タグ別アーカイブ: mobile

岡田朋之・松田美佐編『ケータイ社会論』(有斐閣選書)

ケータイを通して現代社会を学ぶ、主として社会学系教員からなる入門書。2002年の『ケータイ学入門』の全面リニューアルという位置付けだ。「社会とケータイのかかわりについて、できるだけ多様な側面から光を当てよう」という趣旨での改定。執筆陣には、新潟大学から、博士研究員の上松恵理子先生、人文社会・教育科学助教の吉田達先生が加わっており、お二人から献本いただいた。どうもありがとうございます。

全体に目を通すに至ってはいないが、目次と、編者のお一人関西大学岡田朋之先生による、第一章を読んだところで、雑感を書いておく。

この本では、「ケータイ」という言葉により、携帯「電話」としてではない多能な側面を表現している。大変興味深いのは、IT、情報化、若者文化、青少年保護、教育といったセクターで、それぞれの(業界の?)立場からケータイが毀誉褒貶にさらされてきた、という見方だ。これに対して本書では、「ケータイをはじめとする情報メディア」が、これらの各領域それ自体を揺るがしている(恐らく教育分野が念頭にある?)中で、いわば部分最適ではなく、トータルな最適化、総合的視点の必要性を強調している。

Say goodbye...

Photo by Cheo70 on Flickr.

実際この本の提示するトピックは多様だ。全体を貫いているのは、「社会的存在としてのケータイ」「当事者の視点」の二つの視点。ケータイは、技術的側面ばかりが注目されがちだが、「さまざまな立場の人々がさまざまな思惑のもとにかかわることで具体化しているもの」であるという意味では、社会的存在であるということ。この視点が一つ目。二つ目の「当事者」というのは、送り手や売り手ではなく、利用者の目線ということ。利用者の目線で見たときには、ケータイをめぐるさまざまな領域の実情が見えてくるということだろう。

章建てとしては、メディアとしてのケータイ、さらには、普及や多機能化に至るケータイの歴史といった、オーソドックスな記述に加えて、コミュニケーション、自己意識、身体感覚と言った側面、家族コミュニケーションのあり方、ケータイと学校教育という側面にも光を当てる。教育とケータイ、もう少し広げて、教育と情報機器、というのは、現在も微妙な緊張関係をはらんでいる。大学で同僚と話していても、電子機器やネットへの理解がネガティブなイメージに固まっていて、なかなかうまく話を進められないことは多い。まして初等中等教育では、こうした緊張関係は現在も非常に強いと聞くし、まさしくこの本の取り組むべき肝の部分だろう。第7章は新潟大学博士研究員の上松恵理子先生のご担当。

終盤はさらに視点を広げ、ケータイがもたらすネットとリアルの交錯(たとえばARなど)、ケータイと監視社会、流行や風俗上のアイテムとしてのケータイ、などのトピックが登場するほか、海外のケータイ事情について、11章で韓国、フィンランド、ケニアが取り上げられている。「監視社会」が新潟大学吉田達先生のご担当。

全体を通読してはいないのだが、印象としては、「社会的存在としてのケータイ」をさまざまな側面から分析するにあたり、ケータイや情報化社会のネガティブな側面にも一定の配慮をしてはいるものの、ことさらに不安をあおる立場には与することなく、ある種の中立性を保っているように感じる。こうした「入門書」が、メディアやネットに比較的ネガティブな立場をとる「文系」の大学・学部の教育課程に導入されていくならば、徐々に大学の教育課程にもよい変化がもたらされるのではなかろうか。

[rakuten]001:9784641281257[/rakuten]

NHK

ラジオのネットサイマル配信は今どうなっているのか?

9/1から、NHKのラジオ(ラジオ第一、第二、FM)のネットでのサイマル配信が始まった。
らじる★らじる NHKネットラジオ
NHK

「山間部など電波の入りづらい地域、夜間の外国電波混信、マンションなど鉄筋コンクリート住宅の全国的普及など、ラジオ放送が聴取しにくい状況の改善」が目的だそうだ。たしかに山間部でNHKのラジオが受信しにくい地域があるというのは、車で移動していると感じるところではある。でもたぶんそれは建前。とにかく何でもいいから、聞いてもらえる環境を整えなければならないというのは、民放もNHKも同じはず。
NHKの配信は、日本国内であればどこでも受信できるという。スマートフォンアプリは秋にリリース予定だという。
さて、では、民放はどうしているのか。

続きを読む

google buzz

Gmailをベースにするソーシャルサービス、Google Buzz(バズ)がスタート

朝方まで作業していたところ、Google Buzzという新しいサービスについての記事が、Twitter上で飛び交い始めたので、寝る前に少し試してみた。Web版はまだ順次適用とのことで、利用できなかったが、iPhone版を試してみることができた。

google buzz

続きを読む

日本の携帯からBrightkiteを使うためのBrightkite mobile gateway

iPhoneユーザには徐々に浸透してきているBrightkiteだが、日本の携帯では使いにくく、日本語メニューがないこととあいまって、日本でのブレークを妨げている。

そんななか、OAuthを利用した携帯用ゲートウェイが公開されている。

今のところdocomo FOMA のみ対応ということで、動作確認はしていないが、これで日本仕様の携帯ユーザにもBrightkiteをオススメできるようになるだろうか。

Slideshare Mobile

スライド共有サイトのSlideShareが「モバイル」対応

Powerpointなどのスライドファイルを共有するサービス「Slideshare」。このブログのサイドバーにも、自分がアップしたファイルのウィジェットをはりつけてみているが、スライドを手軽にウェブ上にアップできるだけでなく、それをブログにはりつけて紹介したり、他のユーザのスライドにコメントしたりお気に入りに入れたりすることもできる。日本語対応がないので、日本での知名度はイマイチだが、「スライドのYoutube」として、地味ながら便利なサイトだ。

今日、このSlideshareが、モバイルにも「対応」したことを知った。

リンク: SlideShare on your mobile phone | SlideShare Blog.

Slideshare Mobile

from shinyai

上はiPhoneのSafariで開いたときの画面。Slideshareの検索する窓のほか、PC用のトップページを簡素化したトップページが表示される。

続きを読む

Ustream Mobile Application

Ustreamによるモバイル生中継アプリ:Nokia端末向けがリリース、iPhone版は依然承認待ち

Ustreamがモバイル生中継を実現するアプリケーションをリリースした。今のところ対応機種はNokiaのみで、iPhoneではまだJail Breakしたものでしか利用できないようだ。

リンク: Ustream Launches Mobile Video Broadcasting Apps.

Live video startup Ustream is making a big push into mobile. Today it is launching a mobile business division, as well as a new set of mobile video broadcasting apps (which can be found here, after login). Right now, the apps work on a wide variety of Nokia phones, including the N95, and on the iPhone, but only jailbroken ones.

Ustream Mobile Application
 
Www . Ustream . Tv Mobile
 

続きを読む

ソーシャル・ウェブと対話するテレビ番組の可能性

4日水曜の夜、新潟デジタルメディア研究会に久々に参加した。
今回の講師はテレビ朝日クロスメディア編成専任局長の古川柳子さんで、「今、なぜクロスメディアなのか?~マスがコミュニケーションする時代の情報デザイン~」という演題でお話をうかがった。

古川さんは、東京大学大学院学際情報学府にも所属されており、テレビをめぐる環境の変化を適切にとらえつつ、テレビ業界の人々とのインタフェースを保ち、漸進的な改革を進めていらっしゃるのだろうと、お話を聞きながら感じた。

続きを読む

Emoji

iPhone OS 2.2アップデート、絵文字祭り

iPhone OSのバージョン2.2がリリースされた。
Safariに検索窓がついたり、Podcastが3Gからダウンロードできるようになったり、英文の修正機能がついたり、ストリートビューに対応したり、いろいろ細かい新機能があるようだが、もっとも話題になっているのは、絵文字への対応。

Emoji


from shinyai

さっそくNobiさんが、Flickrに面白いグループを作った。

絵文字を送れるのはSMSとi.softbank.jpのアドレスからで、GmailやMobile Meではダメ。相手先の対応状況については、Softbank携帯に送れることは確認できた。他のキャリアとの互換についてはまだ未確認。上記記事では「携帯電話と互換性がない」と書いてあるので、たぶんダメなのだろう。

Brightkite

Brightkiteの小技:他のユーザの行き先をPlacemarksに登録

先日も書いたmicroblogのBrightkiteでは、iPhoneだとSignalfireSignal Fireである程度正確な居場所を割り出すことができるのだが、普通の携帯では、あらかじめPlacemarksに登録した場所の名前か、あるいは住所を入れてメールで送るしか方法がなく、後者では日本の住所の割り出しに失敗して、Checkin先が「Japan」になってしまうことも多い。

リンク: ICHINOHE Blog: 位置情報との連動がすばらしいMicroblog「Brightkite」で、居場所が「Japan」ばっかりになる問題の解消法.

 

ちなみにメールの送り方は、Mobile Email Guideに書かれている。特定の場所にメールでCheckinするには、メール本文に登録した場所の名前か住所を書いて、ユーザごとに割り振られた宛先にメールを送る。

昨日ゼミの学生たちとBrightkiteをいじっていて気付いたのだが、みんなが敬和学園大学にCheckinするユーザの場合、僕のCheckinしたページを開いて、「near nihonmatsu」となっている敬和の場所をPlacemarkに登録すれば、その後みんな簡単に(普通の携帯でも)Checkinできる。

続きを読む

英語の発音がよくないと使い物にならないGoogleの音声検索

報道から少し間が空いたが、Googleから音声検索のできるiPhoneアプリケーション、Google Mobile App Google Mobile Appがリリースされた。

関連記事:

ICHINOHE Blog: iPhoneで音声検索ができるアプリケーションをGoogleが発表




from shinyai

上の画面にあるとおり、日本語表示はできるのだが、音声での検索は「アメリカ英語」のみ。僕の日本人英語でスムーズに検索するのはちょっと難しい。ためしにJapanとかTokyoなどといってみたらちゃんと検索されたが、もう少し複雑な単語だとだめだった。まあこれもネタにする程度には使えるだろうか。

以下はスムーズに検索しているGoogleのデモ動画。