タグ別アーカイブ: keiwa lunch

Keiwa Lunchチームで岩原スキー場を取材し、特別配信

3/21-22にかけて、湯沢町岩原スキー場を訪れ、Keiwa Lunchチームで取材と配信を行なってきた。岩原スキー場では、ホテルアルパインにお世話になり、支配人の横田英隆さんに出演していただいて、Ust特別配信も行った。横田さんは、情報セキュリティワークショップ in 越後湯沢のプレイベント、「越後湯沢ソーシャルメディア交流会」を一緒に実施しており、そのご縁で今回の企画につながった。

ホテル アルパイン HOTEL ALPINE | 越後湯沢 岩原高原のオールシーズンリゾート

岩原スキー場 高原の宿・ホテルアルパイン

Keiwa Lunch特別配信 in 岩原スキー場 20130321-22

スキー・スノーボード体験と夜のUst配信をまとめた動画

[youtube]http://youtu.be/aGWV9o2jVlM[/youtube]

USTのMCは、西方花子。学生のゲストとして赤松侑さんが出演、ホテルから横田さん、新潟から一緒に参加してくれた、イラストレータのささきとしさん。ささきさんにはスノーボードも教えていただいた。横田さんにはいろいろ気を使っていただき、学生たちも楽しい時間を過ごすことができた。どうもありがとうございます。

ホテルアルパインからの特別配信(アーカイブ)
[youtube]http://youtu.be/UUK_0LDxnOc[/youtube]

 

Keiwa Lunch特別配信 in 岩原スキー場 20130321-22

Keiwa Lunch特別配信 in 岩原スキー場 20130321-22

ホテルアルパインは、ゲレンデ直結の好立地のホテル。ホテルからウェアやボードなど一式を貸していただき、ささきとしさんに指導していただいて、メンバーはスキーやスノーボードにチャレンジした。当日の様子は、今後編集し、公開する予定。ボードに挑戦したメンバーは、全員未経験者だったが、ささきさんの指導により、皆楽しく滑ることができるところまでいくことができた。自分もボードは未経験なのでチャレンジしたい気持ちもあったが踏みとどまり、10年ぶりのスキーで撮影に参加した。

Keiwa Lunch特別配信 in 岩原スキー場 20130321-22

Keiwa Lunch特別配信 in 岩原スキー場 20130321-22

Keiwa Lunch特別配信 in 岩原スキー場 20130321-22

Keiwa Lunch特別配信 in 岩原スキー場 20130321-22

Keiwa Lunch特別配信 in 岩原スキー場 20130321-22

当日は天気もよく、ゲレンデの上からは、周辺の山々を望むことができた。

Keiwa Lunch特別配信 in 岩原スキー場 20130321-22

Keiwa Lunch特別配信 in とまつ衣裳店のアーカイブを公開

すでに大量に写真はアップしているのだが、あらためて。2月8日に新潟市の婚礼衣装レンタルの専門店、とまつ衣裳店さんで行ったUstream番組Keiwa Lunchの特別編、アーカイブをYoutubeに公開した。

戸松茂雄社長のご好意で、MC3名もドレスの試着にチャレンジさせてもらったのだが、その様子も冒頭に収録してある。

[youtube]http://youtu.be/tHIGssqEpNo[/youtube]

Keiwa Lunch in とまつ衣裳店 20130208

Keiwa Lunch in とまつ衣裳店 20130208

Keiwa Lunch in とまつ衣裳店 20130208

Keiwa Lunch in とまつ衣裳店 20130208

Keiwa Lunch in とまつ衣裳店 20130208

新潟のウェディングドレス・カラードレス・和装レンタル ブライダルファッションとまつ

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

Keiwa Lunchチームで燕三条の「ものづくり」を取材

2月25日、敬和学園大学で行なっているUST番組「Keiwa Lunch」で燕三条を訪問、「ものづくり」の現場を取材に行ってきた。撮影した動画は編集の上、Youtubeで公開の予定。

コーディネートしてくださった倉又清彦さん、訪問先で対応してくださった皆さん、どうもありがとうございました。

出演は、Keiwa Lunch MCの西方、まるり、横田。さらにゲストとして、三条出身の3年生野口さんにも参加してもらった。

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

お世話になった訪問先を紹介。

1. 磨き屋一番館
県央マイスターの田中三男さんに指導していただき、学生たちが「磨き」体験。
Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

燕研磨振興協同組合 » 「燕市磨き屋一番館」事業概要

2. 島倉堂
個人的には以前フォトウォークで訪問したところ。鎚起銅器の制作現場を見学。

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

鎚起銅器(ついきどうき)の島倉堂

3. ビストロNAOMI
ランチは、吉田駅前のフレンチレストランで。女子学生たちにも大変好評でした。

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

NAOMI ナオミ – 吉田/フレンチ [食べログ]

4. 小林工業
こちらもフォトウォークで以前お世話になったところ。Luckywoodのブランドでカトラリーを作っている小林工業さん。フォトウォークのときは週末だったので工場に人はいなかったが、今回は職人の皆さんが働いているところを見せていただいた。大きな機械でスプーンの形状ができていくプロセスはすばらしかった。スプーンの違いでアイスクリームの味が変わる、という体験も、全員で行うことができた。

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

LUCKYWOOD|小林工業株式会社

5. Snow Peak本社
新社屋が話題のSnow Peakさんでは、スノーモービル、スノーシューを体験。天気が悪い中、学生たちを載せたバナナボートをスノーモービルで牽引してもらった。カメラマンのうちの1人は、スノーモービルの後部席に乗って動画を撮影したのだが、なかなか迫力ある映像が撮れた。

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー

6. 武田金型製作所
最後、18時を過ぎてから受け入れてくださったのが武田金型製作所さん。こちらもフォトウォークで以前うかがっている。残念ながらスケジュールがおしてしまい、十分見学する時間がとれず、申し訳なかった。一度武田金型スペシャルをやりたいと思います。

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

[TKD]株式会社武田金型製作所 <プレス金型製作・設計>

敬和学園大学にも、燕三条地域出身の学生は結構いるのだが、県央地域は大学のある新発田からは新潟を挟んで反対側。学生たちは燕三条の「ものづくり」について、ほとんど予備知識なく出かけていったが、すべての場所で親切にご対応いただき、有意義で楽しい時間を過ごすことができた。地元新潟の学生たちが、県内企業の現場を理解するというのは、学生には大きなメリットがあるし、経済界にも長期的にプラスの効果をもたらすはず。Keiwa Lunchの活動を拡張していく中で、県内各地にお邪魔する機会を、今後も作って行きたいと思う。もし面白い企画案があれば、お知らせください。

Gold Gardを持つ燕商工会議所高野さん

Keiwa Lunchチームで、燕商工会議所の新製品「Gold Gard」のPVを制作

以前予告編を公開した、燕商工会議所の新製品「Gold Gard」。見田大輔くん編集の動画が完成し、先週ビッグサイトで開催されたギフトショーで、使っていただけたようだ。すでにFacebookやYoutubeでは公開済みだが、あらためてブログにはっておこう。

写真右下のディスプレイに、映像がうつっているのが確認できるかと思う。1月下旬に燕商工会議所にうかがって1日で撮影、その後見田くんが編集をがんばってくれた。

Gold Gardを持つ燕商工会議所高野さん

Gold Gardは、ゴールドカード風のカードで、ステンレススチールに24金メッキを施したもの。ノーベル賞で使われた食器と同じ仕上げを行っている。Gold Gardの硬さで、クレジットカードが折れないように「ガード」するというダジャレ商品。真面目に語っているが笑ってしまうという線を狙った動画だ。

Keiwa Lunchチームが、燕商工会議所で撮影 | ICHINOHE Blog

一戸が制作した予告編はこちら。風でレポーターが飛ばされそうになっている映像は、結局本編では使われなかった。

敬和学園高校で、大学生とトークセッション

1/30、敬和学園高校を訪問、敬和学園高校出身の4年生とともにトークセッションを行なってきた。聴衆は2年生全員。会場は高校のチャペル。

テーマは「敬和7年コース」とした。

学校法人敬和学園は、高校と大学からなるが、設立は高校が先。キャンパスも高校が新潟市北区に対し、大学は新発田市にあり、新潟市から見ると、大学のほうが遠い。高校では、大学では全く使われていない「敬大」という言葉が使われている。高校でも大学でも、自分たちの学校のことを「敬和」と呼んでいる。ので、Twitterではどちらの話をしているのか、判別使いことも多い。

ともあれ、7年間を「敬和」で過ごす学生は少なくない。彼らにより強いプライドや帰属意識を持ってもらいたいし、そう思ってもらえる学校を作ろうというのが、高校・大学双方の一致した考えとなり、今回の企画となった。

1月末の試験期間ということもあり、参加してくれたのは4年生のみ。いずれも素晴らしい成長を遂げた学生たちで、高校の先生もその成長ぶりに目を細めていた。教育のバトンを受け取った大学としては大変嬉しい瞬間だ。

試験で参加できなかった1−3年生は、事前にビデオ収録に協力してもらった。それぞれの好きな授業や先生、サークル活動、大学に入って変わったこと、などについて話してくれた。動画は広報入試課の担当者が、がんばって編集した。チャペルの環境で再生するには、マイクの性能などの問題があって、やや聞き取りにくいところも出来てしまったが、良い出来であった。動画は名前などの情報を抜く再編集ののち、後日公開される予定。

同じ学園の大学に「エスカレータ」でいくというと、消極的な選択のように考える人もいるだろう。実際たしかに、あまり深く考えずに、なんとなく進学してきているケースも少なくはないが、そうではない学生もいるし、後者は大学の中で非常に積極的に活躍してくれている。大学側としては、先輩がどんな風に大学で4年間を過ごし、トータル7年間をどのように過ごして社会に出て行くのか、より具体的なイメージを持ってもらえたらと考えている。

終了後は食堂で昼食をいただいた。一緒行った4年生たちから「敬和ランチ」という言葉をきいて気がついた。高校では食堂で食べる食事を「敬和ランチ」といっているのだ。大学で学生たちとやっているUst配信番組を「Keiwa Lunch」と名付けたのは、敬和学園高校出身の学生たちだったと記憶しているのだが、高校の昼食の記憶から、この名前が提案されたのだろうか。今度会ったらきいてみよう。

Keiwa Lunch 20130124

Keiwa Lunch 1/24は年度内最後の定期配信:これからのKeiwa Lunchを担う「MC研究生」が登場


こちらも配信から1週間以上たってのブログでのお知らせ。Keiwa Lunchの2012年度最後のレギュラー配信(不定期配信は今後も予定されている)となった、1/24の配信。この日は、「Keiwa Lunch新MCを探せ!」という企画で、1−2年生の3人にきてもらった配信した。MCは土田舞歌。

Keiwa Lunch 20130124

[youtube]http://youtu.be/EpmPSgFAyXc[/youtube]

現在の3年生のMCの3人はそのまま来年も活動を続けるつもりだが、後継者育成ということで、すでに参加している横田さん以外のメンバーを探したいというのが企画趣旨。とはいえ、番組のことをよく知らないメンバーもいるので、Keiwa Lunchの歴史を説明し、それから本人のプロフィールをいろいろ聞いていくという体裁になった。したがって、当初のKeiwa Lunchの様子を知らない人にも、役に立つ内容になっている(現MCの参加したての頃の、ういういしい写真も挿入している)。

結論として、今回出演した3名を「研究生」とし、7名のメンバーで来年度から活動していこうということになった。

春休み中も、配信、撮影のオファーをいろいろ頂いた。メンバーが息切れしない程度に、新しい取り組みにもチャレンジして行きたいと思う。

Keiwa Lunch 20130117

Keiwa Lunch 1/17はKeiwa Crew特集

Keiwa Lunchのレギュラー配信も、Youtubeに何本かアーカイブをアップした。まず1/17のKeiwa Crew特集。

Keiwa Lunch 20130117

学生情報発信チームのKeiwa Crewも2年目に入った。1年目はフリーペーパーを作るので精一杯だったが、2年目はもう少しいろいろと活動していこうという話になっている。が、締切なしの情報発信を続けていくのは、なかなか大変。

この日は、2年目で初参加となった新保さん、水落さん、峯村さんが出演。1年目からKeiwa Crewに参加し、今年はリーダー格としてがんばっている土田舞歌がMC。

追記:最初にアップした動画が、途中から画面が止まるなどの不調があることが判明、アップロードしなおした。

Tsubame CCI 20130125

Keiwa Lunchチームが、燕商工会議所で撮影

昨年12月の「Beソーシャル!セミナー」でご一緒にした、燕商工会議所の高野さんからお誘いいただいて、燕で撮影をすることに。先週金曜に、燕商工会議所に学生たちを連れて行き、撮影をさせていただいた。

Tsubame CCI 20130125

目的は、高野さんのチームが計画中の、燕の金属加工技術を利用した新しい商品のビデオ撮影。商品は、12月のセミナーのときに見せていただいたモノだが、「ネタ」っぽいところもあるので、学生に映像を制作させてもらえることになったのだと思う。これから学生が編集して、よい作品にしあげてくれると思う。納得の仕上がりになれば、展示会場などでも使っていただけるそうだ。

以下は一戸が作った予告編。予告編なので商品名は出ていないが、この商品を見たことがある人にはすぐに分かってしまう内容。

撮影に参加したのは、MCの西方、撮影の見田とアシスタントの長井。最小限のチーム編成だったが、よいチームワークで効率よく撮影することができた。帰りには燕三条地場産業振興センターにも立ち寄ることができた。学生たちは全員新潟市在住で、燕三条の産品をよく知らなかったようなので、よい勉強になったのではないか。

[rakuten]aruarutsuhan:10001104[/rakuten]
[rakuten]aruarutsuhan:10001105[/rakuten]
[rakuten]happyhappy:10013515[/rakuten]
[rakuten]gs:10010115[/rakuten]

Keiwa Lunch 20121007 Shibata Juunisaiichi / 新発田十二斎市

10月に撮影した新発田十二斎市の映像を公開

このところ忙しくてブログを更新できなかったが、この間にいくつか動画をアップしている。
一つ目。昨年10月に撮影した、十二斎市の取材映像。十二斎市は、新発田市や新発田商工会議所などとの共催で、敬和学園大学で実施する「朝市」で、年二回開催されている。朝市といっても、お昼すぎまでやるのだが。

Keiwa Lunch 20121007 Shibata Juunisaiichi / 新発田十二斎市

『食・芸術・読書の秋』新発田朝市十二斎市を開催 – 敬和学園大学 新潟県新発田市にあるリベラル・アーツ大学

昨年10月の十二斎市は、あいにく天候にはめぐまれなかったが、撮影を行いつつ、ブースからXiを使ったUst配信にも挑戦した(がうまく行かなかった)。細い回線で安定した配線をやるには、まだまだ知識と経験が足りない。ともあれ、天候が悪いなりに、盛り上がっている様子はわかっていただけるのではないか。3人のMCが、分担して各出展者のブースを回っている。

センター試験を共同で実施している、新潟リハビリテーション大学も、この日ブースを出していて、ストレッチ体験をすることができた。体の硬いMCまいかが、ストレッチ後に、急激に前屈ができるようになる様子をまとめたのが、こちらの動画。

Keiwa Lunch 20130110: Miss CUT IN Campus 2012 グランプリの高井瑛子さんを迎えて

【Keiwa Lunch】Miss Cut in Campusグランプリの高井瑛子さんがゲストの1/10配信分をYoutubeに公開


1月10日のKeiwa Lunch、この日のゲストは、12月21日開催のMiss CUT IN Campusでグランプリとなった高井瑛子さん。MCは、同じバイト先で仕事をしていたというまるり。

Keiwa Lunch 20130110: Miss CUT IN Campus 2012 グランプリの高井瑛子さんを迎えて

Keiwa Lunch 20130110: Miss CUT IN Campus 2012 グランプリの高井瑛子さんを迎えて

高井さんは現在、新潟の地方局NSTでもレポーター役として活躍、配信の中では、4月から岩手県でアナウンサーとして仕事をする予定であることが発表されている。

Miss Cut in Campus、敬和学園大学の高井瑛子さんがグランプリに | ICHINOHE Blog

終盤では、Keiwastagram10月月間賞のTシャツもお披露目された。モノ刷製作所で作っていただいたTシャツを着て、敬和祭当時のチアリーダー部、国際ダンスサークルの部長が、登場してくれている。

Keiwa Lunch 20130110

Keiwa Lunch 20130110

keiwastagram | 敬和学園大学の日常を写真で切り取る

いろんな「モノ」に印刷してくれるモノ刷製作所に行ってきた | ICHINOHE Blog