タグ別アーカイブ: klout

HANEDA airport lounge (Terminal-1)

Klout指数40以上でSFのキャセイラウンジが利用できる(7月まで)

Kloutはこれまで、自分のソーシャルメディア活動を振り返るツールかと思っていたが、具体的なメリットを提供する企業が現れてきた。サンフランシスコ空港限定だが、キャセイパシフィック航空のファースト/ビジネスクラス用のラウンジが、Klout指数40以上の旅客に無料で開放される。

HANEDA airport lounge (Terminal-1)

by MJ/TR

Kloutのスコアが40以上だとサンフランシスコ空港のVIPラウンジが無料で使える―キャセイがキャンペーン開始

Kloutは香港に本拠を置く大手航空会社キャセイ・パシフィックと提携した。サンフランシスコ国際空港を利用するKlout指数40以上の旅客はキャセイのファースト/ビジネスクラス用のラウンジが利用できる!

利用手続きはラウンジの受付にiPhoneを見せて自分のKlout点数を示すだけでよい。するとパソコンが7台、シャワーが3つ、麺類のカウンターもあるラウンジが使えるという、うまい話だ。

とはいえ、キャセイパシフィックまたは同一グループのエアラインの利用者だけだろうと思ったのだが、実は違った。以下のKloutのリリースを見ると、キャセイパシフィックの旅客以外でも利用できるとある。

Cathay Pacific Opens SFO Lounge to Klout Users « The Official Klout Blog | Klout

ちなみに7月までの期間限定だそう。自分のKlout指数は50以上あったはず(今確認したら69だった)なので、もしラッキーなことに、急にサンフランシスコに行く機会に恵まれたら、ぜひこのラウンジを利用してみたい。

ご自分のKloutを確かめたい方は以下からどうぞ。

Klout | The Standard for Influence

Userchart

5つのソーシャルメディアを横断し影響力を測定する 「ユーザーチャート」

 

(4月5日執筆の記事を下書きの状態にしてなっていたので、公開。記事中のランキングはすでに変動していると思われる)

アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)から、新しいソーシャルメディア診断ツール「ユーザーチャート」がリリースされた。早速やってみた。

Userchart

■ユーザーチャートの概要
ユーザーチャートはTwitterもしくはFacebookではじめに登録を行うことで利用が可能です。基本的な機能として、複数のソーシャルメディアアカウントを登録することで、AMNの独自の評価法をもとに、各サービスにおける影響力の算出を実施し、ユーザーチャートのマイページに表示したり、ランキングページなどからそれを他の利用者に見てもらうことが可能になります。また、マイページでは利用者のソーシャルメディア上での過去の発言内容を分析し、よく言及している「話題」や「企業・ブランド」を解析して表示する機能も実装しています。

最初の登録は、TwitterかFacebook。これにプラスして、mixi、google+、Blogのアカウントを登録して、総合評価を出すことができる。また、それぞれのソーシャルネットワークについても、影響力評価の数値が出てくる。

「米国では、それらを分析するツールとして「Klout」や「PeerIndex」、「EmpireAvenue」などが登場し、注目されてきています。」とあり、Kloutのような米国の影響力評価の日本版という趣旨のようだ。大きく違うのはmixiが入ってくるところだろうか。Blogを指標の中に加えているのも特徴かもしれない。

それぞれのソーシャルメディアについての評価方法は以下の通り。

【評価方法】
各ソーシャルメディアの影響力を測定する為に、以下の指標を利用し、AMNの独自の評価法をもとにレベルの算出をしています。
●ブログ評価指標
ブログチャートのレベル
●Twitter評価指標
フォロー数、フォロワー数、直近の投稿数、リストに【登録されている数】、 お気に入り【登録数】
●Facebook評価指標
フレンド数、直近の投稿数、直近の投稿に対する「いいね!」獲得数、 「いいね!」したコンテンツ数
●mixi評価指標
フレンド数、直近のmixiボイスの投稿に対する「いいね!」数
●Google+評価指標
サークル数、被サークル数

 

自分の場合には、ココログからWordpressにブログを引っ越したことも影響してか、ブログの数値がとりわけ低い結果となった。

総合評価のほか、それぞれのソーシャルネットワークでの数値についても上位50位のランキングが表示されている。今朝最初に見たときには、Facebook部門の11位に自分がいるのを見つけたが、ユーザが増えるとともにじりじりと後退し、今見たら17位だった。順調にユーザが増えているようだ。

6000 followers

Twitterのフォロワーが6000に到達

昨日ふと気付くと、Twitterのフォロワー数が6000を超えていた。

6000 followers

5000に到達してからかなりの時間が経ったように思う。自分からフォローするのはかなり抑制していて、むしろなんとなくフォローしていたのをツールを使って大幅に削除しており、いわゆる「フォロー返し」のようなことはほとんどしなくなっている。ともあれ、6000もの皆さんとやりとりさせていただいているのは、大変うれしいこと。今後ともどうぞよろしくお願いします。

Kloutの数値は現在67。同じぐらいの数値の方々を見る限りでは、そんなに悪くはない数字。アカウントの性格は、Pundit。クリエイターではなく、論評する人ということか。まあ当たらずとも遠からず。

Shinya ICHINOHE | Klout Influence Report

自分の見ているTwitterの世界は大分変わり、おそらく相当多様性を持った言論空間になった。みんなに見えていることがわからないで書いている(と思われる)若年層もいれば、ネットには関心を示さなかったであろう著名人もいる。企業や商品・サービス、飲食店のアカウントも増えた。こうなると、捨てアカウントで他人を攻撃する輩も、一定程度出てくる。

個人的には、知り合いや関心を持ってウォッチしている人の発言・動向を見るのが目的で使っているが、リストを使っても網羅的に見ることが難しくなってきている。また知り合いの多くはFacebookでも発言するようになり、Facebookのほうがうまく情報を拾えるようになってきた。あとTwitterでは、話題のトピックについての人々の反応をみるために、検索をかけてみる。これはよくやっていて、とても便利だし、Facebookではできないこと。

不特定多数の人々に向かって発言し、反応を得る形でつながることができるので、今後もTwitterは使っていこうと思う。ユーザが増えて殺伐とした空気にならないか、ちょっと心配な部分もあるのだが。