Vol.47 加島屋の紙袋:一戸信哉の新潟のへラジオ


「食の文学館 第6号 特集:越後路文学と味覚の旅」(1989年)の中に掲載されていたエッセイ、水戸部浩子「日本海と越後平野の豊穣の味」から、加島屋の紙袋の誕生にまつわるお話を紹介しました。加島屋の紙袋、新潟の中高年の間では、便利なバッグ(?)として人気だとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter

Facebook

AppBank Store

カテゴリー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Instagram

Instagram