タグ別アーカイブ: youtube

ITmedia News:YouTubeの合法性を改めて考える

リンク: ITmedia News:YouTubeの合法性を改めて考える.

とりあえずさらっと一読。

 「多数のユーザーが情報発信するWeb2.0時代。ユーザーの著作権侵害行為に対して、サイト運営者が責任を取るべきという考えは妥当なのか」――五十嵐弁護士は、これが今ホットな論点だと語る。

そんなこといってもユーザは責任取れないんだから、といわれそうだが、妥当な問題提起に見える。結局のところ、流れていってしまうことを前提にして、「組み換え」をしなければならないということだろう。

Gyaoで個人で作る生放送番組が放送開始 – CNET Japan

リンク: あなたも番組を持ちませんか?–Gyaoで個人で作る生放送番組が放送開始 – CNET Japan.

インターネット関連ニュースに、「直感的に面白くなさそうと感じた」というコメントがあった。これまた直感的に、同意見である。でもやり方次第なのだろう。

GyaOジョッキーは、参加者がディレクター兼キャスターを務める番組を生放送する、個人参加型番組。毎週月曜日から土曜日の22時より深夜24時まで、個人によるオリジナル番組を、都内の簡易スタジオより生放送する。

最近見てないので的外れだったら申し訳ないが、基本的にGyaoというのは、テレビ放映されるものと同等の知名度のある「良質な」番組が、テレビと同じ広告モデルで、配信できる、という性格のものだ。少なくともそういうブランドイメージだと思う。だから、Youtubeのようにゴミを垂れ流させて、垂れ流されたゴミの中にいいものがあるのかも、っていうやり方は、なかなか取れないし、それではついてくる視聴者がいない。したがって、視聴者の中から良質なものを選抜して、その人にスタジオを使わせて、時間帯も決めて、というやり方になる。

MXテレビが最初にチャレンジし、ほとんど話題を呼ぶことなく終わっていった(もしかして終わってない?)取組み、素人に夜中の枠を使わせちゃおう、っていうやり方をちょっと思い出した。当時は少なくともみんなテレビに「プロ」を求めていたので、ダメだった。今はその辺が相対化している可能性はあるけれど。

どれぐらい「質」を管理し、「量」、つまりチャンネル数を確保するか。その辺が鍵になるかもしれない。簡易スタジオを使えるのは、ユーザの人気が高いものだけで、そこには広告もつくが、そのジョッキーには報酬も出る。その下には広告もつかない、一定の審査基準をクリアしただけの玉石混交なチャンネルが自宅スタジオから放送される。という「成り上がり」システムにしたらどうだろう。

みんな幇助してます

リンク: ICHINOHE Blog: ITmedia News 「YouTube人気動画リンク集」は合法か.

この記事についての落合先生のコメントを朝から読んで、またまとまらないまま、追記。

リンクを張る行為が、刑事上、「自動公衆送信のほう助」に該当するかどうかについて、私は、以前から疑問を持っています。

「自動公衆送信」自体は、張られたリンクをたどってアクセスしてくる人々とは無関係に行われているものであって、リンクが張られているからアクセスしてくることで、自動公衆送信が、より容易になる、幇助される、という関係があるのか?と思っています。

「送信要求の増加」程度で、自動公衆送信がより容易になったと、少なくとも刑事上で言ってしまって良いのか?と思うわけです。

これに続く落合先生のコメントを要約すると、自動公衆送信をほう助する、という意味でいうならば、それはリンクよりも受信行為のほうが、自動公衆送信を容易にしているのではないか。リンクに関していえば、「受信」を容易にしているとはいえるが、「送信」を容易にするという関係には立たないだろうと、僕なりの理解は以上の通り。

いまや、クリック一つ、ソーシャルブックマークの時代であり、リンクという行為を昔、タグで書いていた時代とは全くそこにいたるまでのハードルが異なっている。他人のブックマークをインポートしたり、それらを並べたブログエントリをトラックバックで飛ばして、アクセス数の向上をはかったり、(イマイチからくりが理解できていないが)そのようなさまざまな利用形態が目立つようになっている中にあって、リンクがほう助になりうる、とそれはそうだけれども、そこにブレーキをかけるのはほとんど意味がないように見える。
たとえ、論理的にリンクが、わいせつ物公然陳列なり、自動公衆送信権侵害なりの、ほう助となるとしても、実際に社会的に看過しがたいものというのは、少数であろう。ポータルサイトとか、アルファブロガーとか。

じわじわと「影響力の少ない」ブログの間で盛り上がってリンクされている違法なコンテンツを、ブログ検索サイトが、「自動的」に吸い上げてしまった場合、「看過できない」度が高いのは、そのブログ検索サイトということにある。そうならないためには、「ヤバイ」キーワードは、旬の言葉にならないようにしておく必要がありそうだ。

あれ?他国のインターネット言論の規制を、とやかく言えなくなりそうだ。

KNNエンパワーメントコラム:過渡期としての「Web2.0」

数日前にとりあげた本物のWEB2.0をめぐる議論は、まだまだ続きそうだ。

リンク: 「レッシグの思想や哲学を大手メディア企業が受け入れた」ってほんとう? – CNET Japan.
リンク: KNNエンパワーメントコラム.

KNNの神田さんは、偽者のWEB2.0だってレッテルを張るようなことなのか?という意見だ。ミクシーだってYoutubeだって、実際にはみんながハックして、便利に使えるようにしちゃってるじゃん、とまあようするにそういうことだ。

mixiに関してもAPIは公然と公開されていないまでも技術的には、ハックが可能であり、mixiのデザインフォーマットそのもののSNSのオープンソースエンジンである「OpenPNE」などで多数のmixi型インタフェースのSNSはすでに普及している。
特に、X-shibuya http://sns.xshibuya.jp/
は渋谷近郊のクリエイターなどを中心にmixiと併用しながらも5000名もの別の母集団を構成している。

OpenPNEはミクシー型のインタフェースなのだろうか?とちょっと思ったのだが。。。まだいじくってないのでわからない。

記事の最後に出ている、Web2.0 Conference、面白そうだなあ、行きたいなあ。

シックス・アパート、SNS要素を備えたブログ「Vox」正式サービス

–  シックス・アパート、SNS要素を備えたブログ「Vox」正式サービス

ちょっといじってみたが、テンプレートが日本のものとはまた違って洗練されてるなという印象。こういうテイストが好きな人にはウケルんじゃないかという気がする。

記事では、連携機能が強化されていて、FlickrやYoutubeなどからの引用をサポートとあり、その一方で閲覧範囲を細かく設定できるSNS的な要素も含んでいるようだ。

http://shinyai.cocolog-nifty.com/shinyai/2006/10/itmedia_news_tr_ad86.html

引用の要件を満たせるかどうか?というのは、上のエントリの元記事に出てくる。

ITmedia News 「YouTube人気動画リンク集」は合法か

ITmedia News:「YouTube人気動画リンク集」は合法か (1/2).

法政の白田秀彰先生と、小倉弁護士への取材をもとに構成されている。日本法に照らせば、違法なコンテンツの自動公衆送信を幇助することになるが、それでいいのか?というのが大まかな論調。

ところで、私的使用のための「複製」を認める著作権法30条は、私的使用のための「自動公衆送信」、あるいは私的使用のために自動公衆送信権の侵害の幇助、の場合も免責すると解釈できるだろうか?
記事の中には、そのように読める部分があるのだが。
これは文理解釈では、Noではないかと思う。

実際の行為が複製であれば影響も小さいが、ネットワークを介した途端に権利者の利益が損なわれる、という二分法的な前提は、もうほとんど意味がないのだが、実際にはそういう二分法が現行著作権法の前提となっているように思われる。

My Samurai

小倉先生のブログ、最新エントリーは「規制強化に頼らぬコンテンツ振興策」についての不定期連載の予告。非常に楽しみな予告内容だ。

で、それについて書こうと思ったのだが、スクロールしていったら、「 benli: My Samurai.」というエントリーを見つけてしまった。

日本人女性4人組からなる「Shanadoo」の「My Samurai」がドイツ語圏で大ヒットです。

Youtubeにもたくさんアップされていたし、上のリンクでもPVが見られる。知花くららの忍者コスチュームもそうだが、相手の思っている日本人イメージをうまく利用すれば、まだ日本の外でいろんな日本のコンテンツを売り出す機会はあるということだろう。