J-CAST ニュース : 鳥越氏「辞任説」を否定

昨日今日で、ネット上では2ちゃんねるの閉鎖危機問題とともに、鳥越俊太郎氏がオーマイニュース編集長を辞任するのではないかという話題が、ネット上で飛び交っている。J-CASTから昨晩出た記事は、以下の通り。

リンク: J-CAST ニュース : 鳥越氏「辞任説」を否定.

   市民参加型ニュースサイト「オーマイニュース」の鳥越俊太郎編集長が辞任する、とニュースサイト「JANJAN
が2007年1月11日に報じたことを受けて、オーマイニュースは同日、「事実関係に誤りがある」とする文章をJANJANに送付、記事の削除と謝罪文の
掲載を要求した。JANJAN側は「記事は十分な取材に基づいている」と譲らないが、鳥越氏は「辞任説」を否定している。

経緯としては上の説明の通りで、「OhmyNews:【追記】一部のインターネットメディア記事について.」を見ると、鳥越氏は辞任を否定しつつも、
「以前から、「後任を探しておいてください」という依頼はしてきました。」という表現もあり、そう遠くない時期に辞任するであろうとJ-CASTは指摘している。

鳥越氏の去就やオーマイニュースの今後、ということよりも、既存マスコミと一般ブログの間に、どんな中間的なメディアを置いて公共的な言論空間を維持発展させていくのかの方が、より大きな問題なんだろう。

切込隊長BLOG(ブログ) – 鳥越俊太郎さん、お疲れ様でした.」にこんなことが書いてあった。

百家争鳴ではないですけど、ひとつの意見として、あるいは主張としての市民団体の発言は、もっぱら朝日新聞などの特定の媒体を通してしか目にすることが無
く、彼らが彼らの言葉で事象を捉え、交流している場がネットにあまり存在しないのは片手落ちな気がしてなりません。彼らの主張に賛成はしないけれども、彼
らが何を考え、どう主張しようとしているのかを知ることもまた、開かれたインターネットの一形態として意味があるように感じます。

つまり「サヨク」的な発言がネット上には流れにくくなっている、ということを言いたいわけだが、なんでそうなるのか。その原因をネットとリアルの「空気」の違いというべきなのか、ネットユーザとリアル言論人の「世代」の違いととらえるべきなのか。恐らく両方なんだと思うが、いずれにせよ、「サヨク」的な発言に何らかの優位な推定を置く文化が、それとなく上の世代とかネット以外の言論空間には漂っているのは確かだと思う。大学教員という職業をやってると、いまだにそういう空間の中に身をおくことが多いのだが、リアルの世界で、「サヨク」優位原則に違和感を表明する人はあんまりいない。だいたいスルーして終わっている。ネットでは、この「スルーして終わって」いた違和感が、どんどんネットの中で表明され、それが場合によっては「炎上」につながっている。

こうした攻撃を行う動機は、愉快犯もいるし、上のような現状への不満を表明するものもいるのだが、いずれにせよ、リアルでの不満との関連がある以上、匿名で、それに便乗したある種の悪意が、表に出やすい構造になっている。攻撃される側は、あいつらは卑怯で、対抗言論に値しないと断じ、対話のチャンネルを閉じる。僕は、オーマイニュースが去年行って不興を買った一連の措置の背景を、このように理解している。

でもはてなブックマークなんかを眺めていると、そんな悪意ばっかりでもなく、むしろ冷静なコメントのほうが圧倒的に多いし、すごく短いのに示唆に富んでいるものも見かける。これは愉快犯で「炎上」をやらかす匿名言論とは、だいぶ違うよなあと思う。たしかに批判するほうは匿名に隠れてやり放題なので、「評価する側/される側」という、今までとは別の非対称性があって、評価される書き手側はビビリがちだけど。 

# 昨年暮れの情報ネットワーク法学会で、佐々木俊尚さんが、「一般雑誌に書く原稿より、ネットに書くほうが、下手なことを書くとはてなブックマークとかで叩かれるので、かえって気を使う」と言っていた。彼のようなネット世界のライターとして成功し、いろんな論争を行ってきた人でも、そういうこと思ってるんだなとちょっと新鮮だった。

注目されるメディアになるならば、愉快犯がもたらすノイズと戦うことは不可避だ。コメント欄を閉じたって、ブログスフィアの中でのそのメディアに対する評価は、あからさまに出てしまうのだ。したがって、こうした匿名言論とうまくつきあいながら、「市民メディア」っていうもののあり方を、もう一度オーマイニュースには模索してもらったほうがいいんではないかと思う。僕としては、空間を維持発展させるための仕掛けのほうに、最近関心が向いている。

Flickr: Views: xxとFavorites: xx

札大の三上先生のブログ「 三上のブログ – バベルの塔:アメリカの友人からの薦め.」を読んで、再度日本語の壁について考えているのだが、自分自身もFlickrを完全に使いこなしているとはいえないのが正直なところ。三上先生の記述から考えることも色々あるのだが、それはまたの機会にして、とりあえず今回はFlickr話。

使い勝手とか盛り上がりとか総合的に見たら、どうみてもLivedoor PicsよりFlickrが上なのだが。そもそもFlickr自体が、「使ってみたら結構ハマる」類のサービスなので、先行して使ってみたからといって、その面白さを人に100%伝えられない。それに輪をかけて、英語だというだけで逃げ出したくなる人には、どうやってオススメしても心を打つまでにいたらないわけだ。

#同じような障壁をあっさり越えさせて、みんなにテレビ映像を探し回るようにせしめたYoutubeは、そういう意味でも「破壊的」だ。

さて10月に始めた僕のFlickr活動もそろそろ3ヶ月。そんなにどんどん新しいネタが出せるわけでもないのだが、日々街角で新しいネタを探しまわる一方、「そろそろ一眼レフ買おうかなあ、でも高いなあ」とヨドバシ新潟を物色したりもしている。

Flickrの中で新しく見つけたGroup活動が「Views: xx」と「Favorites: xx」。Groupというのはさまざまなテーマごとのコミュニティで、掲示板としての機能と、そのグループに関連した写真をプールする機能を持っている。同じようなテーマで写真を撮っている人たちが、お互いの写真を見て、評価しあったり出来るようなコミュニティ機能がある。最近その中に「Views: 50」とか「Favorites: 10」といったグループがあることを発見した。

Flickrにアップされて公開された写真には、「何人が見たか」というViewsや「何人がお気に入りに入れたか」というFavoritesといった情報が残る。FavoritesはFlickrの中の機能だ。IEとは関係ない、念のため。このほかにInterestingという謎の指標もあるというのは以前にも書いたが、これらそれぞれの指標により、自分がアップした写真はソートして、上位200枚を表示できるようになっている。

で、つまり、「Views: 50」というグループは、「50人以上が見た写真のグループ」、「Favorites: 10」というグループは」、「10人以上がお気に入りに入れた写真のグループ」なわけだ。
Viewsのグループには、25、50、75、100、200、300、400、500、600、700、800、900、1000、1250、1500、1750、2000、3000、4000、5000、10000までがある。Favoritesも同様だが、話をViewsに絞ろう。アップした写真へのアクセスが25viewsを突破したら、「Views: 25」グループに、50を超えたら「Views: 50」グループに、徐々に「出世」していく。「出世」といっても、自分で新しいグループに投稿しているだけなのだが。
Photo

実は次のグループへの「出世」は、Flickrの中ではGraduation(卒業)と表記されている。各グループには、卒業を目前に控えた写真(残り5views以内で次のグループに投稿できるようになるもの)を投稿する「Ready to Say GoodBye」と次のグループに写る前に「卒業写真」を残していく「Graduation」、という二つの掲示板がある。「Ready to Say GoodBye」に投稿していくと、そのうち誰かが開いてくれて「卒業」し、めでたく次のグループに移行する、という流れだ。

Flickrを写真置き場として使うならば、Livedoor Picsより優れているのは、容量制限をとっぱらえるということだけ。「写真を通じたソーシャルネットワーキング機能を備えている」という趣旨が見えてくるところまで使い込まないと、たしかにわざわざ英語のサービスを使うメリットは見えてこないかもしれない。

ちなみに僕の素人写真で参加できるのは、せいぜい「Views: 100」まで。「Views: 25」とか「Views: 50」ぐらいを、ちまちまといじっている。