タグ別アーカイブ: shinyai

高知の「ごめん」電車



ごめん, a photo by shinyai on Flickr.

高知市内を走る市電。かなりの確率で「ごめん」と書かれていて、メッセージを表示できるサービスか?と思うわけだが、実際には「ごめん」が行き先。「後免」のようだ。

高知の路面電車「ごめん」| ウーマンエキサイト みんなの投稿

「ごめん」と書かれたせんべいも売られているらしい。

マーラー刀削麺 刀削麺酒家日本橋店 #tokyo #noodle

刀削麺酒家にてマーラー刀削麺のむせる辛さ

金曜日のお昼、早めに東京に到着したので、日本橋の刀削麺酒家へ。唐辛子マーク3つのマーラー刀削麺。一緒に行った学生が頼んだ、唐辛子1つの刀削麺とは、赤い色の濃さが違っていた。

ちょっと口に運んだだけで、むせる辛さを実感、おそるおそる食べることになった。久々の刀削麺、辛かったけれども、新潟にはない味を堪能することができた。

記憶では、新潟に引っ越してきたばかりの頃、張園という店の郊外店が刀削麺を出していたと思うが、その後その店はなくなり、現在新潟市内には刀削麺を出しているお店はないのではないか(もしあったら教えて下さい)。刀削麺は家庭で簡単には作れないと思うので、新潟でもそれなりに人気が出るように思うが、どうなのだろう?

東京都中央区日本橋室町1丁目13−9 池田ビル1~2F
03-6225-4849


大きな地図で見る

[rakuten]sanseidou:10002078[/rakuten]
[rakuten]kitchen-market:10003662[/rakuten]
[rakuten]sanseidou:10001538[/rakuten]

Edu × Digi Niigata 20130210

デジタル教科書学会新潟支部のイベントで登壇

2月10日に開催された、デジタル教科書学会新潟支部のイベント「Edu × Digi Niigata 20130210」に参加してきた。

Edu × Digi Niigata 20130210

会場は新潟大学ときめいと。いつもこの会場で行われる小規模イベントの感覚で出かけていったのだが、参加者は100名近く。県外からもたくさんの参加があった。

この学会は、新潟市の小学校で教員をされている片山敏郎先生や新潟大学の上松恵理子が中心になってスタートしたもので、大学教員によりも小中高の教員の参加が多いことが特徴だ。発表された皆さんも、「デジタル教科書」あるいは「デジタル環境」を積極的に教育現場に取り入れて、成果を上げている人ばかりで、非常に勉強になった。大学の情報化は大して進んでいないが、実は「デジタル教科書」の導入を控えて、小学校などでは、準備が進んでいるのではないか。そういう気持ちにさせられた。たぶんそうではなくて、先進的な取り組みをしている人たちが集まっているのだと思うが。大学研究者の皆さんからのお話も、デジタル教科書導入に向けた動きを踏まえた、非常に興味深いお話であった。

自分はあまりおもしろいネタもなかったのだけれども、外野の自分なりの目線で、お話をさせていただいた。「教育の「非同期」化が課題」「『ググればわかる』時代の教育の役割」というフレーズは、少し刺激が強すぎたかもしれないが、いろいろな人と問題意識を共有する機会にはなったと思う。

当日しゃべった音声が、新潟ニッチトークで公開されている。

#ひとりニッチ @shinyai 先生のデジタル教科書シンポジウムの話 #nntalk: 新潟ニッチとーく

Facebook 2012

Facebookは、ひとりひとりの2012年まとめページ機能をリリース

Facebookからは、2012年を自分の投稿でまとめるページがリリースされている。

Facebook 2012

今年1年の投稿の中から、写真を中心に、人気のあった投稿をピックアップし、まとめページを作成してくれる。

shinyai 2012

TwitterやGoogleが社会の「まとめ」を作ったのと対照的に、Facebookは自分「まとめ」をリリースしたというわけだ。

Bistro de またのりのさんまのテリーヌ


先日久々に訪ねたBistro de またのりにて。場所は新潟駅南口を出て5分ほどのところにある。駅に近いところで、歩いてお店を探している場合、ここまでは来ないかな?という場所にあるが、人気があり週末はいつも混んでいるお店。



さんまのテリーヌ, a photo by shinyai on Flickr.

先に入っていた妻が注文しておいてくれたもの。一瞬さばだと思ったが、「さっき、さんまをたのんだってメールしたよ」と言われた。たしかにそうなのだが、視覚的にはさばであった。味はもちろんさんまであった。目で見ても楽しい一品。

びすとろ DE またのり ビストロ・ド・マタノリ – 新潟/洋食 [食べログ]

2006年、まだ新潟に来たばかりのころに紹介した記事。

Bistro de またのり | ICHINOHE Blog

Sina Weibo

Sina Weibo (新浪微博)に登録してみた:連携設定は不調

中国のマイクロブログの一つ「新浪微博」に登録、shinyaiのアカウント名を取得した。

我的个人资料 新浪微博-随时随地分享身边的新鲜事儿

Sina Weibo

当面Facebookを中心にした運用を変えるつもりはないが、Twitter同様に同時投稿ができるのであれば、中国にもお友達が増えていいんじゃないかと、軽い気持ちではじめてみた。というのも、以下の @attripさんの記事で、Twitterとの連携ができそうだったから。

weiboとtwitterを連携する方法 | A!@attrip

Twitter 2 Weibo

残念ながら、Twitter2weiboは今はうまく動いてくれないので、連携させることが出来なかった。

Sina Weiboは、すでにユーザ数は3億という発表があり、単純にユーザ数で見る限りは、Twitterを追い抜く勢い。もちろん中国が中心なのだけれど。本格的にグローバル展開するかどうかはわからないが、注目すべきサービスの一つではあるだろう。

ざっとメニューを見た限りでは、インタフェースはTwitterに似ているけれど、機能は多く、Facebookに似た部分もあるようだ。

新浪微博の登録ユーザー数が3億人突破=モバイル端末での利用が中心に―中国(osschina) : 中国・新興国・海外ニュース&コラム | KINBRICKS NOW(キンブリックス・ナウ)

とりあえずFacebookでの投稿を反映させてくれるサービスが欲しいなあ。

Keiwa Lunch 20120628

Keiwa Lunch別撮り版を一気に3本アップ:再生リストも作った

ゼミ学生たちのUstream配信番組「Keiwa Lunch」、先月から撮影している別撮り版。しばらく出張続きで編集できなかったのだが、溜まっていた3週間分をアップ、あわせて、再生リストも作成した。相変わらず冒頭部分とテロップ以外の作りこみはほとんどないのだが、以前に比べると、本配信、別撮りともに格段に品質が向上し、視聴に耐えうるものになったと思います。今後はぜひご覧いただければ幸いです。

Keiwa Lunch – YouTube

今回アップしたのは以下の三本。

1.2012年6月28日配信分。牛丼スペシャル。
元MCの瑞紀が、実は牛丼を食べたことがないと聞き、牛丼屋でアルバイトをしている齋藤くんをゲストに、同じく牛丼屋でアルバイトするスタッフ田中が企画出演して、お届けする牛丼スペシャル。みんなで牛丼を食べ比べます。
MCは土田舞歌。
Keiwa Lunch 20120628

2.2012年7月5日配信分。
– 教務課の新人新井さんの素顔に迫る
Keiwastagram6月月間賞
受賞作品
http://shinyai.com/keiwastagram/?p=550

FM KENTOで「Keiwa Crew」の話をしてきた | ICHINOHE Blog
Keiwa Crew|SWAMPの蛸紅赤軍ブログ
MC:土田舞歌

Keiwa Lunch 20120705

3. 2012年7月12日配信分。広報入試課小端さんと大学広報誌「カレッジレポート」を見ながら前期を振り返る企画。
出てきたトピック
– スポーツ大会
– 留学生経験者座談会
– 入学式、新入生オリエンテーション(今年から月岡温泉で開催)
– 新発田朝市十二斎市
– 社会福祉士国家試験合格者体験記
– 安井ゼミ旅行記
– 加藤新事務局長、畠山キャリアサポート課長について
– 第一回オープンキャンパスの様子(まるりも写っている)
– 学長杯高校生テニス大会(大学のテニスコートは素晴らしい)
– 卒業生が作家デビュー
– 卒業生リレーエッセイ
MC:まるり

Keiwa Lunch 20120712

別撮り版の撮影は、SONYのHDR-PJ590Vを使用。ハードディスク内蔵、ケーブルも本体にくっついていて、非常にコンパクト、プロジェクタも内蔵されている。プロジェクタの出番は今のところあまりないが。定期的にスチル(写真)も同時に撮影してくれているので、別途撮影しなくてもよいというのも魅力的だ。

別撮り動画、気合を入れて更新すると、学生たちがタラタラ更新作業をやっている公式ページの内容を追い越してしまう(公式ページはタイムラグなしでどんどん更新せよと、もちろん指示しているのだけど)。ともあれ、あくまで公式は公式。Ustのアーカイブも、マシンを変えてからかなり音質も改善したので、こちらもぜひ御覧ください。

Keiwa Lunch | Keiwa Lunch:毎週木曜日のお昼休み、敬和学園大学の学食からUstreamで放送中

Keiwa Lunch (keiwalunch)さんはTwitterを使っています

Keiwa Lunch

長岡造形大学のビデオ

長岡造形大学の紹介ビデオ。冒頭からなかなか凝った映像で、造形大学の幅広い実習内容のわかるセンスの良いビデオ。

県内他大学だけ紹介していると、どこかから怒られそうなので。敬和学園大学も現在新年度のビデオを制作中。一眼レフで撮影した部分もあり、なかなかいい感じに仕上がりつつあるようだ。近日公開予定。

Source: shinyai.com via Shinya on Pinterest

こちらは昨年度作成の紹介ビデオ。

Solaryman 20120518

働く人が宙に浮く写真シリーズ「ソラリーマン」で撮影してもらった

カメラマンの青山裕企さんの作品集の一つに、「ソラリーマン」というシリーズがある。(主として)スーツを来た男性が、真顔でジャンプして、宙に浮かんでいるというもので、すでに写真集も出されている。帯のタイトルは「働くって何だ?!」。このシリーズの撮影が、今日新潟であり、関係者に推薦していただき、自分も出演(?)させていただいた。スーツは着てないので、「サラリーマン」ぽくないけど。

撮影は敬和学園大学。金曜の午前は、チャペルアッセンブリーアワーが大教室で行われているのだが、チャペルが終わった教室を利用した。チャペルアワーの時間の熱気が、まだ教室に残っていた。祈りの時間の後が、ソラリーマンの時間となった。

ソラリーマン | 青山裕企

青山 裕企 / Yuki AOYAMA (yukiao) は Twitter を利用しています

数日前からゼミの学生たちには情報を流していて、エキストラの出番がありそうなので、出てくるように連絡していたのだが、誰も来ておらず、急遽公開Tweetをするなどして、大学にいる学生たちに集まってもらった(撮影の準備をしている間、学食あたりでいろんな学生たちをさそってくれたのは、学生カメラマンとして頑張っているSakumaくん。どうもありがとう)。

教室の状況を見てもらった結果、「学生たちがまじめに勉強しているのに、教壇にいる自分だけが飛んでいる」という設定になった。笑ってしまいそうな学生たちに我慢してもらって、私もそれなりに真顔で、飛ばせていただいた。ただ飛んでいるだけなのに、スタッフの皆さんには、いろいろ言葉を尽くして絶賛していただき、気持ちよく飛ぶことができた。明るい現場づくりは大事ですね。これも勉強になった。

撮っていただいた写真が、ウェブに載るのか、本に載るのか、ボツになるのか。それはまだわからない。でも良い体験をさせていただいた。自分のカメラも、テクスファームの加藤さんが撮って下さったので、遠目ではあるけど、飛んでいる写真が何枚か残っている。どうもありがとうございました。

教卓の前で飛んでいるシーン。

Solaryman 20120518

教卓から離れて飛んでいるシーン。

Solaryman 20120518

青山さんの撮った写真も、ちらっと見せてもらったが、もっと大きく迫力ある写真になっていた。

ちなみに青山さんは、吉高由里子の「UWAKI」という写真集も撮影している。