タグ別アーカイブ: gree

中森明夫講演会と大学祭終了

大学祭が終了した。
今回は模擬店、企画ともに多数あり、全体としては大いにもりあがったといえるだろう。
自分の担当しているゼミでも、恒例のベルギーワッフルのほか、エッグタルトもメニューに加わり、過去最高の売り上げとなった。学生たちの協力関係も比較的うまくいった。
個人的には、中森明夫さんと「女性自身」編集部の田邉さんの講演会に力を注いだ。もともと通常の講義期間中に設定しようと思ったが、市民も集めようとして学園祭にぶつけた。結果的に見ればその作戦は失敗だった。学生はみな模擬店やその他企画にはりついていて、思うように集まらず、市民も意外と中森さんを知らなかったため、集客に苦労した。北海道新聞と地元紙もそれぞれ紙面でとりあげてくれたのだが、なにせ前日北海道開発局主催の大きなシンポジウムが、学園祭と連動して同じ場所で開催されたというのが大きかった。もちろん趣旨はぜんぜん違う企画なのだが、なにせ開発局は建設業界に絶大な力を持っており、前日のシンポには、建設業界の関係者、市長を初め稚内市の関係者などがやってきて大賑わいとなった。ただ「背広族」たちは、そこに「動員」されているだけなので、学園祭本体とのシナジー効果はまったく生まれることはなく、大学とおじさんたちとのギャップがかえって際立つ結果になったように思う。「背広族」が学園祭につきあわなければならない義理ももちろんないのだが、一方の学生も自分たちの企画で手一杯でシンポジウムにあまり参加しなかったし、もう少し両者が接点を持てるような仕掛けを作るべきだったなあと感じた。
中森さんと田邉さんのトークは、個人的には非常に面白かった。芸能エンタメ裏情報から雑誌メディアの将来まで、という幅広いテーマでお願いしたが、見事にバランスをとってくださった。「裏情報」は稚内の人には聞いたこともない遠くの世界の話だったと思うのだが、それでも食いつきはそんなに悪くなかったと思う。学内的に「あいつ下らんことを企画した」と思われないように配慮したのがよくなくて、むしろ自由に「裏情報」で突っ走ったほうが、結果的にはよかったかなという気もする。
一番大きかったのは、ゼミの学生たちへの影響であろう。これは良くも悪くも、ということになるだろうが、いずれにしてもメディア関係者との接点を持ち、付き合い方を覚えるというのはいいことだったと思う。そういう意味で、限定的ではあったが、中森講演会のほうが、学生たちとの接点が生まれてよかったと思う。当初は一戸が勝手に始めた企画であったことや、中森さんを今の世代はほとんど知らなかったこともあって、学生たちもあまり力を貸してくれなかったが、当日は表に裏に十二分に働いてくれた。
打ち上げは、模擬店打ち上げと講演会打ち上げを平行して行い、途中から講演会打ち上げに学生たちが合流するという形になった。学生たちは最初気後れしていたようなところもあったが、だんだん酔いもまわって、最後は三人の来客と交じり合っていろいろな話をしていた。酔っ払いすぎて何をしゃべったか覚えていない人も多いようだが。
マスコミ関係の人と飲んでいると、いつもその場のノリでとんでもない方向に話が発展していく。今回も、大学や稚内市の方向性について、常にポジティブにいろいろなアイディアが出続けた。たいていこの手の話は酒の場での盛り上がりで翌日消えてしまうような荒唐無稽なものなのだが、ごくまれに、荒唐無稽なはずなのに、そのまま現実化してしまうこともある。その辺のバランスを知っていると、適当に相槌を打ったり、話を広げたりしていくノリになるのだが、学生たちの反応はなかなか複雑だった。案外まじめに反感をもち「あんなのとんでもない」と言っているのもいたし、適当に話をあわせているのもいた。テーマが「おたく」「アニメ」のあり方みたいなところにあったこともあるかもしれない。
しかし本質はたぶん別のところにあると思う。マスメディアはノリで新しい流行を作り出す。それにさしたる根拠がないことは、当の関係者もよくわかっている。一方で、草の根から新しいムーブメントが生まれる、SNSのようなものも実際に存在している。マスメディアはそのときそのときノリで、虚像を作り出し、旬がすぎるとあっさり見捨ているのだから、草の根の活動がきちんと根付いていくことは大事なことである。しかし、稚内ではどうか。稚内の小さな取り組みや地道な草の根活動は、「いいことだね」と言われるに至っても、なかなか人々の生活に根付くことがないし、まして街の外の人間をひきつけるものに育っていかない。たとえばSNSは大都市圏では支持を得て、まだまだ人口比率から言ったらたいしたことはないけれども、人口を拡大再生産する仕組みができてきている。それはある程度の動きができた段階で、マスメディアが注目してきたらであろう。首都圏のメディアは多様であり、ノリがよく、新しい動きを察知して、勝手にどんどん話を大きくしていくのである。
しかし稚内では、地元メディアが少なく、中央メディアへのアクセス(発信のためのアクセス)もきわめて限定されている。だから地道にやっていることに陶酔・満足しがちなのだが、メディア対応がうまくいっていないからうまくいかないという面があることは、一応出発点として確認したほうがよい。GREE WAKHOKイベントがたいして話題を呼ばなかったのは、われわれのおかれた現状をあらわしているのだと思うが、もう少しやり方を考えれば話が広がっていく可能性がないわけではない。企画段階での「ノリ」を、もう少し大きな動きにしていくような何かが必要だったのだろう。
幸いにも、東京人は稚内に興味を持つ。それは地元から見れば偏見と思われるようなものもあるが、北海道イメージは最大限生かすべきであろう。今回のゲストの二人も、いろんなイメージを広げて東京に帰った。それらはここでちょっと盛り上がるだけで終わるものもある。しかし、やはりそういうところでうまく機会を捉えて、ノリを作り出していくようなセンスが、稚内人にも求められているし、学生たちもそうなっていってほしいと思う。
指導教員がノリがよすぎる・ノリがすぎるというのはよくわかったと思うのだが、それを反面教師にするよりは、いいとこどりでうまくやる学生たちとなっていってほしい。

情報共有

数日前の「郷土愛」の弊害には、いくつかコメント、トラックバックをいただいた。ぼかした書き方をしたのと、いくつかの論点を一度に書いたので、コメントのポイントもいろいろだった。
まず稚内にも「外から見える稚内」についてちゃんと考えている人がいる、という意見。
それには同意する。でも、その少数の良識が全く通じる気配がないというのが問題だ。それと、良識なんかなくてもなんとかなる、という楽観的な立場に稚内がいないということがまず大前提になる。「観光」がなければどうにも立ち行かないというのは、都市の構造として非常に悲観的な状況だし、その頼みの綱の「観光」をなんとかする機運もないというのは、もはや絶望的だ。で、いいたかったのは、にもかかわらず「地域に根ざしてくれ」という大学へのリクエストは無茶苦茶なのだということ。何に根ざしたらいいのだろう?そんなに何もないんだったら「大学に根ざしてくれ」とこちらからもいいたくなるというのものだ。IT産業の集積について、何か考えていただいたことはあるのだろうか?学生の起業支援なんて話は、全く聞こえてもきません。
情報共有のチャンネルを作っていくことが大事というもう一つの意見。そう思う。
GREEのサービスを使って感じるのは、非常に都会的な情報共有スペースだということ。これは都会のユーザが多いという意味ではなくて、他人との濃淡のある付き合い方や濃淡のある情報共有があるという意味だ。東京では、電車の中や喫茶店などで、いやおうなしに他人の情報が入ってくる。しゃべっている内容が聞こえたり、服装が目に付いたり。で、他人のことは大して気にはしていないのだが、ちょこちょこ意識せずにいろいろな情報が入ってくる。また人ではなくても、たとえば電車の中吊りとか街に出ている看板から入ってくる情報もある。それらはそんなに集中して情報を取り入れる対象にはなっていないが、自然に入ってくる情報として意識の隅っこに置かれることになる。田舎にいると他人を凝視していろんな情報を得る人たちがいる一方で、自分にかかわりのない情報がちょろちょろ入ってくることが極端に少ない。情報が少ないから他人のことをよく見ているのかもしれない。
GREEは友達の意外な一面がわかるだけでなく、友達の友達のことがだいたいの人となりまでわかるようになる。Blogやおすすめの本の情報もちょこちょこ入ってくる。それらは必ずしも自分の興味の範疇に入るわけではないが、まさに「意識の隅っこ」に置かれることになる。「外の世界」を感じたからといって、一足飛びに「田舎者」でなくなるわけではないが、「中吊り広告」のない街の人には、結構大きなインパクトがあるように思う。
まず稚内掲示板の書き込みに、知性のかけらもないという状態は、なんとかなるかしら。2ちゃんねるの稚内版と割り切るにしても、あまりにもひどい。

Koyote

l_p1003284227.jpg
GREEのグループはいつまでたっても二人のまま。
「ヨン様」ブームもこちらにはあまり波及効果がないようだ。
というわけで、少しずつ韓国のみならずアジア音楽の紹介もしていこう。
ちなみに、アジアのCDや洋書は、GREEのおすすめには掲載できない。アマゾンのデータベースに入っていないようだ。
最近再度のマイブームが訪れたKoyoteは、一戸ゼミ生で僕の車に乗ったことがある人なら、「歌手名は知らないけど曲は知っている」というアーティストだ。一戸車からときどき爆音が出ているアレです。非常に韓国的な古典的なメロディを時折取り込んだダンスミュージック。男女混声ユニットで、メインボーカルのシンジ(女性)の伸びやかなボーカルが印象的。ソウルの街角や歌舞伎町で耳にしたことがある人も多いだろう。
興味をもたれた方は、公式サイトまで。韓国語がわからなくとも、「Video Clip」のリンクを上から適当にクリックすれば曲が出てきます。
また日本語での詳しい情報は、Turbo Clubにて。丹念な日本語訳にはいつもながら頭が下がる。

Greeが必要かどうか便利かどうか

明日一限から授業なのでもう寝ないと。
さっきのGreeのところでコメントがついたところで、ちょっと思い出した。
東京で働き始めた頃、大学院の先輩達と食事をしていて、「一戸君携帯持ってるんだね、私まだなんで携帯が必要になるのか状況がわかんないんだ。」といわれた。いわれて自分が思ったのは、必要かどうかではなく、便利かどうかで自分は携帯を持っているんだということ。
たぶん彼女も今は携帯を持っていることだろう。あ、でも携帯もお金はかかるので「懐と相談」という場面はあるにはある。
さっき書いたように、僕は半年間「Greeってなんか意味あるのかな?」ってずっと考えていた。
WAKHOKの人たちは、技術的特性から入って「面白い」と感じられる人たちが多いのだけど、どうもそういうノリに僕はついていけない。もう少し具体的な中身の部分でメリットが感じられないと、面白いとは思わない人種なのだろう。
ただどうやらソーシャルネットワーキングは、やる前から「面白い」と感じられる人は少ないのではないだろうか。若い人がなんだかわからないけどいじくってみて、どんどんハマっていく世界なのだろう。その証拠に、Gree参加者の属性データでは、30代以上の割合が非常に低い。Greeを使うのに、少なくとも直接的な金銭負担は発生しない。でも、30代以上の人は、「これは何の意味があるんだ?」ということが別の意味での「負担」になってしまうので、とりあえずいじくってみようという気持ちにならないのかもしれない。
幸か不幸か僕はまだ、酔っ払ってへべれけになって「まあいいや、やっちゃえやっちゃえ」という類のドンチャン騒ぎを、やるような精神性は残っている。便利だから使っちゃえ、という感じで、あまり深く考えずに、新しいサービスを試してみるような精神も、きっとまだ残っているだろう。半年遅れの分、歳をとったということだろうけど。

WAKHOK的なGree

教員の自分がやる気になったせいか、一戸ゼミでもGreeが急速に普及し始めた。
SFCでのブームから半年近く遅れている。指導教員のアンテナが鈍っているようでは、学生のアンテナが鈍るのもしょうがない。とはいえ、今日の時点で「稚内北星学園大学」というグループには23人、「一戸ゼミ」には9人が登録している。もちろん、早慶のような大所帯には及ぶべくもないが、北海道の大学でならば、北大の次に大きなグループがWAKHOKになるようだ。
丸安ゼミでは半年前には始まっていたのだろうし、自分も安藤先生からずいぶん前に招かれていたのだが。
この前も書いたけど、やっと意味がわかってきたところなのだ。
Gree、あるいはソーシャルネットワーキングの本来の意味が何なのかはさておいて、大学、とりわけWAKHOKのようなコミュニティで、これをどのように使うかが問題だ。もともと稚内もWAKHOKもコミュニティが小さいので、その小さなコミュニティだけに閉じているならば、あまり必要がない。Greeは友達の紹介文を相互に掲載するのだが、閉じられたコミュニティの中だけでその情報が流通すると、なんとも気持ちが悪い「ほめごろし」大会になってしまう。とりあえずSFCに半年遅れながら、一戸ゼミは名簿作りをGreeで実践中。OB・OGの皆さんもぜひ入って、ほめ殺しあってください。
一人の人間がいろんな種類のコミュニティに連なっていて、それらが人を介してシームレスにつながっていく。こういう面白さは、日々膨大な数の他人と道ですれ違っている都会人にこそ感じられるものなのかもしれない。
WAKHOKには今年から東京にサテライト校ができて、東京でも学生が在席している。東京の学生と稚内の学生は、8月のサマースクールをのぞけば、同じようなことを勉強しているにもかかわらず、普段顔をあわせることはまずない。たぶん一緒に何かやることで、お互いにメリットになることはみつかるんじゃないかと思う。まずはその辺からはじめるというのが現実的なところだろうか。