タグ別アーカイブ: train

The old train @ Sado

「A列車で行こう9」で、新潟市中心部を走っていた新潟交通電車線を再現

「A列車で行こう」というのは、Windows用ゲームソフトのよう。これを使って、1999年に廃止された新潟交通電車線を、ときめき駅まで再現した映像がYoutubeにアップされていた。

The old train @ Sado

Photo by woinary

始発駅はもともと白山前駅で、その後東関屋駅からに短縮されたようだが、この動画では新潟駅から地下を走って万代橋を渡り、7号線沿いに白山前まで接続するようになっている。そこからときめき駅まで。新潟駅から「バスセンター駅」までは、地下を走っている。こんな電車が走っていたら便利に違いないと思う、新潟市民も多いだろう。

電車が地上に出て万代橋を渡り、礎町駅につくあたりは壮観だが、実は万代橋は拡幅のため壊されている(という設定)。

旅人の視点で考えれば、市内中心部を貫く交通が、このように分かりやすく整備されていることは非常に重要だと思う。

「新潟シモフルのおんぼろビルに暮らす」でも、同じ動画が話題にのぼっていた。

人口減と空き家と公共交通 :: 新潟シモフルのおんぼろビルに暮らす

新潟交通電車線 – Wikipedia

青森県版「鉄道むすめ」リリース

突然Facebookで流れてきたこの画像。青森の私鉄の乗務員が、キャラクター化している。

Source: facebook.com via Shinya on Pinterest

 

どうやら今日は記者発表があり、トミーテックが青森県版「鉄道むすめ」をリリースしたという。

青森県版「鉄道むすめ」デビューについて(プレスリリース) – 青森県庁ホームページ

「鉄道むすめ」というのが何かわからなかったのだが、実は以前からシリーズ化しているらしく、今回その「青森県版」が出たということ。一つの県でまとめて、というのは、初めてのことのようだ。

鉄道むすめ ~鉄道制服コレクション~
最新鉄道むすめニュース|鉄道むすめ~鉄道制服コレクション~

左から、
十和田観光電鉄から、アテンダントの「 清水なぎさ 」。
弘南鉄道から、トレインキャストの「 平賀ひろこ 」。
青い森鉄道から、駅員の「 八戸ときえ 」。
津軽鉄道から、アテンダントの「 芦野かな 」。
南部縦貫鉄道から、車掌の「 七戸ちびき 」。
苗字は地名から取っているので、残念ながら「一戸」は不採用であった。

今後は、JAアオレンから「りんごジュース」商品化、県内鉄道各社で使用できる「記念切符」発行、トミーテック「鉄道むすめステーションポスターvol.4」収録、が予定されている。高校時代、平賀(現在のつがる市)から通ってきていた友人が、すごいなまりの強い津軽弁をしゃべっていたので、「平賀ひろこ」は強烈な津軽弁をしゃべるのではないかと予想している。

ささきとしさんが越後線を擬人化

新潟で似顔絵中心のイラストレーターとして活躍するささきとしさんが、「越後線擬人化」を作品化してくれた。越後線にあまり乗らないのでよくわからないけど、これは車体の色なんでしたっけ?

 

今月最初から大雪をきっかけに、越後線の擬人化が始まる経緯は、以前の記事で書いた通り。

「ドジっ子」越後線を擬人化 | ICHINOHE Blog

新潟と柏崎を結び、新潟市民の主要な交通手段の一つであるJR越後線。新潟から新発田方面に走り、敬和生の多くが利用している白新線とならび、越後線は雪に弱い。今週は雪の影響で、越後線も大幅に遅れが出ており、通勤通学に大きな影響があった。

そんな越後線に翻弄された一人、敬和生の「まるり」さん(@maruri0423)さんが、越後線を擬人化して公開した。本人としては「萌え絵」は得意ではないようで、誰かこのアイデアを「萌え絵」としてまとめてほしいとのこと。

 

まるりさんの元記事にもリンクを貼っておこう。

【初擬人化】もしも越後線が可愛い女の子だったら・・・。憎めないドジッ子キャラになるんじゃないか?【描いてみた】 | まるりわーどぷれす
ちなみにささきとしさんは、Facebookタイムラインのカバー用のイラストも描き始めた。興味のある方はお願いしてみるのもいいのではないか。

maruyon-design(マルヨンデザイン)/ イラストレータささきとし

ささきとし公式ファンページ

私が描いていただいたカバーはこれ。

Source: facebook.com via Shinya on Pinterest

「ドジっ子」越後線を擬人化

新潟と柏崎を結び、新潟市民の主要な交通手段の一つであるJR越後線。新潟から新発田方面に走り、敬和生の多くが利用している白新線とならび、越後線は雪に弱い。今週は雪の影響で、越後線も大幅に遅れが出ており、通勤通学に大きな影響があった。

そんな越後線に翻弄された一人、敬和生の「まるり」さん(@maruri0423)さんが、越後線を擬人化して公開した。本人としては「萌え絵」は得意ではないようで、誰かこのアイデアを「萌え絵」としてまとめてほしいとのこと。

【初擬人化】もしも越後線が可愛い女の子だったら・・・。憎めないドジッ子キャラになるんじゃないか?【描いてみた】 | まるりわーどぷれす

ドアを壊しちゃうとか、関屋分水が怖いとか、いまいちよくわからないけれど、ドアが壊れたり、強風で関屋分水を渡れない(あるいは徐行する)といったことがあったのだろう。白新線の擬人化はまだ行われていないようだけど、基本的なキャラクターは似ているような気がする。

新潟県の廃線を歩く―鉄道歴史探訪ガイドブック
新潟県の廃線を歩く―鉄道歴史探訪ガイドブック

ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ 1 【完全生産限定版】 [DVD]
ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ 1 【完全生産限定版】 [DVD]

Waiting for the train

ケータイ小説、ケータイレポート

去年の暮れ頃、佐々木俊尚さんの「ソーシャルメディアとしてのケータイ小説」という記事を読んだ。「地
方の若者たちは夢も希望も失って鬱屈してい」て、それがケータイ小説の売り上げの全国分布に反映している、という説明に、非常に納得した。

もし佐々木さんの読みが正しいとするならば、「リベラル」を標榜する敬和学園大学は、保
守的雰囲気の漂う新潟のなかで、恐らく全く認知されていないケー
タイ小説という領域について、少なくともその何たるかを理解していこうとする姿勢を持つべきだろうと、個人的には思っている。けれども僕自身もまた、肝心のそのケータイ小説なるものを読んだことがあるわけではないということもあり、まだあまり強くは主張したことはない。

さて、そもそも携帯電話から入力されるものというのは、非常に短い文字列に過ぎず、まとまった文章を書けるはずがない。世代が上に行くほど、そのような発想に立つように思う。はたしてそれは正しい前提なのだろうか。

続きを読む