タグ別アーカイブ: instagram

新潟市新津美術館「仮面ライダーアート展」で撮影された「改造手術」写真を募集します

5月18日(土)から新津美術館で開催されている、「仮面ライダーアート展」に行って「改造手術」写真を撮ってきたところ、Facebookでの反応がよかったので、皆さんの写真も募集します。誰でも無理なく(?)、改造されている写真を撮れますので、ぜひ皆さん参加してください。

仮面ライダーアート展 新潟市新津美術館

改造人間にされているところ(二日酔いではない) #niigata

開催は、7月28日(日)まで。歴代のライダーが展示されていて、その他多くのものが展示可能となっています。改造手術の撮影コーナーは、歴代主題歌の映像を流しているコーナーの近くにあり、多くの人が座って主題歌映像を見ているため、ちょっと恥ずかしいです。恥ずかしさを乗り越えて(?)、苦悶の表情で改造される写真を撮ってください。。

撮影した写真は、Instagramで、「#riderope」というハッシュタグ付きで投稿してもらえると、自動的にこちらに表示されるはずです。

#riderope | listagram

Instagramでの投稿が難しい場合には、別の方法で投稿していただいて、 @shinyaiまでTwitterかFacebookでお知らせください。許可いただければ、Instagramには、こちらから投稿させていただきます。

Keiwastagram 2012

Keiwastagramの写真で敬和学園大学の2012年をふりかえる動画「Keiwastagram 2012: Year in Review」

スマートフォンを使った写真SNS(アプリ)「Instagram」で「#keiwa」をつけて投稿された写真を共有する学内プロジェクト、「Keiwastagram」をスタートして、すでに半年以上が過ぎた。5月のスタートだったので、8ケ月。投稿数には波があるのだが、とにかくも投稿がそれなりに集まり始めていて、5−6月、7−9月、10月、それぞれに月間賞を選定することができた。月間賞としてはTシャツを制作、また優秀作品を集めたポスターをPrinstagramに発注し、大学の中に展示している。

Printstagram – We Print Your Instagram Photos

敬和学園大学に関連するInstagram写真を集める「keiwastagram」 | ICHINOHE Blog

12月に入り、TwitterやGoogleから、それぞれのサービス上のやりとりから、1年を振り返る動画が相次いでアップされた。Keiwastagramでも8ケ月の蓄積があるので、同じように5月から今までの写真で、「1年」を振りかえる動画を作ろうと考えて、制作してみた。

Keiwastagram 2012

最初は写真のスライドショーで作ってみたのだが、合間で学生たちのコメントや「Keiwastagram!」と言っているシーンを挿入して見ることにした。撮影をしているうちに興味を持って協力してくれる学生も出てきて、結果いろんな学生が動画で登場してくれた。終わってから考えると、よく投稿してくれている学生に、もっと声をかければよかったかなと思うところもあるが、Keiwastagramが何かわかっていないけれども協力してくれた学生もいて、そちらに向けてはむしろよい宣伝になったかもしれない。みんなこれから投稿してくださいね。

Keiwastagram 2012年まとめに映像コメントをいただきました。今週中に撮影完了予定。 #keiwa

もともとKeiwastagramは、ソーシャルメディアやスマートフォンに対する捉え方を変えようという狙いを持ってスタートさせた。学生のTwitterがトラブルを引き起こすこともあり、またスマートフォン利用についての感覚のギャップもあり、ソーシャルメディアやスマートフォンについて、ネガティブな感覚を持っている同僚もいないわけではない(よくわからないというのもあるだろう)。また学生たちの中にも、ソーシャルメディアというのは、日頃のぼやきを書く場所だと思っている人が多い。しかし、日常を記録する写真をみんなで共有すると、どれだけ自分たちの日常が輝くのかを知れば、常に手元にあるスマートフォンがプラスの可能性を秘めていると感じてもらえるのではないか。そのように考えた。

また、大学生活に対する気持ちにも、何か「革命」を起こせないかという思いもあった。今回動画を制作する過程で、撮影に協力してくれる学生には、途中まで作った動画を見てもらった。みんな動画のテイストを気に入ってくれて、快く協力してくれたし、なかには自らカメラを持って、他のメンバーの動画を撮ってくれる学生もいた。もともとこの取り組みのヒントになったのは、ニューヨークのLove NYCプロジェクトだ。Instagramで、みんなのニューヨーク写真を収集、共有しようというもので、ニューヨーク市民のポジティブな投稿が多く見られる。自分たちが暮らした大学での生活を記録し、共有することができれば、敬和の小さなキャンパスで繰り広げられる生活についても、もっと前向きな気持ちを持ち、貴重な時間を記録して共有する価値を、感じてくれるのではないか。

この目論見が、どこまで成功したのかはよくわからないが、今回の動画に関しては、学生たちの反応を見る限り、ポジティブな気持ちを醸成するのに少なからず役立っているように思う。動画を作るのは時間がかかるが、もう少し短いスパンで、この手のプロモーションビデオを作ってみようかなと思う。

残念ながら写真の内容には偏りがある。それはすなわちユーザ層の偏りということでもある。ソーシャルメディアである以上やむをえないことではあるのだが、学生、教職員、メンバーひとりひとりが、積極的にプラスの情報共有をしていこうという気持ちになってもらえたらと思う。Instagramで写真を投稿するのは、かなり参入障壁が低く、スマートフォンユーザなら、誰でも参加できる。手軽な投稿がポジティブな方向に作用していってくれることを願っている。

これまでほぼ自分一人で優秀作を選んでいたKeiwastagramだが、月間賞については、選考委員会を作ることになった。外部からもFM Kentoのカメラマン中田さん、テクスファームの加藤さんに参加していただき、学生のメンバーも入れて、よりフェアな選考を行いたいと思う。皆さんふるってご参加ください。

keiwastagram | 敬和学園大学の日常を写真で切り取る

keiwastagram

Keiwastagram

Keiwastagram (keiwastagram)さんはTwitterを使っています

Pripic

Instagramでステッカーを作ってくれるPripicのキャンペーンに当選

Instagramでステッカーを作ってくれるサービスPripicのキャンペーンに応募したところ、見事に当選した。どうもありがとうございます。
これから「Pripic bit 6枚」(¥900)を作ってみようと思う。

Pripic

Pripicキャンペーン | Instagramの写真をプリントしてステッカーを作るサービス – Pripic(プリピック)

どこにでも貼りやすいサイズ
大きさは、2cm × 2cmなので、小さなものにも貼れます。とてもかわいくて世界にひとつだけ。

立体的で上質なステッカー
Instagramの写真に樹脂をのせて盛り上げ加工をしています。丈夫で長持ちし、高級感があります。

お気に入りの写真を選べる
あなたのInstagramからお気に入りの写真を選んで下さい。同じ物を複数選ぶことも可能です。

簡単に作れる
お気に入りの写真をInstagramから選んで注文するだけで簡単にステッカーを作成することができます。

樹脂をのせて盛り上げ加工しているということなので、普通のプリクラの写真なんかよりは、かなり上質なものになっているのではないかと思う。さて、どの写真をステッカーにするか。

Keiwastagram 7-9月月間賞

Keiwastagram, 7-9月の月間賞決定:今回も人物写真に

Instagramで敬和学園大学の日常を切り取って集めようというKeiwastagram。夏休み中投稿数が伸び悩んだので、7-9月まとめて月間賞を選んだ。今回の月間賞も人物写真。7月下旬に、東日本大事震災復興ボランティアに取り組む「Keiwa Hope」が企画したチャリティパーティーでの一コマ。大学の写真でもっとも絵になるのは、人物だということがよくわかる。いわば、「カワイイ」の勝利で、Facebook、Instagram、いずれにおいても反応が多い。

Keiwastagram 7-9月月間賞

受賞者喜びのTweet。おめでとうございます。

受賞作品はTシャツにしてプレゼント、その他の優秀作品は、大学正面玄関付近にポスターにしてはり出している。5-6月分は以下の状態に。

Printstagram T-shirt 201208

Printstagram

他のノミネート作品も、すべて人物が写っている。まあ予想通りと言えば予想通り。

Keiwastagram 7-9月月間賞候補

Keiwastagram 7-9月月間賞候補

Keiwastagram 7-9月月間賞候補

人物写真は被写体との信頼関係がなければとれない。もっと知名度を高め、多くの学生や教職員、とりわけヒューマンスキルの高い学生たちに参加してもらって、さらにいい作品が集まるように努力したい。

Keiwastagram

敬和学園大学の日常をInstagram写真で切り取るプロジェクト。ハッシュタグ「#keiwa」をつけて、敬和学園大学の日常、大切なひとときをInstagramへ。

keiwastagram | 敬和学園大学の日常を写真で切り取る

keiwastagram

Keiwastagram (keiwastagram)さんはTwitterを使っています

Instagram Photo Map

Instagramが3.0にバージョンアップ、フォトマップの利用が可能に

Instagramがメジャーバージョンアップを行い、3.0に。フォトマップの利用ができるようになった。松村太郎さんのブログで知った。

Instagram 3.0 – フォトマップは街の風景を切り取る [ t]

以下のように、Instagram上の写真が地図上にマッピングされる。

Instagram Photo Map

Instagram Photo Map

果たして過去に撮った写真のどれを公開してよくて、どれがまずいのか。ここで判断が必要になるのだが、バージョンアップ後、フォトマップを利用しようとすると以下の様な表示。

Instagram Photo Map

続いて具体的な候補が示されて、一つ一つチェックすることができる。Foursquareで場所の表示を入れていたものは、自分で場所の表示をすることを前提に撮ったものなので、まずよいとしてOKしたが、問題なのは下のようなケース。

Instagram Photo Map

iPhoneが記録しているジオタグによると、どうもこの場所みたいですよ、というような形で候補が出てくる。ただ地図を拡大できなかったので、実際どの場所にタグがついているのか確認できず、新潟とか青森とか、ちょっと変なところについていたら困るような場所の候補は、地図に表示しないことにした。もちろんあとで地図を開いて、「あ、自宅にタグが!」というようなものを削除することは可能だ。場所が間違っていた写真を、再び別の場所にマッピングする方法があるのかどうかは不明。

各ユーザの撮った写真をマップで表示する方法はわかったが、すべてのユーザの、あるいは友人の撮った写真を、まとめてマップ上でみるメニューは、今のところ見当たらない(まだないのかな?)

Publicな写真を地図上で表示するサービスは、Flickrの場合、Flickr Photo MapというiOSアプリがある。

地図上にFlickrの写真を表示するFlickr Photo Map | ICHINOHE Blog

またFlickrの中には、Placesという目立たない機能があり、都市名を入れるとその場所で撮られた写真を一覧することも可能だ。

Flickr: Places

新潟市。
Photos & Video taken in Niigata-shi on Flickr!

新発田市。
Photos & Video taken in Shibata-shi on Flickr!

弘前市。
Photos & Video taken in Hirosaki-shi on Flickr!

Instagram 3.0 – Photo Maps Walkthrough from Instagram on Vimeo.

Vimeoでのフォトマップのデモ動画。

AndroidのInstagramアプリは、Flickrへの投稿ができない

Android用のInstagramを使い始めた学生に、そこからFlickrにも投稿できるよ、と言ったところ「ないですよ」という反応。少し調べてみたところ、Instagramからの同時投稿先は、Androidではまだ少ないということがわかった。

Android版 Instagram(インスタグラム) ダウンロードと使い方

今のところTwitter, Facebook, Foursquare, Tumblrの4つにしか対応していないようだ。iOS版では現在このほかに、mixi, email, Flickr, Posterousに対応している。

 

iftttを使えば、解消可能ではある。

ifttt / Dashboard

Instagrate to Wordpress

Instagrate to WordPressがバージョンアップ:Instagram写真をWordPressに「下書き」として投稿可能に

Instagramに投稿した写真を、自動的にWordpressに投稿してくれるプラグイン「Instagrate to WordPress」については、以前ブログに書いた。

Instagrate to WordPress

WordPress › Instagrate to WordPress « WordPress Plugins

Instagramの写真をWordpressに自動投稿するプラグイン「Instagrate to WordPress」 | ICHINOHE Blog

なかなか便利なプラグインではあるのだけど、すべての写真が自動的に投稿されるというのが、ちょっと不満だった。1写真1投稿で、ブログの記事がうめつくされるのは、やってみるとやはりちょっとうるさいので、結局数日して無効化してしまった。しかし実は最近アップデートがあり、この点が解決されていた。バージョン1.1.2から、「published」か「draft」か、つまり「公開」で投稿するか、ひとまず「下書き」で保存するかを設定できるようになっている。

これにより、Instagramに投稿した写真は、ひとまずWordpressに下書き保存しておき、写真の内容によってはブログの記事としても投稿するという選択ができるようになった。設定するのは、「設定」→「Instagrate to WordPress」→「Post Status」で、「draft」を選択すればよい。

なお、同様の機能を、Youtubeのお気に入りに対して提供してくれるプラグインとして、YouTube Favorite Video Postsというプラグインがある。これも同じ使い方ができる。

WordPress › YouTube Favorite Video Posts « WordPress Plugins

WordPressにInstagramから投稿は、これが最高じゃないか! | A!@attrip

Flipboard

Flipboardの「あれこれ検索」の活用:Instagramのハッシュタグウォッチなどによさそう

Flipboardの設定をいろいろいじってみていたら、「あれこれ検索」という検索窓があることに気がついた。今までFlipboardでは、Twitterのリストをのぞけば、それぞれのアカウントの「Home」を見るためにしか使っていなかったのだが、この検索機能を使えば、さまざまなサービスのリアルタイム検索を眺めることができる。Flipboardはビジュアル表示に優れているので、Instagramのハッシュタグウォッチに力を発揮しそうだ。

トップページだと赤いリボン、ブラウジング中の場合には、虫眼鏡ボタンを押す。

Flipboard

「あれこれ検索」の窓に、何かキーワードを入れてみる。

Flipboard

たとえば、「#niigata」と入れると、Twitter検索でこのキーワード検索した結果を乗じアップデート表示することができたり、その他、これに関連するTwitter、Facebook、Facebookページ、Facebookグループ、Flickrのユーザ名、Flickrのグループ名などが検索結果に出てきて、これらを追加できる。

Flipboard

Instagramについてもこのようにいろいろ。すでに投稿されている写真があるタグが、候補として表示されるようだ。

Flipboard

追加したいものの横にある「+」マークを押せば良い。ただし、表示順は一番最後になる。すでにたくさん表示させている場合には、「マイFlipboard」→「編集」に進み、順番を変えてやれば良い。右側のグレーの「三」の部分を移動させる。

Flipboard

Instagramの検索タグとして、普段使っている「#keiwa」と「#niigata」を設定し、一番前のカバーストーリーの下においてみた(このブログでのリンク先は、いずれもlistagram)。これで「keiwastagram」に投稿された写真についても、Flipboardで確認して、反応することができる。

Flipboard | Flickr – Photo Sharing!

関連エントリー:

Instagrate to Wordpress

Instagramの写真をWordPressに自動投稿するプラグイン「Instagrate to WordPress」

このところ、WordpressにInstagramの写真を自動投稿しているが、この自動投稿に使っているプラグインが、Instagrate to WordPress。

Instagrate to WordPress

WordPress › Instagrate to WordPress « WordPress Plugins

Instagramの写真をWordpressに自動投稿してくれるプラグイン「instagrate to wordpres | designTips

一度連携を設定してしまえば、ほとんど設定は必要ないが、「Custom Title Text」(ブログ記事タイトル設定)「Custom Body Text」(ブログ記事本文設定)を設定した。結果、タイトルは「(写真のタイトル) – from Instagram」、本文には「(Instagramへの投稿を自動的にWordpressにも投稿しています)」と表示するようになった。

通常のブログエントリーに混じって、Instagramの写真が1写真1エントリでアップされると、ちょっと記事が多くなりすぎるような気もするので、このブログでこのままこの状態を続けていくかどうかは、しばらく試行しながら考えようと思う。Instagramの写真を使ったフォトブログを、フォトブログ向きのテーマなどを使って作る際にも、このプラグインは役立ちそうだ。

Keiwastagram

【Keiwastagram】FacebookページとTwitterアカウントを設置

敬和学園大学の日常を写真で切り取るプロジェクト「keiwastagram」について、FacebookページとTwitterアカウントを設置した。Facebookページには「いいね」を、Twitterアカウントはフォローしていただければ。

Keiwastagram

Keiwastagram

Keiwastagram (keiwastagram) は Twitter を利用しています

敬和学園大学や関連イベントで撮影された写真、敬和学園大学の学生等関係者による写真などに、#keiwa タグを付けてInstagramに投稿してください(内容が不適切と判断したものについては、削除する場合があります)。Instagramには、iPhoneまたはAndroidアプリから投稿することができます。

Instagram

うまく投稿されれば、上のFacebookページ、Twitterアカウントとともに、下記の各ページでも表示されます。

“keiwa” | A little Pinterest in your Instagram | Pinstagram

keiwastagram | 敬和学園大学の日常を写真で切り取る

keiwastagram