タグ別アーカイブ: keiwa lunch

敬和学園大学のソーシャルメディア、まだまだ伸びしろはある

敬和学園大学のFacebookページがようやく500いいねに到達した。

国際ダンスサークル 20130824

敬和学園大学 / Keiwa College

早くから取り組んだ割にはようやく、というところだろう。すでに万に達している大学公式Facebookページも結構ある。とはいえ、同窓会組織も弱い小規模校としては、これでも精一杯というところではないか。担当者がコツコツと努力した成果であり、今後も大学をオープンにする仕掛けとして、ますますの発信力強化を期待したい。

ともあれ、500いいねを超えたところで、あえてシビアに、敬和の情報流通のサイクルを見てみよう。
率直に言って、敬和学園大学Facebookページは、もう少し「がんばれる」はず。それには、取材力や発信力をアップすることが大事だ。広報の発信力も鈍化しているところもあり、マンネリを打破するとともに、瞬発力を持ってすばやく適切な言葉を投げかける力や、ここぞとばかりにヒット作を生み出す力をさらに磨いていきたいところだ。

一方、広報だけに頼らず、教職員がそれぞれの持ち場で「広報活動」をすることも大事だ(これは自分が教職員研修にもっと取り組むべきなんだろうと思う)。ベースに教職員それぞれの発信があり、広報部門がちゃんとそれを適切に拾い上げて(スルーするものはスルーして)いけば、より戦略的な広報が可能になるはず。おそらく現場の発信力強化は、多くの組織で共通に抱えている課題だろうが、大学も小規模の敬和のような組織では同じ。あんまり広報部門に頼らず、各部門が問題意識を持って情報発信をしてほしいと思う。

また小さな大学では特に、学生や卒業生の支持、情報発信も大事になる。学生からの情報発信というと、近頃は「炎上」の火種として警戒する向きもある(実際警戒しなければらないところはあるのだが)。しかし、学生団体の活動を「可視化」することは、小規模校で手応えを感じられていない学生たちが、外部と接触し、自信を持つためのきっかけにもなる。大学はこれを支援して、よい発信内容は広報がきちんと拾い上げる。また情報の流通においても、大学広報が「大声で叫ぶ」だけでなく、学生・卒業生がシェア、いいね、RTで広げていく、というサイクルも大事になる。特に、このサイクルをさらに加速させたいところだ。

私が顧問をしている国際ダンスサークルは、最近、がんばってFacebookページを更新している。

国際ダンスサークル

国際ダンスサークル 20130824

これは良い傾向だろう。また、Ustream番組「Keiwa Lunch」では、MCたちが学生の活動を紹介したり、ゲストが自分たちの活動について紹介している。

Keiwa Lunch 20130710

もちろん稚拙さはあるのだが、こうした訓練を通じて学生たちは、内輪受けではない情報発信の仕方について意識を高め、スキルを身につけているように思う。学問的に意義ある話をするわけではないのだが、過不足ない情報を含んだ話をして、なおかつ相手をひきつける話をするという能力を、こうした経験の中で、学生たちは培っている。最近Keiwa Lunchに出ている学生たちが、ラジオできちんと話しているのを見て、つくづくこのことを感じている。

敬和は勉強の出来る学校とは見られていないと、嘆く(あるいはあきらめる、あるいはいいわけにする)学生もいる。しかし学生にとってその現象は、自分を写す鏡でもある。適切に相手に伝わる言葉を発していれば、自分に対する見方も変わるし、学校に対する評価も少しずつ変わる(言動によって学校に対する評価が変わるというのは、もちろん自分たち教員も同じだ)。小さい学校なので、一人の行動が大学への評価を大きく上げもするし下げもする。敬和と自分をセットで否定された経験を持つ人もいると思うが、自分の働きで敬和の評価を上げている人もいる。少なくとも、Keiwa Lunchを含めて、自分と一緒に動いてくれているメンバーは、その多くが、「一人の行動で学校の評価を上げている」人たちだと思う。この学生たちは、自らの評価を高め、大学の評価も高め、大げさに言えば、大学の歴史を作っているともいえる(もちろんもう少し補強してあげたいところはあるのだが)。

教職員も学生も、みんなが表現力、発信力を磨くこと。さらに傾聴し、共感する力を高めること。これらをソーシャルメディア等で、表現し、多くの人と有意義なつながりを持つこと。ひとりひとりのこうした「つながり」の積み上げの上に、よいコミュニティ、よい大学は作られていくはずだ。コミュニティの力を体現し、さらに「つながり」を強化する仕組みとして、「敬和のソーシャルメディア」をさらに発展させていきたい。

新潟日報モア「新潟ソーシャル時評」:敬和×日報「Newsナビ」初の出張配信:秋山郷で活躍する平木さんがゲスト

敬和学園大学が新潟日報の協力で制作しているUST番組「敬和×日報『Newsナビ』」、8月2回目の配信では、初めての出張配信として、メディアシップを飛び出し、津南町秋山郷結東地区から配信した。初めての割にはかなりの遠隔地に乗り込んでの配信となった。ネット回線もXiでかろうじて流れるという状態だったので、残念ながら途中で配信が切れたりしたが、「地域おこし協力隊」で活躍する平木結さんからいろいろとお話をうかがうことができた。

敬和×日報「Newsナビ」初の出張配信:秋山郷で活躍する平木さんがゲスト

敬和×日報「Newsナビ」 in 秋山郷 20130826

帰る前に立ち寄った、結東集落の宿「かたくりの宿」は、廃校を利用しているのだが、中もきれいに客室として直してあり、それでいて学校だった時代の雰囲気も残っているすばらしい場所だった。ぜひ泊まりに行きたいものだ。

敬和×日報「Newsナビ」 in 秋山郷 20130826

秋山郷結東温泉 かたくりの宿

学内で配信しているKeiwa Lunchは現在夏休みに入っているが、メディアシップから配信している「Newsナビ」は現在も続いている。次回は9/9 19:45からの配信予定。

USTREAM: knnewsnavi: 敬和×日報「Newsナビ」 新潟県新発田市の敬和学園大学のUst番組「Keiwa Lunch」からのスピンアウト番組。新潟日報本社メディアシップから、Keiwa Lunch MCが聞き手となり、新潟日報記者から、県内ニュース「そこが知りたい」を深堀りする番組です。. …

Keiwa Lunch MCが萌えキャラ化、さらに2頭身化

現在7名のMCでローテーションをくんで配信しているKeiwa Lunch。この7名を「萌えキャラ化」した作品を、イラストレータのささきとしさんが描いてくれた。

Keiwa Lunch Members by Toshi Sasaki

MARUYON DESIGN(マルヨンデザイン)/ イラストレータささきとし » 【オリジナルキャラクター】敬和学園大学の学生さんをモデルに描いてみました

もともとKeiwa Lunchのオープニングで使っているイラストを描いてくれたのもとしさんなのだが、今回は似顔絵のようなリアリティを追求するのではなく、キャラクターとして描いてくれた。実は元々この絵は、ある街の擬人化を行うプロジェクトに貢献するために実験的に描かれ、Keiwa Lunch MCたちを各町を擬人化するイメージのベースにしてもらったのであった。したがって、もともと本人のイメージと完全に一致している必要はなかったので、かなりデフォルメしたものとなっている。いろいろな経緯があって、結局「擬人化」作品としては利用しないこととなったので、どうしてこのようなキャラクター化をしたのか、不明な部分ができたのだが、それはまあよい。とりあえず、商店街のラフイメージがあれば、ささきとしさんは、このようにキャラクター化をしてくれるということです。

今回公開するにあたり、さらに2等身キャラクターもつくってくださったので、これでアニメ化するとかいろんな作品化ができそうだ。

敬和学園大学のUST番組「Keiwa Lunch」、武蔵野学院大学とSkypeでつないでの配信に挑戦

今日の大学からのUST配信「Keiwa Lunch」は、埼玉県狭山市にある武蔵野学院大学とSkypeで接続、武蔵野学院大学上松ゼミの皆さんとお話をしながら配信を行った。武蔵野学院大学に今年から着任された上松恵理子先生と「ゼミ間交流」の可能性を探る中で、最初の実験ということだったのだが、なんとか最初の交流の糸口をつかむことができた。

武蔵野学院大学とSkypeでつないで配信中 #keiwa #keiwalunch

Skypeで話しながら、音声と映像をミキサーに入れて、USTに流すというのは、いつもより何段階か複雑な設定が必要であった。事前設定の段階で予定していたiPadからうまく音が拾えず苦戦したが、配信自体はうまく行うことが出来た。

2つの大学のお昼休みの時間が微妙にずれていたり、教員が授業などで抜けるなどして十分な準備の時間がとれなかったりもしたのだが、結果オーライであった。

配信の中では、互いの名物として「狭山茶」と「ぽっぽ焼き」の話になり、狭山茶を飲みながらぽっぽ焼きを食べてみようという話になっていた。ぜひ実現できたらと思う。狭山市の街の規模や雰囲気、武蔵野学院大学の規模や雰囲気、いずれも新発田市や敬和学園大学と似たようなところがあるようだ。だとすればお互いに、別の地域の大学との交流はメリットがあるはず。いろいろな可能性をさぐっていこうと思う。

武蔵野学院大学

Keiwa Lunch 20130710

敬和学園大学オープンキャンパスに、新潟県内初(?)の「女子会」が登場

敬和学園大学のオープンキャンパスでは、7月21日の回から、「女子会」企画をスタートさせる。今日大学の公式アカウントから発表があった。気軽に話のできる企画ですので、女子生徒の皆さんの多数の参加をお待ちしております。

Keiwa OC女子会

オープンキャンパスでの「女子会」という企画は、すでに首都圏を中心に各大学が取り組んでいるところなので、敬和としては周回遅れでのスタートのつもりだが、新潟県内ではおそらく県内初(違ったらすみません)。女性たちで気軽に語り合い、大学に対する理解を深めてもらうとともに、大学入学前から、ネットワークを作って欲しいというのが目的だ。もちろんこれを「男子」に入れ替えることはできるのだが、なかなかイベントとして成立しづらいというので、当面は様子見ということになっている。女子「会」という名前がいいのかどうかも、今後要検討かもしれない。

他大学でも同様の傾向はあると思うのが、敬和の場合には、元気で優秀な女子学生がいるかどうかで、ゼミの雰囲気が(ひいては大学全体の雰囲気が)大きく変わる。うちのゼミのUst企画「Keiwa Lunch」をここまで軌道に乗せることができたのも、現4年の女性たちが、ゼミ内で積極的に発言し、男子学生を引っ張って(?)くれたことが大きな要因になっている。男子のみの学年や、女子がリーダーシップを発揮してくれない学年は、なかなか物事を積極的に進めていくのが難しい。その意味では、女子学生同士が横につながり、また先輩と縦につながるというのは、大学の人的ネットワークを強化していく上で、非常に大事な部分になる。

今回のメンバーには、Keiwa Lunchから2人のメンバーが入ったようだ。ほかにも、過去に出演してくれたメンバーが何人も入っている。たぶん素晴らしいモデレータとなってくれるだろう。

主催側としては、今後も参加者の反応を見ながら、より深く、満足感を持って体験してもらえる、新しい企画の可能性を模索していきたい。他大学の動きを見ながら「右を見て左を見て」から踏み出すのではなく、よい企画があれば、どんどん取り入れようという姿勢を大事にしていこうと思う。

新潟日報モア「新潟ソーシャル時評」:「世代をつなぐハブ」としての新聞

Ustream番組「Keiwa Lunch」を3年間一緒に続けている、4年生の土田舞歌さんのインタビューが、新潟日報2013年6月15日朝刊25面に掲載された。彼女の取材の際に、自分も同席し、彼女が語る新聞観についてきいていたので、インタビューの際に感じたことを、「新潟ソーシャル時評」にまとめてみた。

「世代をつなぐハブ」としての新聞|ソーシャル編集委員 一戸信哉「新潟ソーシャル時評」|モアブログ|新潟日報モア(登録者限定)

もちろん、メディアによるニュースバリューの設定が、社会全体で討議すべき課題を浮き彫りにしているのは確かだし、多くの人々がこれらの課題を共有することは、民主主義を支える重要な機能でありましょう。しかし、24時間の「可処分時間」の中で、大量にあふれた情報の中から、私たちは接触するメディアを選別しなければなりません。友人の近況報告が湯水のごとくSNSであふれてきて、話題のニュースもこの中に紛れているとなれば、もはやそれだけで「満腹」になってしまう。というのが、多くの若いネットユーザの現状なのだろうと思います。

彼女のインタビュー記事は、新潟日報モアにもアップされている。

[聞く]多くの世代つなぐ役目を|聞く|オピニオン|新潟日報モア

School of LOCKで、敬和学園大学の学生出演番組「Keiwa LOCKS!」スタート

昨日5/2から、JFN系列の人気番組「School of LOCK」の中で、敬和学園大学の学生による番組「Keiwa LOCKS!」がスタートした。毎週木曜日22:55からの5分番組だ。

Keiwa LOCKS!

<番組情報>
放送局:FM-NIIGATA(77.5MHz)
番組名:「Keiwa LOCKS!」
放送日:毎週木曜日 22:55~22:59(5月2日スタート)
* FM-NIIGATA「SCHOOL OF LOCK!」内での4分番組になります

FM-NIIGATA 77.5MHz Keiwa LOCKS!

FMラジオ番組「Keiwa LOCKS」5月2日スタート!! – 敬和学園大学 新潟県新発田市にあるリベラル・アーツ大学

ラジオ番組「Keiwa LOCKS」、収録現場に潜入! – 敬和学園大学 新潟県新発田市にあるリベラル・アーツ大学

出演するのは、Keiwa Lunchのまいか・まるりに加えて、最近NSTのスマイルスタジアムでもレポーターをやっているまりなの三人組。全員「ま」から始まる名前だ。

「School of LOCK」は、若者に人気のある番組であるとは知っていたのだが、学生たちに話してみると、予想以上に知名度があっておどろいた。わずか5分のローカル枠だが、自分たちの仲間、先輩が、School of LOCKの放送枠に出演しているというのは、学生たちにはなかなかインパクトのある出来事のようだ。現在の出演者は全員4年生だが、今後後輩にも引き継がれていく番組として、育てて行きたい。番組名は、番組内でコーナー名として使われている「◯◯ LOCKS!」にあわせて「Keiwa LOCKS!」とした。

内容は、「パーソナリティーの中村智景さんと敬和学園大学の女子学生3人が、いまどき女子の大学生活をおしゃべりする女子会ノリの番組」。大学からの告知の時間は極力短くして、ラジオ番組としての面白さをとにかく追求した。当初は大学生だけで放送出来ないかとも考えたのだが、中村智景さんに進行役として入っていただかなければ、短い5分の枠の中で、学生たちが自分のいいたいことをきちんと伝えるのは不可能だっただろう。この4人で進める形で正解であった。メインでしゃべる学生たちの個性も生かしながら、そつなく5分でまとめるというのは、さすがプロの技だな、というのが最初の収録に立ち会った時の感想だ。

Keiwa LOCKS!

今後番組はソーシャルメディア連携を強める。収録の際にはビデオ収録を行い、番組内容と収録後トークを合わせた動画をYoutubeで公開する予定。また、Tweetのハッシュタグは、「#keiwalocks」とした。番組は週1回、わずか5分だが、リスナーとのつながりも深める取り組みは、継続して行きたい。

FM新潟「Keiwa LOCKS!」第一回放送に関するTweetまとめ – Togetter

Facebookページも設定してあるので、ぜひ「いいね」でご支援ください。

Keiwa Locks

Keiwa LOCKS!

 

[追記]第一回の放送内容と、収録後トークを収めた動画が、Youtubeに公開された。特にFM-Niigataの放送エリア外にお住まいの方は、こちらからどうぞ。

[youtube]http://youtu.be/0-1JFMh0-cM[/youtube]

FM KENTOでKeiwa Crew2号について告知

敬和学園大学の学生情報発信チームKeiwa Crewが発行する、フリーペーパー「Keiwa Crew」の2号が完成し、BP、BP2、NEXT21など、新潟市内各所での配布が始まった。この配布に合わせる形で、4/12にFM KENTOさんの番組にラジオ出演させていただいた。

Keiwa Crew visited FM KENTO

Keiwa Crew visited FM KENTO

Keiwa Crew visited FM KENTO

Keiwa Crewの活動は、フリーペーパーの発行というのが一つの到達点ではあるのだが、その過程をソーシャルメディア等で発信していくというのも、重要な学びのプロセスなので、その意味では、FM放送での告知というのは、重要な活動である。今回は、Keiwa LunchのMCでもある土田舞歌に加えて、ちょうど卒業したばかりの小原涼子にも参加してもらい、DJ SWAMPの進行のもと、楽しく収録することができた。

近日中に、FMしばたでも告知をさせてもらおうとお願いしているところだ。

やまだみつるさんとまついひろえさんを迎えて、2013年度最初の「Keiwa Lunch」配信

先週の水曜日、4/10から、敬和学園大学で学生たちと行なっているUST番組「Keiwa Lunch」の配信を再開した。今学期最初のゲストは、UST番組「やまだみつる・まついひろえのアーデ・コーデ」から、似顔絵師のやまだみつるさんとフリーアナウンサーのまついひろえさん。人気UST番組に出演し、テレビ・ラジオなどで活躍するお二人をお迎えし、プロの話術を間近で聞きながら、学生MCたちがお二人にインタビューを敢行した。

Keiwa Lunch 20130410 やまだみつるさんとまついひろえさんを迎えて

Keiwa Lunch 20130410 やまだみつるさんとまついひろえさんを迎えて

Keiwa Lunch 20130410 やまだみつるさんとまついひろえさんを迎えて

この企画は、2月に自分が「アーデ・コーデ」に呼んでもらったのがきっかけ。数日後、学生たちと街でお茶を飲んでいたところ、「アーデ・コーデ」のメンバーと偶然お会いしてお話しすることができ、さらに話が具体化した。

人気UST番組「やまだみつる&まついひろえのアーデコーデ」に出演 | ICHINOHE Blog

今回の配信では、さらに話が発展、Keiwa Lunch MCが「アーデ・コーデ」にゲスト出演すること、両番組が合同で敬和祭で配信を行うこと、などが話題に出た。ぜひ両方とも実現できたらと思う。

春休みの間に、Keiwa Lunchには随分お声をかけていただき、配信や撮影にうかがうことができた。撮影後のデータがちゃんと処理されていないものや、お話をいただいたがまだ撮影にうかがっていないものもあり、大変申し訳ないのだが、多くの場数を踏むことにより、参加している学生たちは、貴重な経験を積み重ねているように思う(残念ながら、参加したら成長するだろうと思われる学生で、春休み中のこうした活動に、全く出て来なかった学生もいる)。学期中も可能な限り、学外での撮影、配信や外部ゲストを招いた企画に、取り組んでいこうと思う。

3月末でMCの西方が引退したが、4月からは新メンバーを加え、7名体制でのスタートとなった。4/10の配信では、2年生の二人が初登場、それぞれ持ち味を発揮してくれたように思う。この後の数週間で、新メンバーが全員登場する予定。新メンバーの個性にも期待したい。

Keiwa Lunch 20130410 やまだみつるさんとまついひろえさんを迎えて

やまだみつる&まついひろえのアーデ・コーデ

学生たちとボーダー組

昨日開催されたNSMCのイベント、メディアシップオープン記念「『今朝のメディアシップ』トーク」にて。
『今朝のメディアシップ』を撮影しつづけた、新潟太郎さんへの聞き手を引き受けてくれた、まいか・まるりのKeiwa Lunch MCコンビとともに、「ボーダー組」として写真を撮ってもらった。

当日のアーカイブ



Video streaming by Ustream