タグ別アーカイブ: Foursquare

Instagram Photo Map

Instagramが3.0にバージョンアップ、フォトマップの利用が可能に

Instagramがメジャーバージョンアップを行い、3.0に。フォトマップの利用ができるようになった。松村太郎さんのブログで知った。

Instagram 3.0 – フォトマップは街の風景を切り取る [ t]

以下のように、Instagram上の写真が地図上にマッピングされる。

Instagram Photo Map

Instagram Photo Map

果たして過去に撮った写真のどれを公開してよくて、どれがまずいのか。ここで判断が必要になるのだが、バージョンアップ後、フォトマップを利用しようとすると以下の様な表示。

Instagram Photo Map

続いて具体的な候補が示されて、一つ一つチェックすることができる。Foursquareで場所の表示を入れていたものは、自分で場所の表示をすることを前提に撮ったものなので、まずよいとしてOKしたが、問題なのは下のようなケース。

Instagram Photo Map

iPhoneが記録しているジオタグによると、どうもこの場所みたいですよ、というような形で候補が出てくる。ただ地図を拡大できなかったので、実際どの場所にタグがついているのか確認できず、新潟とか青森とか、ちょっと変なところについていたら困るような場所の候補は、地図に表示しないことにした。もちろんあとで地図を開いて、「あ、自宅にタグが!」というようなものを削除することは可能だ。場所が間違っていた写真を、再び別の場所にマッピングする方法があるのかどうかは不明。

各ユーザの撮った写真をマップで表示する方法はわかったが、すべてのユーザの、あるいは友人の撮った写真を、まとめてマップ上でみるメニューは、今のところ見当たらない(まだないのかな?)

Publicな写真を地図上で表示するサービスは、Flickrの場合、Flickr Photo MapというiOSアプリがある。

地図上にFlickrの写真を表示するFlickr Photo Map | ICHINOHE Blog

またFlickrの中には、Placesという目立たない機能があり、都市名を入れるとその場所で撮られた写真を一覧することも可能だ。

Flickr: Places

新潟市。
Photos & Video taken in Niigata-shi on Flickr!

新発田市。
Photos & Video taken in Shibata-shi on Flickr!

弘前市。
Photos & Video taken in Hirosaki-shi on Flickr!

Instagram 3.0 – Photo Maps Walkthrough from Instagram on Vimeo.

Vimeoでのフォトマップのデモ動画。

LINE

ローソンのLINE公式アカウントからスタンプ提供

先月始まったLINEの企業公式アカウントから、無料のスタンプ提供が始まった。昨日発表になったのは、ローソンの「あきこちゃん」。あわせて、こちらは公式アカウントはないのだが、チキンラーメンのキャラクター「ひよこちゃん」のスタンプも無料提供が始まっている。

チキンラーメン「ひよこちゃん」と「ローソンクルー♪あきこちゃん」がスタンプに! 企業のLINE公式アカウントから初の無料スタンプ提供開始 : LINE公式ブログ

LINE

ローソンのスタンプは、公式アカウントと友だちになるとダウンロードできるという設定。

企業アカウントからは、割引クーポンが配信され始めている。ローソンからは「Lチキ」の割引クーポンが配布され、すでにローソンでは、高校生がスマートフォンを持って並んでいるという光景が見られるようだ。

ローソンにクーポン持った高校生が殺到? 「LINE」に公式アカウント開設 (1/2) : J-CAST会社ウォッチ

過去には同様の割引キャンペーンをやったのは、最近だとFacebookのチェックイン。Foursquareがスターバックスのメイヤー割引に使われたのは、以下の記事によると2010年5月のことだ。

Foursquareでスターバックスのメイヤーになれば1ドル値引き【湯川】 : TechWave

これまでのキャンペーンが、店に行ってチェックインするという一手間を要求していたのに対し、LINEのクーポンは非常にシンプル。ユーザは一度友だちになれば、後はクーポンが流れてくるのを待つだけだ。今後公式アカウントが増え、クーポンの数も増えれば、次第に効果は薄まってくるおそれはあるのだが、現在は数が少なく、しかもアクティブな時間帯(あるいは店が暇になる時間帯)を狙って、効果的なキャンペーンを仕掛けることができるということだろう。もちろん、全国一律にアクティブな時間帯を設定して効果のある商品に限られるので、位置情報に基づいてタイミングをはかるやり方が、LINEにも導入されるタイミングがくるのかもしれないが、今のところはシンプルさが功を奏しているように見える。

AndroidのInstagramアプリは、Flickrへの投稿ができない

Android用のInstagramを使い始めた学生に、そこからFlickrにも投稿できるよ、と言ったところ「ないですよ」という反応。少し調べてみたところ、Instagramからの同時投稿先は、Androidではまだ少ないということがわかった。

Android版 Instagram(インスタグラム) ダウンロードと使い方

今のところTwitter, Facebook, Foursquare, Tumblrの4つにしか対応していないようだ。iOS版では現在このほかに、mixi, email, Flickr, Posterousに対応している。

 

iftttを使えば、解消可能ではある。

ifttt / Dashboard

Instagram Android_001

Instagram、Androidアプリ公開から24時間で100万ダウンロード達成

 

Androidユーザではないので、Androidの話題にはあまり触れることがないのだが。
これまでiOSでしかつかえなかった写真アプリ「Instagram」が、ついにAndroidアプリをリリースした。iPhoneで使っているユーザは、多くのユーザからフォローされて異変に気付いた人が多かったのだが、その原因はAndroidユーザが大挙してなだれ込んできたからだ。

Instagram Android_001

Instagram’s Android launch has been a successful one, with the company hitting the 1 million downloads mark in less than 24 hours since it became available on the Google Play marketplace.

すでに3月中にプレ登録の受付が始まっていて、そこにかなりの登録者がいたというのもあるとは思うが、Androidユーザの多くが、このアプリの評判を聞いていて、待望していたのも間違いないところ。記事では、近日中に500万ダウンロードを達成するだろうとしている。ちなみに、iOSでのユーザは3000万と書かれている。

Android版では、同時に投稿できるのはFacebook、Twitter、Tumblr、Foursquare。mixiやFlickrなどへの投稿はまだ対応していないようだ。

 

でかけよう。 Google プレイス Downtown in Tokyo 門前仲町 イベントレポート

Google主催のGoogleプレイスを使ったイベント。Googleプレイスを用い、チームに分かれて門前仲町を探検。一定時間で2軒のお店を開拓し、感想をGoogleプレイスにアップするというゲーム。

Foursquare、ロケタッチとTwitter、あるいはFacebookでも同じようなことができる。ローカルコミュニティをみんな深掘りするというのは、新潟で自分たちもよくやっていること。NSMCとか「喜ぐちの日」のチームで、面白い企画を考えたい。

追記:以下の記事にもイベントの様子が紹介されている。

くにろく 東京食べある記: でかけよう。Googleプレイス Downtown in Tokyo 門前仲町 with くにろく

 

出没!アド街ック天国東京下町歩き―浅草・上野・根津・千駄木・谷中・向島・京島・門前仲町 (日経BPムック)

出没!アド街ック天国東京下町歩き―浅草・上野・根津・千駄木・谷中・向島・京島・門前仲町 (日経BPムック)

週末江戸下町遊覧―神楽坂/神田神保町/門前仲町/千住/浅草 (散歩の達人テーマ版MOOK)

週末江戸下町遊覧―神楽坂/神田神保町/門前仲町/千住/浅草 (散歩の達人テーマ版MOOK)

東京 のん兵衛横丁酔いどれ散歩

東京 のん兵衛横丁酔いどれ散歩

Facebookのチェックイン機能を使ったクーポン、日本でもスタート

位置情報サービスに新しい動き。Facebookがチェックインするとクーポンがもらえるサービスを、今日から日本でもスタートさせた。
フェイスブック:位置情報と連動「チェックインクーポン」公開 – 毎日jp(毎日新聞)

ソーシャルネットワークサービス(SNS)のFacebook(フェイスブック)は7日、位置情報を利用して自分の居場所を友達と共有するサービス「スポット」機能と連動して近辺にある店のクーポンなどを手に入れられる「チェックインクーポン」を日本で公開した。米国で10年11月から提供している「Check-In Deals」の日本版で、アジアで提供するのは初めて。7日現在、コンビニエンスストアのローソンなど14社がクーポンを提供しており、今後、どんな事業者でもフェイスブック上でクーポンを作れる体制を準備しているという。

位置情報サービスは、米国から来たFoursquareが日本でも先行、日本語化も進む一方、国産のサービスではロケタッチが登場、いずれも、よく来るユーザに「リーダー」や「Mayor」を与えたり、活動内容に応じてバッジを与えることで、ユーザの活発なチェックインもうながしてきた。これに対して、Facebookにも、チェックイン機能はあり、それなりにFacebook内では使える機能ではあるのだが、あまりイベントは起こらず、少し地味な存在であった。
一方クーポン系のサービスは、Foursquareで少し動きがみられるものの、日本国内では「チェックイン割」の動きは鈍かった。この領域にFacebookが、全国規模の店舗網を含むチェーンとパートナーシップを組みつつ、踏み込んできたという形になる。
スマートフォンや位置情報のとれる携帯電話を使い、Facebookを使って、パートナーの店でチェックインすると、それぞれの店舗で割引が受けられる。クーポンをもらったことはFacebookで友達に知らされるようだ。先ほど来、いろんな人がローソンでからあげくん半額券を手に入れている。
ちなみに新潟で使えるのは、ローソンのほか、万代にあるUnited Arrowsぐらいだろうか。まもなくしゃぶしゃぶ温野菜が新潟に進出してくるようで、温野菜は全国の店で使えるようなので、新潟でも使えるようになりそうだ。

敬和学園大学における2010年のソーシャルメディア利用

敬和学園大学では、この1年でソーシャルメディアの活用が一気に進んだ。主に事務局の担当者の努力に負うところが大きいが、僕自身も多少のお手伝いはできたかもしれない。
年の終わりに、この一年の動きをまとめてみたい。

続きを読む

Brightkite

Brightkiteがチェックインサービスから撤退

位置情報サービスのパイオニア、Brightkiteが、チェックインサービスから撤退するようだ。
Brightkite

チェックインサービスの先駆者”Brightkite”がチェックインから離脱 – IT / テクノロジー | TechDoll.jp

BrightkiteはFoursquareよりも先に始まったチェックインサービスだけれど、今では500万ユーザを突破した後発のFoursquareとの競争に苦戦。今年に入って共同創設者のMartin May氏とBrady Becker氏が去り、Brightkiteはモバイルのグループメール機能に集中していく。今年9月の時点で、この事業がいちばん伸びている事業だったそうなので、自然な判断と言えそう。

このブログでは、Brightkiteのカテゴリーまで作っていたのだが、すでにここ数カ月、ほとんど利用していなかった。位置情報系のサービス、日本のユーザの間の評判では、Foursquareが圧倒的に支持を得ており、そこに日本語サービスのロケタッチが割って入ってきているという状況だろうか。いろいろサービスが出てきているが、「チェックインして何かいいことあんの?」というのが、一般ユーザの偽らざる感想であろう。したがって「チェックイン」にとどまらず、その先のメリットをどのように出していくかが、今後競争の行方を決めていくはずだ。

「ねがい」シール | ロケタッチ

ロケタッチ:オリジナルシールの提供が可能

2010年8月28日に開催されたWISH2010では、ライブドアの位置情報サービス「ロケタッチ」についてのプレゼンも行われた。

ロケタッチ | ロケタッチ

ロケタッチはFoursquareライクな位置情報サービスで、自分の行った場所にチェックインし、たくさん同じ場所を訪れると「リーダー」(Foursquareでいうmayor)になり、友人をフォローできるというもの。また、ときどきチェックインした直後に「シール」(Foursquareでいうバッジ)が提供される。

Twitraqの解析によると、Foursquareはそれなりに新潟などの地方でも普及しているが、ロケタッチは今のところ東京に集中しているようだった。

基本機能はFoursquareとほとんど同じ。マップの中で、チェックイン回数が多い場所のアイコンが大きくなるぐらいか。ただ、画面のテイストは日本人っぽい作りで、メニューも日本語、LivedoorのIDを持っていれば登録なしというのは大きな違い。また、iPhoneだけでなく、日本の携帯にも対応しているというのも大きい。敬和の学生たちには、授業でLivedoor IDを作ってもらっているので、理論的には全員ロケタッチを使い始めることができるということになる。

もちろん、ガラケーユーザで、こうした位置情報サービスの趣旨を理解して、面白がって使い始める人がどれぐらいいるのかという気もする。ただ、Foursquareに比べて、圧倒的に敷居が低いというのは、間違いない。

この日のプレゼンで発表されたのが、場所に紐づけたシールの提供。WISH2010では、当日会場となったベルサール六本木にチェックインした人に、「ねがい」という名前のWISHのロゴが「シール」として提供された。

「ねがい」シール | ロケタッチ

このように、お店や施設のオーナー、イベントの主催者の提案により、シールを提供するという。「あの店にくれたらこんなバッジが貰えた」というような口コミで、ロケタッチユーザのチェックインが増えたら、というところか。新潟でも、NSMCの皆さんの働きかけにより、いろんなところで「シール」が提供されるようになると楽しそうだ。

WISH 2010, Roppongi, Tokyo

Twitter解析ツールTwitraq:アカウントの解析だけでなく、各キーワードの新潟での浸透度もわかる

WISH2010で、@kansai_takako さんが紹介していたTwitterの解析ツールTwitraq。
Twitter アクセス解析「TwiTraq」:無料で発言や反応、キーワードを保存
すでに7月にIDEA*IDEAで紹介されているのを見て、一度試していたのだが、正直それっきり忘れていた。
ツイッター分析ツールの決定版!『TwitTraq』が遂にリリース! – IDEA*IDEA ~ 百式管理人のライフハックブログ
自分のアカウントでログインすると自分のTL上での話題を解析したり、ユーザの都道府県分布、性別などの推計が出てくる。Userlocalはなかのひとやまちツイで、似たようなサービスを提供していて、正直それほど新しい要素はないのだが、自分のアカウントの傾向を知るには良い。自分のフォロワーを解析すると、新潟にかなりに集中してきていることがわかった。あとは、東京と青森が多い。
このほかキーワードの解析サービスもあり、特定のキーワードが他にどんな言葉とともに語られているか、また、性別、都道府県ごとの分布がわかる。途中Foursquareの解析結果が紹介されていたが、九州や東京のほか、新潟での発言回数が多いことが見てとれた。どうも新潟のFoursquare普及率は高いようだ。ロケタッチは東京に集中していた。
会場でもっともウケていたのはこれ。
WISH 2010, Roppongi, Tokyo

ラブプラスの三人の彼女のうち、女性に人気があるのは「リンコ」のようだ。
最初使ってみた時には考えもしなかったが、都道府県ごとの浸透度を見ることができるというのは、マーケティングツールとして非常に面白い(Twitterの解析であるから、市場としては限定的なものでしかないのだけど)。僕自身イベントの企画を考える際に、新潟での浸透度を見るのに使ってみようかと思っている。
当日の@kansai_takakoさんのプレゼンは以下の動画から。