タグ別アーカイブ: NY

BBC NEWS | UK | Call for legal copying of own CDs

こうやってブログを書き始めると、自分の勉強不足を自覚する。
それはそれでいいことなのだろう。

リンク: BBC NEWS | UK | Call for legal copying of own CDs.

自己所有のCDやDVDを複製することを、法的に承認すること。著作権の保護期間を延長しないこと。がこのレポートの趣旨。

前者について、英国では、私的使用のための複製(そういう書き方ではないと思うが)が認められていないということだろうか?この記事によると、日々英国民の多くが著作権侵害を繰り返している、そうなのだが。こちらをみたほうが良さそうだ。

http://www.ippr.org.uk/pressreleases/?id=2404

Current intellectual property law provides the owner of copyright in a
work with the exclusive right to copy it ‘in any material form’. While
exceptions to copyright do exist, for example copying for the purposes
of research, reporting or parody, these apply only in special
circumstances and only where a ‘reasonable proportion’ of the work is
copied. What constitutes a reasonable proportion is not defined;
however, it is not taken to cover copying a work in its entirety. The
UK’s exceptions to copyright – so called ‘fair dealing’ provisions – do
not include a private right to copy.

(中略)

The EU Copyright Directive gives scope to introduce a private right to
copy: Article (38) Member States should be allowed to provide for an
exception or limitation to the reproduction right for certain types of
reproduction of audio, visual and audiovisual material for private use,
accompanied by fair compensation.

というわけで、英国著作権法では、著作物を丸ごとコピーするのは、私的使用のための複製として許容されないということになる。英国発のLast FMは、自分でCDからコピーしたか、あるいはダウンロードした音楽ファイルのプレイリストを、みんなに晒してシェアしている。自分で買ったものかどうかはバレないの?という項目がFAQにあったが、自分で買ってても、このレポートにしたがうなら、UKでは法的に許容されないということになる。

なので、「private right to copyを著作権法に含めろ」と、話としては納得だが、ほんとにそうなっていたのか。ノーマークだったのでちょっとびっくりでがっくり。UKがそうだとすると、コモンウェルスの他の国もそうなっているのだろう。

追記:日本語にフォロー記事がITmediaに出た。

リンク: ITmedia
News:「私的利用目的での複製を合法化せよ」――英シンクタンクが主張
.

シックス・アパート、SNS要素を備えたブログ「Vox」正式サービス

–  シックス・アパート、SNS要素を備えたブログ「Vox」正式サービス

ちょっといじってみたが、テンプレートが日本のものとはまた違って洗練されてるなという印象。こういうテイストが好きな人にはウケルんじゃないかという気がする。

記事では、連携機能が強化されていて、FlickrやYoutubeなどからの引用をサポートとあり、その一方で閲覧範囲を細かく設定できるSNS的な要素も含んでいるようだ。

http://shinyai.cocolog-nifty.com/shinyai/2006/10/itmedia_news_tr_ad86.html

引用の要件を満たせるかどうか?というのは、上のエントリの元記事に出てくる。

Flickrから投稿


20050818 128
Originally uploaded by shinyai.

Flickrに過去の写真をアップする作業は、2000年以降のものはだいたい終わった。で、Flickrからココログにアップするテストがこれ。英語の標準ブログじゃないので、標準メニューではいけないのだが、実は設定次第でいけることがわかった。情報ソース

なお、flickrから投稿するために設定すべきことは以下の通り。

  1. Blog Type/Serviceは「BloggerAPI」を選択
  2. Endpointはココログの場合「http://app.cocolog-nifty.com/t/api」を指定。
    これは、ココログ以外の場合はURLが異なる。
  3. ココログのユーザ名とパスワードを入力する。

なお、ココログで複数のブログを持っている場合、どのブログに投稿するかをこの次に選ぶ。

なお、実際の投稿では、flickrで好みの写真を表示している状態で、写真上部にある「blog this」のボタンをクリックすることで、投稿画面が表示される。

但し、注意として、タイトルや入力した文字は正しく反映されないようなので、極力、タイトルと本文(日本語が混ざっていると失敗するようだ)を最小限度の入力にしておいて、ココログへの投稿直後に一度、下書きに変更し、その後、別のツールで編集する方が良いようだ。

一回日本語を使わずに投稿するというのがちょっとめんどくさいが、ま、とりあえずはなんとかなるということ。フォト蔵とかライブドアという選択肢もあるのだが、2000枚以上アップした今、引くに引けない。

上の写真は現在一番人気のネパールの写真。なんで一番なのかはよくわからない。

選択の季節

あまり大きすぎる目標を掲げることなく、そこにつきつけられた問題に対処して、その積み重ねが結果的に大きなものになったらいい。そうなったらなったでいいし、ならなかったらそれはそれとして「経験」として受け止めよう。選択したのは結局自分だ。
昔からそうだったのかどうか、自分ではもうよくわからないが、いつのまにかそんな風に考えるようになっていた。
十数年前、大学院に入ることにした時には、もうちょっと大きな理想を掲げていたのだと思う。だからおそらく、大学院生活の先にある厳しい現実を見てから、考えを変えたのかもしれない。以来節目節目の選択ですら、基本的な考え方は超現実的なものになっていった。実は細かいところでは、非現実的なところがまだ生きているので、一貫してはいないのだけど。
先日、NYから突然かかってきた電話には、少し考えさせられた。僕から見ると順風満帆な彼の人生にも、同じような、あるいは、コインの表裏のような、悩みが潜んでいた。うまく整理はできないけれど、たくさんの「トレードオフ状態」にぶつかり、それぞれのバランスに悩みながら、その実その調整をするような余裕は与えられていない、というのが、学部を出てからこれまでの自分たちだったということかもしれない。
きっとそういう場面での自分の「選択」というのは、これまでも他人にいろいろな迷惑をかけてきたのだろう。つきつけられた現実に、切羽詰まって対処して、切羽詰まっていたことを免罪符にして、その「選択」を正当化して。ここから同じことを繰り返していった先に見えるのは、この開き直りが、大きな揺れ幅となって、今まで以上にまわりに大きな影響を及ぼす状態だ。もうそういう立場なのだということに、早く気がつくべきだという声も聞こえている。ただもう一方では、自分では大きく揺れているように見えて、実はそれがある種の自惚れた自己満足に過ぎず、実際には周りの誰も揺れには気がついていない、という状態もうすぼんやりと見えている。どちらも半分ずつ正しいような気がする。
揺れても揺れはいずれ収まる。倒れた家具は、もう一度、元の位置に戻せばいい。倒れて困るものは転倒防止をしておくべきだった。揺らした僕にとっては、揺れないわけにはいかない状態があった。割り切って前に進むしかないような気がする。振り向いても実は何も変わっていないのに、振り向くのが怖くて、振り向かないかもしれない。
今年の学園祭も、一戸ゼミの模擬店では、そこそこの利益があがった。学生たちは、がんばった人、がんばらなかった人、がんばり方がわからなかった人、今年もいろいろだった。たかが学園祭、なんだけど、学生たちの普段見ることができない一面や、普段見逃している一面も見ることができた。他店の動きをつかみ、分析し、自分たちをいかに差別化できるか。僕はそういうビジネスライクな人間じゃないと思うのだけど、もっとシビアに自己分析をして、自分自身を他の人と差別化できるようになってほしいと願うからこそ、そして目の前にいる学生たちがそうじゃないからこそ、あえてわざと、その点を強調しているように思う。
そう。学生たちに対して思っていることは、きっとそのまま、今の自分にも当てはまるわけだ。

Nepal: Summer School, Inaugural Ceremony

20050817_020
ずっと遊んでいたみたいに見えるので、まじめなのも一つ。
今回の訪問目的は、写真の通りのSummer School in Kathmanduにスタッフとして参加することであった。これは東海地区の小中高の先生の情報教育に関する研究会が、ネパールのComputer Associationと協力して、現地の高校生に日本語とITを教えようという企画である。WAKHOKからは、3名の学生がスタッフとして派遣され、僕が引率役でついていったというわけ。写真は開会式の写真で、ホテルアンナプルナで盛大に開催された。学生の英語力は正直言って不安だったが、学生たちは非常によく働き、ネパールの高校生からも信頼された。
僕もこの中で一日分の授業を担当したけれど、主要な任務は現地Collegeとの交渉。完全な校務である。こちらもいろいろ成果があったのだけど、まあそれはおいおい。

探究心の源泉

学生時代に勉強していたとはいえないけれど、好奇心や批判的精神は、稚拙ながらも持っていたように思う。
いつも「何か面白いことはないか?」という、かかとが上がった状態で、いつも過ごしていた。もちろん、「そんなの下らん」という理由をつけて、消極的になっていたことはあったと思うし、興味本位で無鉄砲に行動して失敗したこともあっただろうけど。
その「面白いこと」というのが、ITの分野で、しかもテクノロジーそれ自体の習得とは離れて、法律やビジネスの世界に転がっている。それを伝えるのが、この5年間の僕に課された仕事であった。
ときどき、この作業に関する「中間自己評価」を一人行うのだが、だいたい絶望的な気分になる。学生に探究心が生まれないのは、きっと以下のようないかんともしがたい事情によるのだろう。
1)日本語ができない
最近大学生の日本語力低下についての記事が出ていたが、全国平均と比較して稚内の学生がそれほどひどいとは思わない。しかし絶対的にひどいのはひどい。文章が書けないというのは、自分も人のことはいえないし、仕方がないかなあとは思うが、口語でも、正確に自分の言いたいことを伝える能力がない。なんとも気の毒だ。
そして日本語を操る能力が欠如している結果、テキストの読解力が低下し、友達と議論するときの言葉も正確さを欠き、結果として面白いはずのものを面白いと感じることができなくなってしまっている。
「インプット-アウトプット」の基本動作ができないのは、誰のせいなのか。誰のせいでもいいか。大学に来て、いまさらながら漢字の書き取りもいやだろうけど、そうでもしないと、面白いものが発見できない悲しい4年間が待っているのだから仕方がない。
2)外国語ができない
日本語ができないのに英語ができるはずもないのだけど、英語を使う意欲すら欠いている学生は多い。
中学英語すらあやふやになってしまっているせいなのか、それとも中高で打ちのめされたトラウマなのか。
自動翻訳がこれだけ普及し、和英対照文で読むことができる現代においても、日本語と英語のそれぞれの対応関係すら理解できなければ、ほとんどお手上げということになるのだろう。
そしてこうも窓を閉ざしてしまうことは、すでにして「情報弱者」なのだということに、多くの学生は気がついていない。
学生はネットワーク環境に慣れしたしんでおり、新しいことをやろうとするけれど、新しいことに取り組むということは、少なからず外国語に接する必要があるということだ。P2Pであれ、パブリシティ権であれ、結局は日本語の文献を読むだけでは解決不可能な部分が出てくる。外国で読む意欲を失ってしまっているということがどれだけの損失なのか、散々言っているつもりだけど、どうもやっぱり伝わらない。
3)情報摂取能力
上の二つとも少なからず関係するが、言語の運用能力が足りなければ、文字から得られる情報は少なくなる。
都会にはたくさんの情報がシャワーのようにあふれていて、秋葉原といわず、東京のあちこちを歩き回っているだけで、非言語の情報、短いフレーズでのコピーなど、たいした言語能力がなくとも受動的に情報が入ってくる。それはそれで、商業主義にだまされる危険も増すわけだが、とにかく能動的な行動を必要としない情報摂取活動が保障されている。
田舎ではそうはいかない。それなりの能動的な情報摂取を続ける意思と能力がなければ、たちまち感覚が鈍ってしまう。2)はおろか、1)すらもない学生たちは、情報摂取への意思を持つための能力すら欠いているものもいるのだ。
僕が学生指導のために与えられた時間はごくわずかであり、そこには「単位」という強制装置が働いているがゆえの意識の減退がある。とりあえず出席だけはしておこうという状態。日本語と英語の能力を高めること、新しい問題についてもの情報提供、ブレーンストーミング、これらに検定試験で意欲を持たせる取り組み、卒業研究を仕上げさせる取り組みを加えると、もはや時間外労働にも限界が見える。
大学の機能が破綻しそうなのは、こうやってどんどん敷居を下げていくことにあるのだろうと思うのだが。
「大学では、教師は学生を大人として扱う」ということを、前早稲田総長の奥島先生が言っていたのをよく覚えている。そういうスタンスで7年前にスタートした僕の大学教員生活は、すでに破綻しかかっているわけだ。敷居を下げつづけて、僕に与えられたミッションは、日々不明瞭なものになり続けている。
期待していた今年の4年生が、卒論で惨憺たる状況にあるのを見て、また「中間自己評価」をやってしまった。
「いつまでそこでレベルの低さと格闘してるつもり?」
とは書いていなかったが、NYからのメールには、明らかにそういうニュアンスが含まれていた。
彼が今学んでいること、アメリカで感じていることには、僕がこの場所にいては感じ取れないものが多数含まれており、しかも僕に必要な刺激が多数含まれている。そして、そこに回帰していくために使うべきエネルギーを確保することは、学生のために敷居を下げ、格闘する努力を縮減させることと、決して無関係ではない。しかも最終的には、自分自身の「意思と能力」の問題と、直面せざるを得ない。

「郷土愛」の弊害

かつて僕が高校生だった頃、青森の地元紙では、県内のどこの高校の誰がどの大学に合格したか、合格発表を受けてその情報が新聞に載った。早稲田大学に合格して自信満々だった僕は、ぜひ新聞に載せてほしかったが、早稲田は個人情報を新聞に流すようなことはなかった。今思えば当たり前のことだが、当時の個人情報に関する意識は、その程度だったのだろう。
その情報欄と同じものだったかどうか定かではないが、地元弘前大学や青森大学については、県内の高校だけでなく、全国のどこの高校から地元の大学に合格したかも掲載されていた。沖縄からも青森の大学に進学している人がいて、「こんな寒いところに沖縄からやってきて、生きていけるのかなあ。よく決心したなあ。」と思った。北大出身の母親は、「案外暑いのところの人の中には、雪が降る街がロマンティックだとあこがれる人もいるんだよ。」と言った。なるほどそうかもなあと思った。
月日は流れ、そんなのんきなことを言っていた僕は、青森よりさらに北の稚内にきて、「こんな寒いところにある大学」で仕事をしている。大学経営をめぐる環境の厳しさは、僕が子供の頃と比べるまでもない。厳しい環境にあって、「こんな寒いところにある大学」をどのようにプロモーションしていくのか。
1.こんな寒いところにあるけどすごい大学
2.寒いけど素敵な自然に囲まれた北海道の大学
3.寒いけど素敵な自然に囲まれた北海道にあって、なおかつすごい大学
むろん3が一番いいのだが、実は「素敵な自然に囲まれた」というのは、北海道の外には訴求できても、道内の人の心にはほとんど響かない。なにせ、札幌の人ですら、基本的にはみんな「自然に囲まれ」て暮らしているのである。そうするといきおい、力点は1の「すごい」の部分に置かれることになる。
市内某所では、現在大学に対する今後の支援内容について、議論が行われている。僕は議論の対象になっている組織の人間であるが、そこに参加している人間ではないし、それに影響を及ぼすつもりもない。ただ、個人的に思うことをささやかに書いているだけである。といっても、多少奥歯にものがはさまったような言い方になるかもしれない。
稚内という街が魅力的であることは、稚内北星学園大学の学生にとって望ましい状態であることはいうまでもない。理想はYale大学のあるNewheavenにあった。アメリカ北部にあるこの街も、NYから一時間程度であったが、小さな街であった。冬には結構雪も降るようだ。大学のキャンパスは街の中にあって、その周辺には学生向けの書店、コーヒーショップなどともに、大学付属の美術館、劇場などがあった。市民向けの商店街は別にあったのかもしれないが、少なくとも学生たちはほとんどそこで完結して生活しているようだった。よく考えてみると、なんでもそろう街という感じではなかったが、文化が生み出される雰囲気は漂っていた。ちょっと違うが、早稲田大学周辺の町並みにも、もう少し世俗的ながらそういう雰囲気は感じられる。
むろん理想は理想である。単科大学の稚内北星の規模で、学生だけを相手にした商売がそうそう簡単に成り立つとは思わない。しかし大学のある富岡地区をいかに発展させ、大学を中心とした街づくりをするのか、何か皆さん考えていただいたことはあるのでしょうか?富岡地区は勝手に住宅地として拡張を続けているが、そこにはトータルな街づくりプランが反映されているのでしょうか?
「一見さんお断り」の京都の町でも、外から来た大学生は大事にされる、とよくいう。本当のところはどうなのかわからないけれども、観光の街京都では、学生を長期滞在の「お客様」として、大事に扱うという所作動作ができているということではないのだろうか。観光リピーターキャンペーンをやっている稚内も、長期滞在の潜在的「観光大使」である学生たちに対して、同様のホスピタリティを発揮してなんら問題ないはずである。たとえ大学周辺を「大学城下町」として育てるのが無理であっても、じゃあ中心街に学生が集えるような交通手段は、十分に確保されているのでしょうか?みんな車ですよ。「イチオシWAK」という大学ウェブページ上の企画で、学生たちが市内の飲食店を取材しているのだが、どうも中央地区の飲食店に学生たちがあんまり出入りしていないようだ。交通手段がなかったらそうなるだろう。そんな大げさなことをやらなくたっていい。この小さな街で、毎年入ってくる大学生がいることの経済効果を考えてみたらどうだろうか。結構学生たちは、コンビニでものすごいポイントをためてますよ。コンビニ一人勝ちは、街の人も買っている当の学生も、あんまりうれしくないはず。
大学を街づくりにどのように位置づけるのかという問題が、今の議論には欠けている。といっても、市民講座のようなもので短期的な成果だけを求めると、企画した人だけが「やったような気」になるだけで、あんまり意味がないだろう。一番大きいのは街の人の意識と大学の意識のずれである。大学の企画する「高尚」な企画を今のところ市民は歓迎していないし、逆にあまりに世俗的な市民のニーズに大学がこたえる用意もない。「文化のにおい」が出てくるような街づくりがなければ、結局何も成果をもたらさない。といってもそんなに高尚なことじゃなくてもいい。学生が街に出て活動しやすくすること。端的にはこれだけだ。一部の興味ある学生や教員が、市民と交流するのではない。でもどこかの大学のように、地域対策で教員をみんなお祭りに強制参加させるのも意味がない。自然に人の交流が生まれるためには、小さな勉強会がいつもどこかで開かれていて、その情報がいろんなネットワークを通じて参加していない人にも流れていて、そこに対するアクセスが容易であること。まずその辺を側面支援することから始めたらいいのではないか。この面でも市民の大学へのアクセス手段が限られていることについて、もう少し考えがあったほうがいい。
今話題に出ている「カンフル剤」(地元の人は地元紙参照)はほとんど意味がないだろう。実態がどうあれ、「さいほくの街」というのは、外から見れば「住みたい街」の上位にくることは決してないところだ。谷村志穂にいわせれば「色のない街」である。この街が、上に見たような「大学を活かしたまちづくり」を展開するか、大都会に突然変異をしない限り、ほとんど意味がない。地元の人たちの「郷土愛」は、自分たちの街の客観的な立場を見る視点を曇らせている。たしかに稚内は外の人がイメージするほど大変なところではない。しかし外からどう見られているのか、よく考えてみれば、観光にせよ大学対策にせよ、「やったような気になる」だけの施策では、根本的な解決にはならないし、短期的にも大して効果を生まないだろう。「対策」の対象たる大学の側としては、そうした外枠での施策に抜本的な改善の兆しが見られないのであれば、自らの経営改善を第一に考えて、「街の魅力」よりも「大学の魅力」に頼らざるをえない。
たぶん解決策はある。ひとつの考え方は、ネットワーク。情報ネットワーク利用の質的向上と動機付けか。今の稚内市民には、街での生活にメリットある情報が、ネットワーク上に転がっていない。まずそうした情報の提供を促すために、民間セクター(具体的には市民のよくいく店)の情報をネットワークを通じて流し、なおかつネットワーク経由の情報にはありがたみがあるようにする。それと交通ネットワークの整備、それからこのネットワークは、観光客にとっても有益なものにすること。大学ではソーシャルネットワーキングが動き始めた。この動きは、市民のネットワーク作り、シームレスにつながる市民と大学のネットワーク作りに、確実に一役買うはずである。