タグ別アーカイブ: udon

Now

全国の電車の運行情報をGoogleマップに表示する「鉄道Now」

電車の運行予定にもとづいて、地図上を電車が動いていくサービス「鉄道Now」がリリースされ、話題になっている。今のところ、動作はやや重い。

鉄道Now

電車が線路のどこを走っているのかを地図上にリアルタイム表示する「鉄道Now」を使ってみた – GIGAZINE

実際の運行状況を表すものではなく、時刻表の情報に基づいて動いているようだ。

東京都内。たくさんの電車が動いている。
Now

それぞれの電車の行き先などを表示させることができる。
Now

札幌。そんなに多くはないが、まあまあ動いている。
Now

新潟駅周辺。もうちょっと走っていると思ったが、時間帯の問題か。
Now

青森駅周辺。こちらも静かだ。
Now

現在の運行状況だけでなく、時間帯を変えて、それぞれの時間帯の運行状況や「密度」を見ることも可能だ。

鉄道Now (tetsudonow)さんはTwitterを使っています

Yamashita Udon

「さぬきうどん全店制覇攻略本」はうどん巡礼に重宝する一冊

先週木金と開催された、情報セキュリティシンポジウム道後2012に参加した後、香川に移動して、さぬきうどんやを巡ってきた。

Yamashita Udon

金曜日一日遅れで松山に来て、昼間観光するはずだった妻は、新潟空港からの飛行機が欠航し、丸一日かかって松山に移動してきたので、松山にもう一日といて、松山城など「坂の上の雲」めぐりという手もあったのだが、予定通り特急「いしづち」で高松へ。「いしづち」は海側の席が良いというので、CD席を確保した。

Rapid Train Ishiduchi

いしづちから見た瀬戸内海。

直前までいろいろ仕事をこなしてどうにか道後に向かい、そのまま会場でシンポジウムを聴講していたので、あまりうどんのことも考えておらず、予備知識もないという状態。結局前日、シンポジウムが終わってから、ウェブでうどんについていろいろ検索して、計画を立てた。香川のうどんやさんの中には、昼過ぎで終わってしまう店や日曜がお休みの店もあり、もっと周到な計画が必要だということが、後になって分かった。

大量のうどんやの中から、定番のお店を探すのには、「はじめてのさぬきうどん 讃岐うどん巡り解説」が役立ったが、土地観のない(しかも事前調査が十分ではない)自分たちが、ウェブだけで機動的に行き先を決めて行くのが難しいことにも気付かされた。

はじめてのさぬきうどん 讃岐うどん巡り解説

そこで一日目の夜に、ふらっと立ち寄った書店で見つけたのがこの本「さぬきうどん全店制覇攻略本」。これが大変重宝した。索引付きで、お店のメニュー、営業時間、定休日、地図などがさっと一覧できる。初心者には大変役立つ一冊であった。結局そんなにたくさんは食べられないのだが、限られた時間の中で、臨機応変に行き先を決めていくのは、ここに載っている紙情報とネット上の口コミ情報を組み合わせるのが有効であった。

この本を出している「タウン情報かがわ」の最新号の表紙には、「うどん県民で悪いか!」という特集のサブタイトル。香川県民のアイデンティティを感じさせる、とても印象的なフレーズであった。

 

このタウン誌は3月で休刊となり、今後はウェブに全面移行するようだ。休刊と知っていたら、こちらも記念に買っておいたところだが、しかしこれもまた、後になって知ったのであった。

TJかがわ編集部ログ:タウン情報かがわ休刊について

「おそれいりこだし」の末広部長、テーブルマークから丸亀製麺に移籍

「おそれいりこだし」の名フレーズを編み出し、Twitterで企業の公式アカウント成功例として知られるテーブルマーク(旧カトキチ)の「なかの人」、末広栄二部長が、1月より丸亀製麺(トリドール)に移籍した。
以前から退職するという情報はあって、しばらく自由に活動されていたので、てっきり独立されるのかと思っていたが、トリドール本社のある神戸に拠点を移し、再びうどん業界で活動されることになったようだ。
昨年暮れから、丸亀製麺のファンページをFacebookに設置し準備を進めていて、すでにファンが100人超。年明けにはTwitterアカウント、@marukameudon をスタートさせた。
丸亀製麺
丸亀製麺 (marukameudon) on Twitter
これまで使われていたアカウントにも変化があった。テーブルマークの公式アカウントの @tablemark はそのままだが、これまで末広さんがメインで使ってきた@katokichicoltd は、@udondou にリニューアルした。フォロワー3万のこのアカウントは、おそらく企業名が変更になったということで公式としての役割を終え、「麺類皆兄弟」のうどん一般を扱うという位置づけで、再出発ということにしたようだ(テーブルマークはそれでよかったのか?と少し思うのだが)。末広さんはこのほか、個人アカウント @e_suehiro や、個人のFacebookファンページも運営している。
テーブルマーク株式会社 (tablemark) on Twitter
ツイッター部長 (UDONdou) on Twitter
末広栄二 (e_suehiro) on Twitter
ツイッター部長のおそれいりこだし
これから末広さんは新しい職場で、個人のブランドを維持しつつ、その力をうまく生かしながら、企業広報でも成果をあげていくことだろう。企業広報の分野で、「組織内個人」のキャリアパスを考える事例としては、非常に興味深い。
また企業は、有能な社員を組織内に埋没させることなく、個性と組織のあり方のバランスをとりながら、個人ブランドをうまく活用する手法を見出す必要があるように思える。末広さんがいなくなったあと、テーブルマークがどのような形でソーシャルメディアを活用していくのかも、非常に興味深い。
新潟ソーシャルメディアクラブでも、2010年7月に末広さんに来ていただき、非常に面白いお話をしていただいた。神戸に移られて少し距離が離れたけれど、また新潟に遊びに来てもらいたい。新天地でのさらなるご活躍をお祈りしたい。
〆〆Tシャツで現れた@katokichicoltd さんを囲み、新潟ソーシャルメディアクラブ #4開催 « Niigata Social Media Club / 新潟ソーシャルメディアクラブ