タグ別アーカイブ: NHK

Jazz Hornets #keiwa #niigata

高校と大学、2つの「敬和」をつなぐイベント「敬-One」にて、学生と二人で司会に挑戦

今週はイベント目白押し。今日は敬和学園高校の生徒、関係者を招いたイベント「敬-One」。これまで高校の生徒を招いた「説明会」だったものをバージョンアップ、単なる説明会やオープンキャンパスではなく、高大7年間を一つの「コース」として捉え直す試みとして、位置づけ直したつもり。

Jazz Hornets #keiwa #niigata

午前は開会礼拝やビデオ上映の後、西方&一戸のKeiwa Lunchコンビが司会となり、学生や卒業生の近況をきくセッションをやらせていただいた。朝一のテックリハ段階で、プロジェクタとMBAの相性が悪く、嫌な予感がしたのだが、なんと予感が的中。つなぎっぱなしでスタンバっておいたつもりが、開会後VGAケーブルがはずれていて、自力では復旧不可能に。やむをえず、復旧をスタッフにお願いし、二人でフリートークでつなぐ展開に。相方が西方さんだったのが不幸中の幸いで、なんとか乗り切ることができたか。

先週中国から帰国後、かなり時間をかけて準備したシナリオとスライド、何より西方さんのこなれた喋りが聞いて、復旧後のトークはうまくいったと思う。Keiwa Lunchで鍛えたしゃべりということか。時間的には盛りだくさん過ぎて、アドリブを挟む余裕がない進行で、ちょっと窮屈ではあった。学生、卒業生を軸に、もう少し深掘りできたよなあという気持ちもある。ともあれ、いただいた時間の範囲で、それなりの盛り上がりは作れたんじゃないかと思う。出演して下さった皆さん、どうもありがとうございます。

その後、学科ごとの分科会では、いろんな高校生たちと話ができ、自分が担当した部屋には、器楽部Jazz Hornetsのメンバーもたくさん混じっていた。今日はアルビの試合での演奏(不敗神話で知られる)も予定されていて、天気を気にしていた。結局演奏は中止になったが、最終的に試合は行われたようだ。

午後は体育館でのステージ。高校と大学から、それぞれ音楽、ダンスのサークル、部活が出演して演奏。大学のブラスバンド部KCBBと高校の器楽部Jazz Hornetsは、一緒に演奏していた。午後のMCも学生が担当。そつなくこなしていたが、さすがに一人では大変そうだった。もう一人、誰か「歌って踊れる」同僚に入ってもらえばよかったか。ともあれ、高校と大学、それぞれで頑張っているサークル、部活が、同じステージに立つことができたのは、よかったのではないか。継続していきたい。

敬和学園高校器楽部 Jazz Hornets

昨日探していたNHKクリエイティブ・ライブラリーが公開している音声ファイルのうち、今回のセッションで利用したのは以下の3つ。その前にSoundcloudでもいろいろ探していたのだが、結局NHKにおいてあったものがハイクオリティで、長さもちょうどよく、使いやすかった。

効果音 インターミッション

音楽 ジャングルウォーク

音楽 ペンギン・ピクニック

今日参加してくれた学生メンバーや高校の先生とは、また似たような内容で、高校でもお話できたらいいですねという話になった。学生たちは母校訪問にやる気満々なので、ぜひまた企画したいと思う。

「村上信夫のおそうざいフランス料理」:家庭で楽しめるフランス料理を紹介

帝国ホテル総料理長だった村上信夫氏。かつてはNHKの料理番組でも活躍していた村上氏が、家庭でも楽しめるフランス料理を紹介した本。村上氏はすでに数年前に亡くなっているが、NHKでときどき昔の映像が流れることがある。個人的には、稚内に引っ越す直前に、職場の企画で帝国ホテルで食事をする機会があって、そのときに村上氏が最後にご挨拶に見えたことをよく覚えている。

この本は、かつて稚内時代に譲り受けた一冊なのだが、読むだけでも大変面白いので、今でも蔵書として我が家に生き残っている。この春休みの在庫一掃作業で、古い本をかなり処分しているのだが、それでもこれだけは手元に残そうかと。

以前「かきのクリームスープフランス風」というのを試してみて、濃厚でとてもおいしかったので、また試してみたいと思っている。「家庭でも楽しめる」ことを意識しているので、お店で食べるフランス料理のように、凝った食材や道具を使わないようにしている一方、70年代の「家庭料理」なので、それなりに手のかかる作り方が多いようにも思う。

「ムック」ではあるのだが、Amazonで調べてみたら、古書で結構いい値段がついていた。

旧海軍大湊通信隊稚内分遺隊幕別送信所庁舎、雪の重みで壊れる

稚内の旧海軍施設と言えば、宗谷岬の旧海軍望楼。宗谷岬の観光コースにも入っているので、望楼は何度も見たことがあったが、今日ニュースに出てきた、幕別送信所は知らなかった。おそらく恵北の奥の方に人知れず残っているのだろう。

“開戦暗号電報”施設 雪で壊れる NHKニュース

太平洋戦争開戦の際、「ニイタカヤマノボレ」の暗号電報を送った北海道稚内市にある旧日本軍の通信施設として使われた建物が、雪の重みで壊れているのが見つかりました。

壊れていたのは、北海道稚内市の郊外にある旧日本海軍の「幕別送信所」として使われた建物です。
建物の保存に取り組んでいる地元の市民グループが、17日、現地を訪れた際に壊れているのを確認しました。
この建物は、昭和6年に開設されたかつて旧日本軍の送信所で、太平洋戦争開戦の際、「ニイタカヤマノボレ」の暗号電報を送る際に使われました。
建物はれんが造りですでに老朽化していましたが、雪の重みで屋根の大部分が落ち、壁に長さ10メートルほどの亀裂が入りました。

おそらく整備はされていなかった(市民グループが定期的に見回っていた?)だろうし、これから修理するのかどうか、市としても判断に迷うところかもしれない。

 

NHK

ラジオのネットサイマル配信は今どうなっているのか?

9/1から、NHKのラジオ(ラジオ第一、第二、FM)のネットでのサイマル配信が始まった。
らじる★らじる NHKネットラジオ
NHK

「山間部など電波の入りづらい地域、夜間の外国電波混信、マンションなど鉄筋コンクリート住宅の全国的普及など、ラジオ放送が聴取しにくい状況の改善」が目的だそうだ。たしかに山間部でNHKのラジオが受信しにくい地域があるというのは、車で移動していると感じるところではある。でもたぶんそれは建前。とにかく何でもいいから、聞いてもらえる環境を整えなければならないというのは、民放もNHKも同じはず。
NHKの配信は、日本国内であればどこでも受信できるという。スマートフォンアプリは秋にリリース予定だという。
さて、では、民放はどうしているのか。

続きを読む

週刊 ダイヤモンド 2011年 1/15号 特集「新聞・テレビ 勝者なき消耗戦」

「新聞・テレビ」現状については、ここ数年、一定周期でビジネス雑誌で取り上げられている。
今月は週刊ダイヤモンドが特集している。
(週刊ダイヤモンドは、最新号を、送料無料で送ってくれることを知り、今回はこれを利用した。ビジネス誌は、ソーシャルメディアで特集についての情報を得て購入することが増えた。そういう意味でこの配送サービスは非常にありがたい。)

続きを読む

YouTube - NEPYOU さんのチャンネル

NHKがYoutubeに公式チャンネルを開設

NHKが6日、Youtubeに公式チャンネルを開設し、200本ほどの番組の配信を始めた。
YouTube - NEPYOU さんのチャンネル

YouTube – NEPYOU さんのチャンネル
NHK「ユーチューブ」で番組配信―ドキュメンタリーやアニメ : J-CASTテレビウォッチ
NHKのバラエティ豊かな番組がYouTubeでフルに視聴できる「NHK番組コレクション」 : ライフハッカー[日本版]
YouTubeに「NHK番組コレクション」開設 – NHK自らがノーカット動画を公開 | ネット | マイコミジャーナル
親しみを持ってほしい、実験したい–NHKがYouTubeにノーカット番組を配信する理由 – CNET Japan
「NHK特集」などYouTubeで無料配信 「権利処理された映像を見る習慣を」 – ITmedia News

続きを読む

テレビの立場を描き出した「テレビの、これから│日本の、これから」

先日のTwitter特集を担当されたaqualunaさんからメールをいただき、ネット時代のテレビのあり方について、僕なりに考えて今日お返事をした。

ちょうど同じタイミングで、今晩NHKが「テレビのこれから」についての特番をやっていた。僕はノーマークだったが、9時近くになってTwitterをのぞいてみて気がつき、第二部をちらちらと見ていた。

リンク: テレビの、これから│日本の、これから.

テレビ関係者から妙な発言が出て、ネットではいろいろ反応が出ていたが、(ネットユーザから見たら不満かもしれないが)夏野さんや糸井さんの発言がうまく間を取り持っていたし、オーディエンスからもテレビに対するそれなりに適切な論点提示があったように思う。テレビとネットの関係について、「テレビ番組」としては非常にバランスが取れた扱い方になったと思った。民放が全国一律に放映されてないじゃないかという、秋田の事例についての指摘は、非常に重要な指摘で、NHKならではだな、と思った。

いろいろ論点が指摘されていたこの番組、再放送されたり、ネットで再配信されたりするのだろうか?

NHKBS「きょうの世界」にTwitterが登場

今晩のNHKBS「きょうの世界」で、Twitterがとりあげられるそうだ。

リンク: BS きょうの世界 | NHK.

新たなコミュニケーションツールTwitterとは
オバマ大統領の初めての議会演説の最中、携帯端末を打ちこむ議員たち。彼らが使っていたのがTwitter。もともとは、”自分がいま何をしているか”を140文字で書きこむ友人同士のためのサービスだったが、アメリカを中心に急速に注目度が上がっている。自分の情報発信に使う議員が現れたり、ハドソン川緊急着陸などのニュースもTwitterで瞬時に世界に知らされた。広告を出す企業も現れるなど、ビジネスの場としても注目を集めている。Twitterとはいったい何なのか。その魅力とは? 専門家とともに探る。
出演:竹中直純(IT技術者)

続きを読む

ソーシャル・ウェブと情報セキュリティ

先週配信された、ネットワークセキュリティワークショップ in 越後湯沢のメルマガに、僕が書いたもの。せっかく書いたものなので、こちらにも載せておこう。

==============================

2006年から新潟の敬和学園大学に移籍し、2年半が経過しました。
おかげさまで湯沢WSにも2007年から2年続けて、スタッフとして参
加させていただくことができました。
もともと法学を研究のフィールドとしてきた私ですが、現在の本務
校ではこの2年半、人文系の学生への「コンピュータ実習」を受け
持つこととなり、これに伴って新しいウェブ技術についての動向に
ついても、さまざまに学ぶ機会を得ました。90年代半ばからインタ
ーネットの普及をリアルタイムで経験した一人として、昨今の「ソ
ーシャルウェブ」といわれる新たな諸サービスが、人、コンテンツ、
サービスの緩やかな連携をより強めていく現状に立ち会えることに
10年前と似通った興奮を覚えています。と同時に、サービスの急速
な発展と法律論との乖離に、とまどいを感じてもいます。
 

続きを読む