タグ別アーカイブ: vimeo

都市の公共空間とTwitterは「ステージ」

新宿駅を通り過ぎる際に、ホームをハイスピード撮影した映像。まるで時が止まったように、ホームにいる人々の姿を切り取っている。

新宿駅をハイスピード撮影した動画が、人間模様を映し出していてすごい

Adam Magyar, Stainless – Shinjuku from Adam Magyar on Vimeo.

制作したのはベルリンに住む、ハンガリー人の写真家、Adam Magyarさん。作品のコンセプトについて「この作品は、写真と動画の境界に位置づけられるもの。延々と続く、電車待ちの人たちの姿はまさに、生ける彫刻なんだよ」と語っている。

話題になったこの動画に対して、「たつをのChange Log」は以下のように、この動画の面白さを十分に理解しつつある種の「難しさ」をやんわり指摘している。

[を] 肖像権やらプライバシー保護やらでアートを否定したいのではなく自分も同じことをやりたいわけです

でも、これって、肖像権やプライバシーの問題が残ります。撮影された人の許可は間違いなく取ってないだろうからほぼアウト。カメラを向けて拒否されなかったからOK、みたいな話は隠し撮りだから通らない。風景の一部、というには無理がある。これが許されるならグーグルストリートビューで顔をぼかさなくていいよね。

なんかこのへんがクリアされてないとモヤモヤします。

ぐちゃぐちゃ言ってるけど、私はこういうアートを否定したいのではないのです。むしろこれがOKなら自分もこういうことをやりたいと思っているのです。有名アーティストならおとがめなしだけど個人ならダメ、みたいな世界は嫌なのです。

以前、新津美術館の「おんな写真展」を見に行った。過去から現在にかけて、女性たちがどのように生きていたのかを写真で振り返ることができた。非常にリアルな写真が多かったのだが、90年代途中のある段階から、様子が少し変わった。「時代の流れ」で自然な姿を撮影するのが難しくなったと書いてあった。

新津美術館のおんな写真展 | Flickr – Photo Sharing!

というわけで、有名アーティストの側もまた、ストリートで撮影するのは実際にはいろいろと難しい環境にあるように思う。一方、秋葉原では小型カメラがたくさん売られていて、これを使って、極秘に撮影することが可能になっている。有名アーティストであれ個人であれ、まっとうな人は、技術の進化によって「表現者」としての地位を獲得したにもかかわらず、実は撮影することをためらう場面があるということだろう。逆にそんなことは気にしない「ならず者」は、やりたい放題になっているのかもしれない(実際カメラの高機能化の結果、駅での盗撮で逮捕されているケースは少なくない)。

都市に暮らす人々は、匿名化された「群衆」の一人として生活している。自分は東京から離れて10年以上がたち、お店に行けばバイトしている学生に会い、道を歩いていると知り合いに会うという環境にすっかり慣れてしまったが、最初はとても息苦しかった。東京に出張で出てくると、ほっとしたのをよく覚えている。今でも、東京を歩いていると、人の目を気にしないでよくなるために、ちょっとだけ気分が楽になったと感じることはある。

この「匿名化」された空間は、「冷たい」とはいうもののどこか居心地がよいところもあり、そこにどかどかと入り込んで撮影するというのは、権利以前に、撮られる側には抵抗がある行為なのだろう。もちろん、田舎の村にどかどかと入り込んで撮影するのも抵抗はあるだろうが、田舎の場合には「入り込む」という段階で「抵抗」がはじまり、「あんただれ?」という状態になるので、やや状況が異なる。新潟の都市部では村のようにはならないが、街を歩いていて知り合いに会う可能性は決して低くないので、完全に「匿名化」された気分で街を歩いている人、電車に乗っている人は少ないはず。

匿名化されているはずの都市住民のプライバシーは、突然何かの拍子で暴かれる。悪気がある場合もそうでない場合もある。この現象は、個人的に使っているつもりのTwitterアカウントでの発言が、ある時突如として注目を浴び、RTされ、まとめページに掲載されていくというのに、構造は似ているように思った。

ステージに上がっているつもりは全くないのに、突然スポットライトを浴び、幕が開き、多くの観客の前にさらされる。どちらのケースもその点では似ているのではないか(自分でTweetした結果か、勝手に見知らぬ誰かに撮影されたかという違いはあるにしてもだ)。だからどうすべきだということはないけれども、都市の住民というのは、公共空間ではいつ幕が開いているかわからないという状況にあり、それはある意味でやむをえない部分があるということを前提にした上で、たとえばそれが意に反する形で別の情報と結び付けられないようにする方法を考えるとか、実質的な悪影響を最小限にとどめる仕組みを、考え始めたほうがいいのかもしれない。

Instagram Photo Map

Instagramが3.0にバージョンアップ、フォトマップの利用が可能に

Instagramがメジャーバージョンアップを行い、3.0に。フォトマップの利用ができるようになった。松村太郎さんのブログで知った。

Instagram 3.0 – フォトマップは街の風景を切り取る [ t]

以下のように、Instagram上の写真が地図上にマッピングされる。

Instagram Photo Map

Instagram Photo Map

果たして過去に撮った写真のどれを公開してよくて、どれがまずいのか。ここで判断が必要になるのだが、バージョンアップ後、フォトマップを利用しようとすると以下の様な表示。

Instagram Photo Map

続いて具体的な候補が示されて、一つ一つチェックすることができる。Foursquareで場所の表示を入れていたものは、自分で場所の表示をすることを前提に撮ったものなので、まずよいとしてOKしたが、問題なのは下のようなケース。

Instagram Photo Map

iPhoneが記録しているジオタグによると、どうもこの場所みたいですよ、というような形で候補が出てくる。ただ地図を拡大できなかったので、実際どの場所にタグがついているのか確認できず、新潟とか青森とか、ちょっと変なところについていたら困るような場所の候補は、地図に表示しないことにした。もちろんあとで地図を開いて、「あ、自宅にタグが!」というようなものを削除することは可能だ。場所が間違っていた写真を、再び別の場所にマッピングする方法があるのかどうかは不明。

各ユーザの撮った写真をマップで表示する方法はわかったが、すべてのユーザの、あるいは友人の撮った写真を、まとめてマップ上でみるメニューは、今のところ見当たらない(まだないのかな?)

Publicな写真を地図上で表示するサービスは、Flickrの場合、Flickr Photo MapというiOSアプリがある。

地図上にFlickrの写真を表示するFlickr Photo Map | ICHINOHE Blog

またFlickrの中には、Placesという目立たない機能があり、都市名を入れるとその場所で撮られた写真を一覧することも可能だ。

Flickr: Places

新潟市。
Photos & Video taken in Niigata-shi on Flickr!

新発田市。
Photos & Video taken in Shibata-shi on Flickr!

弘前市。
Photos & Video taken in Hirosaki-shi on Flickr!

Instagram 3.0 – Photo Maps Walkthrough from Instagram on Vimeo.

Vimeoでのフォトマップのデモ動画。

Branch

Twitter 創業者が新サービス、「Branch」と「Medium」をスタート

Twitter の共同創業者のEvan WilliamsとBiz Stoneが、新サービス「Branch」と「Medium」を開始した。いずれもTwitterを使ってログインするサービス。

Twitter 創業者が新サービス「Branch」「Medium」開始、グループ会話とコレクション – Engadget Japanese

Branchはこうした点を解決して、ひとつの話題について突っ込んだ会話をするための仕組み。主催者が話題と参加者を設定することで、140文字制限のない会話スレッドを立ち上げることができます。ログインや招待にはTwitter (またはメール)を使うため、Twitter 上の会話から「枝分かれ」させてBranch を始めた場合、@で言及された相手はアカウント登録などの必要なく、そのまま Branch に参加することが可能です。

Branch

Branch from Branch on Vimeo.

というわけで、BranchはどうもFacebookグループやLINEのようなプライベートな使い方を、Twitterに外付けする形で実現するように見える。しかしその一方で、会話をembedタグを公開することができる(しかもリアルタイムでアップデートされる)というあたりを見ると、実は競合するのは、Google+ハングアウトではないかという気もする(ハングアウトでのグループビデオ通話は、Youtubeでライブ配信することが可能に鳴っている)。今のところBranchは招待制。

Branch

もう一つのサービスMediumは、「タイトルを設定して写真や動画、文章などのアイテムを放り込んでゆく」、どうもPinterestに類似したサービスのようだが、「コレクション」はプライベートやグループ内に閉じた使い方が可能だ。こちらはすでに利用可能になっている。

Medium

とりあえず第一報から感じる印象は、ひたすらオープンでシンプルなスタイルを貫いてきたTwitterの特徴を生かしつつ、これに付随するサービスを創業者が立ち上げることにより、本体のシンプルさを維持したまま、多機能化をすすめていこうというもの。Twitter本体とどれぐらい密接に連携しているのかは未知数だが、もしある種の連携があると仮定するならば、Facebook, Google+, Line, Pinterestといった、他のサービスの動きに対応した、Twitter側の対抗策であるように見える。

Medium

【追記】「利用可能」と書いたMediumだが、Sign Upはできるものの、今のところできるのは、すでに作られたポストに対する「いいね」のみだ。ポストできるのは今のところ限られたユーザのみだという説明が書かれていた。

Welcome to Medium — About Medium — Medium

As of today, everyone (with a Twitter account) can read and give feedback on Medium. Posting is limited to a small invited list of friends and family, which we’ll be expanding rapidly—soon, to those who have registered, so if you are interested please do so.

映画「フタバから遠く離れて」「Nuclear Nation」

舩橋淳監督のドキュメンタリー映画「フタバから遠く離れて(英語タイトル 『Nuclear Nation』)」。終わりの見えない避難生活を続けている双葉町の人々を描いたドキュメンタリー映画。

映画『Nuclear Nation – ニュークリア・ネイション』公式サイト

予告編を見るだけでも、圧倒的な迫力だ。10月13日より全国順次公開だそう。

フタバから遠く離れて 予告編 from Atsushi Funahashi on Vimeo.

自動的に生成されるインタラクティブな百科事典Qwiki:iPadアプリはロケーションにも対応

先週学生の @tel_t が見つけて発表してくれたのが、以下の記事。
iPad版Qwikiアプリケーション、リリース後11日間で25万ダウンロードを達成
そもそもQwikiってなんだ?ということになって、調べてみたのだが、なかなか面白い「百科事典」サービスで、一月には一般公開されていたことがわかった。ブラウザ上で利用できる。
ビデオ検索エンジンのQwikiが一般公開
Qwiki

ニュースをフォローしていない方のために説明すると、Qwikiは主としてWikipediaの記事を写真やビデオと統合し、音声読み上げするサービスだ。

自動読み上げ機能を使っているので、スムーズとは言い難いものの、ウェブ上のコンテンツを組み合わせたビジュアルの見やすさもあって、英語の苦手な日本人でも理解しやすくなっている。画面は音声とともに自動的に遷移するが、興味のある画像や映像が出てきたらクリックして一時停止させ、拡大することができるようだ。
残念ながら英語版Wikipediaの日本関連の項目は充実しているとはいいがたいので、たとえばKeiwa Collegeの項目などは非常に短い。内容の足りない部分については、画像、動画については、追加したい項目を追加ができるようだが、説明文については入力項目に入っていないので、おそらくソースとなっているWikipediaを直接書き換えてくれということなのだろう。
最近リリースされたiPadアプリ版では、位置情報とも連携させられるようになり、今いる場所の周辺にひもづいている項目を表示できるようになった。新潟にいるときには、新潟県、新潟市、新潟駅、古町などの項目が表示できる。もちろん地図に基づいて、別の町にいって、その場所にひもづいた情報を取り出すことも可能だ。旅行の計画にも役立ちそうだし、旅行先でこれを持って歩きまわるというのも、なかなか面白そうだ。

Qwiki iPad App Demo from Qwiki on Vimeo.

いくつか項目を拾ってみた。
Keiwa College

View Keiwa College and over 3,000,000 other topics on Qwiki.

Shibata(新発田市)

View Shibata, Niigata and over 3,000,000 other topics on Qwiki.

Niigata City

View Niigata (city) and over 3,000,000 other topics on Qwiki.

Hirosaki(弘前市、ハイローサキと発音されている)

View Hirosaki, Aomori and over 3,000,000 other topics on Qwiki.

以下は昨年9月に、TechCrunch Disruptでプレゼンした時のもの。このときQwikiは大賞を受賞している。

TC Disrupt―Qwikiは情報検索の未来体験だ
TC Disrupt―大賞と5万ドルは自動記事生成のQwikiに

YouTube - My Pummelvision

大量の写真をビデオ化してくれるPummelvision

今日Techcrunchの記事を見て、「おお!」と思ったが、実は百式で紹介済みだったサービス。Flickr、Facebookなどから写真を取り込んで、簡単にビデオに仕上げてくれる。
Pummelvision
YouTube - My Pummelvision

Flickr、Tumblr、Facebookなどからあなたの走馬燈的ビデオを作ってくれる『Pummelvision』 – 100SHIKI ~ 世界のアイデアを日替わりで
人生は走馬燈のごとし: Pummelvisionはあなたの大量の写真をビデオ化してくれる

続きを読む

shinyai and friends on Twones

ソーシャル音楽フィードのTwonesから招待状が届く

自分の再生した曲の情報を公開して共有し、関連するサービスをウェブから集めてくるサービスは多数存在している。そのうちのひとつ、オランダのスタートアップが運営しているTwonesから、招待状が届いた。

shinyai and friends on Twones
 

続きを読む

Zemanta supports Gmail.

ZemantaがGmailとYahoo!Mailをサポート:メールの文脈に合わせてFlickr画像を追加

意味解析によって、ブログの内容に合致したFlickr上の写真を探してきてくれたり、Kakuteru.comでタグクラウドを作ってくれたりしている、Zemantaというサービス。

今度はGmailとYahoo! Mail(Japanではない)で、メールの内容にあった画像をFlickrで探してきてくれる。サービスを利用するには、FirefoxかInternet ExplorerでZemantaをアドオンとして追加する必要がある。

リンク: Zemanta for bloggers | Zemanta Ltd..

続きを読む

posterousへの動画投稿は、URLを本文に書いてメールで送るだけでよい

今日3、4年のゼミ生にposterousを紹介したところ、予想外に好評であった。いろいろ情報を書き込んでサインアップする手間をかけず、ただメールを送るだけというのがいいようだ。ゼミの学生はまだしも、一般の学生の場合には、英語メニューだと、たしかにサインアップだけで1時間費やしてしまうこともあるのだ。メールを送るだけ、というのは、相当参入障壁を下げている。

さて意外に好評だったので、もう少し詳しく調べてみたところ、FAQに動画投稿の方法が書かれていた。

リンク: posterous – Frequently Asked Questions.

If you paste a YouTube link, like this video of Kansas playing Carry On Wayward Son:

We automatically turn it into a YouTube embeded player for your new post.

続きを読む

tumblr紹介ビデオ「tumblr. – The Documentary」

個人的には利用頻度がやや落ちてきたTumblrだが、まだまだユーザたちのReblog活動は元気に続いている。Tumblrを紹介するビデオが、Vimeo上にアップされている。いろいろなユーザの声のほか、Tumblr Meetup(オフ会)の様子も写っている。

リンク: tumblr. – The Documentary on Vimeo.


tumblr. – The Documentary from DaveAOK on Vimeo.