タグ別アーカイブ: job

漫画家野間美由紀さんの描いた、サザエさん風のSteve Jobs

先ほどFacebookで回ってきた絵。サザエさんの世界にすっかり溶け込んだSteve Jobsだ。

 

どなたが描いたのか探ってみたところ、自分がシェアした投稿の発言者である、漫画家の野間美由紀さんであった。診断メーカーがきっかけとなって、「描いてみた」ということのようだ。

 

現在進行形で、Facebookではシェア、TwitterではRTされ続けているようだ。

漫画家が描いた『サザエさん絵柄なスティーブ・ジョブズ』が出来すぎてて凄い件 | トブ iPhone

少女漫画の漫画家さんなので、元々の画風は全く違うらしいが、とても片手間に描いたとは思えない出来栄えだ。

中国のインターンシップ・大卒就職を巡る実情

中国の大学生の、インターンシップ、就職をめぐる実情。以前ゼミで担当している留学生が、学校から紹介するインターンシップの選考から外れて、キャリアサポート課に直談判に行っていたことを思い出した。中国から留学生を受け入れている大学は、この記事にあるような実情をよく理解し、対応を考えるべきであろう。

中国インターン事情~一人っ子はバイトできない:日経ビジネスオンライン

新卒の就職率が10%台と推定される中、「インターンシップ」を内定獲得のための「必須アイテム」と位置付ける学生たち。しかしマッチングがうまくいかない(学生が知名度を重視しすぎる傾向もあるのか?だとすれば日本も似ているだろう)。日本の大学生と異なり、中国の大学生はアルバイトをしない。社会事情も親も、学生のアルバイトを許さない傾向にあるという。ゆえに、採用面接にあたって、「社会経験」をアピールするには、「インターンシップ」が必要だということになるわけだ。

最後にこんな記述があった。

中国でビジネスを展開する日本企業の関係者に提案したい。今すぐにでも、自らのホームページでインターン募集を告知すべきである。人数、職種、条件など、具体的であればあるほどいい。忘れてはならないこと――それは「インターンで優秀さを証明した学生を、優先的に正規職員として採用する」ことを明記することだ。北京大学を含めて、ハングリー精神に満ちた中国の大学生たちは「待ってました」とばかりに応募するであろう。

これは、敬和を含めて、新潟の大学で学んでいる留学生にとっても同じだ。彼らは新潟で定着して4年間、日本語学校時代を含めればさらに長く、新潟で生活し、その中で成長している。実は彼らの多くは、日本、とりわけ、住みなれた新潟での就職を希望している。中国で学んでいる学生とは異なり、新潟市内の各所でアルバイトをしていて、市内の各店舗の状況などは、日本人よりも詳しい場合もあるくらいだ。一方、新潟県内の企業でも、グローバリゼーションに対応して、中国に進出した、あるいは進出を検討している企業が増えていると聞く。ノウハウがない中、現地に出かけていくのは、リスクも多い。

個人的にはここで本腰を入れて、留学生と新潟県の企業とのマッチングを始められたらと考えている。留学生にも多くのインターンシップの機会を与えてもらえれば、彼らは貪欲なので、自分に足りないスキルを認識し、さらに努力をしてくれるはずだし、こうしたプロセスは必ず新潟県経済にとっても大きな力になるはずだ。ご関心の方、ご連絡いただければ幸いです。

中国の頭脳 清華大学と北京大学 (朝日選書)

Steve Jobsの卒業式スピーチ、高校英語の教科書に登場

以前このブログでも紹介した、Appleのスティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)のスタンフォード大学卒業式でのスピーチが、高校の英語の教科書Crown Englishに採用されたそうだ。この前J waveでもこのスピーチのことが話題に出ていて、途中から聞いたので何で紹介されているのかわからなかったのだが、たぶんこの教科書のことが紹介されていたのだろう。


ちなみにこのスピーチについては、Smart.fmのリストにもなっているので、教科書を読まなくても(?)、勉強はできる。

外国人向け就職フェア AKIBA INTERNATIONAL JOBFAIR 2008 [JOB FAIR]

ゼミ学生の就職面談が終わった夜になって、以下のイベント情報が入ってきた。敬和留学生の皆さんは、2週にわたって上京してください。

リンク: 外国人向け就職フェア AKIBA INTERNATIONAL JOBFAIR 2008 [JOB FAIR] | TOP.

 

日時 

2008年3月8日(土)10:30~18:00

対象者 ●日本で学ぶ外国人留学生や日本で働く外国人
●大学・大学院・短大に在籍中の外国人
●大学・大学院・短大を卒業された外国人
●交換留学中の外国人
●日本語・英語・中国語・韓国語・その他言語バイリンガルの人
●日本で就職、もしくは企業を探している人
●職務経験のある人も歓迎

会場 秋葉原UDX 2F(屋内ホール)
1、JR秋葉原駅 電気街口より徒歩2分
2、東京メトロ銀座線末広町駅 1・2番出口より徒歩3分
参加費

入場無料・入退場自由・事前登録が必要(http://www.jobfair.jp)

【問い合わせ】
■「外国人向け就職フェアJOBFAIR.JPサポートデスク」
TEL: 03-3511-5790 E-mail: support@jobfair.jp
※事前予約が必要 

 

第三回アジア人材就職・転職説明会

本日は就職個別面談ということで、三年ゼミ生と就職活動について、ひとりひとり面談中。今年の三年ゼミは留学生が多いのだが、途中で以下の説明会の情報を知った。午前中にきた学生に教えられなかったので、一応載せておこう。

リンク: 第三回アジア人材就職・転職説明会.

 「第三回アジア人材就職・転職説明会」は、日本及びアジア地域での就職を希望する外国人留学生・就学生・日本人学生、また、日本及びアジア地域での転職を希望する外国人及び日本人の方々と、国籍を問わず積極採用する日本企業、アジア企業との出会いの場です。普段は勉強や仕事で忙しい人も、ゆっくりと企業の担当者と話すことができる絶好の機会です。入場無料・予約不要です。

開催日時:平成20年3月1日(土)10:30~16:30

会場:東京都立産業貿易センター松浜町館
持ち物:筆記用具、履歴書、職歴書(職歴のある方)、受付票

※事前に受付票をダウンロードしてご持参ください。
 受付がスムーズになります。

※詳しくは下記のホームページをご覧ください。ダウンロードもできます。

≪お問合せ先≫
 アジア人材就職・転職説明会 運営事務局
  TEL:03-5423-0723(10時~18時)
  FAX:03-5423-0631
  

E-mail:info@asiajobfair.net
  http://asiajobfair.net/