タグ別アーカイブ: feature

オッチャホイの原型「Char Kway Teow」を作る、Nyonya Cookingの動画

新発田シンガポール食堂の名物「オッチャホイ」。昨年マレーシアでも、似たものを食べていたけれども、結局「オッチャホイ」なるものに巡りあうことはなかった。ほぼ似たような料理がチャークイティオ、Char Kway Teow。この料理を持ち帰ったのが「オッチャホイ」になったのだろう。

マレーシアの料理動画、とりわけニョニャ料理の動画を積極的に公開している、Nyonya Cookingというチャンネルが、このChar Kway Teowの料理動画を公開している。撮影はEOS 70D。

Breakfast, lunch, dinner or supper, I would have Char Kuey Teow especially when it is in Penang! Everybody loves a plate of smoky hot Penang Char Kuey Teow, who doesn’t! When I first started cooking this dish, I did not manage to get it look like CKT at all. Too soggy, too hard, not smoky. It looks simple but those guys at the hawker stall sure had their tricks. So, this is the simplest CKT you can get and just in case you want to drop comments like:
– Where is the lard?!?!?!
– Give me the blood cockles!!!!
– What about preserved cabbage?!?!
Just remember that you can feel free to add them all if that is what you prefer or if it is accessible! It definitely makes the plate of CKT more flavourful! Good luck with you plate of CKT. Remember, one plate at a time 😉

If you love Nyonya Cooking videos, SHARE the links with your friends and family! #nyonyatv #nyonyauploads

You may want to watch:
Cili Boh: https://www.youtube.com/watch?v=UB4N6gbTKhY

Full recipe on Nyonya Cooking:
https://nyonyacooking.com/char-kway-teow

Ingredients (for 2):
Rice noodles
Chinese chives
Bean sprouts
Chinese sausage
Egg
1 Garlic clove
2Tbsp Oil
Fish cakes
1Tbsp Cili Boh
6 Prawns
1Tbsp Dark Soy Sauce
2Tbsp Light Soy Sauce
1/2Tbsp Fish Sauce
1/2tsp Pepper
1/2Tbsp Oyster Sauce
1tsp Sugar

Camera:
Canon EOS 70D http://amzn.to/1o4u11h

Lens:
Canon EF 50mm f/1.4 http://amzn.to/1MA42Fu
Sigma 17-50mm f/2.8 http://amzn.to/1VAsmy5

Microphone:
Rode VideoMic Pro http://amzn.to/1MA4mE4
Edutige Lavalier ETM-006 http://amzn.to/1Uio9Af

Subscribe to the channel to get all latest recipes: http://goo.gl/Qy2TXJ

Follow Nyonya Cooking for more updates:

Home: http://goo.gl/jdAKtK
Facebook: http://goo.gl/82s6wt
Instagram: http://goo.gl/nGrYrG
Twitter: http://goo.gl/vNg8zP
Google+: http://goo.gl/SVw4dZ

———————————

出演しているGrace Taoさんは、以前旅行の映像を多く公開していて、これも非常に良く出来ていた。マラッカやクアラルンプールを紹介する動画は、昨年渡航する前によく見ていた。

Horray! Malacca! Whenever there is a malaysia tourism campaign, Melaka or Malacca is a well known destination. Need some tips on Melaka food? This video “Moments in Melaka: Historical City (Malacca) Travel Guide” will show you more! It was a short trip with the aim to visit relatives during Chinese New Year. Of course, I cannot miss the opportunity to take a walk in this town and gobble the delicious food in Malacca.

More in my blog: http://www.gracemoments.com/the-historical-city-of-malaysia-malacca/

Watch the other episodes in the links below:

Singapore: http://www.youtube.com/watch?v=fOA9F-Xiotk
Seoul: http://www.youtube.com/watch?v=cqmeN58sLM4
Melaka (Malacca): http://www.youtube.com/watch?v=wmXWdI2p200
Kuala Lumpur: http://www.youtube.com/watch?v=luwSC8fwJdw

Places featured in the video:

Dutch Stadthuys at the Red Square
Portuguese fortress at A’Famosa
St. Paul’s Church on St. Paul’s hill
Father Francis Xavier statue
Jonker Street (Jalan Hang Jebat)
Datuk Wira Dr. Gan Boon Leong statue (Mr. Melaka)
Cheng Hoong Teng Temple

All music content is available for commercial use. Licenses are as follows:

“Whispering Through” by Asura
http://freemusicarchive.org/music/Asura/Bonus_Beat_Blast_2011/09_asura-whispering_through

“Our Ego” by Broke for Free
http://freemusicarchive.org/music/Broke_For_Free/Slam_Funk/Broke_For_Free_-_Slam_Funk_-_12_Our_Ego_-Feat_Different_Visitor-

Camera:
Canon EOS 70D http://amzn.to/1o4u11h

Lens:
Canon EF 50mm f/1.4 http://amzn.to/1MA42Fu
Sigma 17-50mm f/2.8 http://amzn.to/1VAsmy5

Microphone:
Rode VideoMic Pro http://amzn.to/1MA4mE4
Edutige Lavalier ETM-006 http://amzn.to/1Uio9Af

Stay tuned on http://www.gracemoments.com and remember to subscribe!

Follow me here for more updates:

Blog: http://www.gracemoments.com
Twitter: http://twitter.com/gracemoments
Google Plus: https://plus.google.com/101406549512686833708
Instagram: http://instagram.com/gracemoments

中国、Twitterクロンもブロック?

中国では本家Twitterがブロックされているが、その代わり中国国内の事業者がで提供するTwitterクロンが存在し、それなりのユーザ数を集めているようだ。

ところが、下記の記事によると、これらも現在サービスを中断しており、中国政府によって何らかの措置が取られたのではないか。という憶測記事。OneIndia Newsによる。

リンク: China Restricted Tweeting | Social Networking Websites | Access Denied – Oneindia News.

163.com (NetEase)の微博(マイクロブログ?)のページを開いてみると、たしかに「メンテナンス中」の文字が出ている。ただ163.comの関係者は、中国政府からの圧力を否定しているようだ。

"NetEase’s micro-blog is very popular and growing fast, so we had to perform maintenance to upgrade features," said NetEase spokesman Liu Youcai denying the government pressure on the issue.

中国政府は後半からネット規制を強化、オンラインゲーム、オンラインマッピング、電子商取引に関する新しい規制を導入した、という記述もあり、その影響とみているようだ。

Tweetdeck v.0.32登場:リスト(Lists)をサポート、LinkedInも利用可能に

先ほどTwitterクライアントのTweetdeckがアップデートされた。Seesmicが先行したTwitter上のリスト(Lists)の読み込みにも対応し、再びSeesmicと機能で肩を並べる形となった。
また新たにLinkedInにも対応し、Tweetの内容をTweetdeckからLinkedInに投稿できるようになった。

リストについては、他のユーザがTwitter上に作ったリストも含めて、そのまま新しいカラムとして読み込むことができるし、過去にTweetdeckで作ったGroupを、逆にリストとして書きだすこともできるようになった。ちなみにiPhone版とのSyncを、Twitter上のリストを読み込んだカラムについても試してみたが、どうやらそれはできないようだ。

このほか、Retweetの形式も編集するかどうか選択できるようになったし、ReTweetした他のユーザの投稿を見ると、さらにネタ元となったユーザのアイコンも表示されるようになるなど、いろいろ細かい変更があるようだ。

以下は新バージョンを紹介する公式動画。まだすべての新機能を試していないが、大幅に機能が増えたのは間違いない。

続きを読む

ソーシャル・ウェブと情報セキュリティ

先週配信された、ネットワークセキュリティワークショップ in 越後湯沢のメルマガに、僕が書いたもの。せっかく書いたものなので、こちらにも載せておこう。

==============================

2006年から新潟の敬和学園大学に移籍し、2年半が経過しました。
おかげさまで湯沢WSにも2007年から2年続けて、スタッフとして参
加させていただくことができました。
もともと法学を研究のフィールドとしてきた私ですが、現在の本務
校ではこの2年半、人文系の学生への「コンピュータ実習」を受け
持つこととなり、これに伴って新しいウェブ技術についての動向に
ついても、さまざまに学ぶ機会を得ました。90年代半ばからインタ
ーネットの普及をリアルタイムで経験した一人として、昨今の「ソ
ーシャルウェブ」といわれる新たな諸サービスが、人、コンテンツ、
サービスの緩やかな連携をより強めていく現状に立ち会えることに
10年前と似通った興奮を覚えています。と同時に、サービスの急速
な発展と法律論との乖離に、とまどいを感じてもいます。
 

続きを読む

Twitter

TwitterとFriendfeedがデザインを変更

TwitterとFriendfeedがデザインの変更を行ったようで、朝からTwitter界隈などが騒がしい。

Twitter Blog: Changes Afoot

Twitterの大きな変更点は、タブの部分の表示が大きくなったということのようだ。このほか、Ajaxで画面遷移せずに切り替えになった部分があるとか、デザインの変更がより柔軟になったとか、フォントが変わったとか、微妙な変化が報告されている。ReplyとStar(Favorite)のボタンは、個別の発言にマウスオーバーした時にのみ、表示されるようになった。

Twitter

from shinyai

正直いうと、僕はTwitterをブラウザで開いて使うことはほとんどないので、あんまり関係がない。自動更新機能がつけば、もう少し使うような気がするのだが、今回も自動更新はなし。

続きを読む

Public timeline - Identi.ca_1215020993797

ぎりぎり視界から消えずに踏みとどまった、ミニブログのidenti.ca

6月下旬から7月初旬にTwitterが絶不調に陥り、湯川さんがTimelogに引っ越したころ、避難先として主に注目されたのは、日本人ユーザの間ではWassr、英語圏ではidenti.caであったように思う。このころ、Fumiさんの書いたidenti.caに関する記事を読んで、Creative Commonsが適用されるオープンソースのミニブログ、という程度の理解で、僕も一応使い始めた。

Public timeline - Identi.ca_1215020993797

from planspark

ただ残念ながら、一般ユーザから見たときのメリットは安定性ぐらいのもので、他サービスとの連携もイマイチなので、identi.caは徐々に僕の視界からも消えかかっていた。どうやら僕以外の人にとってもそうだったようで、identi.ca静かだなあ、というようなつぶやきが、ときどき見受けられた。そして、Tomblooによるマルチポストの対象からも、今のところ外れてしまっているので、いよいよ脱落かなと思っていたところ。

実はひそかに、identi.caをめぐって、いくつか変化があったようなので紹介しよう。

続きを読む

tokyo2point0 #11は明日4月8日開催

このところ、僕の情報源として非常に役立っているイベント、Tokyo2point0 。次は明日8日の開催予定で、僕は残念ながら参加できそうにない。今回は「Venture Capital & LIMS: the Multi-level Blogging and ECommerce Platform」。

毎回ustreamでも流れるので、会場に行かなくてもプレゼンをきくことはできるのだが、Networkingの時間も日本人だけの懇親会とはまた一風違った感じなので、会場に行ける人はぜひ一度足を運んでみるべきだろう。このイベントでの主要言語は英語で、プレゼンテーションもだいたい英語(通訳がついたりつかなかったり)。外国でパーティに出ているのに近い感覚になるのだが、実はほとんどの人が日本語を話せるし、日本人の拙い英語にも慣れている。

Date: Tuesday April 8th
Time: 7-10pm
7.00-7.30 Doors open & Networking
7.30-8.00: Venture Capital for Technology Startups
8.10-8.45: Asian Tapas Buffet & Networking
8.45-9.00: Press Army Update
9.00-9:30: LIMS: the Multi-level Blogging and ECommerce Platform
9.30-22:00: More networking

Cost: 2,500 yen – Includes Asian Tapas & 2 drinks
Venue: Fujimamas 6-3-2 Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo
Map & Directions: www.fujimamas.com…

参加費用は2500円で、参加される方は、Tokyo2point0に書かれている要領にしたがって、事前に申し込む必要がある。

続きを読む

PownceがまもなくOpenに

Techcrunchによると、これまで招待制をとってきたPownceが、PST(太平洋標準時)で21日深夜(ってことは、日本時間では22日午後?)に、招待制をやめてオープン化するそうだ。

リンク: Pownce Opens To Public Tonight At Midnight; Early Screen Shots Of New Features.

Tonight at midnight PST Pownce leaves private beta and anyone can join. There are 150,000 or so users in the service now – users have been waitlisted so that the sole developer, Culver, could maintain site performance. The site is still run with Culver as the only full time employee.

続きを読む