タグ別アーカイブ: photo

ALPSLAB slideshow via WII

ALPSLAB slideshow

Flickrにアップした写真に緯度経度情報(geotag)を付加することは、Flickr自身のサービスでも可能だ。しかし地図の精度がイチイチ。それに比べると、ALPSLAB Photoは、日本語であるだけでなく、位置情報もかなり正確で細かい場所の指定ができる(国内限定だけど)。

で、このALPSLAB Photoで位置情報を入れた写真をWiiでスライドショーにできるサービスが始まった。

リンク: ALPSLAB、地図と写真をWiiでスライドショーにする「ALPSLAB slideshow」公開 – CNET Japan.

画面上の操作ボタンは、指定された都道府県のみの写真を表示する「都道府県指定」、スライドショーを一時停止する「一時停止」、次の写真を表示する「次の
写真へ」の3つのみで、数秒ごとに写真と地図がスライドショーのように切り替わる表示のほか、都道府県を指定して、特定の写真のみを表示できる。

さっそくWiiで試してみた。まだまだユーザ数が少ないということだろうか、都道府県指定で、北海道、青森、新潟、東京と試してみたが、東京以外では、かなりの確率で僕の写真が出てきてしまう。新潟なんて9割方。

ALPSLAB slideshow via WII

市町村レベルまで絞り込めれば面白そうだなあと思ったが、たぶんまだそこまで細分化できるほど、地方のコンテンツがそろっていないのだろう。「Google マップにオリジナル地図作成機能「マイマップ」が追加 – CNET Japan.」にも書いたけれど、Googleマップの機能も向上してきているが、ALPSLABはFlickrアカウントの写真と連携させられるので、まだ連携機能ではALPSLABが上。geotagを写真一枚一枚につけていくのではなく、何枚かまとめて同じ場所にgeotagをつけられるようにすれば、枚数も増えてくるんじゃないかという気がする。

BOOK OF DAYS | SPIRAL LIFE・吉原家の130年 映像作品上映会at BOOK OF DAYS

新発田の老舗写真館所蔵の写真群を、映像化した作品が上映されるそうだ。なかなか面白そう。

リンク: BOOK OF DAYS | SPIRAL LIFE・吉原家の130年 映像作品上映会at BOOK OF DAYS.

SPIRAL LIFE・吉原家の130年 映像作品上映会at BOOK OF DAYS

■日時 4月21日(土) 会場19:00~ 開演19:30~ 
■入場料 300円            
■会場 BOOK OF DAYS 
新潟市中央区古町通2番町669-2 ダイアパレス古町1F
TEL:025-223-9577

どちらかというと、銀座で開催中のこの写真展のほうで、自分のペースでゆっくり見たいような気もするが。
リンク: EMON PHOTO GALLERY -: Exhibition.

Google マップにオリジナル地図作成機能「マイマップ」が追加 – CNET Japan

去年の授業では、 ALPSLAB.を学生にちらっと紹介していたのだけど、食いつきはあまりよくなかった。すでに地図とつなげたい情報を持っている人って少なくいのかも。「こういうこともできるんだな」と知っておいて、そのうち「あ、あれを使ってみよう」という気持ちになるのだろう。

さて、昨日Googleマップにマイマップ機能ができた。Alpslabでやっていることのかなりの部分が、Google Mapでできるようになりそうだ。

リンク: Google マップにオリジナル地図作成機能「マイマップ」が追加 – CNET Japan.

続きを読む

たかが納豆の番組である

リンク: 池田信夫 blog 「あるある」たたきでは何も解決しない.]

だが冷静に考えてほしい。たかが納豆の番組である。納豆を買いに走った主婦は腹が立つかもしれないが、だれを傷つけたわけでもない。これに比べれば、地球温暖化を誇大に報じて統制経済を推進するNHKや、「従軍慰安婦」の誤報で日本の外交を窮地に追い込んだ朝日新聞のほうが、はるかに罪が深い。

納豆がスーパーから消えた頃、在庫切れの「お詫び」の写真を何枚かとって、Flickrにアップした。こういうのは Photojournalism.というグループのPoolに投稿してもいいのかなあと思ったのだが、ちょうどそのときは政治色の強い報道写真ばかりが並んでいて、結局思いとどまった(今あらためてみたら、ほとんど個人的なものに見えるの含めて、いろんな写真が投稿されているようだ)。

捏造の話は、「その後のこと」でもあり、もう少しシリアスではあるが、「そこまで騒ぐことか?」という点では共通している。

伊藤穣一氏のダイエット

伊藤穣一氏が、ものすごいダイエットに成功したようで、その様子をまとめたブログが、翻訳されてはじめている(ご本人は英語で書いている)。

「使用前使用後」の写真がFlickrに載っていた。
リンク: Before… after on Flickr – Photo Sharing!.

実践したのはこれ。Eat to liveという理論に沿っているようだ。
リンク: Joi Ito’s Web – JP: Joiのダイエットその1 Eat to Live by Dr. Fuhrman ダイエットを始めるきっかけ.
リンク: Joi Ito’s Web – JP: Joiのダイエットその2 8日目のまとめ.

    食べてはいけないもの:

    * 乳製品
    * 動物製品
    * おやつ
    * フルーツジュース、ドライフルーツ
    * 塩、砂糖

塩分カット、動物製品カット(肉も魚も?)、乳製品カット。
食事制限の方法もすごいけど、お酒をやめたんだなあ。僕はといえば、新潟にきてから、日本酒を自宅にストックするようになった。新潟にいる間にきわめたいなあと思えるのが、「日本酒」と「ラーメン」だけっていうのがまずいなあ。でもご当地モノってそんな感じになってしまう。

まずは「運動」かな。

Flickr: Four Favs (Post 1 Fav 4) New Rules

あちこちでFlickrの使い方を教えているのだが、結局英語ができない(あるいは自力で読めない)と楽しめないようだ。

95年前後にインターネットを使い始めた世代は、当時英語なしでできることが少なかったので、辞書を引きながらでも英語のコンテンツを解明していたのだろう。だからいまも、その頃からのインターネットユーザは、「英語だからダメだ」という考え方を、あんまりしないような気がする。昔から英語ができない日本人インターネットユーザは多かったのだけど、「野生の勘」のようなもので、どうにか使えるようにしていたんじゃないかと。今はみんな、「飼いならされて」しまったのか。

というわけで、Flickrの機能やコミュニティについて、ときどき書いてみよう。

Flickrのグループの中から、「Flickr: Four Favs (Post 1 Fav 4) New Rules.」について。1つ投稿したら、4つFavに入れてね、ということだ。

# グループというのは、Mixiでいうところの「コミュ」なんだけれど、自分の写真をアップロードすることができるので、タグ同様に、グループへの投稿がその写真の属性を表す意味もある(個々の写真のページに、投稿したグループのリストが表示される)ので、掲示板では何も議論されてなくて、ただどんどん写真だけが投稿されているグループもある。

Favsというのは、「お気に入り」のこと。他のユーザの写真を見ているときに、写真の上にある「ADD TO FAVES」というボタンを押すと、その画像は自分のFavoritesに追加される。もちろん後から見るための機能でもあるのだが、お気に入りに選ばれたことは相手にも伝わるので、「あなたの写真はよかったよ」というメッセージとしても機能する。その写真のinterestingness(おもしろ度)もアップする。

1

で、そのFavsをみんなで付け合おうっていうのがこのグループの目的。ルールはこうなる。

1.自分の写真を投稿したら、自分の写真の前にある3枚のうちから1枚をfavoriteに入れる。
2.そのページ(1ページ目)に投稿された写真から、もう1枚選んで、favoriteに入れる。
3.同じく、次のページ(2ページ目)とそのまた次のページ(3ページ目)からも同じように一
枚ずつ選んで、favoriteに入れる。

選んだ写真のコメント欄に、
From the <b><a
href="http://www.flickr.com/groups/fourfavs/">FOURFAVS</a></b>
Group, this photo has been picked as a favorite.
とコピペしておくと、あなたがその写真をこのグループのルールにのっとって、お気に入りに選んだことが相手に伝わる。

と、ここまで読んだところで、「自分の前の3枚が気に入らない写真ばっかりだったら、選ぶのイヤだなあ」という意見もあるだろう。実際そういう意見も掲示板で出ている。

このグループの投稿制限は1日3枚。前の3枚にお気に入りに入れたくなるような写真があるときに投稿するというのが、次善の策かもしれない。

ALPSLAB photo

リンク: ALPSLAB photo.

Flickrの写真データを地図情報にリンクできるサービス。これは日本語対応だが、その代わり国外には出られない(北方領土、竹島等はチェックしてない)。

まだちょっと操作がめんどくさいというのが正直なところ。それにしても、新潟県は登録情報が少なすぎる。関越トンネルで。。。

 

1950年代の稚内のカラー写真(Originally uploaded by t-squared.)



Originally uploaded by t-squared.

Great photo of old scene in Wakkanai.
Midori Town really exists in Wakkanai, but I have never seen Midori Hosipital.

という風に、flickrからは日本語が通らない。この写真にある緑医院は、もし稚内のものだったとしても、恐らくもう存在しないものだろう。ここに写っている若い女性たちは、ひょっとしたらまだ稚内にいる人もいるかもしれない。

以前WAKHOKのウェブを編集しているときに、こういうのも見つけた。

-Wakkanai Air Station Website.

その頃を知らないので、懐かしいわけはないのだが、なぜか懐かしい。