タグ別アーカイブ: twitroll

Hoot Feed

Hootsuiteが、Tweetを大画面で共有する新サービス「HootFeed」をリリース

Hootsuiteから、セミナーなどで会場やUstからのTweetを大画面で共有するHootFeedというサービスがリリースされている。メニューは英語だが、日本語検索、日本語表示には対応している。

HootSuite’s Live Twitter Stream: HootFeed – HootSuite Social Media Management

Hoot Feed

日本では、Twitrollというサービスが最新10件のTweetを1つずつ表示するサービスが普及している。常に動的な画面表示がリアルタイム感を出してくれるので、個人的には気に入っているのだが、講演者の周辺に表示すると、「気が散って困る」という人もいるようだ。

Hootfeedは最新記事を縦に並べて表示するので、文字の大きさはあまり大きくないだろうが、画面が常に動くのは避けられるだろう。

Hoot Feed

画面はカスタマイズが可能で、イベント名やイベントロゴも埋め込めるため、手軽にイベント関連ページを設定できるようだ(カスタマイズをOnにすると設定できる)

Hashtagram

Instagram写真を全画面でスライドショーにする「Hashtagram」

これもInstagram関連サービス。Instagram上の写真を検索し、全画面表示するHashtagramというサービスを見つけた。特定のハッシュタグで投稿された写真を抽出し、ブラウザを使って全画面表示、スライドショーとして、自動的に再生される。

Hashtagram – Realtime Slideshow for Instagram Photos

Hashtagram

Twitterをハッシュタグ検索して全画面表示するサービスに、Twitrollというサービスがあり、これは自分の授業でよく活用しているのだが、Instagramでも同じようなことが可能だ。イベントなどで、幕間に再生して、その場でみんなが撮った写真を共有するのもよいし、フォトウォークなどのイベントで、コース上の店舗などに協力してもらって、店先でみんなが撮った写真を共有するという使い方もできそうだ。

大学のプロジェクトとしても、とてもインパクトがあり、単体でやっても面白いし、新発田朝市十二斎市などで、会場の出し物としてやっても面白いだろう。

新発田朝市 十二斎市のブログ(^ω^)

ちなみに、先日から試行している、「Keiwastagram」プロジェクトで収集した写真も、以下のように表示できるようになる。

Hashtagram – Realtime Slideshow for Instagram Photos

【keiwastagramについて】
Instagram(iOSとAndroidアプリがあります)を利用して、敬和学園大学での大切な時間、敬和の仲間たちとの思い出、敬和の印象的なシーン、好きな場所などを写真で記録してみましょう。ハッシュタグ「#keiwa」をつけて投稿すると、以下のサイトに表示され、みんなで共有することが可能です。

keiwastagram | 敬和学園大学の日常を写真で切り取る

keiwastagram

敬和学園大学に関連するInstagram写真を集める「keiwastagram」 | ICHINOHE Blog

明日から敬和祭、Twitterハッシュタグは「#kfes11」

明日10/22と翌10/23、敬和学園大学は学園祭「敬和祭」を開催する。
第21回敬和祭のご案内(2011年度) – 敬和学園大学
第21回敬和祭「一期一会~KEIWA*past-present-future~」
今年のゲストは、池上彰さんの講演会&シンポジウムが最大の目玉か。目玉すぎて、事前受付で申込が殺到、当日参加はできない。翌日のお笑いライブには、ザブングルが来るという。
ともあれ、学園祭の主役は大学生だし、彼らがどんなことをやってくれるのかがもっとも重要。今年はダンスを披露するサークルが多数あり、一日目の11:40-12:10にアニメ研究部が「オタクが踊ってみた」というタイトルでダンスを披露するという。二日目は、12:50-13:10国際ダンスサークル(トッポギガールズ)13:10-13:30 Freeスタイラーズ13:30-14:00チアリーダー部と続く。国際ダンスサークルはK-POPを踊るグループで、サークル名は無理やりつけた感があるのだが、さて1年目のステージ、どうなるか。Freeスタイラーズは今週のKeiwa LunchではShyな青年たちだということが明らかになったが、ダンスは雄弁かどうか。チアリーダー部はもはや定番だが、 NSMC関係者には、幕間に登場する特別出演のまりもさんのダンスも注目だ。
ほか、FMしばた生中継・収録 、茶道部による茶会、屋台・教室展示、外山節子教授による英語で遊ぼう!、ブラスバンド部による公演、外国語スピーチコンテスト、軽音楽部のライブが予定されている。
一戸は初日10時からのFMラジオサークルの生放送に、一部出演することになった。
Facebookのイベントページの利用はイマイチだが、Twitterは大学の様子を伝えるインフラとして良く機能している。今年のハッシュタグは「#kfes11」で進めているので、来場者の皆さんもこのハッシュタグでTwitterに書き込みながら、「敬和祭」を楽しんで帰ってほしい。
Twitter / Search – #kfes11
Twitroll – #kfes11 slide show
一戸ゼミの学生たちが続けているUST番組「Keiwa Lunch」では、先週と今週、敬和祭スペシャルとして、各サークルからの告知をしてもらった。アーカイブはこちらに残っている。