自でご用意ください
■飲食物の持ち込みOKです。ただし、ゴミは各自でお持ち帰りください。また、会場にある当日限りのカフェ(1day cafe)でも軽食を販売しています(にいがた農園倶楽部のおいしい新米を使ったおにぎり等)
■会場内では、相席のうえ交流をお楽しみください。また、開催中の席の移動や飲食、1day cafe/トイレ/キッズスペース/喫煙室の利用、質問はいつでもOKとなっています
*一般的なセミナー形式と違い、席の位置や各種タイミングを固定せず、交流しやすい雰囲気を尊重しています。ご質問ある方は随時、挙手のうえどうぞ
*上記タイムテーブルのうち10分枠のプレゼンタイムでは、各5〜7分のプレゼンのあと、3〜5分のディスカッションタイムがありますので、プレゼンテーターと積極的に意見を交わしてみてください
■ご質問・お問い合わせは、担当・卯田(ウダ)まで TEL 090-6193-6086

——-

■参考事例

・以下、他地域での同様のイベント開催事例です。

▼東京。コワーキングカンファレンス東京2012
http://cct2012.coworking-jp.org/

▼大阪。コワーキング・フォーラム関西2012
http://cfkansai.org/

▼札幌。コワーキング・パーティー
http://www.hkd.meti.go.jp/hokid/20120824/index.htm

以上、皆さんのご参加をお待ちしております。

Windows Live Messangerが終了し、Skypeに統合

長らくインスタントメッセンジャーの標準であったWindows Live Messengerが、サービスを終了して、Skypeに統合される。Techcrunchの記事で知った。

 

ひとつの時代の終わり―Windows Live MessengerはSkypeに統合されて引退へ

Facebookとスマートフォンの台頭以前に育ったわれわれにとってはこのニュースはほろ苦いものだ。われわれの最初のオンライン・ソーシャル体験はAIMやICQ、WindowsLive(当時はMSN Messenger)のようなインスタント・メッセージによるものだった。しかしMirosoft自身もブログで認めているとおり、プラットフォームはソーシャル・サービスとモバイル・インターネットへと変化した。高機能なSkypeへの転換は必然的だといえる。

すでにSkypeやWindows Liveのブログでも公式に発表されている。

Skype – The Big Blog – Talk to your Messenger Contacts on Skype

The Windows Blog

個人的には、Windows Live Messengerからはスパムメッセージが増えてきていたし、周りに使っているユーザもあまり多くなくなったので、だいぶ前からすでにログインすることがなくなっていた。ともあれ、ICQからはじまったインスタントメッセージは、SkypeとWindows Messengerに移行し、片方が引退となった。実はSkypeも、個人的にはあまり使っていない。音声通話をすることが少ないので、結局Facebookメッセージのほうが便利になってしまった。LINEもある(こちらはまだそんなに使ってないけれど)。

ちなみに中国のみ、サービスが継続するそうだ。

上越のラーメン店「あごすけ」が大つけ麺博で全国3位に

上越の人気ラーメン店「あごすけ」の「越後甘海老つけ麺」が、大つけ麺博で3位に入賞したそうだ。上越で立ち寄る店としては、我が家ではほぼ一択の定番のお店だ。

上越市の「あごすけ」が大つけ麺博で全国3位 : 上越タウンジャーナル

 

 

 

2012年9月27日~10月17日の3週間にわたり東京・浜松町駅前で開かれた「大つけ麺博 日本一決定戦」で、新潟県上越市から参加した下門前の麺屋あごすけの「越後甘海老つけ麺」が、見事第3位を獲得した。

(中略)

豚骨と鶏がらによる濃厚白濁スープに、糸魚川市の酒粕、新潟名産の甘エビの炒め煮を加えた。中太の麺にはコシヒカリの米粉を入れ、粘りと甘みを出した。トッピングはチャーシュー、青菜、エビせんべい、ラスク、エビ辛子で変化をつけた。

イベントの中での出店のため、麺がくっつかないよう、佐渡産のトビウオを使ったアゴ油で乾燥を防いた。グループで分けあって食べる人にも、一口で強烈な印象を出そうと、上越産メギスの魚醤をスプレーで麺にふりかけるなど工夫した。

あごすけに行くと「塩ラーメン」が定番で、その次が醤油か。とんこつにはあまり手を出さず、つけ麺にも行かない。というパターンが我が家ではだいたい決まっているのだが、このつけ麺は海老の味が出ているだろうし、ちょっと気になるところ。

このメニューはお店でも月末までは出しているそうだ。今週末10月27日には、「くびきのメディフェス」に参加するために上越に行くので、ぜひチャレンジしてみたい。皆さんも「くびきのメディフェス」においでいただき、ぜひあごすけにも行きましょう。

10/27「くびき野メディフェス 2012」に参加:パネラーはブロガー藤代裕之さん、「新潟美少女図鑑」加藤雅一さん | Niigata Social Media Club / 新潟ソーシャルメディアクラブ

10/27「くびき野メディフェス 2012」に登壇予定:藤代裕之さん、加藤雅一さんとともに、テーマは「地域メディアとしてのソーシャルメディア」 | ICHINOHE Blog

麺屋あごすけ めんやあごすけ – 春日山/ラーメン [食べログ]

八戸のせんべい汁がB―1ゴールドグランプリに

今日、北九州市で開かれた「B―1グランプリ」で、「八戸せんべい汁研究所」の八戸せんべい汁が、ゴールドグランプリに選ばれた。


by yousukezan

朝日新聞デジタル:B―1ゴールドグランプリに「八戸せんべい汁研究所」 – 社会

「八戸せんべい汁」は煮崩れしない鍋用の特製南部せんべいを、鶏肉やゴボウ、長ネギなどと煮込んだしょうゆベースの鍋料理。同研究所は地元八戸市で開かれた第1回大会から参加し、2回大会以降は2位か3位に入る人気だった。

自分がせんべい汁を初めて食べたのは、小学4年の終わりに、八戸市から三戸郡名川町(現南部町)に引っ越したあとだったと思う。八戸時代は社宅が立ち並ぶ「団地」での生活だったせいもあり、南部地方の文化には疎かったが、三戸郡名川町の剣吉小学校では、南部というか剣吉の文化や風習が強く、最初は大変だったが、楽しい時期を生活を送ることができた。せんべい汁も最初、おそるおそる食べたような気がするが、食べてみると結構美味しかった。子供の味覚なので、地味な汁物が大好物、というわけではなかったが、せんべいを入れるという意外性の割には、違和感なく受け入れられた。

この「意外性」をひたすら追求し、(南部だけではなく全県的に認知される)オール青森ブランドに育てたのが、「八戸せんべい汁研究所」の皆さんということになるのだろう。おめでとうございます。

その後中1の終わりに青森市に引っ越して以来、南部には縁がない(妹が結婚してこの前まで八戸にいたが、遊びに行く前に転勤になった)。当時一緒に遊んでくれた仲間たちに、一度会ってみたいとは思いながら、すでにこの歳になってしまった。神社や児童館で野球や缶けりをしたり、田んぼでスケートやしたり、釣りに行ったり、クワガタをつかまえたり。ひたすら自然の中で遊んでくれた彼らは、今どこでどうしているのだろう。たまにせんべい汁を食べると、その頃のことがふと思い出される。

一度「剣吉フォトウォーク」をやって、かつて遊んだ場所を撮影してまわってみたい。

[rakuten]wakamehonpo:10000658[/rakuten]
[rakuten]wakamehonpo:10000659[/rakuten]
[rakuten]wakamehonpo:10000758[/rakuten]
[rakuten]kiminoya:10000557[/rakuten]

Newsweekが2012年末で紙版の雑誌発行を終了:オンラインに特化

約80年の歴史を誇る米国の雑誌Newsweekが、紙での発行を2012年末で終了し、オンラインでの配信に特化すると発表した。

 

 

米誌ニューズウィーク、雑誌発行を今年末で停止…オンラインに特化 – MSN産経ニュース

【ニューヨーク=黒沢潤】創刊79年の歴史を持つ米誌ニューズウィークの発行元は18日、経営難に伴い雑誌発行を今年末で停止し、来年からインターネット上のオンライン配信に移行すると発表した。

オンライン移行後は「ニューズウィーク・グローバル」の名称で世界共通の内容となる。発行元幹部は「デジタル形式で読者と効率的に接する時期が来た」と述べた。

NewsweekはTimeとならんで、「英語を勉強したいならば定期購読すべき」というぐらいに、英語学習者の定番となる雑誌であった。もちろん実際にも、これらの雑誌の表紙は、社会的な注目を集めている。最近ではこんな騒動もあった。

米誌ニューズウィークの表紙「ムスリムの憤怒」、ネットで嘲笑の的に 国際ニュース : AFPBB News

ともあれ、雑誌から人々が離れており、その傾向は米国では顕著であろう。日本でも米国でも、インパクトのある雑誌の表紙や中吊り広告のようなものを通じて、見出しにも注目は集まることはあるだろうが、実際それが実売に結びつくかと言うと、それは難しいような気がする。

A Turn of the Page for Newsweek – The Daily Beast

Newsweek to reduce staff, eliminate print edition as it goes digital only in 2013 | Poynter.

デジタル化すると、これまで注目を集めていた「表紙」の役割も変わってくるだろう。もちろん当面はどうようの形式をとるのだろうが、やはり手に取ってみる雑誌の表紙と同じインパクトを、デジタル版の「表紙」は持ち得ないだろう。