APECなど国際団体、スパム対策で団結 – CNET Japan

リンク: APECなど国際団体、スパム対策で団結 – CNET Japan.

こういう場合の「スパム」には、コメントスパムやトラックバックスパムは含まれるのだろうか?スパム「メール」とは明示されてないようだが。

という議論は、ウィキペディアでも行われているようだ。スパムの範疇に入るものが広がりつつある、過渡期だということだろう。

ITmedia News:ブログ時代の“うわさ”対応広報術

リンク: ITmedia News:ブログ時代の“うわさ”対応広報術.

Doveのキャンペーンは、日本でも行われていて、夏ごろ新宿駅で見た。

http://www.mydove.jp/dove-realbeauty/

口コミメディアを使ってPRする際は、注意すべき点もある。広告であることを隠さず、透明性を保つことや、他媒体にない貴重な情報を提供すること、ユーザーからの反応には迅速に対応すること――など。消費者を尊重し、信頼を裏切らない姿勢が必要になりそうだ。

この辺のバランスを守り続ければ、信頼された口コミに期待ができるということになる。もちろん、口コミに値するものであることが大前提だが。

ジェイミー・オリヴァーの給食革命!|WOWOW ONLINE

稚内にいたころ、「みんな、味がわかんないから、そんなジャンクフードばっかり食べるんだよ。」と、よく言ってたのだが。

WOWOWでひっそりやっているこの番組は、すごく面白い。

リンク: ジェイミー・オリヴァーの給食革命!|WOWOW ONLINE.
リンク: Jamie’s School Dinners — Home.

低予算で、加工食品ばかりの、ロンドンの学校給食を、人気シェフのJamie Oliverが改革しようとするドキュメンタリー。UKではかなり人気番組だったようだし、日本語ブログ界でも、地味に話題になっている。

調理をする人たちが、今までの何倍も手間がかかることに抵抗するのは、ある程度予想できるし、おいしい食事を出そうとすると、予算オーバーになってしまうのも、予想の範囲内だが。

なんといっても驚くのは、子供たちの反応だ。ジャンクフードに慣らされた子供たちは、Jamieの作ったまっとうな食事を食べられないのだ。フライドポテトとハンバーガーのほうがいいらしい。そう、ほんとに、「味がわからない」のである。

新潟のことがよくわからない理由

青森や北海道のニュースは、時々刻々とわかるのに、新潟のニュースはあまりわかっていない僕。なぜか。新潟日報はRSSフィードをやってないようなのだ。Googleニュースは、新潟日報の記事を拾っているようにも見えるが。

なぜ地方紙の対応が分かれるのか。一年前の記事で、こんな記述を見つけた。
リンク: D4DRナレッジオピニオン:新聞社のRSSフィード.

結局それは新聞社の論理であって、読者はそんなことはもう気にせず、記事をばらばらに切り刻んで読み始めている。それはやだ、という主張を続けることは結構だが、それだったら他に行くといわれたらどうするつもりなのだろう。いや、今のところそういうことをいわれそうもないということなのかもしれない。僕は新潟のことが細かく分からなくても今のところあまり困っていないが、多くの新潟県民は、わからないと困るのだろうか?この辺は、デジタル化の中での、地方局の「存在意義」にも大きく関わる。ちなみに僕は、新潟ローカルのテレビ番組を、北海道ローカルとどうしても比較してしまうので、いつも悲しい気持ちになっている。

アメリカで紙の新聞の売り上げが激減し、一方でウェブ版が好調に推移しているという記事が、数日前に出ていた。それは感覚的にもよくわかる。そろそろ、日本の地方紙も、発想を改めたほうがいいのではないかという気がする。

Japan.internet.com Webビジネス – RSS 更新情報を Skype で通知

リンク: Japan.internet.com Webビジネス – RSS 更新情報を Skype で通知.

このところのブログ更新「ラッシュ」は、かねてから「日常業務」の一部にしていこうと思っていたものなのだが、この作業の充実化に向けては、ニュースサイト情報の取得をメルマガからRSSフィードに移行させるという作業も行った。その結果、情報取得からコメントという一連の流れはきわめてスムーズになり、後は自分の頭の中身が磨かれるだけ、という状態である。

が、残念なことに、そろそろRSSリーダー(goo RSSリーダーのアプリ版)というか、PCというか、両方というか、基本的なPC資源の動作が遅くなりつつある。というわけで、昨晩少しフィード先を削った。

で、前置きが長くなったが、上の記事。スカイプ自体をRSSにしてしまおうというもの。スカイプを常時立ち上げている僕としては興味があったので、さっそく実験してみた。サーバ側のロボットとチャット(?)しながら、フィードを登録していく。サーバとのチャットは、なんとなく気持ち悪いが、これが「人力」で行われていたら、さすが「人海戦術」の国中国のサービスだと思ってしまうだろう。

とりあえずCNETを登録してみたところ、一件だけ、なぜか昨晩の記事
【Title】: ワイ?イー?データ、超広帯域無線「UWB」を使ったワイヤレスハブ(11-02 19:41)が流れてきた。たくさん登録して、四六時中スカイプ経由で新着が流れてきたら、それはそれで今度はウザいのだろうけど。あ、二件目が来ました。【Title】: マイクロソフト、IE7日本語版を正式にリリース(11-02 20:00)

この前の居残りでブログを設定した学生たちは、順調に携帯で更新を続けている。無邪気に写真と文字を送っているだけだけど、それでも面白がっていじってくれれば、そのうちいろいろな可能性も見えてくるだろう。そのうちの一人はSkypeにも興味を示しているのだが、他のメンバーがのってくれないので、残念がっている。という話とつなげようと思ったが、彼女がやりたいのはおそらく「無料電話」なので、この話題は実はあんまりつながらないようだ。

ブログやSNSなどのトラブル対応の方針検討で研究会発足へ–ミクシィなど – CNET Japan

リンク: ブログやSNSなどのトラブル対応の方針検討で研究会発足へ–ミクシィなど – CNET Japan.

レッシグが提示したWeb2.0の本物偽者の話で言うと、「偽者」よりも「本物」のほうが、媒介者としての責任は曖昧になる。そしてもし、これからのインターネットが、より「本物」を志向するならば、これまでの「支配管理」を基準とするアプローチは、限界があるといわざるをえない。

「カラオケ理論」をインターネットに拡張していった先には、こうした限界が見えてくることになりそうだ。

今度の情報ネットワーク法学会で、奥邨弘司先生から「拡大するカラオケ法理とその限界について」という報告が予定されている。あらためて考える機会がもてそうで楽しみだ。その後、小倉先生、壇先生が報告される。

独自ドメインでグーグルツールを自由に組み合わせる企業向けサービス – CNET Japan

敬和が学生に利用させているメールアカウントは、ウェブベースのものなのだが、システム自体が古いばかりかもともといろいろとバグを抱えており、どうにかしたいと思っていたところ。

リンク: 独自ドメインでグーグルツールを自由に組み合わせる企業向けサービス – CNET Japan.

同じウェブベースなら、断然Gmailのほうが使い勝手がが良いので、できることなら、このサービスに乗り換えたいのだが。アドワーズがくっついちゃうと、やっかいな気もするなあ。どうなんだろう。

ITmedia News:「Lモード」新規受け付け終了

リンク: ITmedia News:「Lモード」新規受け付け終了.

サービス開始時に、黒木瞳が母親役のCMを盛んにやっていたのを思い出す。いくらパソコンが不得意といっても、そんな拡張性の乏しいものにわざわざ手を出すかなあというのは、当時から疑問であった。それでもひょっとしたら、当時はまだ需要があったのかもしれないが。

BBC NEWS | South Asia | Nepal ‘goddess’ inquiry ordered

リンク: BBC NEWS | South Asia | Nepal ‘goddess’ inquiry ordered.

クマリの「制度」が、少女のexploitationであり、人権侵害であるかどうか。ネパール最高裁は、自ら結論を出す前に、文化省に調査を命じたそうだ。裁判所が判断するにせよ、伝統ある習俗に司法が手を突っ込むのは、それなりに慎重でなければならないという考えなのだろうか?

元クマリとの結婚が避けられる傾向にあるということもある。そういう意味では、単純にクマリ信仰それ自体だけでなく、そこに付帯する迷信とのかかわりも、判断要素に入ってくるのだろう。

中国ネット検閲問題:協力企業に国連サミットで批判相次ぐ–グーグルの対策も明らかに – CNET Japan

IGFの続報。

リンク: 中国ネット検閲問題:協力企業に国連サミットで批判相次ぐ–グーグルの対策も明らかに – CNET Japan.

Ciscoのある幹部は、同社のルータは特定のインターネットアドレスを遮断するように設定することも可能だが、同社が中国政府のために同社製ルータをカスタマイズしたことはないと語った。Ciscoの戦略的技術ポリシー担当シニアディレクターのArt Reilly氏は、「これは、われわれが販売活動を行っている世界の国々で販売しているルータと同じものだ」とし、さらに「何の違いもない」と付け加えた。

ネットワークを監視したり、特定のアドレスへのアクセスを遮断することができるならば、それによって、児童ポルノやヘイトスピーチといった、社会的な害悪を取り除くことが出来るが、同時にそれは、政府に都合の悪いものを排除するためにも使える。結局のところ、そこが問題なのであり、中国と妥協するといって、マイクロソフトやシスコを責めたところで、問題は解決しないだろう。