タグ別アーカイブ: rainbowtower

Rainbow Tower, Niigata

レインボータワーの廃業

新潟市の中心部万代にある「レインボータワー」の廃止が決まった。新潟っ子からは惜しむ声が多数。

新潟日報社 netpark ::: 万代シティのレインボータワー廃業

レインボータワー廃業 : 新潟 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

新潟市中央区の万代シテイのシンボルとして、市民に親しまれてきた「レインボータワー」が廃業することになった。

タワーは新潟交通が1973年に開業。高さ100メートルの塔を客席が360度回転しながら上昇し、新潟の街を一望できる。昨年3月の東日本大震災後は営業を停止して耐震調査をしていた。

調査の結果、倒壊しないが、土台がずれる恐れがあることが判明したため、同社は営業を再開せず、廃業することを決めた。

Rainbow Tower, Niigata

さよならレインボータワー :: 新潟シモフルのおんぼろビルに暮らす

このレインボータワー、今後はクリスマスシーズンだけでもイルミネーションで飾って日本一高いクリスマスツリーにするというのはどうかな。有効活用するのもなかなか難しそうだけど、このまま放置プレーではちょっと寂しいよね。

レインボータワーの存在は以前から知っていたし、万代に行くとよく写真も撮っていたのだけど、一度もこのタワーに乗ろうと思ったことはなかったし、誰かに勧められたこともなかった。

しばらく見かけなかった俳優が、実は入院していて、復帰することなく亡くなった時と、今回のニュースには、通じるものがあるように思う。レインボータワーはいつも万代にあったので、目の前から消えたわけではないが、東日本大震災以後、運転を休止していたことを知らなかった人も多いはずだ。もちろんこのタワーに子供のころ乗ったという大人は多いのだろう。行動メニューのど真ん中に、今でもレインボータワーがあるわけではないけれど、「おでかけ」の記憶の真ん中に、レインボータワーがある人も多いのかもしれない。

運転しないタワーをどのように保存して、存在感を示していくことができるのか。保存しておくだけなら、さほどコストをかけずに可能なのだろうか。今は惜しむ声多数だが、実際には課題も多そうだ。

新潟日報でみる ふるさとの100年

新潟日報でみる ふるさとの100年

懐かしのわが街 新潟―渡邊馨一郎写真集

懐かしのわが街 新潟―渡邊馨一郎写真集