敬和学園大学の学バス、5/20より新発田駅方面にも試験運行


敬和学園大学の学バス、5/20より新発田駅方面にも試験運行ICHINOHE Blog

これまで白新線佐々木駅行きしかなかった敬和学園大学行きの学バスが、来週から新発田駅行きも運行されることになった(試運転)。

200609学バス

本数は少ないが、市内商店街にも停車する。新潟市内から通う多くの学生にとって、佐々木駅はたしかに最寄りなのだが、結果新発田駅界隈をよく知らないまま、卒業する学生も少なくなかった。また同時に、村上方面や羽越線を利用する学生は、新発田駅での乗り換えとなり、長時間の待ち合わせが発生することも多く、新発田駅直行便への需要がそれなりにあった。

5月20日(月)~8月2日(金)の月~金曜日試運行。午前中、新発田駅からは、新発田駅発8:15、9:30、12:00。大学からは、大学発16:30、18:00。それぞれ大学から出発するので、午前中大学から乗って途中下車もできるようだ。
途中、コメリ書房前、まちカフェ前、北越銀行新発田西支店前、新発田大手郵便局前、県信用組合新発田支店前、NSG新発田本校前、ネッツトヨタ新発田店前にも停車する。

個人的には学生をつれて、シンガポール食堂のオッチャホイを食べに行ったり、その他市内の店を訪ねたり、「しんみち」にいくなどの活動ができたらいいなと思う。街の人たちと学生たちをつなぐ仕事もやりやすくなる。

オッチャホイ / Singaporean Noodle

対外的な意味でも、学生と市民の交流を進めていく上で、非常に大きな意義を持っている。今後新発田市内でのプロジェクトをいろいろ進めていく上で、交通手段の心配をせずとも、学生たちが授業後に新発田市内に足を延ばせるというのは大きい。

学生の要望としては、西新発田駅のイオンに立ち寄りたいというものもあるだろうし、新潟市内の学生からは、新潟駅まで行ってほしいという要望もあるだろう。人的リソースが限られており、すべての要望に答えていくのは難しいのだが、要望があることを学生がきちんと表明し続ければ、対応は検討されると思うので、いろいろ意見をよせてほしい。

[追記]
大学のウェブページでも運行スケジュールが発表されている。朝と夕の5往復。

学バス – 敬和学園大学 新潟県新発田市にあるリベラル・アーツ大学