タグ別アーカイブ: IFTTT

IFTTTのAndroid版登場:ソーシャルメディアを「つなげる」だけでなく、日常を「自動化」

複数のソーシャルメディア上の投稿を連携させるサービスIFTTTに、Androidアプリが登場しました。OSの機能をアプリケーション側から操作できるので、条件設定により、自動的に各種の基本設定を変えることができるようです。

Internet上のサービスを繋いで処理を自動化するIFTTTのAndroid版が登場した。そしてこのAndroid版、iOS版と比較するとよりOSレベルの連携が見られるようだ。もちろんこれはAndroidの「レッセフェール」の方針によるものだ。すなわち、アプリケーション側からOSの機能をいろいろと操作しやすくなっているのだ。

インターネットサービスを「繋げて」使うIFTTT、より「自由」なAndroid版がついに登場 | TechCrunch Japan

IFTTTは、If this then thatの略。ソーシャルメディア上の一か所で指定された現象が起きたら、別の指定の場所で、関連するイベントを起こします。たとえば、ブログに投稿をしたら、Facebookにも投稿する。Instragramに写真を投稿したら、その写真をブログにも投稿するといったことです。もともとこうした「マルチポスト」の需要はあり、特定のサイトのフィードをTwitterに自動的に流し込む[http://twitterfeed.com/ twitterfeed]のようなサービスもありましたし、現在はFacebookとTwitterにはそれぞれ、Facebookでの投稿をTwitterに、Twitterでの投稿をFacebookに、それぞれ流し込む設定も用意されています。

(一つの投稿を複数箇所に自動転載、するのとならんで、複数箇所の投稿を一か所にまとめる「アグリゲーション」にも一時期注目が集まり、
FriendFeedというサービスが人気を博しましたが、現在はFacebookに買収されて、あまり利用されていません。)

ソーシャルメディアのメインストリームが、TwitterとFacebookの二強で一度決着してしまった今日、マルチポストの需要もあまりなくなったかに思われましたが、そこに今一度出てきたのがIFTTTということにになります。私自身も、Instagramの特定ハッシュタグの投稿を、Facebookページに自動的にとりこむというようなケースで、IFTTTを使ってきましたが、英語のサービスということもあり、正直日本での知名度は高くないように思います。

今回Android版の登場をきっかけに気がついたのですが、IFTTTが実現するのは、どうやら「マルチポスト」のようなソーシャルメディア間を「つなげる」機能だけではないようです。

レシピ共有用のチャネルで、Android専用のものとしてDeviceにも注目したい。WiFiに接続したり切断した際に、壁紙を変更したり着信のベル音の大きさを変更するようなことができる。他にもlocation、notification、phone call、photo、あるいはSMSなどといったチャネルがある。Android特有の機能を活かして可能性を探るレシピが多く登録されている。

インターネットサービスを「繋げて」使うIFTTT、より「自由」なAndroid版がついに登場 | TechCrunch Japan

レシピというのは、同様の処理を他の人とシェアする機能です。今回Android版のリリースを機に、Android上でこんなことができるよという提案が、レシピとしていろいろ公開されています。たとえば、「オフィスに着いたら、電話の着信音を切って、バイブをオンにする」というもの。当然AndroidのGPSがオンになっているのが条件でしょう。ほかにも「職場を出たら妻にメッセージを送る」とか「最新のInstagram写真を壁紙にする」とか「会議の時間になった電話の着信音を切る」といったものがありました。よく見るとAndroid以外にも、Google DriveやDropboxを使った自動バックアップの機能もあります。これまで人間が行ってきたPCでの操作を自動化し、さらには、生活上のさまざまな動作も、位置情報や時間と連動させて自動化していく方向で、IFTTTは活用できるのですね。

着信音を切るような作業は、人間が自覚的に行ってきたことであり、これを「自動化」するというと、「人間がダメになる」という主張を展開する人もいそうですが、IFTTTの場合には適用条件を決めるのも人間です。おそらくIFTTTの条件設定を面白がって利用する人は、かなり自覚的に条件設定をしていくはずなので、むしろ非常に理性的に、自らの生活をパターン化していくことに喜びを感じる人かもしれません(私はiPhoneユーザなので、この面白さを当面体験できそうにありませんが、そもそもそこまで理性的ではありません)。

あるいは、数カ月前に自分が設定した条件にしたがってスマートフォンが動作し、そのことをすっかり忘れていて、心霊現象ではないかとビビってしまう人は、ひょっとすると出てきそうですね。

サービス同士を連携させて自動でアクションを起こせる「IFTTT」にAndroid版が登場したので試してみました – GIGAZINE

AndroidのInstagramアプリは、Flickrへの投稿ができない

Android用のInstagramを使い始めた学生に、そこからFlickrにも投稿できるよ、と言ったところ「ないですよ」という反応。少し調べてみたところ、Instagramからの同時投稿先は、Androidではまだ少ないということがわかった。

Android版 Instagram(インスタグラム) ダウンロードと使い方

今のところTwitter, Facebook, Foursquare, Tumblrの4つにしか対応していないようだ。iOS版では現在このほかに、mixi, email, Flickr, Posterousに対応している。

 

iftttを使えば、解消可能ではある。

ifttt / Dashboard

Keiwastagram

敬和学園大学に関連するInstagram写真を集める「keiwastagram」

敬和学園大学に関連するInstagram写真を抽出する「Keiwastagram」というプロジェクトを試行することにした。仕組みは特別なものではなく、ハッシュタグ「#keiwa」の入った写真をInstagramから取り出すというもの(Flickrなどからも取り出せそうだが、今のところまだやっていない)。抽出した結果は、WordpressとTumblrに表示するようにした。

今月投稿された写真から、月間最優秀賞を選びたいと思う(できれば賞品も用意したい)。さらにできれば、年間優秀賞も。

Keiwastagram

keiwastagram | 敬和学園大学の日常を写真で切り取る(Wordpress版)

Keiwastagram

keiwastagram(Tumblr版)

仕組みは非常に単純なのだが、なかなかうまいこといかなかった。WordpressにFeedwordpressというプラグインを入れてみたのだが、うまく動かない。Instagramと直接連携するプラグインは、自分の写真を投稿するものはあるが、特定のタグから抽出するというタイプのものは見つからなかった。
WordPress › FeedWordPress « WordPress Plugins

ではTumblrに、と思ったが、以前使ってみたRSS Importrはサービスを終了していた。

で、諦めかけたところでみつけたのが、iftttというサービス。これについては改めて別のエントリーで紹介したいところだが、要するにソーシャルメディア間を縦横無尽に相互接続するツールだ。iftttで、Instagram上の「#keiwa」タグの入った写真を抽出し、とりあえずWordpressとTumblrで取り込むように設定することができた。

実際にはListagramなどのサービスでも、同じように検索結果を表示することは可能だ。

#keiwa | listagram

InstagramはAndroid版が出て、大学生にもじわりと浸透しつつあり、すぐにこのハッシュタグの仕掛けを理解してもらえるところまではいかないのだが、徐々に利用を広げていけそうな気がする。

大学生のソーシャルメディア利用は、Twitter、Facebookと普及する中で、いろいろと課題も表出してきている。当の学生たちの間でも、ITリテラシーの高い層は、課題を乗り越えてポジティブに利用できるようだが、そうではない学生は、ソーシャルメディアに対して過度に防衛的になったり、トラブルを起こしたり、激昂したり、落ち込んだりしているようだ。

これらに対して適切な対処法を学生たちに示すことは、もちろん大切なことなのだ。しかし、ソーシャルメディアを利用していない大人たちの、過剰な「ネット批判」が、ここから導き出されるのは何とかして避けたいもの。

「keiwastagram」は、こうした現状に対して、ソーシャルメディア利用に「共有」によるプラスの効果があることを示せるだろうか。一応しばらくは監視をするつもりだけど、よい投稿が大量にあって、多少のノイズがあっても目立たないぐらいの状態になってくれるとうれしい。

敬和関係者からの積極的な投稿を期待します。Instagramで写真を投稿する際に、「#keiwa」をつけてください。何がこのハッシュタグの範囲に入るべきなのかは、皆さんと利用しながら考えてみたいと思いますので、自分でこれには「#keiwa」をつけるべきと考える写真には、タグをつけてみてください。

【追記】このプロジェクトは、ニューヨーク市の「#lovenyc」プロジェクトからヒントを得ている。Instagramでも、なかなかの秀作が出てくる。

#lovenyc | listagram

ニューヨークのような大都市ではなくとも、人々の熱意があれば、小さいなりに似たようなことはできるはずで、新潟市なり新発田市なり、意欲のある市町村がチャレンジしてみるのも面白いと思う。