Vol.20 明治天皇巡幸記念碑と礎公園:一戸信哉の新潟のへラジオ


新発田白瀬家が所有していた、信濃川沿いの広大な土地に、明治天皇をお迎えするための行在所を作ったのが始まりです。その後、東宮(のちの昭和天皇)のご成婚を祝う石碑も建てられています。現在は柳都大橋の下に入って、あまり目立たない存在の公園になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter

Facebook

AppBank Store

カテゴリー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Instagram

Instagram