タグ別アーカイブ: paper.li

Scoop

Scoop.it! : ソーシャルマガジンとキュレーションを掛け合わせた新しいまとめサービス

先週「現代ビジネス」の連載で、市川裕康さんが紹介していたサービス。キュレーション、つまりまとめサイトを作成するサービスなのだが、予め候補となるフィードを取り込めるというのが特徴。「半自動」のソーシャルマガジンともいえなくはない。
Scoop

Easily Publish Gorgeous Magazines | Scoop.it
誰もが編集者になれる時代~新しいキュレーション・サービス、「Scoop.it」(スクープイット)が一般公開へ  | ソーシャルビジネス最前線 | 現代ビジネス [講談社]

 このサービスの特徴は、自分が興味・情熱を持っているトピックを選び、無料で登録をしておくだけで、自動的にそのトピックやキーワードに関連する良質なコンテンツがシステム内で検索され、その中で重要と思えるものだけを選ぶことを可能にしている点です。さらに、コメントを添えて投稿し、その投稿を独自のオンライン・マガジンのように出版することが出来る点です。
 ツイッターやFacebookのように他の様々なフロー情報のひとつとして共有し、すぐに埋没させてしまうのではなく、利用者が選び抜いたトピックに関し、一覧性のあるビジュアルな画面にストック情報としてまとめられる点が斬新です。

続きを読む

paper.li – TwitterやFacebookを新聞として読む

Paper.liで言語やタグの細かい絞り込みが可能に

先日日本語化について書いた、TwitterやFacebookから日刊紙風のページを生成するPapar.li。
実はよく見ると、ピックアップされる記事の種類について、細かい指定ができるようになっていた。
paper.li – TwitterやFacebookを新聞として読む

上の画面でFacebookを選択すると下の画面へ。
paper.li – TwitterやFacebookを新聞として読む

Facebookの中で特定のキーワードが入ったものだけを抽出して、Paper.liに載せるように設定できる。
さらに強力なのは、カスタム新聞を選択した場合。
paper.li – TwitterやFacebookを新聞として読む

こちらはTwitter上で、リスト、キーワード、言語の選択での絞り込みが可能だ。特定の専門分野の人をリストに登録しておいて、その人たちが特定のキーワードのついた発言をしている場合だけを取り出すことができる。たとえば、自分が信頼するジャーナリストのリストを作っておいて、その人たちが語る「Egypt」の記事だけを取り出してきてPaper.liにまとめるというようなことが可能にある。
この機能を使いこなせば、自分なりの専門新聞を、ウェブ上に作ることができるようになる。

paper.li – TwitterやFacebookを新聞として読む

TwitterやFacebookから「新聞」を発行するPaper.liが日本語化

このブログでも7月に紹介したPaper.liが、いつの間にか日本語化された。TwitterやFacebookの友人たち、Twitterのリスト、ハッシュタグなどから、情報を取り出し、新聞のような体裁にして、毎日ウェブ新聞を「発行」するサービスだ。
paper.li – TwitterやFacebookを新聞として読む

paper.li – TwitterやFacebookを新聞として読む
Twitterを日刊紙風に表示するPaper.li: ICHINOHE Blog

続きを読む

Feedly Mini. Re-designed. | Building Feedly

Feedlyがバージョンアップ:フィードの追加、ソーシャルメディアへの追加を簡単に

Google Readerに登録されたRSSフィードを、見やすく編集してくれるFeedlyがバージョンアップ、Feedly Miniと呼ばれる拡張機能に変更があった。
Feedly Mini. Re-designed. | Building Feedly

Feedly Mini. Re-designed. | Building Feedly
ブラウズ中の画面右下に白黒のフィードマークが現れ、クリックするとmini toolbarが現れる。ツールバーには、Twitter、Facebook、Evernoteなどに投稿するボタンが配置されている。また、未登録のフィードが含まれている場合には、これを登録フィードとして追加するためのボタンも配置される。
Feedlyは、FirefoxとGoogle Chromeの拡張機能として利用できる。
RSSリーダーの存在感が低下した今、Feedlyも目立たない存在となっているが、RSSリーダーのわかりにくさを解消しようとするこのサービスは、Paper.liやFlipboardなどのSocial Magazineが注目される中で、復権するチャンスがあるかもしれないと思っている。問題は、RSSフィードを登録する仕組みのめんどうくささ(というか、理解しにくさ)であろう。これを意識せずに、Twitterのフォロー並みの気軽さが実現できるか、この点が一番大きなハードルになりそうだ。

Twitterを日刊紙風に表示するPaper.li

こちらはTwitterの内容を、日刊紙風のレイアウトで1日1回更新するサービス。スイス初のサービスのようだ。1つのアカウントで5つまでの「新聞」を発行できる。

自分のTL、特定のハッシュタグ、リスト(自分のものでなくてもよい)のいずれかを基準にして作成することができる。試しに僕が作ってみたのは以下の三つ。

自分のTLは情報が多すぎて、効率よく情報がピックアップされていない感じ。逆にNSMCのタグは、ふだん静かすぎてビジュアライズするまでもない。敬和のリストぐらいの規模がちょうどいいのかもしれない。もうちょっと写真、動画、ニュース、ブログなど、役立つ情報が飛び交ってくるようになると面白くなりそう。

1日1回の更新で、更新されると朝刊の配達のごとく、メールでお知らせしてくれる。

このサービスの利用は無料。1アカウントあたり作成できるのは5つまでだけど、複数アカウントを持てば、理屈上は無限に作ることができるようだ。