タグ別アーカイブ: brightkite

Brightkite

Brightkiteがチェックインサービスから撤退

位置情報サービスのパイオニア、Brightkiteが、チェックインサービスから撤退するようだ。
Brightkite

チェックインサービスの先駆者”Brightkite”がチェックインから離脱 – IT / テクノロジー | TechDoll.jp

BrightkiteはFoursquareよりも先に始まったチェックインサービスだけれど、今では500万ユーザを突破した後発のFoursquareとの競争に苦戦。今年に入って共同創設者のMartin May氏とBrady Becker氏が去り、Brightkiteはモバイルのグループメール機能に集中していく。今年9月の時点で、この事業がいちばん伸びている事業だったそうなので、自然な判断と言えそう。

このブログでは、Brightkiteのカテゴリーまで作っていたのだが、すでにここ数カ月、ほとんど利用していなかった。位置情報系のサービス、日本のユーザの間の評判では、Foursquareが圧倒的に支持を得ており、そこに日本語サービスのロケタッチが割って入ってきているという状況だろうか。いろいろサービスが出てきているが、「チェックインして何かいいことあんの?」というのが、一般ユーザの偽らざる感想であろう。したがって「チェックイン」にとどまらず、その先のメリットをどのように出していくかが、今後競争の行方を決めていくはずだ。

Brightkiteがマルチチェックインの新サービス「check.in」を準備中

Techcrunchの以下の記事、位置情報サービスが乱立し、ユーザ(アーリーアダプタ限定だろうけど)が振り回されている現状は、日米ともに共通であることがわかる。

この中で気になるサービス、Brightkiteが開発中のcheck.inというサービスについての記述がある。

リンク: 位置情報サービスの現状と対策、および今後の見通しについて.

このような現状の中、何社かこの問題を解決しようとする動きを見せているのは驚に値しないだろう。たとえばBrightkiteはcheck.inというドメインを取得して新たな動きをみせている。あるパーティーで提供予定のサービスアプリケーションのプレビューを見せてくれたが、それはまさに私が欲しているものと言えそうだった(こちらの英文記事にデモビデオも掲載されている)。

続きを読む

Wi Fi Mi Fi

中国から国外ソーシャルメディアへの接続

今回の中国出張では、ソーシャルメディア事情を見てこようと思っていた。普段留学生の様子を見ていても、彼らは日本人のように欧米系のサービスを使わず(知らず?)、中国のサービスを利用している。どこかの欧米系や日本のサービスにそっくりなサービスも多い。

どうしてかくも彼らはかたくなに、独自サービスの利用にこだわるのか。もちろん人口で考えれば、ローカライズされた中国語サービスで、英語圏並みのサービスに育っていく可能性はあるわけだが。どうもその背景には、中国政府が設けているGreat Firewall(GFW)により、「欧米系のサービスは普通にはアクセスできない」状況があるのではないか。

以前僕が中国に行っていたころに比べて、ソーシャルメディアのパワーは格段に強まっており、一方こうしたメディアへの中国の規制は強まったように感じていたので、その辺の事情には非常に興味があった。

今回はホテルのLANのほか、中国で使える「どこでもWi-fi」の、mi-fiという機器をレンタルで持っていったので、こちれも利用した。長時間移動でバッテリーが切れてしまう問題はある(これは、イーモバイルのPocket Wi-fiでも同じか)ものの、非常に安定していた。

Wi Fi Mi Fi

続きを読む

Foursquareは位置情報系の新興勢力

最近Twitter上で、@joiさんなどがいろんな場所のMayor(市長)になっていて、何のことだろうと思って調べてみたところ、出てきたのが、Foursquareというサービス。あまり日本語で詳しく解説している記事はなかったが、唯一@tsuruakiさんが紹介記事を書いてくれていた。

湯川鶴章のIT潮流 powered by ココログ: 注目位置情報サービスの「FourSquare」日本で利用可に=狙うはローカル広告

 このFourSquareは、日本でもアプリは以前からダウンロードできたんだけど、日本の都市はサポートされてなかったので、どんなものか使い勝手がまったく分からなかった。だが1週間ほど前に50都市を新たに追加、東京もその中に入った。とはいえまだローカライズされていないようで、表記は英語。当然今後早い時期にローカライズしてくることだろう。APIを公開するなど、ジオメディアの基盤インフラを目指しているのは明らかだ。先行する日本のジオメディアや地方新聞社、フリーペーパーなどの脅威になる可能性がある。

どうやら位置情報系のサービスで、訪れた先にチェックインするBrightkiteに似たサービスのようだ。都市ごとにサポートが拡大していくので、今のところ日本では東京でしか使えない。iPhoneアプリも無料なので入れてみたが、新潟では全く何も起こらないことがわかった。

続きを読む

浅尾慶一郎(@asao_keiichiro)さん、民主分裂で衆院選出馬へ

Twitter議員の一人で、BrightkiteやTumblrも使いこなしている浅尾慶一郎参院議員が、民主党を離党し、衆院選に立候補することにしたそうだ。

リンク: 神奈川4区、民主党が分裂選挙 参院浅尾氏が衆院選出馬へ – 47NEWS(よんななニュース).

民主党の「次の内閣」防衛相浅尾慶一郎参院議員(45)=神奈川選挙区=が、民主党を離党し、衆院選で神奈川4区から立候補する意向を支援者に伝えたことが23日、関係者の話で分かった。24日にも離党届を提出し記者会見する予定。
 

民主党は、同区で元神奈川県逗子市長長島一由氏の擁立を決めており、事実上の分裂選挙になる。

続きを読む

民主党浅尾慶一郎氏がBrightkiteに登場

イラン、ウイグルと、Twitterと政治社会運動とのリンクを想起させる事件が続く中、日本国内でも政治家によるTwitter利用が少しずつ注目されてきており、国会議員、地方議員のTwitterアカウントも、まとめサイトができはじめている。

昨日は、民主党の衆議院議員浅尾慶一郎さん(@asao_keiichiro)がTwitterを使い始めたようで、さっそくフォローしてみた。浅尾さんのTweetをよく見ると、

I’m at 大船駅(神奈川)
I’m at near Yamanouchi, , Japan
I’m at 鶴岡八幡宮例大祭
I’m at 大船駅(神奈川)

といった発言を、Brightkiteからしている。どうも最初から、Brightkiteを使って発言しているようだ。

というわけで、Brightkiteを利用する(おそらく)最初の国会議員である浅尾さんを、Brightkiteでもフォローした。

リンク: asao_keiichiro’s Friends – brightkite.com.

日本の携帯からBrightkiteを使うためのBrightkite mobile gateway

iPhoneユーザには徐々に浸透してきているBrightkiteだが、日本の携帯では使いにくく、日本語メニューがないこととあいまって、日本でのブレークを妨げている。

そんななか、OAuthを利用した携帯用ゲートウェイが公開されている。

今のところdocomo FOMA のみ対応ということで、動作確認はしていないが、これで日本仕様の携帯ユーザにもBrightkiteをオススメできるようになるだろうか。

Brightkiteで敬和学園大学へのチェックインが可能に

iPhoneからBrightkiteを用いて、敬和学園大学でチェックイン先を検索する際に、敬和学園大学のいくつかの部署の名前で出てくるようになった。

リンク: Twitter / Shinya ICHINOHE: I’m at 敬和学園大学 教務課 入試係 – ht ….

Brightkiteが探し出す日本のデータは、少しずつ良くなってきているのであろう。これまで大学でチェックイン先を探しても、近所の電気店の名前しか出てこなかったのだが、今日突然、大学のさまざまな部署の名前が出てきた。

ちなみに「入試係」は、4月から「入試課」に格上げになっており、しかもその前にはすでに「入試室」になっている。こういう情報のアップデートは、なかなか時間がかかるものなのかもしれない。

Details » ICHINOHE Blog » PostRank

ブログをエントリーごとに格付けするPostRank

PostRankというサービスのウィジェットを、サイドバーに貼ってみた。このサービスは、サイト全体ではなく、ブログなどのエントリー(記事)を評価し、ユーザが評価の高いコンテンツに効率的にアクセスできるようにしてくれるようだ。


このブログでは現時点で、左サイドバーにはてなブックマークのウィジェットと並べてみているが、結果にかなりの差が見てとれる。はてなブックマークのウィジェットは、このブログの記事の中から、はてブで5以上のブックマークがついたものを新しいものから順に並べている。PostRankの場合はどうなっているのか。

続きを読む