タグ別アーカイブ: friendfeed

IFTTTのAndroid版登場:ソーシャルメディアを「つなげる」だけでなく、日常を「自動化」

複数のソーシャルメディア上の投稿を連携させるサービスIFTTTに、Androidアプリが登場しました。OSの機能をアプリケーション側から操作できるので、条件設定により、自動的に各種の基本設定を変えることができるようです。

Internet上のサービスを繋いで処理を自動化するIFTTTのAndroid版が登場した。そしてこのAndroid版、iOS版と比較するとよりOSレベルの連携が見られるようだ。もちろんこれはAndroidの「レッセフェール」の方針によるものだ。すなわち、アプリケーション側からOSの機能をいろいろと操作しやすくなっているのだ。

インターネットサービスを「繋げて」使うIFTTT、より「自由」なAndroid版がついに登場 | TechCrunch Japan

IFTTTは、If this then thatの略。ソーシャルメディア上の一か所で指定された現象が起きたら、別の指定の場所で、関連するイベントを起こします。たとえば、ブログに投稿をしたら、Facebookにも投稿する。Instragramに写真を投稿したら、その写真をブログにも投稿するといったことです。もともとこうした「マルチポスト」の需要はあり、特定のサイトのフィードをTwitterに自動的に流し込む[http://twitterfeed.com/ twitterfeed]のようなサービスもありましたし、現在はFacebookとTwitterにはそれぞれ、Facebookでの投稿をTwitterに、Twitterでの投稿をFacebookに、それぞれ流し込む設定も用意されています。

(一つの投稿を複数箇所に自動転載、するのとならんで、複数箇所の投稿を一か所にまとめる「アグリゲーション」にも一時期注目が集まり、
FriendFeedというサービスが人気を博しましたが、現在はFacebookに買収されて、あまり利用されていません。)

ソーシャルメディアのメインストリームが、TwitterとFacebookの二強で一度決着してしまった今日、マルチポストの需要もあまりなくなったかに思われましたが、そこに今一度出てきたのがIFTTTということにになります。私自身も、Instagramの特定ハッシュタグの投稿を、Facebookページに自動的にとりこむというようなケースで、IFTTTを使ってきましたが、英語のサービスということもあり、正直日本での知名度は高くないように思います。

今回Android版の登場をきっかけに気がついたのですが、IFTTTが実現するのは、どうやら「マルチポスト」のようなソーシャルメディア間を「つなげる」機能だけではないようです。

レシピ共有用のチャネルで、Android専用のものとしてDeviceにも注目したい。WiFiに接続したり切断した際に、壁紙を変更したり着信のベル音の大きさを変更するようなことができる。他にもlocation、notification、phone call、photo、あるいはSMSなどといったチャネルがある。Android特有の機能を活かして可能性を探るレシピが多く登録されている。

インターネットサービスを「繋げて」使うIFTTT、より「自由」なAndroid版がついに登場 | TechCrunch Japan

レシピというのは、同様の処理を他の人とシェアする機能です。今回Android版のリリースを機に、Android上でこんなことができるよという提案が、レシピとしていろいろ公開されています。たとえば、「オフィスに着いたら、電話の着信音を切って、バイブをオンにする」というもの。当然AndroidのGPSがオンになっているのが条件でしょう。ほかにも「職場を出たら妻にメッセージを送る」とか「最新のInstagram写真を壁紙にする」とか「会議の時間になった電話の着信音を切る」といったものがありました。よく見るとAndroid以外にも、Google DriveやDropboxを使った自動バックアップの機能もあります。これまで人間が行ってきたPCでの操作を自動化し、さらには、生活上のさまざまな動作も、位置情報や時間と連動させて自動化していく方向で、IFTTTは活用できるのですね。

着信音を切るような作業は、人間が自覚的に行ってきたことであり、これを「自動化」するというと、「人間がダメになる」という主張を展開する人もいそうですが、IFTTTの場合には適用条件を決めるのも人間です。おそらくIFTTTの条件設定を面白がって利用する人は、かなり自覚的に条件設定をしていくはずなので、むしろ非常に理性的に、自らの生活をパターン化していくことに喜びを感じる人かもしれません(私はiPhoneユーザなので、この面白さを当面体験できそうにありませんが、そもそもそこまで理性的ではありません)。

あるいは、数カ月前に自分が設定した条件にしたがってスマートフォンが動作し、そのことをすっかり忘れていて、心霊現象ではないかとビビってしまう人は、ひょっとすると出てきそうですね。

サービス同士を連携させて自動でアクションを起こせる「IFTTT」にAndroid版が登場したので試してみました – GIGAZINE

Instagram + Facebook = Instabook

FacebookがInstagramを買収:サービスは今まで通り提供

朝一番でビッグなニュース。FacebookがInstagramを買収すると発表した。買収額は現金と株式で10億ドル。

Instagram + Facebook = Instabook

Photo by johnnymip.

Facebookに買収というと、その後失速したFriendfeed(ただし現在もサービスは続いている)のような例もあるが、Instagramとしては今まで通りサービスを提供するとしている。

ザッカーバーグCEOは、FacebookとInstagramが提供する経験が異なることを認識しているといい「Facebookと統合するより、Instagramの強みと機能を維持していく」方針を明らかにしている。写真共有はFacebookでも重要なコミュニケーションの1つであり、FacebookはInstagramからサービスノウハウを学ぶ一方、Facebookの強力な技術者チームとインフラによってInstagramを強化していくという。

Facebookの台頭が顕著に:世界のソーシャルネットワーク勢力図

Akkyさんのブログが、イタリアのソーシャルメディア評論家Vincenzo Cosenzaさんによる「世界のソーシャルネットワーク勢力図」を紹介している。

World Map of Social Networks
秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ : 世界のソーシャルネットワーク勢力図が更新(2010冬版)

前回の地図では、131ヶ国中111ヶ国でフェイスブックが首位となりましたが、半年経った今回は、132ヶ国中の115ヶ国がフェイスブック1位の国となったようです。新たにフェイスブックに加えられた4ヶ国は、
ハンガリー: Iwiwから奪取
ポーランド: Nasza-Klasaから
モンゴル: Hi5から
パラグアイ: Orkutから
ということで、東欧などこれまでFacebookが広がってきた領域の境界にある小国での変化があった、と言えると思います。アルメニア・グルジア・オランダでは、Alexaでの結果とGoogleでの結果が異なったということで、半年後はFacebookの版図となっているのかもしれません。
Facebookがあまり強くない大国、ロシア・中国・日本・ブラジル等では、前回と同じプレイヤーが首位を守っています。

続きを読む

Facebookの提唱する「いいね」でつながる世界

Facebookが新しいプラットフォームを発表した。日本ではTwitterブームが続いていて、Facebookについてのこのニュースも、まだあまり話題になっていないようだ。

リンク: Zuckerberg曰く: “Web全体が最初からすみずみまでソーシャルである状態を作りたい”.

今日FacebookのF8カンファレンスで、Mark Zuckerbergは”Webのあらゆる場所がアクセスした瞬間からソーシャル”という状態を作り出したいと述べた。この究極的にソーシャルなWebを作るための部材が、Facebookの最新機能であるOpen GraphとSocial Pluginsで、PluginsにはFacebook.com以外のあらゆるサイトに置ける”like”ボタンや、どのサイトからもFacebook Connectをクリックせずにログインできるオートログイン機能、さらに、これらのプラグインやFacebook Chatを載せたFacebook Social Barのようなものまである(Meeboさん、さようなら)。

続きを読む

Wi Fi Mi Fi

中国から国外ソーシャルメディアへの接続

今回の中国出張では、ソーシャルメディア事情を見てこようと思っていた。普段留学生の様子を見ていても、彼らは日本人のように欧米系のサービスを使わず(知らず?)、中国のサービスを利用している。どこかの欧米系や日本のサービスにそっくりなサービスも多い。

どうしてかくも彼らはかたくなに、独自サービスの利用にこだわるのか。もちろん人口で考えれば、ローカライズされた中国語サービスで、英語圏並みのサービスに育っていく可能性はあるわけだが。どうもその背景には、中国政府が設けているGreat Firewall(GFW)により、「欧米系のサービスは普通にはアクセスできない」状況があるのではないか。

以前僕が中国に行っていたころに比べて、ソーシャルメディアのパワーは格段に強まっており、一方こうしたメディアへの中国の規制は強まったように感じていたので、その辺の事情には非常に興味があった。

今回はホテルのLANのほか、中国で使える「どこでもWi-fi」の、mi-fiという機器をレンタルで持っていったので、こちれも利用した。長時間移動でバッテリーが切れてしまう問題はある(これは、イーモバイルのPocket Wi-fiでも同じか)ものの、非常に安定していた。

Wi Fi Mi Fi

続きを読む

google buzz

Gmailをベースにするソーシャルサービス、Google Buzz(バズ)がスタート

朝方まで作業していたところ、Google Buzzという新しいサービスについての記事が、Twitter上で飛び交い始めたので、寝る前に少し試してみた。Web版はまだ順次適用とのことで、利用できなかったが、iPhone版を試してみることができた。

google buzz

続きを読む

新潟県の衆院選立候補予定者のWEB活動を可視化する「poligata」

衆議院解散の見通しは、まだ波乱含みの部分もあるようだが、とりあえず8月18日までは候補者の皆さんもウェブを更新するものと考えておいて、FriendfeedとTwitterにPoligataというアカウントを作ってみた。

フォローや購読はご自由に。

新潟県の選挙区から立候補するであろう人たちが、ウェブ上でどんな言動をしているかを拾い集めようというものだ。

続きを読む

Naghshe Jahan Sq / Esfehan / IRAN #iranelection on Twitpic

イランの大統領選への抗議はTwitterで展開、Friendfeedは遮断

先日、モルドバの選挙でのTwitter利用の話を朝日の記者に語り、余談なので記事にならなかったが、今度はイランの選挙への抗議でTwitterは大変な盛り上がりを見せている。そして、日本語Twitterでは、まだ気づいている人は少ない。

Twitter上では、
1.#IranElection#gr88というハッシュタグで、抗議運動関連の情報が流れている
2.抗議の意思を示すために、アイコンを緑色にかえることが推奨されている(#gr88はこの運動に起源があるようだ)
3.検閲を行っているイラン当局を撹乱するために、タイムゾーンをイランと同じGMT+3.3にすることが推奨されている
といった動きがみられる。

以下はTwitpicを通じてTwitterに流れた写真。shel israel (shelisrael) on Twitterが撮影したようだ。

ViewMore FromTagsCommentsSaveShareSendFavorite

Naghshe Jahan Sq / Esfehan / IRAN #iranelection on Twitpic
 

Flickrにも続々と写真がアップロードされている。

ViewMore FromTagsCommentsSaveShareSendFavorite

Tehran , Iran ,

こうした動きもあり、イランの昼間にはメンテナンスをしないよう、Twitterはメンテナンスの時間帯を変更したようだ。

続きを読む

嘉悦大学の情報メディア論 @class_infomedia

松村太郎さんが、今年から担当されている嘉悦大学の情報メディア論について書いている。@class_infomedia(授業用のTwiccoアカウント)を用いつつ、「「出欠」「授業中のインタラクション」「課題提出」に至るまで、全てをTwitterをインフラとして行」っているそうだ。

リンク: TAROSITE.NET: Twitterで大学の授業をやってみる – 嘉悦大学情報メディア論 @class_infomedia.

ここは議論すべき点だけれど、僕は別に課題を学生と授業担当者の間での秘密にする必要もなく、またリアルな教室内だけの発言にとどめる必要もないと思っている。もちろん、インターネット上に課題を公開しながら進めます、という前提を初回の授業で説明しているのだが、教室にいる他の学生やネット上に出して恥ずかしくない答えを、僕にも提出して欲しい、と言う思いもあるので。

続きを読む

Gizmodo - iPanties: Slide to Unlock Lingerie May Require Jailbreak - iThong

スライドしてロックを外すiPanties

Friendfeedで「今日のベスト」にあがっていた、Gizmodoのネタ。
iPhoneのUnlockボタンに似せたデザインの女性用下着。
Jailbreakすると、何が自由にできるのだろう?

服の中で何かとこすれて、「シュッ」と開いてしまわないかも、気になるところ。

 

リンク: Gizmodo – iPanties: Slide to Unlock Lingerie May Require Jailbreak – iThong.

Gizmodo - iPanties: Slide to Unlock Lingerie May Require Jailbreak - iThong
 
Gizmodo - iPanties: Slide to Unlock Lingerie May Require Jailbreak - iThong