Vol.14 北朝鮮に渡った人々の記憶をとどめるボトナム通り:一戸信哉の新潟のへラジオ


北朝鮮への帰還事業で海を渡った人々が、フェリーターミナルに向かう道沿いに柳を植えていきました。その通りは現在も、ボトナム通りと名付けられていますが、忘れ去られつつあります。

2021年12月、「日朝友好を記念して中央区のボトナム通りに約300本植えられた柳は現在、3分の1以下に減っている。プロジェクトでは、新たな柳の植樹を通じて帰還事業が生んだ悲劇を伝えるとともに、帰還事業や日本人拉致事件に関する資料館と帰還者の名前を刻んだ碑の設立を目指す」として、プロジェクトの発足が発表されています。

北朝鮮帰還事業62年 風化させぬ 脱北女性が新潟「ボトナム通り」に柳植樹へ | 社会 | 新潟県内のニュース | 新潟日報モア

北朝鮮の人権問題 新潟から訴え ボトナム通り整備プロジェクト発足式 | 社会 | 新潟県内のニュース | 新潟日報モア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter

Facebook

AppBank Store

カテゴリー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Instagram

Instagram