タグ別アーカイブ: station

旧グマス駅

マレー鉄道が交わるGemas / グマス駅をたずねた

マレーシア南部、マラッカから数十キロの内陸部に、グマスという街がある。マラッカに来て車にのるようになり、初めて東海岸まで車で行った際、道中にやたらと出てきたGemas(最初は「ゲマス」と読んでいた)という表示が気になった。あとで調べてみたら、第二次世界大戦で、日本とオーストラリアが激戦を繰り広げた場所であった。

ハリラヤ休暇の今、混雑を避けて、あまり人が集まっていないだろう(?)、グマスを訪ねてみた。

グマスはヌグリ・スンビラン州に属する小さな町で、人口は3万人弱。駅前の様子を見る限りは、これといった特徴はないのだが、東海岸と西海岸をそれぞれ縦断するマレー鉄道が合流して、ジョホールバルへ連なっていく「交通の要衝」といってよい場所だ。東海岸から来た人たちが、ここで一泊ということもあるのだろう(今でもあるのか?)、駅前には歴史を感じさせるホテルがあった。

グマス駅前旅館

マラッカは鉄道の路線から外れているので、特にそう感じるのかもしれないが、マレーシアは鉄道よりも車の利用率が高い。かつて多くの乗客を運んでいたマレー鉄道は、都市間の移動手段としての存在感は、あまり高いようには見えない。日本の小さな町でも、「駅前旅館」がどんどん消えていっているように、グマスの駅前ホテルもまた、歴史的な役割を終えようとしているように見えた。

グマス駅を訪ねてみると、人影がほとんどなく、薄汚れている。

旧グマス駅

ハリラヤ休暇だからか、売店もあいていない。マレー鉄道もあまり本数は多くないようなので、こんなもんかなあ、でもチケットカウンターに人もいない。ホームにはゴミが落ちている。

旧グマス駅

旧グマス駅

旧グマス駅

思いながらカメラを持って中に入って行くと、なんと線路がなくなっている。日本最北端で、線路が終わっている、稚内駅のようだ。なぜ?東西の路線が一度ホームに入り、後ろ向きに出ていって、ジョホールバルに向かうのか?

旧グマス駅

と思ってよく見たところ、向こう側に線路と新しい建物が。

実は駅舎と線路が新しいものに切り替わっていた。新しい駅舎は、特に特徴はない新しい建物。あとで、マラッカに一番近い駅タンピン駅(Pulau Sebang駅)にも行ってみたら、全く同じ構造の駅舎であった。

グマス駅

グマス駅

このグマスをめぐり、シンガポールを目指して南下する日本軍と、これを食い止めようとするオーストラリア軍が、激戦を繰り広げた。

実は日本語では、検索した程度では、あまり詳しい情報は出てこない。日本が快進撃を続けた「マレー侵攻作戦」の文脈で、グマスのことがちょっと出てくることもあるが、その程度だ。マレー侵攻は、日本海軍が英国海軍を破って制海権を握り、ジョホールバルからシンガポールを陥落させて、最終的に英国を降伏させるというあたりが(日本人にとっての)クライマックス。途中で苦戦したグマスの話は、ウェブではあまり情報が出てこない、端折られた情報なのだろう。しかし英語版のウィキペディアには、グマスの項目のところに、日本とオーストラリアの戦いについて書かれているし、Battle of Gemasという項目もある。調べてみると、この戦いをめぐる戦跡に、記念碑(慰霊碑?)が建っているという。

Gemas – Wikipedia, the free encyclopedia

Battle of Gemas – Wikipedia, the free encyclopedia

グマス駅前で検索してみると、グマスの戦いの跡は、グマスから11キロ離れたSungai Kelamahというところにあり、ナビアプリでは戦跡は出てこなかったが、この集落のモスクが出てきた。マラッカからグマス駅に向かう途中で、通り過ぎてきたらしい。戻って探してみることにした。

(長くなったので、戦跡訪問は別項目で)。

Al Jazeera on iPhone : Mobile and TV - Together at last | Livestation

iPhoneアプリでAl Jazeera(アルジャジーラ)を見る

中東のニュース専門テレビ局Al Jazeera(アルジャジーラ)が、iPhone用のアプリを提供していることを知った。リリースのブログ記事は今年の4月に書かれている。
Al Jazeera live on your iPhone | Al Jazeera Labs
もともとアルジャジーラは、ウェブに対してはオープンな局で、Youtubeへの動画提供やTwitterアカウントの開設もいち早く行っている。iPhoneアプリは無料で、オンデマンドのアーカイブではなく、現在放送している内容をサイマルでネットから配信しているようだ。アラビア語と英語の二つのアプリがある。
Al Jazeera on iPhone : Mobile and TV - Together at last | Livestation

番組配信をしているのは、Livestationというサービスでは、このサービスは以前からアルジャジーラなどのチャンネルを、無料でサイマル配信していたサービス。オンデマンド化、動画のネット中継、ソーシャル化といった流れの中で、僕の視界からも消えていたが、再び登場した。動画は3G回線でもスムーズに流れてきて、少々画像は荒くなるものの、iPadでも視聴することができる。
Ustやニコ生で面白い番組は増えてきたが、食事しながら「ダラ見」する場合には、リモコンでザッピングできるテレビに手が伸びる。しかしこのサービスであれば、(英語ではあるけれども)ダラ見することは可能で、テレビに十分代替できるように思う。

NHK

NHK-FM「サウンドストリート」の録音テープをネット配信する「青春ラジカセ」

80年代、夜のラジオを聞いていた人たちには、うれしい話題。
青森に民放FMができたのは87年で、それまでNHKFMが「エアチェック」の唯一の対象であった。NHKは前奏に曲紹介を入れず、全曲オンエアをしていたので、すべてテープに録音して繰り返し聞いていたものだ。

この時代に、アーティストのトークと曲のバランスが取り、聞かせる番組として君臨していた、「サウンドストリート」のネット配信が始まった。その名も「青春ラジカセ」。もっと早くやるべきだった、とは思うけれども、とにかくここまでこぎつけたことを、素直に称賛すべきかもしれない。

リンク: NHK-FM「サウンドストリート」の録音テープをネット配信.

「NHK青春ラジカセ」は、「サウンドストリート」の放送開始30周年と、NHK-FMの40周年(2009年3月1日)を記念して公開するもの。当時放送した番組の音声ファイルをストリーミング配信するほか、各DJが語る「『サウンドストリート』と若き日の自分について」、番組担当ディレクターが語る「制作舞台裏」などの特集記事も掲載する。

続きを読む

Livestation | Interactive live TV on your computer that works! | Download the free Livestation player

P2Pでニュース番組を配信するLivestation

去年Web2.0 ConferenceでMSが大きなブースで宣伝してた、Silverlightってのを使っているらしい。現在、クローズドベータの状態だが、リクエスト後ほどなくしてインビテーションが届いた。専用ソフトをインストールしなければならない。
Euro News(英仏2チャンネル)、France24(英仏2チャンネル)、アルジャジーラ、BBC(ラジオ2チャンネル、Radio4とWorld Service)の計7チャンネル、すべてニュースチャンネルだが、加入時のアンケートで好きな番組のジャンルをきかれるので、いずれジャンルもいろいろ増えてくるのかもしれない。

Livestation | Interactive live TV on your computer that works! | Download the free Livestation player


from shinyai

以前Joostも試してみてぜんぜん見ていない僕なので、今回もどうなるかわからないが、結構接続は安定していて、全画面表示にしても画質はなかなか良い感じ。ノート一台で普段暮らしているので、画面を占拠しっぱなしのこの手のサービスは、「ながら視聴」ができないので、結局見ないで終わってしまう。テレビに古いほうのノートをつないで、流しっぱなしにできるかどうか、後で試してみようと思っている。

1950年代の稚内のカラー写真(Originally uploaded by t-squared.)



Originally uploaded by t-squared.

Great photo of old scene in Wakkanai.
Midori Town really exists in Wakkanai, but I have never seen Midori Hosipital.

という風に、flickrからは日本語が通らない。この写真にある緑医院は、もし稚内のものだったとしても、恐らくもう存在しないものだろう。ここに写っている若い女性たちは、ひょっとしたらまだ稚内にいる人もいるかもしれない。

以前WAKHOKのウェブを編集しているときに、こういうのも見つけた。

-Wakkanai Air Station Website.

その頃を知らないので、懐かしいわけはないのだが、なぜか懐かしい。