タグ別アーカイブ: timeline

Facebook Cover Image

Facebook:ユーザの名前にマウスオーバーで、カバー写真が表示されるように

熊坂仁美さんのFacebookで知った情報。Facebookで友人等の名前にマウスを持って行くと、カバー写真を含むプロフィールが表示されるようになった。例として、教えていただいた熊坂さんのカバー写真が表示されているところ。

Facebook Cover Image

タイムラインとともに導入されたカバー写真は、大きく印象的なページの設定ができるので、凝った画像を用意している人も多いのだが、残念ながらユーザページに行くまでは表示されないので、本人の思い入れほど、他のユーザからは見られていないという状態であった。今回の変更により、普段通り友人の投稿を見るというアクティビティの延長で、カバー写真を見てもらえるようになるので、自分の「名刺」として、カバー写真の存在感が高まりそうだ。まだカバー画像を設定していない人、タイムライン表示にしていない人は、これを機に検討してみるのもいいだろう。

Facebookのタイムライン設定方法 [図解] | Last Day. jp

タイムラインに切り替える

Facebookタイムラインを適用しよう:変更方法と使い方まとめ!(深谷歩) – BLOGOS(ブロゴス)

Breaking the silence

Facebookのアーティストページに「Listen」ボタンが登場

Facebookが、アーティストのページにListenのボタンを追加した。このボタンをクリックすると、「Timeline」に対応するアプリケーションのいずれかを通じて楽曲の再生が始まるという。

Breaking the silence

Photo by colinlogan

Facebook、アーティストのページに試聴用「Listen」ボタンを追加 – CNET Japan

Facebookの広報担当者は声明で次のように述べている。「本日Facebookは、バンドやアーティストのページにListenボタンを実装した。この新たなボタンは音楽ファンに、『Spotify』や『MOG』といった好みのサービスを通じて、直接Facebookページから楽曲を試聴する簡単な方法を提供する。このボタンをクリックすると、そのユーザーが最も頻繁に使っている音楽サービスが当該アーティストの楽曲を再生し始める。この音楽サービスはTimeline対応アプリなので、試聴行動はそのままTimelineに投稿される」

音楽プロモーションに使われるSNSとしては、My Spaceが全盛だった時代があるのだが、それも今は昔。ドミナントの地位を確立しつつあるFacebookが、この領域でも力を発揮しそうだ。今のところはメジャーアーティストだけが対象のようだが、徐々に裾野は広がっていくであろう。

今のところ、再生用のアプリを自前で展開するのではなく、『Spotify』や『MOG』との連携という形で進むようだ。今後は自前で再生用アプリも用意するのかもしれないが。

LeWeb 11 @ Les Docks Paris

Facebookのフィード、まもなくプラグインもリリース:外部サイトにも表示可能に

パリで開催中のLe Webの中で、Facebookの副社長Joanna Shields氏が、フィード機能のプラグインをリリースすると発表したそうだ。
LeWeb 11 @ Les Docks Paris

Loic LeMeur with Joanna Shields,  VP & Managing Director EMEA of Facebook at LeWeb 2011

Facebook、ウェブサイトにフィード購読ボタン提供へ―Twitterへの影響大か?

今回の「フィードを購読」プラグインで一方通行のフィード購読機能が非常にアクセスしやすいものになる。ウェブサイトの運営者は、現在Twitterのフォローボタンを設置しているのと同じ要領でFacebookのボタンを設置することができる。このボタンを押すと、対象のFacebookユーザーの公開投稿が購読者のFacebookニュースフィード中に友だちの投稿や「いいね!」と共に表示される。
ウェブサイトへの購読ボタンの提供は普通ならマイナーな話題だが、それがFacebookとなれば影響は絶大だ。Facebookは一方通行購読の提供によってTwitterモデルに対して正面から戦いを挑む構えのようだ。フィード購読ボタンも間違いなくTwitterのフォローボタンと同じくらい普及するだろう。.

続きを読む

mixi(ミクシィ)内の日記としてTwitterを表示させる方法

以下の記事をみて、mixiで表示する日記をTwitterにしてみた。なるほどなるほど。

リンク: 風待ち日記 – mixi(ミクシィ)内の日記としてTwitterを表示させる方法.

   1.  Twitterにサイン・インする
   2. http://twitter.com/homeのhtmlソースを表示させる
   3. ソースの15行目あたりの
      http://twitter.com/statuses/user_timeline/(ユーザー固有の番号).rss
      というRSSフィードのURLをCtlr+Cでコピーする
   4. mixiの設定ページで
      "日記・ブログの選択"から「その他」を選択、
      "日記・ブログのURL"には、Twitterの"Your profile"ページのURL(http://twitter.com/ユーザー名)を入力、
      "RSSのURL"には、先ほどコピーしたRSSフィードのURLを入力して
   5. しばらく(4時間以上)待つ

mixiはほとんどいじってない放置状態なので、放置でココログを表示するんだったら、放置でTwitter表示のほうが、ココログも含めていろいろ出てきていいかなあと思い、やってみることにした。でも件数が多いので毎回すべてのヘッドラインが切り替わることになりそうだ。

それにしても、mixiって4時間に一回しか外部RSSを見に行っていないんだなあ。なるほど更新が遅いわけだ。

続きを読む