タグ別アーカイブ: photo

国際ダンスサークルのメンバーと写真を撮ったら、女子会に紛れ込んだ人になった

昨年12月19日に、自分が顧問を担当している国際ダンスサークルが、単独イベント」と題して4年生卒業前の最終ステージを行った。最後終わってからの集合写真で、自分も一緒に撮ってもらったものが出てきた。女子会に紛れ込んだカメラを持った男性、という体になっていた。

2010年暮れにスタートした活動スタートした国際ダンスサークル。K-POPダンスのサークルを作りたいと相談を受けて、継続できるかなーと思いつつ顧問を引き受けた。それから3年間、いろいろあったと思うが、自分はたまに書類に判を押したり、撮影の手伝いをするぐらい。あとは学生たちが自主的に取り組んでくれた。現在はK-Popだけでなく、各国のポップスをベースにしたダンスに取り組んでいる。

特に競技としてやるわけではない中で、どのように活動していくのだろうかと思いながら見ていたが、どんどんサークルは拡大し、学外のイベントからもお声がかかるまでに発展している。

創設メンバーの4年生は、とにかく元気よく、まわりとうまく関係を作って、内外に存在を認知されるようになった。今後は後輩たちの中から「中興の祖」が出てくることを期待したい。

国際ダンスサークル

長女の生後100日写真をStudio Roopで撮ってもらった

昨年マタニティフォトを撮っていただいたStudio Roopで、娘の生後100日の写真を撮っていただいた。Studio Roopは新潟美少女図鑑を撮影しているPhotographerのチーム。雑誌などの撮影のほか、各種の家族写真にも対応してくれる(妻が出産した竹山病院にも、写真が展示されていて、撮影プランなども提供されているが、うちは全くそれとは関係なく、独自にお願いした)。

studio Roop blog

100日目はちょうど年末だったので、年があけて1週間ほど過ぎてからの撮影となった。今回はStudio Roop代表のCoziさんに撮影していただいた。どうもありがとうございました。

Studio Roopは入居していた古町のビルが老朽化して移転、鳥屋野のビッグスワンやエコスタジアムの近くにある、Roop Villageというカフェ施設に併設する新しい拠点で、撮影していただいた。ペレットストーブがあったり、前回同様非常に気の利いたおしゃれなスペースで、しかしゆっくりくつろぎながら撮影してもらうことができた。

赤ちゃんが泣かないように、おもちゃを用意したり、手順を踏んだ撮影にも工夫が凝らされていたこともあり、娘はほとんど泣くことなく、かなり笑ってよい写真を撮っていただけたと思う。娘は娘で、外に出かけている時には、あまり泣かない傾向があり、今回に至っては、シャッター音が鳴り出すと、カメラの方を見て、時折笑うように努めているように見えた(あくまで見えただけですが)。

もちろん我々夫婦と一緒に3人で撮影したり、マタニティフォトの続編っぽいカットを撮ったり、撮影自体も非常に楽しかった。Coziさんに撮っていただいたものは、近日送られてくる予定。こちらではとりあえず、私が撮った写真を何枚か載せておきたい。

長女が生まれました | ICHINOHE Blog

加治川治水公園での花見をSlidelyにまとめてみた

4月に学生たちと、加治川治水公園で桜を見てきた時の写真を、Slidelyで音楽付きスライドショーにまとめてみた。Slidelyは、Facebook, Flickr, Instagramなどに保存された写真を取り出して、各種エフェクトを加えたスライドショーにまとめることができるサービス。

“Sakura”ではなく、”Spring”でSound Cloudを検索して、BGMを入れた。明るく楽しい曲をすばやく見つけられるようになると、よいスライドショー、よい動画が作れるようになりそう。

加治川治水公園の桜を見てきた | ICHINOHE Blog

Shishigahana, Niigata

獅子ヶ鼻の夕日

昨日久々に寺泊を訪ねたので、途中にある「獅子ヶ鼻」という場所にも行ってきた。巻から弥彦山(の脇)を越えて海側に出て、寺泊に向かう途中。横から見ると獅子の鼻に見えるということらしい。

獅子ヶ鼻(シーサイドライン:新潟市西蒲区)-B型人間的新潟の投げ釣り

神崎のナナメ読み: 冬の日本海~獅子ケ鼻大橋

看板をよく見ると、ここはまだ新潟市。釣りにもよいらしく、いつも釣り人がいるのだが、昨日の天気はイマイチで釣り人は見かけなかった。

昨日撮ったのはこの程度。曇りの日の撮影は、もう少し勉強しなくては。

Shishigahana, Niigata

以前天気の良い日には、夕暮れ時にこんな感じの写真がとれる。以下は2009年に撮影したもの。

Shishigahana, Niigata


大きな地図で見る

Pinstagram

Instagram写真をPinterest風に表示するPinstagram

Instagramでは、標準のアプリを利用した場合、フォローしたユーザの写真が一枚ずつ現れる。したがって、フォローしているユーザが増えてくると、たくさんの写真を見るのは不可能になる。

Pinstagramは、PCからInstagramを表示するアプリだが、Pinterest風の表示で一覧できる。

A little Pinterest in your Instagram | Pinstagram

しかも下にスクロールすると、さらに過去にさかのぼって写真を一覧できる。表示した写真に対しては、Instagram上のLikeとコメントが可能で、さらにPinterestに投稿する「Pin」のボタンがついている。

Pinstagram

表示可能な一覧は、ホーム(フォローしている人の写真一覧)、Popular(フォローに関係なく人気の写真一覧)、自分の写真、お気に入りの4種類。このほか、検索結果に対しても利用できる。keiwastagramで利用している「#keiwa」について検索すると、以下のように表示される。検索結果についても、スクロールすると、さらに過去のものが表示されるようになる。

Keiwastagram on Pinstagram

“keiwa” | A little Pinterest in your Instagram | Pinstagram

敬和学園大学に関連するInstagram写真を集める「keiwastagram」 | ICHINOHE Blog

Niigata Arakiss

1988年にアラーキーの撮った新潟

新潟市では、今日明日と、にいがた食の陣当日座というイベント。大阪から戻った後、いくつかある会場のうちの古町会場にちょっと行ってきた。会場沿いにある萬松堂で何冊か本を買い外に出ると、入口に写真展のポスターが貼ってあることに気付いた。

Niigata Arakiss

モノクロで、新潟の若者たちの日常を切り取った写真展。面白そうだなと思ったのだが、よくみると「1988」と書いてある。さらによく見ると、たしかに「若者たち」の髪型、服装、しぐさが、2012年の今とはちょっと違うことに気がついた。1988年の新潟。

さらによく見ると、下の方に「アイコン」が!「Nobuyoshi Araki」、あー、アラーキー。「経惟」という名前の読み方が、いまだに頭に入らないので、気がつかなかった。1988年に新潟を訪問し、撮影したときの写真が展示されるようだ。

会場は、東堀通4の画廊Full moonで、2月21日(火)~27日(月)12:00~17:00。
画廊 Full Moon

ご本人が期間中に新潟に来るという未確認情報も見かけた。

1988年、自分はまだ高校生で、青森にいて、東京への進学を目指していた。新潟は、遠く離れた「別の雪国」で、「ねじれの位置」にあった。新潟で出会った多くの人たちは、それぞれの年齢で、1988年のリアルな新潟を体験している(学生たちは生まれていないが)。自分もいまこの人たちとともに、新潟に暮らしているのだが、体験は共有できない。もはやシェアすることのできない1988年を、のぞきに行きたいと思う。