タグ別アーカイブ: keiwacollege

敬和学園大学のソーシャルメディア、まだまだ伸びしろはある

敬和学園大学のFacebookページがようやく500いいねに到達した。

国際ダンスサークル 20130824

敬和学園大学 / Keiwa College

早くから取り組んだ割にはようやく、というところだろう。すでに万に達している大学公式Facebookページも結構ある。とはいえ、同窓会組織も弱い小規模校としては、これでも精一杯というところではないか。担当者がコツコツと努力した成果であり、今後も大学をオープンにする仕掛けとして、ますますの発信力強化を期待したい。

ともあれ、500いいねを超えたところで、あえてシビアに、敬和の情報流通のサイクルを見てみよう。
率直に言って、敬和学園大学Facebookページは、もう少し「がんばれる」はず。それには、取材力や発信力をアップすることが大事だ。広報の発信力も鈍化しているところもあり、マンネリを打破するとともに、瞬発力を持ってすばやく適切な言葉を投げかける力や、ここぞとばかりにヒット作を生み出す力をさらに磨いていきたいところだ。

一方、広報だけに頼らず、教職員がそれぞれの持ち場で「広報活動」をすることも大事だ(これは自分が教職員研修にもっと取り組むべきなんだろうと思う)。ベースに教職員それぞれの発信があり、広報部門がちゃんとそれを適切に拾い上げて(スルーするものはスルーして)いけば、より戦略的な広報が可能になるはず。おそらく現場の発信力強化は、多くの組織で共通に抱えている課題だろうが、大学も小規模の敬和のような組織では同じ。あんまり広報部門に頼らず、各部門が問題意識を持って情報発信をしてほしいと思う。

また小さな大学では特に、学生や卒業生の支持、情報発信も大事になる。学生からの情報発信というと、近頃は「炎上」の火種として警戒する向きもある(実際警戒しなければらないところはあるのだが)。しかし、学生団体の活動を「可視化」することは、小規模校で手応えを感じられていない学生たちが、外部と接触し、自信を持つためのきっかけにもなる。大学はこれを支援して、よい発信内容は広報がきちんと拾い上げる。また情報の流通においても、大学広報が「大声で叫ぶ」だけでなく、学生・卒業生がシェア、いいね、RTで広げていく、というサイクルも大事になる。特に、このサイクルをさらに加速させたいところだ。

私が顧問をしている国際ダンスサークルは、最近、がんばってFacebookページを更新している。

国際ダンスサークル

国際ダンスサークル 20130824

これは良い傾向だろう。また、Ustream番組「Keiwa Lunch」では、MCたちが学生の活動を紹介したり、ゲストが自分たちの活動について紹介している。

Keiwa Lunch 20130710

もちろん稚拙さはあるのだが、こうした訓練を通じて学生たちは、内輪受けではない情報発信の仕方について意識を高め、スキルを身につけているように思う。学問的に意義ある話をするわけではないのだが、過不足ない情報を含んだ話をして、なおかつ相手をひきつける話をするという能力を、こうした経験の中で、学生たちは培っている。最近Keiwa Lunchに出ている学生たちが、ラジオできちんと話しているのを見て、つくづくこのことを感じている。

敬和は勉強の出来る学校とは見られていないと、嘆く(あるいはあきらめる、あるいはいいわけにする)学生もいる。しかし学生にとってその現象は、自分を写す鏡でもある。適切に相手に伝わる言葉を発していれば、自分に対する見方も変わるし、学校に対する評価も少しずつ変わる(言動によって学校に対する評価が変わるというのは、もちろん自分たち教員も同じだ)。小さい学校なので、一人の行動が大学への評価を大きく上げもするし下げもする。敬和と自分をセットで否定された経験を持つ人もいると思うが、自分の働きで敬和の評価を上げている人もいる。少なくとも、Keiwa Lunchを含めて、自分と一緒に動いてくれているメンバーは、その多くが、「一人の行動で学校の評価を上げている」人たちだと思う。この学生たちは、自らの評価を高め、大学の評価も高め、大げさに言えば、大学の歴史を作っているともいえる(もちろんもう少し補強してあげたいところはあるのだが)。

教職員も学生も、みんなが表現力、発信力を磨くこと。さらに傾聴し、共感する力を高めること。これらをソーシャルメディア等で、表現し、多くの人と有意義なつながりを持つこと。ひとりひとりのこうした「つながり」の積み上げの上に、よいコミュニティ、よい大学は作られていくはずだ。コミュニティの力を体現し、さらに「つながり」を強化する仕組みとして、「敬和のソーシャルメディア」をさらに発展させていきたい。

敬和学園大学オープンキャンパスに、新潟県内初(?)の「女子会」が登場

敬和学園大学のオープンキャンパスでは、7月21日の回から、「女子会」企画をスタートさせる。今日大学の公式アカウントから発表があった。気軽に話のできる企画ですので、女子生徒の皆さんの多数の参加をお待ちしております。

Keiwa OC女子会

オープンキャンパスでの「女子会」という企画は、すでに首都圏を中心に各大学が取り組んでいるところなので、敬和としては周回遅れでのスタートのつもりだが、新潟県内ではおそらく県内初(違ったらすみません)。女性たちで気軽に語り合い、大学に対する理解を深めてもらうとともに、大学入学前から、ネットワークを作って欲しいというのが目的だ。もちろんこれを「男子」に入れ替えることはできるのだが、なかなかイベントとして成立しづらいというので、当面は様子見ということになっている。女子「会」という名前がいいのかどうかも、今後要検討かもしれない。

他大学でも同様の傾向はあると思うのが、敬和の場合には、元気で優秀な女子学生がいるかどうかで、ゼミの雰囲気が(ひいては大学全体の雰囲気が)大きく変わる。うちのゼミのUst企画「Keiwa Lunch」をここまで軌道に乗せることができたのも、現4年の女性たちが、ゼミ内で積極的に発言し、男子学生を引っ張って(?)くれたことが大きな要因になっている。男子のみの学年や、女子がリーダーシップを発揮してくれない学年は、なかなか物事を積極的に進めていくのが難しい。その意味では、女子学生同士が横につながり、また先輩と縦につながるというのは、大学の人的ネットワークを強化していく上で、非常に大事な部分になる。

今回のメンバーには、Keiwa Lunchから2人のメンバーが入ったようだ。ほかにも、過去に出演してくれたメンバーが何人も入っている。たぶん素晴らしいモデレータとなってくれるだろう。

主催側としては、今後も参加者の反応を見ながら、より深く、満足感を持って体験してもらえる、新しい企画の可能性を模索していきたい。他大学の動きを見ながら「右を見て左を見て」から踏み出すのではなく、よい企画があれば、どんどん取り入れようという姿勢を大事にしていこうと思う。

敬和学園大学がLINE@をスタート

サービスイン以降、開始のタイミングをはかっていた、敬和学園大学のLINE@がスタートした。

LINE@ Keiwa College / 敬和学園大学

敬和学園大学(@keiwacollege) – LINE@ナビ

1年生と話していると、10代のコミュニケーションツールとして、LINEは新潟でもかなり普及している状況だということがわかった。スマートフォンを所有する学生のほとんどが利用しているようだ。もちろんこれは、プライベートな、親しい友達同士の会話用に、LINEを使うという意味なので、公式アカウントやLINE@のような、企業・団体とユーザをつなぐツールとして、LINEが有望かというと、これはまだなんともいえない。コンビニやファーストフードは、割引チケットなどの具体的なメリットを押し出せるが、大学ではそういうものもない。

FacebookページやTwitterとは異なるどんな「味」が出せるのか、正直まだ不透明だが、いろいろ新しい試みをしてみようと、担当者と話をしているところ。

現段階で10代にもっともリーチする可能性が高いメディアであるのは確かだし、常識にとらわれない斬新な利用法を検討して行きたいと思う。

今回のスタートのきっかけとなったのは、FM NIIGATAで放送中の番組「Keiwa LOCKS!」。番組の中で、大学生のLINE利用についてのお話があり、流れの中でアカウント開設が決まった。この番組は収録なので、収録後担当者が準備を進めて、どうにか昨日の放送までに準備が整ったという形だ。

昨日の放送分のアーカイブはこちら。終了後、担当者が「開設します!」と宣言するところも収録されている。

FM-NIIGATA 77.5MHz Keiwa LOCKS!

School of LOCKで、敬和学園大学の学生出演番組「Keiwa LOCKS!」スタート | ICHINOHE Blog

(1) Keiwa Locks

Keiwa Lunch 20121004

Keiwa Lunch 10/4配信分:留学から戻ってきた学生たち特集


しばらくサボっていたアーカイブ公開作業を再開したので。敬和学園大学でお昼に行なっているUstream番組「Keiwa Lunch」、10-11月も配信をつづけている。みんな忙しくなるとアーカイブの公開が遅れがちだが、10−11月の配信がだいぶ揃ってきたので、この辺でピックアップして紹介。

Keiwa Lunch 20121004

フィリピンセブ島での留学から帰国した二ノ宮さん、韓国での留学から帰国した宮本さん、英国から帰国した藤塚くんが、それぞれの国での体験を語っている。MCは土田舞歌。

敬和学園大学の公式ビデオで紹介している留学に関する部分(2009年のもの)。

留学・国際交流 – 敬和学園大学 新潟県新発田市にあるリベラル・アーツ大学

海外留学 – 敬和学園大学 新潟県新発田市にあるリベラル・アーツ大学

Keiwa Lunch

2012/10/4夏休み留学!! | Keiwa Lunch

今日のフジテレビ「知りたがり!」に松浦進二監督が出演予定:ロンドンオリンピック、バドミントン競技を解説

ロンドンオリンピック、バドミントン競技では、女子ダブルスで藤井・垣岩組が決勝に進出。男子シングルスでも、佐々木翔選手が健闘した。佐々木選手と林丹選手の試合は、なんとなく寝る前にテレビをつけたら、あまりに白熱していて寝られなくなってしまった。

今日の14時からのフジテレビ「知りたがり!」では、敬和学園大学バドミントン部松浦進二監督が、バドミントン競技について解説する予定。新潟のNSTもネットしている番組なので、新潟県民の皆さんもどうぞご覧ください。

知りたがり!

知りたがり! – フジテレビ

20110713

大学Facebookページランキング、敬和学園大学もまだ50位台でした

大学Facebookページランキングをまとめたページを見つけたのでチェックしてみた。

Facebook大学別ファン数ランキング

圧倒的なファン数を集めているのが、関西学院大学。先月の地域科学研究会・高等教育情報センターのセミナーで、私の後にスピーカーをされた新谷さんが担当。実力ある関西有力校の一角、という以上に、よく研究してすばらしい運営をされているという思った。大学に関係する人々の数の蓄積が大きく違うとはいえ、敬和のFacebookページも、かなり早くから取り組んできたわけで、もう少し実績を積み上げたいところ。今日も担当者とそんな話をして帰ってきたところ。

Facebook大学別ファン数ランキング

20110713

by Keiwacollege.

で、ランキングをチェックしてみたところ。敬和もなんとか50番台に残っていた。もちろんFacebookページを作っている大学自体が少ないので、真ん中より下なんだけど。この分野で、県内他大学と見比べてもほとんど意味は無いのだが、新潟県でFacebookページを設置しているのは敬和学園大学だけ。ただそれだけのことではあるが、ここから県内ではもっともオープンな姿勢の大学として、評価してもらえたらうれしい。

敬和学園大学の同窓会組織は、あまり強いとはいえないのだが、卒業生が大学への関心を失ったわけではなく、職歴の浅い自分のような立場であっても、たびたび卒業生に大学で遭遇する。彼ら/彼女らも、みんな社会に出て働いているのであるから、たまの休みに大学に顔を見せてくれるとはいっても、そんなに同窓会活動に参加できるような立場にはないはず。でもだからといって、彼らから同窓会費や寄付を依頼するだけになるのではなく、卒業生たちの心の拠り所として、どのように大学が機能できるかを、この次代ならではの形で追求していくべきで、その意味でFacebookやFacebookページは、現時点でかなり有力なツールになるというべきだろう。

というわけで、担当者と相談しながら、敬和学園大学のFacebookページは、かなり面白いものに変えていくつもり。これからに期待していただける方、ぜひ「いいね」でご支援いただければ幸いです。

地域科学研究会・高等教育情報センター「ソーシャルメディアの活用と留意点」でお話ししてきた | ICHINOHE Blog

Keiwa Lunch 20120426

ゼミ学生たちのUST番組「Keiwa Lunch」3年目に突入

2010年から始めた、敬和学園大学の学生によるUstream番組「Keiwa Lunch」が、新年度の配信を始めた。最初にKeiwa Lunchを始めたメンバーはこの3月で卒業したが、なんとか世代交代して、続けていくことができそうだ。今年の新2年生にも、積極的に参加してもらおうと思っている。

一人メンバーが入れ替わったが、今年もMCは女子学生3名で、週替わり。

Keiwa Lunch 20120426

毎回「話題の人」を探すのは難しくなってきたこともあり、準レギュラーとして、自分を含む教職員3名も不定期で登場することにした(これでネタ切れにはならないだろう)。自分はウェブと社会に関わるトピックを紹介するコーナーを担当する予定。 @keiwacollege のなかの人は、大学で起きている出来事などを紹介。 @bignabechan には留学や留学生の動向などを伝えてもらう(本人はもっと柔らかい話題をしゃべりたいと言っているが)。

実際の配信、台本の制作、ブログの更新は学生たちに基本的に任せていて、なかなか順調に行かないのだけど、それはそれで勉強になるだろうという考え。

配信の品質は、新しくいくつか機材を導入したので、改善したようだ。導入したマイクは、audio-technicaのステレオマイク「AT9943」。

ミキサーもだいぶ値段がこなれてきたので、ALLEN & HEATH ZED-10FXを導入。
[rakuten]dj:10007580[/rakuten]
自分はまだ使い方をよくわかっていないが、軽音楽部の学生たちもいるので多分大丈夫だろう。あとはテーマ曲などをどのように用意するかということになる。

配信は毎週木曜日のお昼12:30から。来週のGWなど、休日はお休みします。

Keiwa Lunch – 毎週水曜日のお昼休み、敬和学園大学の学食からUstreamで放送中

[rakuten]kurosawastore:10003028[/rakuten]
[rakuten]gakkiwatanabe:10008356[/rakuten]
[rakuten]reckb:10010885[/rakuten]

敬和生の皆さんへ新規開講科目紹介1:映像作品を作ろう「現代メディア論」

新学期が近付いてきて、そろそろ新年度の科目選択を始めている学生たちがいると思うので、今年から新規に開講する情報・メディア関連の科目をいくつか紹介しようと思う。学生の多くは保守的な科目選択、すなわち、過去の履修者からの評判のいい科目を選択する傾向にある。したがって、新規開講科目の場合、先生の評判もよくわからないので、ハンデを負うことになる。そういったことも考慮して、新しい科目の内容について自分が知っていることと、私がお願いして担当いただくことにした講師の先生のプロフィールについても、紹介したいと思う。

まず一つ目。現代メディア論。この科目はしばらく開講されていなかった科目だが、念願の「映像制作」の科目として、復活させることができた。担当は名古屋短大の高谷邦彦先生。何も経験のない学生に、スマホやPCを組み合わせて映像を編集し、作品に仕上げるまで、丁寧に指導してくれる先生だ。

高谷先生は、名古屋短大の前任校が稚内北星学園大学、つまり一戸の元同僚なのだが、同時に北海道宗谷地区で映像制作を行うNPO法人ムーブユーの理事長でもある。

ムーブログ 〜 NPO法人映像コミュニティ・ムーブユー

M00VU – YouTube

このムーブユーは、授業をきっかけにスタートしたNPO法人だが、映像を中心にした地域情報の発信を支援する活動を続けており、取材して制作された映像作品の中には、全国の市民映像祭で受賞した作品も多数ある。そのうちの一つが、先日紹介した稚内駅の立ち食いそばやを取材したもの。

【稚内】待合室の、片隅で。:市民がつくるTVF(東京ビデオフェスティバル)2012「筑紫哲也賞」 | ICHINOHE Blog

名古屋でも、短大の学生に映像制作を指導しており、いくつか作品が公開されている。

このほか、高谷先生が稚内時代に作った映像作品も、いくつかあるようだ。

freebee66 – YouTube

新発田や新潟を取材した映像作品、新発田や新潟を舞台にした映像作品は、まだまだたくさん作ることができると思う。この科目は夏休みと冬休みの集中講義科目。撮影するための素材が屋外にたくさんありそうだ。夏季冬季の集中講義は、教室での講義が何時間も続き、学生も先生も疲弊するものが多い。しかしこの科目については実習を行う時間も多く、楽しく作業して、映像作品の企画、撮影、編集の一連の技術を身につけることができるはず。敬和からも多くの映像作家が生まれてほしい。

なお新潟大学人文学部でも、同様の映像制作の授業が行われており、担当の先生も知り合いなので、敬和から良い作品が次々に生まれるようならば、ぜひ一緒に上映会をやりたいと、個人的には考えている。

【追記】
もう一つの新規開講科目として、「情報管理基礎論」についての記事も書いた。

敬和生の皆さんへ新規開講科目紹介2:Webサイトの構築手法をきっちり学ぶ「情報管理基礎論」 | ICHINOHE Blog

敬和学園大学の広報誌「敬和カレッジレポート」に寄稿:新潟のソーシャルメディアと敬和での教育について

フランス出張の前にすでに公開になっていたのだが、告知が遅れてしまった。
敬和学園大学の広報誌「敬和カレッジレポート」の69号に寄稿した。

内容は、2006年から敬和で情報教育を担当するようになって取り組んできたことや、新潟ソーシャルメディアクラブ(NSMC)、新潟フォトウォークなどの「新潟」でのプロジェクトについて。大学での活動については5年半とりくんできて、ようやく大学の広報誌にとりあげてもらえるようになった。実は大変感慨深い。今年もゼミの希望者は伸び悩んだようだし、大学や学科の中で、認知度が高まるまでの道のりはまだまだ長いのだが、「ソーシャルメディアで風通しがよくなった」大学として、その結果みんながハッピーになった大学として、認知度が高まっていくよう、さらに努力を積み重ねていこうと思う。またNSMCやフォトウォークも、同僚の皆さんには、ちんぷんかんぷんの世界なのかもしれないが、それでもとりあえず、自分の活動について知ってもらうきっかけになったとすれば、大変うれしい。

Keiwa Campus Report Vol.69

View more documents from Shinya ICHINOHE.
校正前の原稿なのでひょっとすると中身が少し違うかもしれないが、すでに公表から時間もたったことだし、以下にテキストを貼り付けておこう。

敬和学園大学に「情報」科目の担当として着任して、5年が経ちました。これまでの5年間、前例にとらわれず、変動する情報社会に適応できる学生を育てようと努力してきました。せっかくの機会をいただきましたので、学内外でのソーシャルメディアを利用したこれまでの取り組みを、ご紹介させていただこうと思います。

 

着任当時ネット業界では、「Web 2.0」という言葉がもてはやされ、インターネットは次の時代に向かうという機運にあふれていました。この言葉はあまり使われなくなりましたが、「ソーシャルメディア」という昨今使われ始めた言葉が意味するところもまた、当時言われていたことの発展形といっていいでしょう。情報の送り手と受け手の分断された関係が終わりを告げ、ユーザの活動自体がコンテンツになるという潮流は、今も変わらず、社会の中で進行する現象そのものです。

 

当時新潟には、あるいは敬和学園大学の中でも、新しいウェブの潮流が広がっていく機運は、ほとんどありませんでした。しかし人文系の敬和だからこそ、学生や教職員の活動を支えるような、先進的なネット文化を育てられるのではないか。そう考えた私は、少しずつ新しいウェブの世界を授業の中に取り入れて行きました。残念ながら、当初の学生の反応はあまり芳しくありませんでした。2007年度から一部の授業で学生たちにも教え始めたTwitterは、まだメニュー部分が英語でしたし、学生たちの多くは、授業の後、普段から使っているmixiに戻りました。今思えば不遇の時代でした。

 

この間、私自身はしばしば上京して、ブロガーの集まる各種勉強会やイベントなどに積極的に参加して、進取の精神にあふれた人々にお会いしました。こうした経験の中で、学生がこの流れについてくるまでには少し時間がかかるかもしれないが、まずは新潟県内の社会人を対象に、コミュニティを作ってみようと考えるに至りました。

 

まず手始めに2009年から、当時の2年ゼミ(現4年)の学生たちと「新潟フォトウォーク」をスタートさせました。フォトウォークは、決まったコースをみんなで歩き、それぞれの視点で写真を撮るイベントで、撮った写真をFlickrなどの写真共有サイトにアップロードします。最初のフォトウォークは2009年6月に新潟市の上古町で開催しました。さまざまなサービスを通じて告知をしましたが、最初の参加者は10名でした。その後TwitterやFacebookが新潟でも普及するようになったことで知名度もあがり、徐々に参加者も増えるようになりました。これまで開催したのは、村上、新発田、五頭温泉(阿賀野市)、新潟、燕、田上、栃尾(長岡市)、弥彦、高柳(柏崎)、佐渡。最近は、開催地までの距離にもよりますが、毎回おおよそ30名以上の参加があります。9月に新潟市古町で開催した際には、50名もの参加がありました。

 

新潟フォトウォークで撮られた写真は毎回1000枚以上あり、位置情報のついたデータも多いので、アプリを利用して、iPhoneやiPadで地図からこれらの写真を見ることも可能です。単に写真を撮って歩くというだけでなく、地域の共有データベースを作っていくという「社会貢献」としての要素も、この活動には含まれていると考えています。

 

2009年には、新潟でも徐々にTwitterのユーザが増え始め、こうした人たちがフォトウォークにも参加してくれたり、小規模ながらリアルイベントも開催されたりするようになります。私自身もこのころから少しずつ、各種メディアなどで「Twitterに詳しい」敬和学園大学の教員として登場させていただくようになります(「Twitterに詳しい」という形容は、ちょっと恥ずかしいのですが)。2009年12月には、敬和学園大学のTwitterアカウント @keiwacollege が本格運用となり、大学の広報担当者から、さまざまな情報発信が行われるようになります。

 

こうした機運を受けて、2010年1月29日、新潟のコミュニティ「新潟ソーシャルメディアクラブ」(略称:NSMC)がスタートします。この日の参加者は70人ほど。ちょうどテレビ局もTwitterについて取材していて、この時の様子はテレビで放映されました。NSMCは私を含む7名のスタッフが運営していますが、会員組織を作るわけではなく、毎回オープンに誰でも参加できる形で開催しています。これまで9回のイベントを開催、新潟フォトウォークもNSMC主催として実施していますので、すでに20回以上イベントを、NSMCとして開催していることになります。イベントには、メディアジャーナリストの津田大介さん、ビデオジャーナリストの神田敏晶さん、テーブルマーク広報(当時)の末広栄二さん、アルファブロガーのコグレマサトさん・いしたにまさきさんなどをお招きし、お話をうかがうとともに、さらなる交流につなげてもらっています。私自身、これらの活動を通じて、多くの人々と知り合いになり、新潟県内各地に頼れる友人ができました。

 

NSMCというコミュニティの目的は、孤立する「アーリーアダプタ」(新しいウェブのサービスをいち早く試そうとする人たち)を支援すること。「アーリーアダプタ」の多くは、ネットオタクで話の通じない人たちではなく、むしろ非常にオープンで、コミュニケーション能力も高い人が多いのですが、新潟ではまだまだ少数派です。新しいツールを自社の仕事の中でも積極的に活用しようとして、社内で理解を得られず、苦しんでいる人も多いです。NSMCはこうした人たちをバックアップし、交流するための「場」を提供しつづけたいと思います。

 

ソーシャルメディアが普及する中で、敬和学園大学の中でも学生たちの理解も進み、TwitterやFacebookの利用が広がっています。Twitterは2010年から、必修の情報処理論1(と情報メディア論1)の授業で全員に教えるようになりました。使い方を教えるにとどまらず、「ハッシュタグ」という共通のキーワードを設定して、授業中の情報共有にも活用しています。学生のその場での書き込みをスクリーンに表示しながら進行しますので、講義内容の要約や質問が飛びかうことになります。学生たちも、最初はとまどいますが、みんなで情報を共有することの価値に、徐々に気付いてくれます。授業以外でも、教務課から休講情報が発信されるとともに、その他ささいな相談事も、差しさわりのない範囲でTwitterで共有されています。学生への普及が進んだ結果、広報、入試、就職などの各部門も、学生や地域の皆さんと交流するツールとして、TwitterやFacebookを活用していますし、教員の中にもTwitterやFacebookを使うメンバーが増えてきました。ソーシャルメディアを通じた「風通しの良い」大学が、ますます実現しつつあります。

 

私のゼミ生たちには、Ustreamというインターネット生放送サービスを利用して、お昼休みの生配信番組「Keiwa Lunch」を放送してもらっています。企画からゲストへの出演交渉、当日の進行まで、学生たちに全部自力でやってもらっています。この取り組みは新潟日報でも大きく取り上げていただきました。

 

ゼミ生たちには、新潟ソーシャルメディアクラブのイベントにも、できる限り参加するように指示しています。遠出をしたり、懇親会に出るのにはお金がかかるのですが、それ以上に得るものも多いと思います。県内各地の商工会議所などのTwitter・Facebook講習会に、私が講師としてうかがう際にも、できるだけ学生たちをアシスタントとして連れて行き、社会人のソーシャルメディアへの関心を、肌で感じてもらうようにしています。

 

これらの取組みは、「ネットに強い学生を育てる」という単純な意味で行っているものではありません。社会のあり方が変わり、一人一人が組織を離れても生きていける力が求められる中で、自ら発信し、人々とつながっていく力のある学生を育てていこうというのが、本当の狙いです。その上で大学では、検索エンジンで調べればわかることを教えるのではなく、その先を学生と教員が一緒に切り開いていく教育を、行う必要があると考えています。

 

ソーシャルメディアを利用した「風通しのよい」環境づくりは、敬和の掲げるリベラルアーツ教育の、本質の一部です「敬和カレッジ・レポート」の読者の皆さんとも、TwitterやFacebookでますますつながりや共感を深め、協力関係を深められるようになりたいと思います。

Keiwa Lunch 20111223

敬和学園大学の2011年

今年はゼミ2年生を中心に運営してきた、UST番組「Keiwa Lunch」。先週の今年最後の配信では、大学の2011年10大ニュースというトピックをとりあげた。普段は学生に任せているのだが、今回は頼まれて自分も出演した。
Keiwa Lunch 20111223

Keiwa Lunch (keiwalunch)
Keiwa Lunch – 毎週水曜日のお昼休み、敬和学園大学の学食からUstreamで放送中

配信数日前に、Facebookのクエスチョンで投票を呼び掛けてみたところ、結果は以下のとおりとなった。Facebookのクエスチョン機能はPCからしか投票できないようで、思ったほど票数は伸びなかったが。
Keiwa 2011

続きを読む