タグ別アーカイブ: sports

高校野球青森大会で、母校弘前高校が準優勝:優勝した弘前学院聖愛は初優勝

今日行われた、第95回全国高校野球青森県大会決勝は、弘前の高校同士の対戦。自分の母校である弘前高校と弘前学院聖愛高校が対戦した。どちらも勝てば初優勝。弘前高校はかつて選抜大会に出場したことがあるが、聖愛高校は初めての甲子園ということになる。白熱するゲーム展開(といっても新潟ではテレビ中継がないので、もっぱらTWitterで見ていただけだが)だったが、7回に勝ち越した聖愛高校が勝利した。

弘 前|102 000 000|3
聖 愛|120 000 10×|4

聖愛高校は、2年連続の決勝進出で、ついに優勝を勝ち取った(2年連続ということは、最近知った)。聖愛高校は、弘前の歴史あるキリスト教学校で、もともとは女子校であった。2000年に共学化し、その後野球部が創部して、10数年で甲子園にたどり着いた。今回は八戸学院光星(元光星学院)、青森山田という、青森県の強豪私立を破っての堂々の優勝だ。
前任校稚内北星時代には、サマースクールに来てくださる先生がいた縁もあり、何度か聖愛高校にうかがったことがある。共学化に踏み切ったところで、新しいイメージ作りに取り組んでいる様子が、非常に印象的だった。同じ学校法人が設置している弘前学院大学との関係を明確にするため、「弘前学院聖愛」と弘前学院という名前をつけるようになったようだ。

弘前高校は、弘前では進学校なのだが、たしか昭和40年代に一度、選抜大会に出場している。「文武両道」をうたっているので、野球部も上位に勝ち進んでいた時代はあり、自分が青森にいたころにはまだ新聞で、「古豪」というキャッチフレーズが使われていたのだが、今回はほんとうに久しぶりの上位進出。ノーシードから勝ち上がり、決勝までのぼりつめた。久しぶりの母校の活躍は、県内の卒業生はもちろん、自分のような県外の卒業生の耳にも、ソーシャルメディアを通じて、広く届いた。

弘前高校は7月の学校祭「弘高祭」の前夜祭で、クラスごとに作ったねぷたを街中で運行する「弘高ねぷた」を行なっている。ねぷた自体をクラスごとに作るので、7月はみんなこの作業に集中する(ので、3年生もこの時期、あんまり受験勉強をしない。というか、できない)。この校内が盛り上がる時期に、野球部は毎年、県予選を迎える。みんなが盛り上がる「弘高ねぷた」にもあまり参加できず、ストイックに野球に取り組んでいるのが、弘前高校野球部ということになる。そう考えると、40年近く、なかなかチャンスをめぐってこなかったストイック集団には、なんとか甲子園にたどりついてほしかったというところ。実際、こうした歴史を積み上げた野球部OBの興奮はかなりのものだっただろう。

試合終了後

ただ、弘前高校平川投手の試合後のコメントには、負けた悔しさはあるものの、ある種の充実感は感じられる。

弘前初出場まであと1歩で涙/青森大会 – 高校野球ニュース : nikkansports.com

それでも今大会全6試合に登板し、この日も125球を投げきった平川は「青森は私学が甲子園に出ることが決まりきった感じになっていた。県立高がここまでやれることを示せて良かった」と充実感をにじませた。

青森県は長らく、高校野球の弱い地域で、かつて三沢高校が甲子園で準優勝して以後は、長らく低迷時代が続いていた。「あの三沢高校以来の悲願の初勝利を目指して」というフレーズがよく使われていた。その後、青森山田、光星学院の二校が積極的な選手の勧誘もあって、頭角をあらわし、県大会優勝の常連校となっただけではなく、今や甲子園でも常に上位をうかがう強豪校と目されるまでになった。県外から積極的に選手を受け入れる一部の私立高校が力をつけてきて、しのぎを削るようになると、もはやその他の私立高校や、まして公立高校が甲子園に行ける可能性はほとんどなくなっていった。こういう経緯の中で、弘前高校などに対しても、まだちょっとだけ可能性があるかのような「古豪」という言葉を使うようなことも、おそらくなくなっていたのではないかと思う。

また、青森山田は青森市、八戸学院光星は八戸市の学校なので、長らく弘前市の学校にもチャンスはめぐってこなかった。弘前の高校が夏の甲子園に出場したのは、96年の弘前実が最後で、それ以後は青森山田、八戸学院光星が代表を争う時代が続いてきた(何回か八戸工大一が出場している)。以下の様なTweetがたくさんRTされるわけだ。今回の決勝、弘前市内数カ所では、パブリックビューイングも行われたそうだ。

聖愛高校のキャプテンは一戸選手。二本柱のピッチャーの一人でもあり、クリーンナップの一角でもあり、チームの大黒柱のようだ。別に親戚ではないのだが、ぜひとも活躍してほしい。

ひょっとして弘前高校が勝ったら、どうにかして甲子園に見に行きたいと思っていたが、その心配はなくなった。聖愛高校の活躍を、新潟で応援しようと思う。

金子哲雄さんの通夜参列者への手紙

2日、41歳で亡くなった流通ジャーナリスト金子哲雄さん。テレビで何度か拝見しただけだったが、同世代の訃報に、正直ショックを受けていたところ。実は金子さん、通夜参列者向けに手紙を用意していたという。ネタフルの記事で知った。

[N] 死去した金子哲雄氏、通夜参列者に手紙を用意していた

金子哲雄さん、通夜参列者に手紙 – 芸能ニュース : nikkansports.com

日刊スポーツには手紙の全文が掲載されている。「人生における早期リタイア制度」「魔法のドア」などユーモアあふれるこの「手紙」は、生前いつの段階で用意されていたのか。金子さんの用意周到さを尊敬するとともに、自分が彼の立場になることを考えると、穏やかではない心持ちの中でこの「手紙」を用意するというのは、相当つらい作業だっただろうと考える。

このたびは、お忙しい中、私、金子哲雄の葬儀にご列席たまわり、ありがとうございました。今回、41歳で人生における早期リタイア制度を利用させていただいたことに対し、感謝申し上げると同時に、現在、お仕事などにて、お世話になっている関係者のみなさまに、ご迷惑おかけしましたこと、心よりおわび申し上げます。申し訳ございません。

 もちろん、早期リタイアしたからといって、ゆっくりと休むつもりは毛頭ございません!第二の現場では、全国どこでも、すぐに行くことができる「魔法のドア」があるとうかがっております。そこで、札幌、東京、名古屋、大阪、松山、福岡など、お世話になったみなさまがいらっしゃる地域におじゃまし、心あたたまるハッピーな話題、おトクなネタを探して、歩き回り、情報発信を継続したい所存です。

 今回、ご縁がありまして東京タワーの足元、心光院さまが次の拠点となりました。「何か、面白いネタがないかな?」と思われましたら、チャンネルや周波数を東京タワー方面に合わせ、金子の姿を思い出していただけましたら幸いです。

 このたび、葬儀を執り行うにあたりまして葬儀社のセレモニーみやざき 宮崎美津子さまには生前より真摯(しんし)に相談にのって頂きました。
また、自分の歩んできた道とゆかりのある港区東麻布を終(つい)の住処とすることをお許しいただきました、浄土宗 心光院 御住職 戸松 義晴先生には公私にわたり、死生観などのアドバイスをちょうだいしました。この場をお借りして御礼申し上げます。ありがとうございました。

 最後になりますが、本日、ご列席下さいました、みなさまのご健康とご多幸を心よりお祈りしております。
41年間、お世話になり、ありがとうございました。

 急ぎ、書面にて御礼まで。

 平成24年10月1日

流通ジャーナリスト 金子哲雄

creative commons -Franz Patzig-

まとめサイトへの利用を想定して、Livedoor NewsにCCライセンス適用

2ちゃんねるからまとめサイトに、転載禁止の通知があったことに対し、先週Livedoor Newsが新たな措置を取った。Livedoor Newsの記事に、CCライセンスを適用するという。

creative commons -Franz Patzig-

by A. Diez Herrero

livedoor ニュース、一部記事の二次利用が可能に~CCライセンス適用で -INTERNET Watch

CCライセンスを適用するのは以下の9つの提供元。

・トピックニュース
・Sports Watch
・ITライフハック
・家電チャンネル
・MOVIE ENTER
・独女通信
・エスマックス
・livedoor HOMME
・Peachy

 これらの提供元によるすべてのニュース記事は、CCライセンスが定める「表示-改変禁止」の適用対象となる。原著作者のクレジット(記事提供元の名称・URL)を表示し、ニュース記事の改変をしないことを条件に、記事全文を自由に転載・引用できる。

改変禁止ということなので、むしろ全文転載歓迎ということになるだろう。

livedoor ニュース、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスを適用し一部のニュース記事を転載・引用などの2次利用が可能に – プレスリリース 2012年 – プレスルーム – ライブドア

Thermae Romae

濃い顔の日本人が「古代ローマ人」を演じた映画「テルマエ・ロマエ」を見てきた(原作の予備知識ゼロ)

今日、妻の提案により、映画『テルマエ・ロマエ』を見てきた。先日映画館で予告編を見ていたし、初日を見てきた人の評判も見てはいたのだが、原作のことは一切知らなかった。

Thermae Romae

映画のあらすじは以下のようなテンプレ。

古代ローマの浴場設計技師ルシウス(阿部)は、生真面目すぎて時代に乗り遅れ、職を失った。友人に誘われて行った公衆浴場で、あまりにやかましく湯の中に潜って考えていると、排水溝に吸い込まれ現代日本の銭湯にタイムスリップする。漫画家志望の山越真実(上戸彩)ら“平たい顔族”(日本人)が生み出した画期的な浴場やグッズに衝撃を受けたルシウスは、ローマに戻って斬新な浴場をつくり、一躍名声を得る。

古代ローマ人の多くは、イタリア人、なのかどうかわからないが、少なくとも日本人風の人たちではない、西洋の顔立ちの人々が演じているのだが、主要な古代ローマ人の役柄は、阿部寛を筆頭に「濃い顔」の日本人が演じている。少なくとも日本人が見ると、いかにも「それっぽい」配役に笑ってしまう。映画版ならではの見所となっている。予告編に出ていた人も多いが、何人かは出てきたところで「この人が出てきたか」とそれ自体で笑ってしまった。

阿部寛演じる「古代ローマ人」という大枠での滑稽さが、阿部寛の演技力で加速し、現代日本の風呂文化を生真面目に観察するルシウスのおかしさと結びついて、相乗効果で笑いを呼ぶ作品であった。

タイムマシンものにありがちな、「もう一度元の時代に戻る困難」は全く話題にのぼることはなく、ルシウスは古代ローマと現代日本を何度も行き来する。これは原作からの設定だろうけど、古いフォーマットで発想しがちな自分にとっては、斬新であった。

日本人が演じる「古代ローマ人」で、イタリア人を笑わせるのは困難であるように思えたが、映画祭では非常に好評だったという報道も出ている。

「古代ローマ人」阿部寛にイタリアが爆笑 – シネマニュース : nikkansports.com

21日に北東部のウディネで行われたプレミア上映会は、爆笑の連続になった。温水洗浄便座で肛門にお湯を浴び、味わったことのない感覚に驚いて奇声を発し、便座を見詰めるシーンには拍手も起きた。1200人収容のメーン会場に観客が入りきらず、急きょ再上映が行われるほどの大盛況。観客の1人は「阿部さんはローマ人くらい顔が濃い。とても日本人とは思えない」と驚きの声を上げた。

 阿部ら顔の濃い日本人が古代ローマ人になり切った演技が、ハートをつかんだようだ。加えて温水洗浄便座やシャンプーハットなど、欧州に浸透していない日本ならではの文明の利器が登場するたびに、観客は阿部が演じたルシウスのように好奇の目でスクリーンを見詰めた。ネット投票NO・1という結果が、欧州の映画ファンからの厚く支持された証明だ。

 映画祭に出席した武内監督は「イタリア人の国民性なのか日本の3倍くらいの笑いが起きていた。イタリアで公開されることを期待してます」。阿部も「イタリアでも多くの方に見ていただけるとうれしいです」と期待した。

大ヒット上映中! 映画『テルマエ・ロマエ』公式サイト

CHANNEL

湯沢日和CHANNEL春山オフ会:4月14日にはスノーシューも体験できる

昨年情報セキュリティワークショップ in 越後湯沢のプレイベントで、「越後湯沢ソーシャルメディア交流会」を一緒にやってくれた、USTREAMチャンネルの「湯沢日和」から、今月春山オフ会を開くというお知らせをいただいた。

CHANNEL

11日はかぐらスキー場で、スキー、スノーボード。

集合   4/11朝9時 かぐらスキー場みつまたステーション
駐車場内パウダーステーション前集合

参加費用 2,000円 (リフト乗車券は別途)

申し込み締め切り 4月10日(火)17:00

■イベントスケジュール
朝ロープウェイにて山頂方面へ
天気が良ければ、山頂リフト第5ロマンス山頂付近でBBQ&スキースノーボード

 

14日は苗場スキー場で、スノーシューが体験できる。

苗場の自然をスノーシュー目線で楽しむ!!
苗場周辺、フジロックの森や苗場インディペンデンスボードウォークをスノーシュウで散策します。
水芭蕉や真っ白な森の中を飯田千香子がガイドします。
午後はゲレンデで滑るもよし、温泉入るもよし!!
楽しく、自然とふれあいましょう!!

集合   浅貝信号近く公衆トイレ am9:00

参加費用 2000円(昼食代含む)
+スノーシューツアー¥2500(スノーシューレンタル込)

ゲレンデリフト代は含まれません。

 

14日のスノーシュー体験は、プロスノーボーダーの飯田千賀子さん(@chikakoiida)が案内をしてくれるそうだ。

残念ながらどちらのイベントにも参加することはできないのだが、予定が空いている方はぜひ参加してみてはどうだろうか?特にスノーシューは楽しそう。以前モンベルの店頭で見かけて興味を持っていたので、ぜひ一度挑戦してみたい。

[rakuten]sports-diary:10044557[/rakuten]

[rakuten]sports-diary:10044392[/rakuten]

雪道用ランニングシューズ、ASICSスノーターサーSi5(SNOWTARTHER-SI5)を購入

珍しく大変マニアックな商品を購入した。ASICSの雪道でも走れるランニングシューズで、以前Facebookで教えてもらった「スノーターサーSi5」という靴。珪砂入りスノーコンパウンドラバー、というのがきいて、雪道でも「あんまり」滑らないらしい。

[アシックス] asics SNOWTARTHER-SI 5

最近外でも走り始めたとたんに大量の雪が降ってきて、やる気をそがれていたのだが、これを買って退路が断った形。結構本格的な仕様で、なんちゃってランナー、というか、「やってみようかな」ランナーには10年早いような気もするし、なにより雪の季節はもうそんなに長くはないような気もするのだが、雨の日にも最適と書いてあったので、それを信じて使ってみることにした。

ウイグル族のウアルカイシ(ウルケシ)氏の動向

天安門事件の学生リーダーであったウアルカイシ(ウルケシ)氏。現在台湾在住だが、実はウイグル族で、今回の暴動について声明を発表し、注目を浴びている。

続きを読む

Waseda Univ. vs Keio Univ., College Rugby Football Game, Tokyo

雨中のラグビー早慶戦

予想以上の悪天候の中、大学ラグビーの決勝戦、39年ぶりの早慶戦を観戦してきた。大学ラグビーを観戦するのは、学部生のとき以来なので、前回きたのは15年以上前のことになるだろう。

リンク: asahi.com:早大が大学ラグビー日本一 決勝で慶大下す – スポーツ.

ラグビーの第44回全国大学選手権決勝は12日、雨の東京・国立競技場であり、早大が慶大を26―6(前半7―3)で下し、2季ぶり14度目の優勝を果たした。

続きを読む

Wii has come to my room.

おくればせながら、Wii

発売日前日に東京で徹夜行列を見て、何の行列かわからなかった僕だけど、結局なんとなく流行に流されてWiiを買ってきた。徹夜では行列しなかったが、初めてヨドバシで整理券をもらってモノを買った。

Wii has come to my room.

怪我をしたり、テレビを壊したりする人が続発し、初期版のストラップが交換になったという話も知っていたが、よっぽど興奮して動き回ったアメリカ人がほとんどじゃないかと思っていた。

が、日本人でもやらかしそうだ。ストラップをきちんとつけてないと、汗ばんだ手からコントローラがすべって飛び出して、テレビを破壊する恐れは十分にある。テニスで興奮のあまり、こんなけんかになる可能性だって、たしかにありそうだ。

リンク: Wii Sportsの対戦テニスで勝つための4つの技 – GIGAZINE.

また君か。@d.hatena.」を読みながら、ネットワークの設定も学習。たしかに一旦設定しておけば、家庭用のサブのメールとしてWiiのメール機能を使うのは案外いいかもしれない。絶滅することになったLモードとは違い、あくまで「ついで」の機能だといわんばかりに、あまり気負わない設計になっている。普段設定をいじれる人がいないような、田舎の実家においとくとか。

仙台にJ初の双子コーチが誕生 – サッカーニュース : nikkansports.com

キャプテン翼の立花兄弟のモデルだったのは知らなかった。

リンク: 仙台にJ初の双子コーチが誕生 – サッカーニュース : nikkansports.com.

手倉森兄弟は、僕が中学生の頃だったか、五戸高校サッカー部の選手で、高校サッカーで活躍した双子の兄弟だ。当時青森県は、まだ、高校野球もサッカーも、弱くてどうしようもなかった。そういう時期だったので、この双子の兄弟を中心にして、五戸高校が勝ちあがっていく様子は、かなりの注目を浴びていたように思う。

プロ選手としてはあまり注目されることはなかったが、指導者としては着実に実績を積み上げているようだ。

ミクシーの反応を見る限り、彼らの活躍を覚えている人は、あまりいないみたいだ。まあそりゃそうか。20年以上前だし、青森県民限定だし。