メールでTwitterのフォロワーを管理するTopify

知らない人からのフォロー通知がどんどん増えているTwitter。スパマーやらフィッシングやら、怪しげアカウントが増えているといううわさもあり、むやみにフォローしたくはないが、パッとみで、どういう相手かを判断するのも簡単ではない。

という中で、TopifyというサービスがTechcrunchに紹介されていたので、試してみた。

リンク: Topify―メールでTwitterのフォロワーを管理(先着200人招待).

Topifyは時間節約ツールだ。利用法は簡単だ。アカウントを登録(TechCrunch読者を先着200人招待)した後でTwitterの設定を開き、それまでのメールアドレスをTopifyが提供したものに変えるだけでよい。以後、Twitterで誰かがユーザーをフォローし始めると、その情報はTopifyに送られ、そこからユーザーのメールアドレスに転送される。通知メールには、写真、経歴、居住地域、フォロワー数、フォローしているユーザー数、メッセージ投稿数、Twitter使用期間、最新メッセージ、などその相手のTwitterにおける活動状況の要約が掲載されている。(スクリーンショット参照)。これだけの情報があれば、その相手をフォローし返すべきかどうか判断できるだろう。もしフォローし返す場合は、単にこのメールに返信するだけでよい。

続きを読む

「Doblog」投稿不能のまま1カ月 ブロガー移転先分かる「難民キャンプ」出現 – ITmedia News

ブログサービスのDoblog、復旧のめどは依然立たない。データはかなり復旧したようだが、投稿はできない。このまま塩漬けにしたまま、サービス終了ということになるのかもしれない。

NTTデータの対応の悪さが、日本ブログ史、あるいは、日本ネット史に残りそうな勢いだ。とはいえ、通常のネットユーザのどれだけがこの話題について知っているのかといえば、NTTデータに致命的なダメージを与えるほどでのものではないし、「無料サービスなんだからしょうがない」という思っている風にも見える。

というわけで、移転先を知らせる「難民キャンプ」がスタートしているそうだ。

リンク: 「Doblog」投稿不能のまま1カ月 ブロガー移転先分かる「難民キャンプ」出現 – ITmedia News.

NTTデータのブログサービス「Doblog」(ドブログ)で2月8日に起きた障害が復旧せず、1カ月以上にわたって記事を投稿できない状態が続いている。このほどユーザーの1人が、Doblogユーザーの移転先を収集・公開する「Doblog難民キャンプ」を開設。移転先情報を50件以上掲載している。

続きを読む