タグ別アーカイブ: niigata

新潟観光を欧米テイストでまとめた映像「What to do in Yahiko Village | Niigata, Japan」

数年前まで、新潟のコンテンツをYoutubeで探しても、女子高生のスカートの短さを伝えるものやアルビレックス新潟のゴールシーンぐらいしかなかった。今はだいぶコンテンツが増えてきたが、海外からの観光客が増える中で、ようやく新潟の動画も英語で出てきたよう。

「What to do in Yahiko Village | Niigata, Japan」は、コンセプトが特別な番組ではなく、東京から上越新幹線に乗ってきて、弥彦、燕三条、寺泊をめぐる旅映像。日本人がつくるのとは違う欧米テイストの仕上がりで、カメラワークもすばらしい。

Learn about and explore what to see and do in the hidden gem of Yahiko Village in Niigata Prefecture, Japan. Completely worthwhile btw!
LET ME KNOW: If you went to Yahiko, what are you most interested to see/do??

Finally!!!! someone pays me to make a travel video! Thank you Yahiko Village for inviting me to your wonderful town and sponsoring this video!

Hebrew subs by: Ira chan!!! – https://www.youtube.com/watch?v=6BwOj8F0PSs

More info on Yahiko:
-https://www.odigo.travel/neighborhoods/577b2c4769702d0edf1f0000
-http://www.japan-guide.com/community/mfedley/report-1649
-http://www.e-yahiko.com/english-welcome

Subscribe to everyone on the trip:
Mao: https://www.youtube.com/channel/UCflli65jykYa6D0AU8JSuGA
R&J: https://www.youtube.com/user/MyHusbandisJapanese
Mimei: https://www.youtube.com/user/mimei
Joey: https://www.youtube.com/user/TheAn1meMan
Kasia: https://www.youtube.com/user/TheUwagaPies
Chris: https://www.youtube.com/user/okanochris
Me: https://www.youtube.com/happyinjapan

Keep up with Andrew:
►http://www.twitter.com/andrewdmarston
►http://www.instagram.com/andrewdmarston
►Snapchat: andrewdmarston

Follow/Sub Happy in Japan:
►http://www.youtube.com/HappyInJapan
►http://www.facebook.com/HappyInJPN

Camera gear: Nikon D750, GoPro Sessions, Sony A7SII, Canon G7X, Sony rx100m3, Nikon F2, nintendo64!!!!!
Software: Adobe Premiere Pro, After Effects, Photoshop, Illustrator

フェリー三姉妹

佐渡汽船がフェリーを擬人化した「フェリー三姉妹」を発表

佐渡汽船が昨日4月28日、フェリーを擬人化した「フェリー三姉妹」を発表している。名前はフェリーの名前なので、「おけさ」「ときわ」「あかね」となる。

佐渡汽船旅行ツアー情報ブログ | フェリー三姉妹の残りがデビュー!
佐渡汽船旅行ツアー情報ブログ | あかねさんデビュー☆彡

どうやら「あかね」は昨年、2015年7月に発表されていたようだ。

佐渡汽船株式会社 – 「あかねさん」に続け! 佐渡汽船カーフェリー三姉妹がデビュー!!…

今後、クリアファイルやマグネットなどのグッズ販売も予定されている。すでにFacebookページには、「ただつくっただけで全然活用できていない」という厳しいコメントもついていて、なかなか前途多難だ。キャラクターを使ったプロモーションは、「頭の硬い」人たちの抵抗感を乗り越えながらの仕事なので、交通系の保守的な社風ではとくに苦労も多いだろう。よい成果が出るまで、粘り強くチャレンジしてほしい。

新潟ソーシャル時評:センター試験と電話取材

(2014年01月19日新潟日報モア「「新潟ソーシャル時評」」から転載。)

今週末は、大学入試センター試験が行われました。受験生の皆さん、試験会場校の皆さん、大変お疲れさまでした。

私の勤務する敬和学園大学も会場となり、新潟リハビリテーション大学とともに、共同で試験を実施しました。新聞に写真が載るのは、主要会場となる国公立大学であることが多いのですが、センター試験は県内私立大学の多くも会場となっています。敬和学園大学と新潟リハビリテーション大学は、どちらも小さな規模の学校ですので、例年教職員ほぼ総出で実施しています。

センター試験に最後のゆとり世代|社会|新潟県内のニュース|新潟日報モア

新潟大でリスニングトラブル|社会|新潟県内のニュース|新潟日報モア

今年も県内会場で、リスニングのトラブルがあったようです。敬和学園大学では、今までリスニングでトラブルが起きたことはないのですが、毎年ハラハラしながら実施しています。私達監督する側も、受験生と同じようにとはいいませんが、それと同じぐらいの緊張感を持って、試験にのぞんでいます。

試験本部には、新潟日報を含めて、県内メディアから頻繁に電話がかかってきて、「トラブルは起きていないか?」と質問されます。大事な試験を実施する機関として、真摯に回答することにしていますが、「順調ですか?」「順調です」という、お決まりの会話を繰り返すさまは、なんとも滑稽です。トラブルは大学入試センターに報告されるわけで、そこに情報は集約されるのですが、記者の皆さんは互いに競い合って、個別に「ネタ」を探すわけです。結果、「メディアの数×実施機関の数×回数」の電話が、新潟県内の試験会場で鳴り続けることになります。正直に言えば、問題ない場合には、企業のカスタマーサポートのように、「センター試験の実施状況についてのお問い合せは、0番」として、録音した音声で対応したくなるぐらいです。

何らかのトラブル・不祥事があって「対応に追われる」立場になれば、大抵このような状態になる(電話だけでなく、押しかけてくる)のでしょうし、センター試験は受験生の運命を決める重要な試験でありますから、この現象は特に驚くべきことではないのかもしれません。しかしながら、普段メディアに注目されているわけではなく、静かな環境に置かれている大学関係者からすると、非常に不思議な光景です。

記者の皆さんが、他社と競いあうことにより、報道の質が向上するということは、もちろんあるでしょう。記者が「足でかせぐ」ことで、よいネタを拾うことができることもあると思います。情報提供を大学入試センターだけに統一したら、それこそ「大本営発表」だということになるのかもしれません。とはいえ、全国のメディア関係者のエネルギーが、地元試験会場に電話をかけるという単純作業に費やされている現状は、あまり生産的ではないなあと感じてしまいます。

新潟市に住みたくなる動画「Timelapse – Coming of night in Niigata City」

ゼミの学生たちと、これから作る映像作品の方向性について、いろんな作品を見ながら検討していたら出てきたもの。

朱鷺メッセから撮影したものを中心に、一眼レフカメラで撮影されたTime Lapse映像が見つかった。

あまり再生数は伸びていないのだが、新潟市の万代橋や柳都大橋など、信濃川周辺の「昼」と「夜」を、微速度撮影したものと通常の動画撮影したものを組み合わせて、うまくまとめている。東京などの映像は、もっときらびやかで、曲もアップテンポなものが多いけれど、新潟の映像に合わせる曲は、これぐらいゆっくりでいいのかもしれない。

東京その他大都市のTime Lapse映像に負けないぐらい、新潟市に住みたくなるような、あるいは、新潟市民が誇りに思うような映像に、仕上がっていると思う。

新潟市新津美術館「仮面ライダーアート展」で撮影された「改造手術」写真を募集します

5月18日(土)から新津美術館で開催されている、「仮面ライダーアート展」に行って「改造手術」写真を撮ってきたところ、Facebookでの反応がよかったので、皆さんの写真も募集します。誰でも無理なく(?)、改造されている写真を撮れますので、ぜひ皆さん参加してください。

仮面ライダーアート展 新潟市新津美術館

改造人間にされているところ(二日酔いではない) #niigata

開催は、7月28日(日)まで。歴代のライダーが展示されていて、その他多くのものが展示可能となっています。改造手術の撮影コーナーは、歴代主題歌の映像を流しているコーナーの近くにあり、多くの人が座って主題歌映像を見ているため、ちょっと恥ずかしいです。恥ずかしさを乗り越えて(?)、苦悶の表情で改造される写真を撮ってください。。

撮影した写真は、Instagramで、「#riderope」というハッシュタグ付きで投稿してもらえると、自動的にこちらに表示されるはずです。

#riderope | listagram

Instagramでの投稿が難しい場合には、別の方法で投稿していただいて、 @shinyaiまでTwitterかFacebookでお知らせください。許可いただければ、Instagramには、こちらから投稿させていただきます。

学生たちとボーダー組

昨日開催されたNSMCのイベント、メディアシップオープン記念「『今朝のメディアシップ』トーク」にて。
『今朝のメディアシップ』を撮影しつづけた、新潟太郎さんへの聞き手を引き受けてくれた、まいか・まるりのKeiwa Lunch MCコンビとともに、「ボーダー組」として写真を撮ってもらった。

当日のアーカイブ



Video streaming by Ustream

Niigata Social Media Club #10 with @asaeda 20120519

Beatroboの @asaeda さんを迎えて新潟ソーシャルメディアクラブ #10を開催

先週末5/19に、新潟ソーシャルメディアクラブ #10を開催した。ゲストは音楽ソーシャルサービスBeatroboを運営する浅枝大志さん。

Beatrobo

Niigata Social Media Club #10 with @asaeda 20120519

公式のブログで一応まとめ記事を書いた。

Beatroboが描く音楽の現在と未来:新潟ソーシャルメディアクラブ #10 開催 | Niigata Social Media Club / 新潟ソーシャルメディアクラブ

これよりも詳しいレポートが、からさわさんから出ている。

からさわブログ: 新潟ソーシャルメディアクラブ10回に初参加レポート #nsmc

Beatroboは、昨年12月のスタート時、その後の大型資金調達と、Webニュースでも大きな話題となったサービスだ。しかしサービスは英語で、モバイルにもまだ対応していないので、NSMCの常連であるアーリーアダプタ層の皆さんにも、イベントの告知の段階では正直あまり知られていなかった。ともあれさすがNSMC、イベント前には半数近くの人が、先にサービスを試してから参加してくれた。

今はまだデスクトップサービスのみだが、これからモバイルに対応して大きく変化する構想であることが、プレゼンの結果分かり、参加者の関心はさらに高まった。浅枝さんは言葉を選びながら取り出して説明していたが、Beatplugという、Beatroboに出てくるロボットの形をした小さなデバイスが、現在開発されている。これをiPhoneに挿すと、ロボットの形をした楽曲リストが、iPhoneの中に取り込まれる仕組みだ。

Niigata Social Media Club #10 with @asaeda 20120519

これはつまり、カセットテープに自分のお好みの順番に曲を入れて、友達に(あるいは、気になる人に)渡していた時代の再来ということになる。「帰りの電車の中で、このロボ聞いてみてよ」ということになる。

過去を振り返るだけではない。音楽ダウンロードの時代が到来し、バラバラになってしまった音楽アルバムが、あるいはパッケージとしての曲リストが、再び商業音楽の世界で復活するきっかけになるかもしれないとも思う。構想としては、コンサートなどリアルイベントの際に販売する物品としても、Beatplugが使えるのではと考えているそうだ。

Facebookと連動した音楽サービス、としてだけではなく、新しい音楽の聞き方、可能性を開くサービスだという予感を、参加者の皆さんと共有できたといってよいだろう。

主催側の感想。
1.告知が遅れ、天気の良い5月の週末ということもあり、特にいつも来てくださるメンバーで、都合のつかないという声が多かった。実際、市内では「潟コン」という大きなイベントがあったし、佐渡ではロングライドが行われていて、一部参加者層が重なっていた。

2.逆に新しい参加者の方は増えた。特に女性参加者が増えたことで、NSMC=男性中心というイメージを、ようやく脱することができた。男女比で見て男性が多いのは、NSMCの企画内容からいって、普通のことだとおもうが、女性にもアピールできる企画を今後も立てていきたいと思う。結局今回参加できなかったうかブログのうかさんなど、実力あるブロガーの皆さんから、今回の企画を紹介してもらったのも大きかった。

[う]新潟ソーシャルメディアクラブの大きな魅力のひとつ・「ユルさ」について #nsmc | うかブログ

NSMCのオフ会イベントとは実際どうなのか #nsmc

3.残念ながら学生の参加者はいなくなった。最初から飲食込みでやることで、カジュアルな雰囲気を演出しようとしてきたのは、若い層にも参加しやすいようにという配慮のつもりでもあったのだが、結局参加費がハードルになるのだろう。大学教員の立場からは、進路に悩む3,4年生は当然参加すべきイベントだと思っているが、まあこちらが思ったようには行かないもの。むしろ就職した後の20代前半の層が、もう少し参加しやすい形を模索するべきなのかもしれない。

4.浅枝さんの話は、新潟人には縁遠いかなと心配したが、むしろ盛り上がった。Beatroboが目指す、受け身の音楽ファン向けのサービスというのは、NSMCに参加する層が日頃感じている、「受け身層」とのギャップと、体感的にマッチするものだったのかもしれない。浅枝さんの話、特に開発中のBeatplugが出てきたあたりからの話は、まだほとんど報道されていない。Techcrunchの記事が、少しだけ構想の中身を紹介しているだけだ。その意味でも参加者の皆さんには、満足していただけたのではないかと思う。

東京発ソーシャルミュージックサービスのBeatroboが61万2500ドルを調達

このBeatroboをリアルなガジェットとして配ろうというものだ(写真右はそのモックで未完成品)。まだ未完成ではあるようだが、構想としては、ガジェットをiPhoneなどのデバイスに差すと、そのBeatroboが持つプレイリストをデバイス上で再生するといったものだ。たとえばリアルな場所で知り合った友人とBeatroboガジェットを交換して、互いの音楽の趣味を確かめ合ったり(音楽版Pokenのようなものか)、あるいはコンサート会場などでアーティストが自分のBeatroboガジェットを販売して、そのアーティストのプレイリストが聴けるようにするだとか、そういったアイデアがあるのだそうだ。

5.全体の参加者数は減ったが、新しい参加者の方を迎えつつ、会場の雰囲気はいつもより一体感が感じられた。初めての参加者の皆さんにとっては、馴染みやすくよい雰囲気だったのではないかと思う。初めての方も含めて、多くの方が飛び入りでの1分間スピーチをしてくれた。この雰囲気を維持し、さらに居心地の良いイベントとなるよう、今後も努力していきたい。

Niigata Social Media Club #10 with @asaeda 20120519

浅枝さんは、来ていたBeatroboパーカーを、その場で参加者プレゼントに供出してくれた。その代わり、二次会参加者からは、みかづきイタリアンTシャツがプレゼントされた。

NSMC#10

恒例になりつつある、ビアゴーグルをかけて記念撮影。

この日は潟コン開催の影響もあったようで、二次会以降のお店の予約には苦戦したが、結局日付が変わるまで、多くの人々が集い、浅枝さんを囲んで、楽しいひと時を過ごした。

参加者の皆さんのブログ記事。

「先端」を作る人に出会った :: 新潟シモフルのおんぼろビルに暮らす

Beatroboのナカノヒトの話を聞いてみた|西区の人のブログ

NCMCに参加しました♪|デザイナーズ☆ワークショップ【 新潟グラム 】 × デザインのお勉強

【音声】新潟ソーシャルメディアクラブ Beatrobo の浅枝さん #nsmc 2012-05-19: kottenai fz

【音声】浅枝大志さんの抱負 新潟ソーシャルメディアクラブ 2012-05-19 #nsmc: kottenai fz

【音声】資金調達とか 浅枝さん 新潟ソーシャルメディアクラブ 2012-05-19 #nsmc #podcast: kottenai fz

NCMCに参加しました♪|デザイナーズ☆ワークショップ【 新潟グラム 】 × デザインのお勉強

Flickrの写真。

CSS nite in Niigata Vol.2

CSS Nite in Niigata Vol.2での写真がFacebookで急上昇

Facebookのアクティビティが可視化されたせいで、自分がかつて掲載したコンテンツが、急に脚光を浴びるようになった。今朝は、一昨年10月にCSS Nite in NiigataでLTをしていたときの写真に、多くの人が「いいね」をつけてくださった。Flickr上にも載っているので以下に貼っておく。

CSS nite in Niigata Vol.2

他人のアクティビティはウザがられているところもあるのだが、そこからコンテンツの掘り起こしをしてくれるという効用もあるので、一概に否定するべきものでもない。アクティビティの表示非表示を、個人が自由に選択できるならいいのではないかと思った。

今回の場合は、自分では途中まで何もアクションをとらなかったのであるが、友達になっている人たちが一戸(とその写真)をハブにして、アクティビティ情報を交換したようだ。アクションを起こした友達たちは、相互に友達ではない。

「Facebook」で友達のアクティビティを一部非表示にする方法 – nanapi Web

Shishigahana, Niigata

獅子ヶ鼻の夕日

昨日久々に寺泊を訪ねたので、途中にある「獅子ヶ鼻」という場所にも行ってきた。巻から弥彦山(の脇)を越えて海側に出て、寺泊に向かう途中。横から見ると獅子の鼻に見えるということらしい。

獅子ヶ鼻(シーサイドライン:新潟市西蒲区)-B型人間的新潟の投げ釣り

神崎のナナメ読み: 冬の日本海~獅子ケ鼻大橋

看板をよく見ると、ここはまだ新潟市。釣りにもよいらしく、いつも釣り人がいるのだが、昨日の天気はイマイチで釣り人は見かけなかった。

昨日撮ったのはこの程度。曇りの日の撮影は、もう少し勉強しなくては。

Shishigahana, Niigata

以前天気の良い日には、夕暮れ時にこんな感じの写真がとれる。以下は2009年に撮影したもの。

Shishigahana, Niigata


大きな地図で見る

Tokamachi, Niigata

十日町の郊外にて、廃校を利用した宿泊施設「キャンパス白倉」を発見

十日町の由屋でそばを食べたあと、十日町観光協会のウェブで、桜の開花情報を確認。旧川西町の白倉というところに、巨木のかすみざくらがあって、これが見頃だというので行ってきた。

途中曲がるところを通り過ぎてしまい、いぜんフォトウォークで尋ねた柏崎市高柳まで行ってしまって引き返すなどしたが、無事白倉の集落にたどり着いた。たしかに大きな桜の木であった。

Tokamachi, Niigata

この集落は桜が自慢の町だというようなニュアンスの看板を、ちらっと見たような。それぞれの家にも立派な桜の木がある家が多かった。

案内図には特に目印が書いてなかったのだが、実はこの場所は小学校の敷地。ただ雪の残り方が、新学期を迎えた学校の雰囲気とは違う。よく見ると、「白倉校跡」の文字が。

Tokamachi, Niigata

見回すと、プールも廃墟になっていた。

Tokamachi, Niigata

その場で検索してみてわかったが、この学校は廃校となり、現在は「キャンパス白倉」という交流施設となったという。残念ながら中には入れなかった。

Tokamachi, Niigata

キャンパス白倉のご案内 | 十日町市公式ホームページ

寝具はないが宿泊も可能で、一泊一人2000円。20人以上の団体だと30000円。20人だと1500円、30人だと1000円になる。施設環境からすると、プロジェクタさえあればゼミ合宿に使うことができそうだが、駐車場が5台というのがやや苦しいか(スペースはもっとありそうだけど)。あと、冷暖房施設がないので、真夏はちょっと厳しいだろうか。

以下の記事を見ると、未完成ながらピザ釜もあるようなので、「ピザ合宿」にもよさそう。

道の駅員の気まぐれ便り: キャンパス白倉