タグ別アーカイブ: pinterest

香港の街歩きに必携の一冊:小柳淳「香港ストリート物語」

たしかシンガポールに行く前に、ガイドブックのコーナーでたまたま見つけて買ったまま、放置してあった本。結構マニアックな香港の街歩きの解説本だ。

 

250ページほどあるうち、最初の50ページほどを読んでみただけが、ここまで読んだだけでも、何度も訪ねた香港について、知らない事柄がたくさんでてきた。

1.香港島のQueen’s Roadは、もともと海沿いに作られていた。

2.香港島の旧市街地はかつてビクトリア市と称されていて、かつての境界線には石柱が今も残っている。

3.第二次アヘン戦争の結果、割譲された九龍半島が割譲され、その際の境界線とされているのが「界限街」。

4.MTRのマークは、九龍と香港の中心市街地の形を模した「エ」の形になっている。

5.九龍半島の目抜き通りNathan Roadは、九龍で唯一の南北を貫く道路。

6.ホリデイ・イン・ゴールデンマイルというホテル、「ゴールデンマイル」というのは、尖沙咀の中心街をかつて「黄金の1マイル」と呼ばれたことから来ている。

7.旺角はかつて農地で、「茫角」と呼ばれ、あるいは、船がよく見えることから「望角」と呼ばれていたが、同じ発音であることからその後「旺角」となった。旺角には「望角堂」という教会が残っている。

このように、日本語本であるにもかかわらず、街路をめぐるたくさんのエピソードが詳細に取材されている。観光で何度も香港に行ったことがあるという人、あるいは、街道にあまり関心のない香港在住者にも、意外な発見があるだろう。

香港を「ブラタモリ」風に散歩したり、カメラを持ってフォトウォークをする際に、この本を持って行くと、いろんな角度から香港の街を楽しめそうだ。

Facebookページがあるようだ。

香港ストリート物語

立教学院佐藤忠男チャプレン長の祈祷動画


青森に帰省していることとは全く関係ないのだが、なぜか実家でネット検索をしていたところ、立教大学佐藤忠男チャプレン長の、祈祷動画が出てきた。

Source: rikkyo.ac.jp via Shinya on Pinterest

佐藤忠男さんは日本聖公会東北教区で長らく司祭をつとめられ、弘前昇天教会の勤務も長かった。最終的には東北教区の主教として、仙台で活躍された。退職後は弘前に居を構えられ、暮らしていた。一度ご自宅におじゃましたこともある。2007年に弟が亡くなったあとにも、とても励みになるお話をしていただいた。お話にはいつも含蓄があった。

その後母校の立教から請われる形でチャプレン長となっている。年齢を重ねてから東京でのお仕事というので、いろいろご苦労もあったと思うが、そろそろ任期も終わる頃ではないかと思う。春には弘前でお会いできるだろうか。

今年の4月に新入生に向けて書かれたメッセージも、イマドキの大学生にはやや難しいかもしれないけれど、よいお話であった。

チャプレン長メッセージ | 立教大学

青函連絡船の時代を知る一冊:金丸大作「写真集 青函連絡船」

実家の本棚から引っ張りだしてみたら、予想外に面白かった一冊。1984年出版なので、廃止される前に出版された本。実家にいた時代にもパラパラめくってみていたはずだが、あまり印象に残っていない。

写真は昭和30年代を中心に掲載されており、青森と函館を往来する人々の姿、船を運行に関わる船員その他の表情などをリアルに伝えている。個人的最も興味深かったのは、景福丸。「景福」といって思い出されるのは、ソウルの「景福宮」なので、韓国と何か関係が?と思ったら、その通り。関釜航路から、青函航路にうつってきた船だそうだ。空襲で、青函航路の船の多くが被害を受け、他の航路から船を確保したそうで、稚泊航路からも「宗谷」が応援に入ったという記述もあった。

景福丸は戦後引退し、函館港に係留され、日本で唯一の船上旅館としてしばらく営業していたという。景福丸が解体後も函館ハーバービューホテルの一角に、船上旅館を運営していた鉄道弘済会によるお土産店「景福」がしばらく残っていたそうだ。

 

「函館市史」通説編4 7編1章コラム14

景福丸 – Wikipedia

景福丸 – 函館鉄道写真館 – Yahoo!ブログ

1984年に出版されたものと同じ写真で再度2006年に出版されたのが、「青函連絡船の記録」だそうだ。

1982年の反戦広告

天野祐吉さんのブログから。「広告批評」1982年6月号に掲載されたものだそう。

 

とにかく死ぬのヤだもんね:天野祐吉のあんころじい:So-netブログ

それにしても、こういう広告をつくるのはむずかしい。これにくらべたら、戦争を進める広告をつくるのは簡単です。恐怖心や敵愾心を煽ればいいんですから。「戦争を売るのはやさしいが、平和を売るのはむずかしい」と、亡くなった哲学者の久野収さんも、よく言っていました。

このコピーは、糸井重里さんが作ったもの。糸井さんがこの時つくったもう一つのコピーが、「とにかく死ぬのヤだもんね」。「まず、総理から前線へ。」に比べるとややパンチにかけるが、「お前が先に死ね」というどぎついいメッセージよりも、かなりマイルドな表現になっていて、それでいて説得力がある。

これに対するエピソードがまた面白い。

もっとも、人はそれぞれで、当時このコピーを見た社会党のある人は、こう言いました。
「面白いけど、“とにかく”というのにひっかかりますね。これだと、病気で死ぬのも交通事故で死ぬのも含まれちゃう。やっぱり、“戦争で死ぬのはいやだ”と、はっきり限定すべきでしょう」
人はそれぞれとは言え、これには驚きましたね。とかく政治家には、頭がいいのに、表現というものがわからない人が多い。このコピーのいいところは、「とにかく」という一語にあるんですね。「病気や交通事故で死ぬのはいいけど、戦争で死ぬのはいやだ」なんて、フツーの人は死因を分けてなんか考えない。分けて考えるのはリクツってもんでしょう。とにかく、死ぬのはヤなんです。当然、「戦争」で死ぬのもその中に含まれる。それでいいじゃないですか。だいたい、反戦で頭がいっぱいになっている人には、こういう広告は必要ない。こういう広告を見てほしいのは、フツーの人たちなんですから。

国際関係の変化の中で、やや劣勢に立たされつつある日本人は、国内の様々な意思決定において、「いやなものはいやだ」という論理を、突き通しにくい環境に置かれつつある。今回の選挙でのリベラル勢力の「敗北」は、この言い方が通じなくなってきているという風にも、読み取ることができそうだ。その意味で言うと、今の状況下では、また別のメッセージが必要なような気もするが、ともあれ、「とにかく」を取ったら意味が無いというのは全くその通りだと思う。

衆院選:新潟小選挙区はすべて自民に

衆院選の結果が判明。圧倒的な自民の勝利となった。迷える有権者は、迷いつつ、タカ派の安倍さんに不安を感じつつも、当面の経済対策に期待して、自民党に流れたということか。小選挙区制の問題が現れたともいえるだろう。

民主党は大物議員が軒並み落選しているが、前回小選挙区全員が民主となった新潟県でも、今回は全員自民となり、完全に入れ替わった。世間では田中真紀子さんの落選が話題だ。中越地域を中心に、影響力の及んでいる企業もあるのだが、今後何が起こるのだろうか。

県内小選挙区、自民が全勝|政治・行政|新潟県内のニュース|新潟日報netpark

新潟市中心部の1区は若手の自民新人石崎とおる(石崎徹)さんに。かつて敬和で非常勤をされていた、現職西村ちなみ(西村智奈美)さんが落選した(私は面識ない)。

自分の知り合いでは、4区の金子めぐみ(金子恵美)さんが、現職の菊田真紀子さんを破って当選した(菊田さんは比例復活)。

Source: kenoh.com via Shinya on Pinterest

 

女性候補対決となった新潟4区は初出馬の金子恵美氏=自民・新=が菊田真紀子氏=民主・前=を突き放して初当選を果たす(2012.12.17)

金子さんは2010年の新潟ソーシャルメディアクラブ #1の際、当時新潟市議会議員の立場で、出席していただいた。その後Twitterを始めたいということになり、NSMCの企画で、「Twitter議員」を作る会を開催した(ただし、当時のアカウントはすでに使われておらず、選挙前に新しいアカウントに変わっていた)。

新潟市議の金子めぐみさん、twitterをはじめる | ICHINOHE Blog

今回の選挙では、結局公職選挙法は改正されなかった。候補者はソーシャルメディアの更新をやめたが、政党の広告は飛び交ったし、一般ユーザは匿名で、さまざまな「怪文書」的Tweetを飛ばした(実名で賢明な人は、誰かに肩入れする発言を差し控えた)。

2009年、2012年、いずれも選挙は大きく振れた。「脱原発」は争点化出来ず、「景気対策」の影に隠れた。有権者は、どこの党にもイマイチ賛成しきれないまま、当面の経済対策を手当してくれそうな自民党を(バラマキへの懸念を覚えつつ)えらび、散々期待を裏切った民主党を見限った。とはいうものの、投票率も下がっている。

ネットでの選挙運動を解禁することだけで、簡単に自体が改善するとは思えないが、これだけ問題が複雑化し、今までの「右肩上がり」が期待できない今、ひとりひとりの政治家へのアクセスが容易になり、それぞれの人となりも見えるというだけでも、政治への国民参加は促されるのではないか。永田町にいる間でも、有権者と胸襟を開いて対話する姿勢を見せる人なのかどうか、いろんなものが可視化されるようになるように思う。で、選挙カーでの運動、街頭演説を、もっと制限したらよいだろう。基本的に誰も求めてないのだから。

GmailがGoogle Driveと連携、Google Drive上のファイルを「添付」で送付可能に

GoogleがGmailにGoogleドライブを統合すると発表した。まだ自分のアカウントのメニューには現れていない。

Source: mashable.com via Shinya on Pinterest

 

Gmail、10GバイトまでのGoogle Driveファイルの添付が可能に – ITmedia エンタープライズ

米Googleは11月27日(現地時間)、GmailのメールにGoogle Drive内のファイルを直接添付できるようになったと発表した。従来の400倍に相当する10Gバイトまでのファイルを添付できる。この機能は数日をかけて段階的に全ユーザーに提供される。まだ「新しいメール作成画面」を利用していない場合は対応させる必要がある。

この機能が利用できるようになると、メール作成ウィンドウの下部にGoogle Driveのアイコンが表示されるようになる。これをクリックするとGoogle Driveのファイル一覧が開き、ここで添付したいファイルを選択することでファイルを添付できる。

パーソナルクラウドのサービスとして、DropboxやEvernoteと競合しているGoogleドライブだが、メールサービスとして大きな力を持つGmailとの連携は、競争上大きな後押しになるだろう。Googleドライブ側からメールを使ってファイル共有はできたのだが、通常のユーザから見ると、ハードルが大きかった。日常利用しているGmailから、簡単にファイルの共有ができるというのは、かなり利用しやすいはずだ。ファイルは添付されるわけではなく、メールを受け取ったユーザは、Google Driveにアクセスすることになる。

Gmail Users Now Can Send 10GB Files

グーグル、「Google Drive」と「Gmail」を統合–最大10Gバイトのファイル送信が可能に – CNET Japan

Gmail、Driveとの連携で最大10GBのファイル送信が可能に | エンタープライズ | マイナビニュース

Windows Live Messangerが終了し、Skypeに統合

長らくインスタントメッセンジャーの標準であったWindows Live Messengerが、サービスを終了して、Skypeに統合される。Techcrunchの記事で知った。

 

ひとつの時代の終わり―Windows Live MessengerはSkypeに統合されて引退へ

Facebookとスマートフォンの台頭以前に育ったわれわれにとってはこのニュースはほろ苦いものだ。われわれの最初のオンライン・ソーシャル体験はAIMやICQ、WindowsLive(当時はMSN Messenger)のようなインスタント・メッセージによるものだった。しかしMirosoft自身もブログで認めているとおり、プラットフォームはソーシャル・サービスとモバイル・インターネットへと変化した。高機能なSkypeへの転換は必然的だといえる。

すでにSkypeやWindows Liveのブログでも公式に発表されている。

Skype – The Big Blog – Talk to your Messenger Contacts on Skype

The Windows Blog

個人的には、Windows Live Messengerからはスパムメッセージが増えてきていたし、周りに使っているユーザもあまり多くなくなったので、だいぶ前からすでにログインすることがなくなっていた。ともあれ、ICQからはじまったインスタントメッセージは、SkypeとWindows Messengerに移行し、片方が引退となった。実はSkypeも、個人的にはあまり使っていない。音声通話をすることが少ないので、結局Facebookメッセージのほうが便利になってしまった。LINEもある(こちらはまだそんなに使ってないけれど)。

ちなみに中国のみ、サービスが継続するそうだ。

新潟市のBRT、審査委員会が「青山延伸」を了承、新潟交通は連結バス導入に消極的


新潟市のBRT導入に関する審査委員会が昨日開かれ、新潟交通の示した「青山延伸」が了承された。

青山延伸を了承、BRT審査委|新潟日報netpark

新潟市が導入を計画しているBRT(バス高速輸送システム)の運行事業者を審査する委員会(委員長・中村文彦横浜国立大大学院教授)の第2回会合が5日、市役所で開かれた。市から優先提案権を与えられた新潟交通が示したJR新潟駅(同市中央区)―青山地区(西区)までの延伸案をおおむね了承した。車両について新潟交通は市が提示した連節バス導入に消極的な姿勢を示した。

 

先日意見募集が行われているという記事を書いたが、募集はすでに締め切られている。この会議で意見の内容が示されたかどうかは、記事からはわからない。また、新潟市のウェブページにも、募集の結果寄せられた意見の内容は示されていない。BRT導入に反対する意見はあるにせよ、「青山延伸」案についてはそんなにたくさんの意見はなかったように思う(乗り換え必須の西区住民からは出ているかもしれない)が、寄せられた意見を「シェア」していただければ、それを見て、多くの人達がこの件についてより広い角度から考えることができるように思う(そんなことを役所の人は望んでいないのだろうけど)。

新潟市BRT第1期導入区間運行事業者審査委員会 新潟市

新潟市のBRT、新潟交通は青山までの延伸を提案 | ICHINOHE Blog

また、新潟交通からは、連結バスの導入に消極的な見解が出たようだ。連結バスは輸送力アップが狙いだと思うが、新潟交通が消極的である理由は何なのか。これも記事からはうかがい知ることは出来ない。今と同じ車両を使うのであれば、コスト的にはさらに安く実現できることになるが、それを走らせるために専用車線を設けるべきなのかということになるような気もする。

新潟市のBRT、新潟交通は青山までの延伸を提案

24日、新潟市はBRT運行について、第一提案権を持つ新潟交通の提案書を公開した。30日、明日まで意見募集を行なっている。

 

新潟市BRT第1期導入区間運行事業者審査委員会 新潟市

この大部の提案書への意見募集をわずか一週間でしめきるのはちょっと早すぎるだろう。意見を聞く気がないだろうと言われても仕方あるまい。実際賛否両論が飛び交っており、あんまり意見を待ちすぎると収集つかないという判断がありそうな状況ではある。ともあれ、とりあえず報道から情報を拾ってみよう。

BRT:バス高速輸送システム、青山まで延伸 新潟交通、市に運行提案 /新潟- 毎日jp(毎日新聞)

市が今年2月に発表した基本方針では第1期導入区間をJR新潟駅−白山駅(中央区)としていたが、同社は区間をさらに延伸させ、距離がほぼ2倍となる新潟駅−青山地区(西区)の運行を提案した。

青山への延伸理由について同社は、白山駅では乗り換えられるバス路線が1路線しかないが、青山周辺は7路線あり、白山駅で乗り換えるよりも青山まで延伸した方が効率的だと説明している。BRT運賃は原則一律200円で、新潟−青山間を約25分で結ぶ。深夜運行も検討する。

一方、BRT導入に伴うバス路線再編計画については、BRTと同じ区間を走るバス路線は15路線(2088便)から4路線(723便)に減らす。一方で、BRTと接続する路線は2路線(170便)から、13路線(1887便)に増やす。

白山で越後線に接続することを想定するよりも、多くのバス路線に接続する青山まで引っ張ろうという考えだ。JRよりもバスを使ってほしいという新潟交通の思惑と見えなくもないが、実際利用者の利便性も高まるのだろう。深夜運行で青山方面までの利便性が増すならば、中心部の飲食店にとっては、追い風になるだろうか。ただ既存路線を廃止するということは、一度BRTで青山まで行って、その先に行くのはそこで乗り換える必要が出てくるので、この辺の使い勝手次第ということか。

新潟交通がBRT運行事業提案書 料金200円、青山まで延伸 – MSN産経ニュース

 提案書によると、BRTの運行時間は25分前後。運行本数は平日で1日282本、土休日で230本で、平日ピーク時の午前7~9時、午後5~7時は1時間15~20本、その他の時間は6~12本、深夜早朝は5、6本を予定する。運賃は200円とし、子供や障害者などは100円に割り引く制度を導入する。

BRTと他のバスとの乗り換え時間はピーク時で5分以内を目指す。新設するBRT駅からバス停までの移動時間が約3分(約300メートル)、バス待ち時間が約2分と設定した。

乗り換え時間は5分以内を「目指す」そうだ。しかし、移動時間が3分、待ち時間が2分。そんなにうまく接続できるのかどうかはちょっと疑問だ。新潟市民にとって乗り換えで300m歩くのはどうか。都内の地下鉄で300mと表示が出ていると「遠いな」と感じるが、新潟市民にとっては大した距離ではないということに鳴るのだろうか。冬の雨風雪の環境下で、外を300m歩くのは正直しんどいだろう。ただ青山については、駐車場が十分確保でき、パーク&ライドでの利用には便利になるそうだ。みんなが素直にBRTに乗り換えてくれるかはちょっと疑問ではあるが、これは良い点だろう。

BRT区間 新潟交通が「青山駅まで」提案 : 新潟 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

朝日新聞デジタル:BRT 新潟駅前―青山で運行-マイタウン新潟

上越のラーメン店「あごすけ」が大つけ麺博で全国3位に

上越の人気ラーメン店「あごすけ」の「越後甘海老つけ麺」が、大つけ麺博で3位に入賞したそうだ。上越で立ち寄る店としては、我が家ではほぼ一択の定番のお店だ。

上越市の「あごすけ」が大つけ麺博で全国3位 : 上越タウンジャーナル

 

 

 

2012年9月27日~10月17日の3週間にわたり東京・浜松町駅前で開かれた「大つけ麺博 日本一決定戦」で、新潟県上越市から参加した下門前の麺屋あごすけの「越後甘海老つけ麺」が、見事第3位を獲得した。

(中略)

豚骨と鶏がらによる濃厚白濁スープに、糸魚川市の酒粕、新潟名産の甘エビの炒め煮を加えた。中太の麺にはコシヒカリの米粉を入れ、粘りと甘みを出した。トッピングはチャーシュー、青菜、エビせんべい、ラスク、エビ辛子で変化をつけた。

イベントの中での出店のため、麺がくっつかないよう、佐渡産のトビウオを使ったアゴ油で乾燥を防いた。グループで分けあって食べる人にも、一口で強烈な印象を出そうと、上越産メギスの魚醤をスプレーで麺にふりかけるなど工夫した。

あごすけに行くと「塩ラーメン」が定番で、その次が醤油か。とんこつにはあまり手を出さず、つけ麺にも行かない。というパターンが我が家ではだいたい決まっているのだが、このつけ麺は海老の味が出ているだろうし、ちょっと気になるところ。

このメニューはお店でも月末までは出しているそうだ。今週末10月27日には、「くびきのメディフェス」に参加するために上越に行くので、ぜひチャレンジしてみたい。皆さんも「くびきのメディフェス」においでいただき、ぜひあごすけにも行きましょう。

10/27「くびき野メディフェス 2012」に参加:パネラーはブロガー藤代裕之さん、「新潟美少女図鑑」加藤雅一さん | Niigata Social Media Club / 新潟ソーシャルメディアクラブ

10/27「くびき野メディフェス 2012」に登壇予定:藤代裕之さん、加藤雅一さんとともに、テーマは「地域メディアとしてのソーシャルメディア」 | ICHINOHE Blog

麺屋あごすけ めんやあごすけ – 春日山/ラーメン [食べログ]