タグ別アーカイブ: NDS

Tweetdeck v.0.32登場:リスト(Lists)をサポート、LinkedInも利用可能に

先ほどTwitterクライアントのTweetdeckがアップデートされた。Seesmicが先行したTwitter上のリスト(Lists)の読み込みにも対応し、再びSeesmicと機能で肩を並べる形となった。
また新たにLinkedInにも対応し、Tweetの内容をTweetdeckからLinkedInに投稿できるようになった。

リストについては、他のユーザがTwitter上に作ったリストも含めて、そのまま新しいカラムとして読み込むことができるし、過去にTweetdeckで作ったGroupを、逆にリストとして書きだすこともできるようになった。ちなみにiPhone版とのSyncを、Twitter上のリストを読み込んだカラムについても試してみたが、どうやらそれはできないようだ。

このほか、Retweetの形式も編集するかどうか選択できるようになったし、ReTweetした他のユーザの投稿を見ると、さらにネタ元となったユーザのアイコンも表示されるようになるなど、いろいろ細かい変更があるようだ。

以下は新バージョンを紹介する公式動画。まだすべての新機能を試していないが、大幅に機能が増えたのは間違いない。

続きを読む

民主党浅尾慶一郎氏がBrightkiteに登場

イラン、ウイグルと、Twitterと政治社会運動とのリンクを想起させる事件が続く中、日本国内でも政治家によるTwitter利用が少しずつ注目されてきており、国会議員、地方議員のTwitterアカウントも、まとめサイトができはじめている。

昨日は、民主党の衆議院議員浅尾慶一郎さん(@asao_keiichiro)がTwitterを使い始めたようで、さっそくフォローしてみた。浅尾さんのTweetをよく見ると、

I’m at 大船駅(神奈川)
I’m at near Yamanouchi, , Japan
I’m at 鶴岡八幡宮例大祭
I’m at 大船駅(神奈川)

といった発言を、Brightkiteからしている。どうも最初から、Brightkiteを使って発言しているようだ。

というわけで、Brightkiteを利用する(おそらく)最初の国会議員である浅尾さんを、Brightkiteでもフォローした。

リンク: asao_keiichiro’s Friends – brightkite.com.

ソーシャルメディアが歴史を作る

Clay Shirky氏の「How cellphones, Twitter, Facebook can make history」という講演。ソーシャルメディアが歴史を作るのだ。非常に面白く、ネットユーザに果たすべき役割について、示唆に富んだ内容だ。社会変革とネットをあまりつなげていない日本のネット界には、特にインパクトがあり、既存メディアに対しては刺激的かもしれない。

続きを読む

長岡開発者勉強会でPhotowalkについて話すことにした

長岡で地道に活動している長岡開発者勉強会(NDS)。
以前から気になっていたのだが、先日三条でのPokenの会で会った皆さんに、「気軽に参加して、発表もしてください」と言ってもらったので、真に受けて最初から発表を申し込んだ。

リンク: 第8回勉強会(2009/07/04) ‎(長岡 開発者 勉強会(NDS))‎.

「Photowalkによるコミュニティづくり」というタイトル。新潟でウェブ関連のコミュニティを作っていく過程で、Photowalkという試みがどういう可能性を持つのかを、実践報告として話してみる。

実は僕自身、電車で長岡まで行くとどれぐらいかかるのかもよくわかっていない。

今週土曜日、お暇な方はどうぞご参加ください。

みんなの「手」の写真を集めるプロジェクトを始めた

今日のゼミの時間に先日のロンドンの1000人のポートレートの話をしながら、自分たちでも似たようなことをできないか、検討した結果、「手」の写真を集めてみることになった。

続きを読む

授業開始:KMD Digital Journalism(慶応義塾大学のデジタルジャーナリズム講座)のシラバスを読む

今週から敬和での授業がスタートした。
本当は先週金曜からだが、僕の担当分は今日から。

今日は3,4年のゼミと情報メディア論。
ゼミには新メンバーの加入があったので、どちらの時間も、ブログ、Twitter、Friendfeedの基本的な設定をしているうちに、時間が終わった。

ソーシャルメディアを使いこなし、自らも情報発信をしながら、既存ジャーナリズムへのソーシャルメディアのインパクトや制度的な課題について考える。3,4年でそこまでいけるように努力しているのだけれども、これまでのゼミは留学生が多く言葉の課題もあり、なかなか難しい年が続いた。今年の2年生は意識の高い学生が多いように感じるので、少し雰囲気が変わるだろうか。

ちょっと前にTwitterで流れていた、慶応情報メディア研究科での「デジタルジャーナリズム」のシラバスのことを思い出し、授業開始に合わせて、ざっと読んでみた。担当はJoiさん。

リンク: Summary and Links ‎(KMD Digital Journalism 2009)‎.

続きを読む

Twitterに機能を追加する25のサービス

The 2.0 Lifeというサイトが、Twitterに機能を追加する25のサービスをリストしている。

リンク: 25 Apps that Add Form and Function to Twitter – The 2.0 Life

ここでのサービスは、Twitterに書き込みしたり、友人の発言を見たりするようなものではなく、通常のTwitterの利用に新たな機能を追加するもの。Twitterは、他の類似サービスと比較して、自身で提供している機能は少なくシンプルで、非常に簡単に始められるという特徴を維持している。一方で、関連する外部サービスは非常に豊富で、それらを使いこなせば使いこなすほど、Twitterの新しい可能性が見えてくるのだが、それに気づくまでのハードルはちょっと高い。

先日紹介したTwitter上の話題をトラッキングするサービスとは別に(一部重複しているが)、こんな機能もあるということで、上の記事にある25のサービスを、以下に簡単に紹介する。

続きを読む

Twitter Trend

Twitter上の話題をトラッキングする15の方法:Mashableの記事より

Twitter上での話題を検索したり追跡したりするのに、便利なツールがいろいろあるのだが、Mashableが15のサービスをピックアップしている。

リンク: 15 Fascinating Ways to Track Twitter Trends.

140文字でつぶやき、@で公開でメッセージを送り、フィードを配信し、誰かのつぶやきを再送信(retweet)する。Twitter上でユーザが一参加者として行うのは、だいたいこんな行動だ。「140文字でつぶやく」段階の先まで、まだTwitterを使ったことがない人に説明するのは難しいので、たいていは「誰にともなくつぶやく」という説明になる。が、それだとなかなか意義が理解されず、「つぶやいてどうするの?ひまつぶし?」という否定的な答えがしばしば出てくる。

Twitter上での話題を検索・追跡するというのは、そのまた次の段階だが、こっちから入ったほうが面白い人もいるかもしれない。ネットでの話題を追跡する方法には、Googleの検索傾向を見るGoogle Trendsやブログでの話題傾向を見るkizasi.jpなどのサービスがあるが、よりリアルタイムに近い個人のつぶやきを拾うという意味で、Twitterの解析はホットな話題を追跡するいい手段だと思う。

すでにこのブログでも紹介したものも出ているし、いまさらなものもあるが、Mashableがリストした15項目を紹介しておく(Mashableのエントリーでは、コメント欄に読者から「これもいいんじゃない?」という書き込みが続いている)。

続きを読む

ソーシャル・ウェブと対話するテレビ番組の可能性

4日水曜の夜、新潟デジタルメディア研究会に久々に参加した。
今回の講師はテレビ朝日クロスメディア編成専任局長の古川柳子さんで、「今、なぜクロスメディアなのか?~マスがコミュニケーションする時代の情報デザイン~」という演題でお話をうかがった。

古川さんは、東京大学大学院学際情報学府にも所属されており、テレビをめぐる環境の変化を適切にとらえつつ、テレビ業界の人々とのインタフェースを保ち、漸進的な改革を進めていらっしゃるのだろうと、お話を聞きながら感じた。

続きを読む

Brightkite and Flickr

Brightkiteに投稿した写真をジオタグ付きでFlickrにも投稿可能に

Brightkiteへの写真投稿を、Flickrにフォワードできるようになった。以下の記事で知った。

リンク: 位置情報ソーシャルネットワーキングサービス「Brightkite」の可能性 – Tagchan’s blog.

# TwitterとFlickrへのポストが可能

単独サービスではなく,Twitterへポストできる。また,Twitterへポストする際には,緯度経度などを入れることができ,カスタマイズが可能となっている。また,12月23日にはFlickrへアップロードできるようになった。写真をポストすると同時にジオタグが付与された形でFlickrへアップされる。

このようなメジャーなサービスの連携は,ユーザの裾野を広げるために非常に重要である。色々な似たようなサービスであるが,同じ作業をするのは煩雑である。

設定は、Brightkiteの「Account Settings」→「Sharing」から可能だ。

Brightkite and Flickr

from shinyai

続きを読む