タグ別アーカイブ: media

Projection Mapping in Docomo Shop, Niigata

ドコモショップ新潟紫竹山店でプロジェクションマッピング


金曜日の「Beソーシャル!」講演会で、ソルメディエージの方に教えていただき、ドコモショップ新潟紫竹山店で行われたプロジェクションマッピング「Shop Deco」を見に行ってきた。正確には22日に開催されると聞いていて、この日は見に行けなかったのだが、翌日も開催されるということをFacebookで知り、のぞきにいってきた。

残念ながら天候が悪く、見に来ている人は少なかったが、新しく開店したドコモショップの宣伝としては、なかなかよかったのではないか。

Projection Mapping in Docomo Shop, Niigata

プロジェクションマッピングは、東京駅の丸の内口の駅舎で行われたものが有名だが、大学界でも以前に成蹊大学が実施しており、話題になっている。

ソルメディエージさんの活躍によって、新潟県内にも少しずつ広まりつつあるようだ。というわけで、「新しい宿題」をいただいた感じがしている。

日本国内におけるプロジェクションマッピングの事例まとめ – NAVER まとめ

SOLU MEDIAGE inc.

Map Fan eye

ARを利用した「MapFan eye」は、最強の道案内アプリになりそう

地図を読めない人というのはいるらしいが、そこまでいかなくとも、地図を見ながら現地にいても、時々複雑な道だと方向がわからなくなることがある。しかしARで、今目の間に見えている風景に矢印が出てくれば、迷うことはないだろう。

これを実現するアプリ「MapFan eye」がリリースされた。

Map Fan eye

ARで徒歩ルートを案内するiPhoneアプリ「MapFan eye」無料公開 – ITmedia ニュース

住所やスポット名などから目的地を設定してルート検索すると、iPhoneのカメラを通して見た実際の風景の上に歩行ルートを投影。目的地までのルートを直感的に確認できる。ルート付近にあるコンビニやファストフード店などをアイコンで表示し、目印にできる。

あとはバッテリーをどれぐらい消費してしまうかが気になるところ。

iPhoneアプリ「MapFan eye」

GmailがGoogle Driveと連携、Google Drive上のファイルを「添付」で送付可能に

GoogleがGmailにGoogleドライブを統合すると発表した。まだ自分のアカウントのメニューには現れていない。

Source: mashable.com via Shinya on Pinterest

 

Gmail、10GバイトまでのGoogle Driveファイルの添付が可能に – ITmedia エンタープライズ

米Googleは11月27日(現地時間)、GmailのメールにGoogle Drive内のファイルを直接添付できるようになったと発表した。従来の400倍に相当する10Gバイトまでのファイルを添付できる。この機能は数日をかけて段階的に全ユーザーに提供される。まだ「新しいメール作成画面」を利用していない場合は対応させる必要がある。

この機能が利用できるようになると、メール作成ウィンドウの下部にGoogle Driveのアイコンが表示されるようになる。これをクリックするとGoogle Driveのファイル一覧が開き、ここで添付したいファイルを選択することでファイルを添付できる。

パーソナルクラウドのサービスとして、DropboxやEvernoteと競合しているGoogleドライブだが、メールサービスとして大きな力を持つGmailとの連携は、競争上大きな後押しになるだろう。Googleドライブ側からメールを使ってファイル共有はできたのだが、通常のユーザから見ると、ハードルが大きかった。日常利用しているGmailから、簡単にファイルの共有ができるというのは、かなり利用しやすいはずだ。ファイルは添付されるわけではなく、メールを受け取ったユーザは、Google Driveにアクセスすることになる。

Gmail Users Now Can Send 10GB Files

グーグル、「Google Drive」と「Gmail」を統合–最大10Gバイトのファイル送信が可能に – CNET Japan

Gmail、Driveとの連携で最大10GBのファイル送信が可能に | エンタープライズ | マイナビニュース

上越のラーメン店「あごすけ」が大つけ麺博で全国3位に

上越の人気ラーメン店「あごすけ」の「越後甘海老つけ麺」が、大つけ麺博で3位に入賞したそうだ。上越で立ち寄る店としては、我が家ではほぼ一択の定番のお店だ。

上越市の「あごすけ」が大つけ麺博で全国3位 : 上越タウンジャーナル

 

 

 

2012年9月27日~10月17日の3週間にわたり東京・浜松町駅前で開かれた「大つけ麺博 日本一決定戦」で、新潟県上越市から参加した下門前の麺屋あごすけの「越後甘海老つけ麺」が、見事第3位を獲得した。

(中略)

豚骨と鶏がらによる濃厚白濁スープに、糸魚川市の酒粕、新潟名産の甘エビの炒め煮を加えた。中太の麺にはコシヒカリの米粉を入れ、粘りと甘みを出した。トッピングはチャーシュー、青菜、エビせんべい、ラスク、エビ辛子で変化をつけた。

イベントの中での出店のため、麺がくっつかないよう、佐渡産のトビウオを使ったアゴ油で乾燥を防いた。グループで分けあって食べる人にも、一口で強烈な印象を出そうと、上越産メギスの魚醤をスプレーで麺にふりかけるなど工夫した。

あごすけに行くと「塩ラーメン」が定番で、その次が醤油か。とんこつにはあまり手を出さず、つけ麺にも行かない。というパターンが我が家ではだいたい決まっているのだが、このつけ麺は海老の味が出ているだろうし、ちょっと気になるところ。

このメニューはお店でも月末までは出しているそうだ。今週末10月27日には、「くびきのメディフェス」に参加するために上越に行くので、ぜひチャレンジしてみたい。皆さんも「くびきのメディフェス」においでいただき、ぜひあごすけにも行きましょう。

10/27「くびき野メディフェス 2012」に参加:パネラーはブロガー藤代裕之さん、「新潟美少女図鑑」加藤雅一さん | Niigata Social Media Club / 新潟ソーシャルメディアクラブ

10/27「くびき野メディフェス 2012」に登壇予定:藤代裕之さん、加藤雅一さんとともに、テーマは「地域メディアとしてのソーシャルメディア」 | ICHINOHE Blog

麺屋あごすけ めんやあごすけ – 春日山/ラーメン [食べログ]

jumping again 2009

mixi、「足あと」のリアルタイム更新を復活へ

mixiのかつての特徴であった「足あと」が、試験的に復活すると発表された。

jumping again 2009

by eviemaedavid.

mixi「足あと」リアルタイム更新を試験的に復活 「ユーザーファースト」徹底 (ITmedia ニュース) – Yahoo!ニュース

ミクシィは10月9日、今後の方針についてユーザーに説明するページを笠原健治社長名で公開した。ユーザーの意見や要望を迅速に「mixi」サービスに反映させる「ユーザーファースト」を掲げ、「足あと」機能の改変後に要望が多かったというリアルタイム表示を試験的に提供するなど、mixiの利便性向上に取り組むとしている。

 笠原社長が8月に表明した「ユーザーファースト」方針をmixiユーザー向けに改めて説明。運営体制を刷新し、「つぶやき(mixiボイス)」や「日記」「コミュニティ」など機能ごとに少人数のユニットを組み、各機能の企画や開発、運用はユニットが独自に判断する仕組みとし、機能ごとの改善を迅速に行えるようにした。

 改善の一環として、「訪問者(足あと)」サービスで「リアルタイム表示」機能の試験提供を来年1月までに行う。サービス開始時から実装されていた同機能は昨年6月にリニューアルし、ユーザーページを1週間に訪れた人をまとめて翌週に表示する方式に変更。だがリアルタイムに残された「足あと」を交流に活用していたユーザーからの反発も多く、その後更新頻度を短縮し、4月には前日の訪問者を翌日にまとめて表示できるようにしていた。

 リアルタイム機能の試験提供で、以前の足あと機能が事実上復活することになる。ユーザーからの要望が多かったといい、今後は以前の「足あと」機能の一部や新機能を段階的に提供するとしている。

私の観測範囲では、「今さら」というコメントが複数見受けられた。それだけ「足あと」の廃止をきっかけに、mixiを離れたユーザが多かったということだろう。今回の「足あと」の復活は、「ユーザーファースト」を徹底するという方針から出ているとのことだが、「足あと」の廃止は「ユーザーファースト」で決められたのではなかったのか。「足あと」は、訪問してきたユーザがわかる機能で、mixi上での交流を促進する主要な機能だったが、一方で「足あと」をつけるだけでコメントをつけない「踏み逃げ」「読み逃げ」がよくないこととされ、何かコメントを付けなければならないという圧力をうみ、結果「mixi疲れ」なる現象を招いた。この声に答えて、「足あと」は廃止されたのではないか。しかし実際には、多くのユーザはむしろ「足あと」の有効性を認めていたので、「足あと」の廃止は反発を招いたのだろう。

つまりmixiはユーザの意向を無視したと言うよりは、大勢の向かっている先を読み違えただけではなかろうか。さて、だとするならば、この「足あと」の復活は、どこまでこの先のトレンドを見据えたものといえるのか。それはよくわからないが、遅きに失したというのは、間違いないだろう。

The way out? (from Hell)

Wassrが10月1日でサービス終了

Twitterクローンと呼ばれる「ミニブログ」サービスがまたひとつ終了する。国産のサービス「Wassr」が10月1日でサービスを終了すると発表していた。

The way out? (from Hell)

By Giampaolo Macorig

サービス終了のお知らせ – Wassr [お気軽メッセージングハブ・ワッサー]

ミニブログ「Wassr」がサービス終了へ – ITmedia ニュース

実はこの発表は8月1日に行われていたのだが、自分自身はさっき気がついた。それだけ存在感が薄くなっていたということだろう。WassrはTwitterライクなサービスの一つで、Second Lifeにも同時投稿可というのがウリだったが、個人的にはその機能は全く使っておらず、正直アカウントを取っただけ。ブラウザ拡張のTaberarelooで同時投稿する際には対象に入れているので、ブックマークなどは同時投稿していたけれども、友達が増える(増やす)わけでもなく、反応を見に行くでもなく、正直放置してきた。

Twitterが不安定だった頃には、「退避先」として利用されていた時期もあるのだが、それもほとんどなくなり、歴史的役割を終えたということだろう。

Niigata Photowalk #9 Tochio 20101016

栃尾(長岡市)を舞台に撮影された映画「ゆめのかよいじ」

コミックを原作にした映画「ゆめのかよいじ」。石橋杏奈、竹富聖花が主演の映画で、長岡市の栃尾を舞台として撮影されている。

地元ということで、11/17T・ジョイ長岡、11/24T・ジョイ新潟万代での先行上映が決まっている。Facebookによると、あらすじは以下の通り。転校先が栃尾ということになる。

映画「ゆめのかよいじ」公式サイト 石橋杏奈、竹富聖花主演

夏休みに入ろうとしている頃、東京から新潟の山間の高校に転向してきた宮沢真理。都会からやってきた真理には昔のままの木造校舎や、雄大な自然の風景は、とても新鮮で、心の底から魅かれていく。

ある日、その木造校舎で見馴れない制服を着た、美しい女の子の「幽霊」、岡部梨絵と出会う。
梨絵は「帰ってきたの?」と言い、戸惑う真理に抱きつき、不意にキスをする。
呆然と立ち尽くす真理。

梨絵は時のすきまへと消えていく。 はじめは、すぐに消えていなくなってしまう梨絵だが、次第に真理と梨絵は不思議な交流を重ねていく。
魅かれあう二人・・・。
梨絵はこの町の昔からの風景が残る、「時間と空間のすきま」に案内してくれる。
自然、木造校舎、学校の友達、町の人々、梨絵との交流を深めていくうちに過去から未来へ続く人々の絆、古いものの大切さを実感する真理。
そんな幸せな時間が流れる中、ある日突然に大地震は襲ってくる。
ひび割れた道、逃げまどう人々、倒壊してしまう木造校舎・・・。
梨絵はその木造校舎の倒壊と共に別の世界へと旅立つことになる。
その永遠の別れを告げに、再び真理の前に現れる。

栃尾は、一昨年フォトウォークでみんなで歩いた。長岡中心部とはかなり離れた山間の街で、街の中心を川が流れている。もちろん「あぶらあげの街」として、少なくとも新潟県民には有名だ。フォトウォークで歩いた川沿いの風景が予告編に出てきて、大変興味をそそられた。

Niigata Photowalk #9 Tochio 20101016

新潟フォトウォーク 第九回 / Niigata Photowalk #9 :雁木の街栃尾 : ATND

新潟フォトウォーク第九回 / Niigata Photowalk #9 :雁木の街栃尾 を開催しました | Niigata Social Media Club / 新潟ソーシャルメディアクラブ

Social Media Revolution in Japan

日本のソーシャルメディア事情を動画で紹介する「Social Media Revolution in Japan」

現代社会のめまぐるしい変化、とりわけ、情報技術の発展に伴う現代社会、現代人のライフスタイルの変化を、数値で次々に訴えかける映像シリーズ。有名なのが、「Do you know?(バージョン番号)」シリーズ(2.0から毎年発表され、5.0ぐらいまではあったと思う)や「Social Media Revolution」で、いずれもYoutubeでは人気コンテンツだ。

今日Wiredで紹介されているのは、この後者の日本版「Social Media Revolution in Japan」だ。

Social Media Revolution in Japan

ソーシャルメディアの日本での現状をまとめたヴィデオ「Social Media Revolution in Japan」が秀逸! « WIRED.jp

8月に行われた「ソーシャルメディアサミット in Kansai」のために制作された映像だそう。すでに公開されて1ヶ月ほど経つが、不覚にも全く気づいていなかった。

日本のソーシャルメディアユーザが、国民全体の40%、うち65%が発信者であるということから始まり、ニコニコ動画、初音ミク、mixi、Cookpad、アメーバピグ、食べログ、Pixivといった日本のサービスの現状が数字とともに紹介されている。またFacebookの登場により、実名での利用もじわじわと浸透してきている様子も出てくる。

最近のPinterestやLINEといった新しいサービスについては、今回紹介されていないが、日本のソーシャルメディア事情を知らない海外の人には大変興味深い映像だろう。もちろん日本人にとっても、ソーシャルメディアが社会にどの程度浸透してきているか、再認識するためのよい素材だといってよいだろう。

ローソンのからあげクンに「せきとり」監修の「新潟カレー味」登場

9/4からローソンのからあげクンに「新潟カレー味」が登場するそうだ。

新潟県:「からあげクン」新潟カレー味の全国販売に伴い(株)ローソン新潟支店長が知事を表敬訪問します。

icoro : あの「せきとり」監修!全国のローソンで「からあげクン 新潟カレー味」が9/4から発売!

監修したのは新潟の「カレー味からあげ」の老舗「せきとり」。7月の新潟フォトウォークでも、懇親会でせきとり本店を利用させていただき、みんなでせきとりの味を堪能してきたばかり。あの味が全国のローソンで再現されるという。一度ためしてみなくては。

Niigata Photowalk #16 Irifune 20120707

Niigata Photowalk #16 Irifune 20120707

裏側には、人気キャラクターのレルヒさんが、小さく載っている。

7月7日フォトウォークの記録。
雨の中、第16回新潟フォトウォーク、7月7日新潟市で開催 | Niigata Social Media Club / 新潟ソーシャルメディアクラブ

YouTube - 新潟市事業仕分け外部評価会議 #nsmc #siwakengtc

今週末、新潟市事業仕分けのUST中継に参加

前回から新潟ソーシャルメディアクラブでお手伝いしている、新潟市事業仕分け。前回は他のメンバーに二日間フルでお願いしていたのだが、今回は自分もお手伝いに行くことになった。はたしてうまくいくだろうか。

YouTube - 新潟市事業仕分け外部評価会議 #nsmc #siwakengtc

9月1日-2日開催の新潟市事業仕分けをUstream中継します | Niigata Social Media Club / 新潟ソーシャルメディアクラブ

今回はKeiwa Lunchの配信をやっている学生も、1名手伝いに来てくれることになった。日頃配信で苦労していることが、役に立つときがきたというべきか。