タグ別アーカイブ: video

Jib Jabのサービスを使って、自分の顔でGangnam Styleのビデオを作ってみた

電子グリーティングカードサービスのJib Jabで、Gangnam Styleのパロディビデオを作ってみた。自分の顔写真をくりぬくと、ビデオにはめこんでくれる。顔の輪郭、口の動く部分などを細かく指定できるので、多少横を向いている写真でも、それらしく加工できる(正面写真のほうがよいのはもちろんだが)。

首の動きなどがなかなかリアルで、それっぽく見えるようになる。

Personalize funny videos and birthday eCards at JibJab!

ブログへのはりつけなどは無料だが、ダウンロードは有料だそうだ。

Instagram Photo Map

Instagramが3.0にバージョンアップ、フォトマップの利用が可能に

Instagramがメジャーバージョンアップを行い、3.0に。フォトマップの利用ができるようになった。松村太郎さんのブログで知った。

Instagram 3.0 – フォトマップは街の風景を切り取る [ t]

以下のように、Instagram上の写真が地図上にマッピングされる。

Instagram Photo Map

Instagram Photo Map

果たして過去に撮った写真のどれを公開してよくて、どれがまずいのか。ここで判断が必要になるのだが、バージョンアップ後、フォトマップを利用しようとすると以下の様な表示。

Instagram Photo Map

続いて具体的な候補が示されて、一つ一つチェックすることができる。Foursquareで場所の表示を入れていたものは、自分で場所の表示をすることを前提に撮ったものなので、まずよいとしてOKしたが、問題なのは下のようなケース。

Instagram Photo Map

iPhoneが記録しているジオタグによると、どうもこの場所みたいですよ、というような形で候補が出てくる。ただ地図を拡大できなかったので、実際どの場所にタグがついているのか確認できず、新潟とか青森とか、ちょっと変なところについていたら困るような場所の候補は、地図に表示しないことにした。もちろんあとで地図を開いて、「あ、自宅にタグが!」というようなものを削除することは可能だ。場所が間違っていた写真を、再び別の場所にマッピングする方法があるのかどうかは不明。

各ユーザの撮った写真をマップで表示する方法はわかったが、すべてのユーザの、あるいは友人の撮った写真を、まとめてマップ上でみるメニューは、今のところ見当たらない(まだないのかな?)

Publicな写真を地図上で表示するサービスは、Flickrの場合、Flickr Photo MapというiOSアプリがある。

地図上にFlickrの写真を表示するFlickr Photo Map | ICHINOHE Blog

またFlickrの中には、Placesという目立たない機能があり、都市名を入れるとその場所で撮られた写真を一覧することも可能だ。

Flickr: Places

新潟市。
Photos & Video taken in Niigata-shi on Flickr!

新発田市。
Photos & Video taken in Shibata-shi on Flickr!

弘前市。
Photos & Video taken in Hirosaki-shi on Flickr!

Instagram 3.0 – Photo Maps Walkthrough from Instagram on Vimeo.

Vimeoでのフォトマップのデモ動画。

Instagrate to Wordpress

Instagrate to WordPressがバージョンアップ:Instagram写真をWordPressに「下書き」として投稿可能に

Instagramに投稿した写真を、自動的にWordpressに投稿してくれるプラグイン「Instagrate to WordPress」については、以前ブログに書いた。

Instagrate to WordPress

WordPress › Instagrate to WordPress « WordPress Plugins

Instagramの写真をWordpressに自動投稿するプラグイン「Instagrate to WordPress」 | ICHINOHE Blog

なかなか便利なプラグインではあるのだけど、すべての写真が自動的に投稿されるというのが、ちょっと不満だった。1写真1投稿で、ブログの記事がうめつくされるのは、やってみるとやはりちょっとうるさいので、結局数日して無効化してしまった。しかし実は最近アップデートがあり、この点が解決されていた。バージョン1.1.2から、「published」か「draft」か、つまり「公開」で投稿するか、ひとまず「下書き」で保存するかを設定できるようになっている。

これにより、Instagramに投稿した写真は、ひとまずWordpressに下書き保存しておき、写真の内容によってはブログの記事としても投稿するという選択ができるようになった。設定するのは、「設定」→「Instagrate to WordPress」→「Post Status」で、「draft」を選択すればよい。

なお、同様の機能を、Youtubeのお気に入りに対して提供してくれるプラグインとして、YouTube Favorite Video Postsというプラグインがある。これも同じ使い方ができる。

WordPress › YouTube Favorite Video Posts « WordPress Plugins

WordPressにInstagramから投稿は、これが最高じゃないか! | A!@attrip

自然エネルギーの街 稚内

前任校稚内北星の学生たちが、昨年夏の集中講義で撮影した動画。集中講義の担当は、中央大学総合政策学部の松野良一先生。

風力発電、さらには太陽光発電と、自然エネルギーの町として脚光を浴びる稚内について、コンパクトに解説してくれるこの動画、現在「北海道魅力発信動画コンテスト」に応募している。こちらのコンテストは一般投票を募集している。以下のリンクから投票できる。

体感動画 北海道 魅力発信動画コンテスト|自然エネルギーの街 稚内

松野先生とともに稚内に行った、中央大学の学生たちも、「最北の珍味試食会」という動画で応募している。例の缶詰を試食して珍味度を審査するというもの。

こちらも投票受付中。

体感動画 北海道 魅力発信動画コンテスト|最北の珍味試食会

市民メディア活動―現場からの報告
市民メディア活動―現場からの報告

サルマン・カーン「ビデオによる教育の再発明」

大学教員には講義形式に固執する人がまだ少なくない。もちろん講義を全否定するわけではないが、学生の理解力にばらつきが大きくなる今日、すべての授業を一方向型の講義でやるべきかどうか、考えてみる価値はあるだろう。
以下のカーン氏の講演は、大学というよりも初等中等教育に関する話。視覚的に工夫されたビデオを家で見てきて、学校で教師とともに「宿題」をやるというもの。従来の授業形式では落ちこぼれていた子どもたちが、優等生の層よりやや遅れつつも、途中からぐっと理解度をあげて、成績が上がってくるのだとか。
ICTの導入により、個人に応じた授業展開が可能になり、教員はむしろ一人一人が個別に課題に取り組むのに寄り添うようになる。ICT教育がもたらす可能性を、カーンアカデミーもまた、示しているように思う。
教育へのICTの導入を、「非人間的」と先入観を持って眺めているたちに、ぜひ見てもらいたい講演だ。
サルマン・カーン「ビデオによる教育の再発明」 | Video on TED.com

Salman Khan | Profile on TED.com

iPad用電子新聞の「The Daily」スタート

昨日iPad用電子新聞の「The Daily」がスタートした。これはルパートマードックが立ち上げる新しいプロジェクトで、紙の新聞を電子化するのではなく、最初からiPad用にカスタマイズした「紙面」を提供するというもの。また価格も1週間99セントとかなり安いことから、スタート前から注目されていた。
日本のiTunesのアカウントではダウンロードできないようだ(が、日本のユーザも海外のアカウントで試している模様)。
Techcrunchからは以下のようなレビューが出ている。

The Daily:iPadに「定期購読」課金モデルが登場
Hands-On With The Daily (Demo Video)

続きを読む

YouTube - My Pummelvision

大量の写真をビデオ化してくれるPummelvision

今日Techcrunchの記事を見て、「おお!」と思ったが、実は百式で紹介済みだったサービス。Flickr、Facebookなどから写真を取り込んで、簡単にビデオに仕上げてくれる。
Pummelvision
YouTube - My Pummelvision

Flickr、Tumblr、Facebookなどからあなたの走馬燈的ビデオを作ってくれる『Pummelvision』 – 100SHIKI ~ 世界のアイデアを日替わりで
人生は走馬燈のごとし: Pummelvisionはあなたの大量の写真をビデオ化してくれる

続きを読む

Google Chrome用Tombloo互換拡張「Taberareloo」:Chromeでもマルチポスト

最近Hootsuiteを利用する都合上、Google Chromeを使うようになり、ChromeでもTomblooのようなマルチポストができないか調べてみた。昨年の暮れに、Chrome用拡張のTaberarelooがリリースされていることがわかった。

12月段階ではLinkのみの対応だったようだが、現在は、Text/Photo/Quote/Link/Video/Audio/Chat/Reblog、に対応している。ポスト先にも、Evernoteを含めて、多数がサポートされており、Tomblooと比べてもそん色ない。ただ、英語圏のサービスへのマルチポストアグリゲータであるPing.fm;はサポートされていない。

過去の関連記事:

google buzz

Gmailをベースにするソーシャルサービス、Google Buzz(バズ)がスタート

朝方まで作業していたところ、Google Buzzという新しいサービスについての記事が、Twitter上で飛び交い始めたので、寝る前に少し試してみた。Web版はまだ順次適用とのことで、利用できなかったが、iPhone版を試してみることができた。

google buzz

続きを読む