タグ別アーカイブ: ted

敬和学園大学のLIPDUB、撮影終了:デレク・シヴァーズ 「社会運動はどうやって起こすか」を思いだした

今日敬和学園大学で、Lip Dubの撮影が行われた。Lip Dubはいわゆる口パクによる、勝手プロモーション動画。最近、最後にプロポーズが行われる動画がかなり話題になったので、その際にLip Dubという言葉を耳にした方も多いだろう。

これはステキ!世界初のLip Dubパフォーマンスによるプロポーズ[動画] | インターネット・インバウンドマーケティング ブログ

このLip Dub、実は世界中の大学で、キャンパス内を紹介しながら撮影された作品が作られ、公開されている。

敬和でもLip Dubをやろうという話題が出たのは、今年に入ってからだっただろうか。年度をまたいた計画であったが、何度も行われたミーティングのほか、Facebookグループでもやり取りが続き、数度にわたる昼休みリハーサルを経て、今週ついに本番撮影が敢行された。自分も出演するつもりであったが、最終的に本番撮影が一週延期され、出張先の中国で撮影の様子を垣間見るだけになってしまった。

ただKeiwa Lunchの配信をやっているゼミの学生たちが、一戸の写真の入ったボードを用意して、それを持って踊ってくれたので、写真だけで参加する形になった。遠足に行けなかった友達の写真扱いだ。

Source: instagr.am via Shinya on Pinterest

 

先ほど今日撮影された動画の、最初のバージョンを見たが、非常によくまとまっていて、驚いた。参加している各サークルなどがギリギリまで調整して準備していたこともあるのだろうが、なにより参加者たちが楽しそうに笑って参加している様子が、とてもよかったと思う。

2年から編入してきて今年3年にあがった学生が、Twitterで、「Lipdubの動画見て、なんか涙出てきちゃった。編入してきて、本当に本当にほんっとーに良かった。こんな温かくて素晴らしい大学はありません!」と書いていた。彼女が編入するときの面接をよく覚えているので、このTweetを見る日が来たことを、とてもうれしく思った。と同時に、彼女からそのような言葉を引き出した、今日の撮影の現場に、自分がいられなかったことを、つくづく残念に感じた。

さてこのプロジェクトが今日ここまでたどり着いたところで、自分が思い出したのは、TEDで行われた有名なプレゼンテーション、デレク・シヴァーズ 「社会運動はどうやって起こすか」。最初の「フォロワー」の大事さを解いたプレゼンテーションだ。以下に字幕つきの動画を貼り付けておく。

今回のプロジェクトで、一人目に「踊った」リーダーがayaco先生なのは間違いないのだが、二人目、最初のフォロワーは誰なのか。今となってはよくわからない。少し時間はかかったけれども、じわじわと多くの人々がプロジェクトの趣旨を理解し、アイデアを出し、準備をして、今日の本番に結びついた。きっと何人ものメンバーが、「二人目」を自認し、ayaco先生とともに踊りはじめていたに違いない。敬和でともに学ぶ仲間たちとの濃密な人間関係を愛し、そのための場所としての小さなキャンパスを愛して、今日の撮影にみんな一致団結して「踊って」いるのはよくわかった。ayaco先生の「マキコミ」のうまさはもちろんすごいのだが、学生たちの「マキコマレ」もなかなかのもの。フォロワー(追随者)となるノリのよさ・前向きさも、小さな大学を盛り上げていく、大きな要素になるのだと思う。「断る力」も大事なのだが、「マキコ」まれる、ノリのよさのほうが、若いうちは大事なのではないか。

実学・資格志向の強まる中、大学、とりわけ、地方にある大学は、直接的な「実学」たることを求められる傾向にある(専門学校への進学率の高い地域は特にその傾向にある)。その中で、キャンパスの「自由」なるものが軽んじられている部分もある。学生たち自身も、「資格を取って何とかチャンスをつかめ」という、世知辛い世の中からのプレッシャーにさらされている。しかし、今日の撮影で多くの参加者が見せた表情は、そういう社会的な要請と対立はしないが、全く異なる次元にある、敬和学園大学の「自由な空気」「自由な雰囲気」の重要性を、示唆しているように感じた。この「空気」「雰囲気」をきちんと定義できるわけではないし、すべての構成員が「空気」「雰囲気」を共有しているわけではない。むしろ今回のムードは、ayaco先生のパーソナリティによって、できあがった部分が大きいかもしれない。ただひょっとすると、大学が時流に流されず、大事にし、不足があれば補ってでも、発展させていくべきものが、今日の撮影の中にあるのではないかと思うし、この「空気」「雰囲気」を、新潟で学ぶ学生たちに提供できることの意義を、再確認すべきなのだろう。

今日撮影した映像は、これからさらに編集した上で、コンテストへの出品を計画しているようだ。結果がどうであれ、参加者の皆さんが共有した「思い」が、一番大きな成果であったのではないかと思う。

社会をつくるノウハウ満載の一冊:グリーンズ編「ソーシャルデザイン−社会をつくるグッドアイデア集」

副題は「社会の問題は、楽しく解決できる」。

日本社会も閉塞感、地域社会にも閉塞感、その日本社会にある自分たちの職場やコミュニティにも閉塞感。と、口を開けば「閉塞感」が語られる今日、「未来はもっと素敵になる」「自分の手で、未来をもっと素敵にできる」と考えて、行動している人たちのアイデアを紹介する一冊。ウェブサイトgreenz.jpが、これまでの取材に基づいてまとめた事例集。

greenz.jp グリーンズ | あなたの暮らしと世界を変えるグッドアイデア厳選マガジン

肩肘張った「社会貢献」という言葉ではなく、自分の身の回りある「何とかしたい」事柄を、人々と共有し、楽しく解決していこうというプロジェクトが多数登場する。また、アイデアを形にしている「ソーシャルデザインな人々」やそのためのちょっとしたコツを紹介する「ソーシャルデザインな Tips」というコラムも各章に配置されている。

いろいろ興味深かったのだが、いくつか紹介。
1.「うわさ」のちからで街を賑やかにするアートイベント「八戸のうわさ」
アーティストの山本耕一郎さんが、本八戸駅の商店街で、それぞれのお店の情報を聞き取り、「○○らしい」という噂を黄色い吹出しに印刷して、店頭に貼り付けるというもの。たとえば、「酔ってお店の2階から飛び降りたお客さんがいるらしい」というような。八戸にしばらく行っていないが、どんな様子なのか見に行ってみたい。

八戸のうわさ – 八戸ポータルミュージアム

2.スピードを「守った」人に宝くじが当たる「スピード・カメラ・ロッタリー」
The Fun Theory(楽しい理論)で賞をとったアイデア。スピード違反を取り締まるカメラで、違反車両を記録するだけでなく、法定速度を守った車両を記録し、守った車両の運転手に宝くじが当たるというもの。実際スウェーデンで採用されたようだ。The Fun Theoryで注目されたアイデアには、ほかに、地下鉄に設置された音のなる階段がある。階段利用を促進するアイデア。

Volkswagen Speed Camera Lottery | The Inspiration Room

3.マイカップ持参でポイントをシェアする「カルマ・カップ」
マイカップを持参した人の数をカウントし、「キリ番」になったところで、次に注文する人のコーヒーを無料にするという、カフェの制度。マイカップを持参した人だけが対象ではないというのも面白いところで、これによって持参していない人も興味をもつという、「マキコミ力」が発揮されている。

Source: jovoto.com via Shinya on Pinterest

betacup drink sustainably

jovoto / empowering creatives / | Ideas

4.途上国の電力不足を解決する自家発電型サッカーボール「ソケット」
15分間蹴ると3時間分の小型LEDランプの電力になるという光るボール。昼間は外でサッカーをして遊び、夜はそのボールを灯りにして勉強できる。一個60ドル。

Uncharted Play: Innovate. Play. Empower

一つ一つの記事は短く、コンパクトにまとめられていて、文章も読みやすい。また、全体的に前向きなトーンでまとめられていて、読んだ後「何か自分でもできそう」な気分にさせられる。

ニューヨークのNYC Digitalから考える日本の都市のデジタル化

Mashableから以下の記事が出ている。2010年から、global digital leaderになるべく、ニューヨーク市はさまざまな取り組みをしてきたという。計画をまとめたものが、NYC Digital – Digital Road Map。

How New York City Went Digital in 2011

NYC Digital – Digital Road Map

日本語でこのプロジェクトを紹介しているものとしては、小海伸行さんの以下の記事だけが見つかった。

Digital City New York(NYC)の先進的な取り組み » Nobuyuki Kokai Blog

取組みは以下の4領域からなる。

Source: mashable.com via Shinya on Pinterest

1. Access

公園や公共施設へのWi-Fi提供など。

2. Open Government

市が保有する数百種類のデータを提供するオープンデータAPIプラットフォーム。この成果はNYC DigitalのTumblrで公開されている。

NYC Digital Tumblr.

また、市が自ら、NYC 311、NYC City Hall、NYC Mediaなど9つの公式iOSアプリを提供。Androidアプリも提供予定。多くの人々にリーチするため、2012年はモバイルWebにさらに注力したいと。

3. Engagement

8月に市主催の初のハッカソンを開催、国内各地から開発者やデザイナーが参加。その後もほぼ毎週、市の情報技術・通信局の専門家が音頭をとって、毎週ハッカソンが開催されている。データセットは公開されているので、どんどん新しいサービスが生まれているということだろう。

NYC’s Website Reinvented by the City’s First Hackathon

ニューヨーク市の各部局が提供するソーシャルメディアサイトは、以下にまとめられているが、250のアカウント、フォロワーは1500万。

Official NYC Social Media Sites Index

4. Industry

昨年12月には、コーネル大学にルーズベルト島の市所有地を提供し、テクノロジーキャンパスを建設することが決定した。

Cornell Wins Bid for New York City Tech Campus

また、スタートアップ向けの immigration serviceを推進している。

上のビデオにも出てくる、市初のChief Digital Officer (CDO?)のRachel Sterneさんによれば、NYC Digitalのゴールは、テクノロジーとデジタルメディアを用いて、住民や企業とのコミュニケーションを改善し、市政府の透明性を高めることだそうだ。

Photo by Internet Society on Flickr

冒頭部であげた、小海伸之さんが、Rachelさんの紹介記事も書いていた。

NY市の初代チーフ・デジタル・オフィサー » Nobuyuki Kokai Blog

さて、NYC Digitalは、人材豊富な大都市ニューヨークの取り組みだが、少なくとも西海岸でのプロジェクトではない。実際ハッカソンには全米から開発者やクリエイターを集めたとあるし、コーネル大学のテクノロジーキャンパス建設はこれから。つまり最初から十分な土壌があったとはいいがたいだろう。行政側がしかけることにより、「デジタル化」への土壌を作っていこうというものというべきか。そういう意味では、デジタル化で立ち遅れた日本の街にも、ヒントになる部分がありるのではなかろうか。NYC Digitalの4つの柱のうち、日本人に示唆的なのは、2と3であるように思える。街中のWi-Fiの整備は日本でも課題だが、恐らく近時順調に進んできている。4のIndustryはもちろん重要だが、日本のスタートアップ支援との違いについては、もう少し詳しく調べてみないと何ともいえない。さて、というわけで、2と3を中心に日本への、とりわけ地方都市への示唆について、考えてみた。

1. オープンガバメント・透明化を行う覚悟

日本の自治体関係者と話していて感じるのは、「プロ市民」への警戒感。行政から出す情報は、きちんと精査して、足元を救われないようにしなければという感覚が非常に強い。しかし再利用可能なデータを公開することで、続々と新しいサービスが自発的に生まれ、社会的な便益が生まれるというのは、東日本大震災以後、明らかになってきている。それで揚げ足取りをする人たちもいるかもしれないが、それを補ってあまりあるメリットが生まれるはずだ。特に地方の場合には、行政のデータセット公開を起爆剤として、さまざまなサービスが生まれ、住民にメリットをもたらすという形で、スタートアップが生まれるプロセスを作り出せるのではなかろうか。

もちろん、その前に、行政自身のソーシャルメディアの利用。対話と透明化を進めるために、きちんとポリシーを定めつつも、対話に乗り出すのが当然という空気を醸成するべきだろう。

2. 開発者に定着してもらえる土壌

残念ながら、自分の住んでいる町以外のデータセットに興味を持つ開発者は少ないかもしれない。だが、データセットを公開するとともに、スタートアップ企業の支援するとか、ハッカソンを開催するなどの、ニューヨーク市の手法は、参考になるだろう。他の街が取り組んでいない今がチャンスかも。優秀な人材は、招待してでも来てもらったらいい。ちなみに新潟市の場合には、東京からの近さ、食べ物のおいしさ、雪の少なさ(ここ数日は多いが)、その他環境面でのメリットが、全くと言っていいほど認識されていないので、優秀な人たちには、まず来てもらうだけでも大きなメリットがあるだろう。定住などその先につながるような形が望ましいが、まずは関心を持ってもらえるようになるのが先決。そうなれば、新しいサービスが生まれる土壌ができる。

3. 若手登用

ニューヨーク市のChief Digital Officer、Rachel Sterneさんは、まだ20代のようだ。思い切った施策ができるならば、年齢は関係ないのだが、とにかくネットに明るい人をどんどん登用する勇気が必要で、となるとおそらく、年功序列を無視した人材登用は不可欠になるだろう。

 

ニューヨークの場合は、もともと民間の力が強いので、行政の働きかけに機敏に反応できる都市としてのパワーがある。一方、日本の場合、東京以外でこれに匹敵するパワーを持つ街は恐らくない。ただいえるのは、IT、ネットを社会をよくするために使おうという姿勢を持ち、可能性を追求するならば、日本にはたくさん優秀な開発者やクリエイターがいるということ。また、民間セクターが弱い地方都市は、行政が率先して利用可能なデータを公開し、その利用を促進するイベントを開くなどして、関心を高めていく方法は取れそうだ。

新潟はこのところマンガやアニメにフォーカスしたイベントを仕掛け始めている。また、3月「酒の陣」も、新潟の持つ素材を活かし、大きな集客力を発揮している。しかしこうしたコンテンツ系の取組と、ソーシャルメディアとの連携は、あまり順調とはいえない。という「印象」を安易に語ってはいけないと思い、「にいがたアニメ・マンガフェスティバル」を検索してみたら、公式サイトがトップに表示されなかった(「にいがたアニメ・マンガフェスティバル 2012」までつけるとトップになるが、、、。)。

新潟市がアニメ・マンガ一色に染まる二日間!2/25・26開催 にいがたアニメ・マンガフェスティバル2012

新潟淡麗倶楽部(新潟県酒造組合):にいがた酒の陣

「マンガ」「アニメ」を含む「コンテンツ」のクリエイターと、ネットを介して市民向けの新しいサービスを開発する開発者たち。この二つの領域をうまく融合させ、市の外側にいる開発者やクリエイターの力も借りて、民間が勝手にいろいろ考え、行政サービスに関連しても面白いことを自律的に始まってしまうサイクルを作れないものだろうか。行政の関係者にその気になってもらうには、インフォグラフィックスの作り方について、ワークショップをやるなんていうのもいいのではないか。「ツタグラ」というのもあるわけだし。

ツタグラ [伝わるINFOGRAPHICS] | データとビジョンを持つ専門家と、伝える力を持つデザイナーがコラボレーションをする。

ツタグラpresents「インフォグラフィックス・ワークショップ」 – OpenCU.com

覚悟を持ってオープンな姿勢をとれるかどうか。前例にとらわれず新しいことをチャレンジできる、ネットに強い人を登用できるかどうか。どの都市でも、まずこの二つが問われることになるだろう。

「No Pants Subway Ride」を行うチャーリー・トッドのTED講演「バカバカしさの共有体験」

今日TEDで見つけた大変面白い講演。公共の場所で妙なことをして笑わせる、「Improv Everywhere」というプロジェクト。途中で出てくる「No Pants Subway Ride」という、ズボンを忘れた振りをして、みんなでズボンをはかずに地下鉄に乗るという実験。全く知らなかったが、2002年に始めたものだそうだ。このほかにも、街角で人々を笑わせる実験を数多く行っている。

ビルの窓で一斉に踊る70人のダンサー。 ニューヨーク公共図書館の駆け抜けるゴーストバスターズ。 そして毎年恒例の「ズボンなし地下鉄乗車」。 このような突飛で意外な笑いを誘う騒ぎを公共の場で起こしているのがチャーリー・トッドです。 彼のグループ「Improv Everywhere」がどのように騒ぎを起こして人々を結び付けているか、TEDxBloomingtonで彼が語ります。

Improv Everywhereのウェブサイトをチェックしたところ、「No Pants Subway Ride」は今週、今年の分を実施したそうで、27カ国59都市で実施したという記述があった。ニューヨークでは、多数の人々が参加するお祭りの様相を呈しており、その様子がすでにYoutubeにまとめられていた。

No Pants Subway Ride 2012 New York Reports | Improv Everywhere

No Pants Subway Ride 2012 | Improv Everywhere

「No Pants」を行った国は欧米諸国ばかりで、アジアでは今年、イスタンブールとバンガロールからの参加があったようだが、日本ではまだ参加した実績がないようだ。日本で「No Pants」はハードルが高そうだが、このほかにも、街角で人々が笑ってしまう実験が、いろいろ行われているので、参考にはなるだろう。

Causing a Scene: Extraordinary Pranks in Ordinary Places with Improv Everywhere

【追記】
ニューヨークでの様子。別バージョンもあった。
http://youtu.be/EAfI49MTdIk

Googleストリートビューが東日本大震災前後の画像を公開

Googleストリートビューで、東日本大震災の被災地の画像が公開された。10月30日のTEDxTohokuで、Googleの川島優志さん(@mask303)の講演があり、その中でこの画像は年内に公開という話が出ていた。ちょうど今日この講演のビデオを授業で見せていたところ、川島さんのTwitterを見たら、画像が公開になったことがわかった。


Google Japan Blog: 被災地域のストリートビューを公開します


震災前後のパノラマ画像を公開–Googleストリートビュー – CNET Japan
Google、東日本大震災の被災地ストリートビューを公開 震災前後の比較も可能に – ITmedia ニュース
未来へのキオク – ストリートビューで見る

続きを読む

Scoop

Scoop.it! : ソーシャルマガジンとキュレーションを掛け合わせた新しいまとめサービス

先週「現代ビジネス」の連載で、市川裕康さんが紹介していたサービス。キュレーション、つまりまとめサイトを作成するサービスなのだが、予め候補となるフィードを取り込めるというのが特徴。「半自動」のソーシャルマガジンともいえなくはない。
Scoop

Easily Publish Gorgeous Magazines | Scoop.it
誰もが編集者になれる時代~新しいキュレーション・サービス、「Scoop.it」(スクープイット)が一般公開へ  | ソーシャルビジネス最前線 | 現代ビジネス [講談社]

 このサービスの特徴は、自分が興味・情熱を持っているトピックを選び、無料で登録をしておくだけで、自動的にそのトピックやキーワードに関連する良質なコンテンツがシステム内で検索され、その中で重要と思えるものだけを選ぶことを可能にしている点です。さらに、コメントを添えて投稿し、その投稿を独自のオンライン・マガジンのように出版することが出来る点です。
 ツイッターやFacebookのように他の様々なフロー情報のひとつとして共有し、すぐに埋没させてしまうのではなく、利用者が選び抜いたトピックに関し、一覧性のあるビジュアルな画面にストック情報としてまとめられる点が斬新です。

続きを読む

TEDx Tohoku

TEDxTohoku 2011のビデオ公開

10月30日に東北大学で開催されたTEDxTohoku。震災復興をテーマにした非常に興味深いセッションはもちろんのこと、運営する学生たちの熱意と実行力に打たれたイベントであった。このイベントでの感動についてブログに書けないでいたが、今日Youtubeに講演のビデオが公開された。こちらを見ていただくのが早かろう。
TEDxTohoku – YouTube
TEDx Tohoku

TEDxTohoku

続きを読む