タグ別アーカイブ: Facebookページ

敬和学園大学のソーシャルメディア、まだまだ伸びしろはある

敬和学園大学のFacebookページがようやく500いいねに到達した。

国際ダンスサークル 20130824

敬和学園大学 / Keiwa College

早くから取り組んだ割にはようやく、というところだろう。すでに万に達している大学公式Facebookページも結構ある。とはいえ、同窓会組織も弱い小規模校としては、これでも精一杯というところではないか。担当者がコツコツと努力した成果であり、今後も大学をオープンにする仕掛けとして、ますますの発信力強化を期待したい。

ともあれ、500いいねを超えたところで、あえてシビアに、敬和の情報流通のサイクルを見てみよう。
率直に言って、敬和学園大学Facebookページは、もう少し「がんばれる」はず。それには、取材力や発信力をアップすることが大事だ。広報の発信力も鈍化しているところもあり、マンネリを打破するとともに、瞬発力を持ってすばやく適切な言葉を投げかける力や、ここぞとばかりにヒット作を生み出す力をさらに磨いていきたいところだ。

一方、広報だけに頼らず、教職員がそれぞれの持ち場で「広報活動」をすることも大事だ(これは自分が教職員研修にもっと取り組むべきなんだろうと思う)。ベースに教職員それぞれの発信があり、広報部門がちゃんとそれを適切に拾い上げて(スルーするものはスルーして)いけば、より戦略的な広報が可能になるはず。おそらく現場の発信力強化は、多くの組織で共通に抱えている課題だろうが、大学も小規模の敬和のような組織では同じ。あんまり広報部門に頼らず、各部門が問題意識を持って情報発信をしてほしいと思う。

また小さな大学では特に、学生や卒業生の支持、情報発信も大事になる。学生からの情報発信というと、近頃は「炎上」の火種として警戒する向きもある(実際警戒しなければらないところはあるのだが)。しかし、学生団体の活動を「可視化」することは、小規模校で手応えを感じられていない学生たちが、外部と接触し、自信を持つためのきっかけにもなる。大学はこれを支援して、よい発信内容は広報がきちんと拾い上げる。また情報の流通においても、大学広報が「大声で叫ぶ」だけでなく、学生・卒業生がシェア、いいね、RTで広げていく、というサイクルも大事になる。特に、このサイクルをさらに加速させたいところだ。

私が顧問をしている国際ダンスサークルは、最近、がんばってFacebookページを更新している。

国際ダンスサークル

国際ダンスサークル 20130824

これは良い傾向だろう。また、Ustream番組「Keiwa Lunch」では、MCたちが学生の活動を紹介したり、ゲストが自分たちの活動について紹介している。

Keiwa Lunch 20130710

もちろん稚拙さはあるのだが、こうした訓練を通じて学生たちは、内輪受けではない情報発信の仕方について意識を高め、スキルを身につけているように思う。学問的に意義ある話をするわけではないのだが、過不足ない情報を含んだ話をして、なおかつ相手をひきつける話をするという能力を、こうした経験の中で、学生たちは培っている。最近Keiwa Lunchに出ている学生たちが、ラジオできちんと話しているのを見て、つくづくこのことを感じている。

敬和は勉強の出来る学校とは見られていないと、嘆く(あるいはあきらめる、あるいはいいわけにする)学生もいる。しかし学生にとってその現象は、自分を写す鏡でもある。適切に相手に伝わる言葉を発していれば、自分に対する見方も変わるし、学校に対する評価も少しずつ変わる(言動によって学校に対する評価が変わるというのは、もちろん自分たち教員も同じだ)。小さい学校なので、一人の行動が大学への評価を大きく上げもするし下げもする。敬和と自分をセットで否定された経験を持つ人もいると思うが、自分の働きで敬和の評価を上げている人もいる。少なくとも、Keiwa Lunchを含めて、自分と一緒に動いてくれているメンバーは、その多くが、「一人の行動で学校の評価を上げている」人たちだと思う。この学生たちは、自らの評価を高め、大学の評価も高め、大げさに言えば、大学の歴史を作っているともいえる(もちろんもう少し補強してあげたいところはあるのだが)。

教職員も学生も、みんなが表現力、発信力を磨くこと。さらに傾聴し、共感する力を高めること。これらをソーシャルメディア等で、表現し、多くの人と有意義なつながりを持つこと。ひとりひとりのこうした「つながり」の積み上げの上に、よいコミュニティ、よい大学は作られていくはずだ。コミュニティの力を体現し、さらに「つながり」を強化する仕組みとして、「敬和のソーシャルメディア」をさらに発展させていきたい。

対話しない公式アカウントは必要か:新潟県のSNS運用指針作成から

読売新聞によると、新潟県がSNS運用指針を作成するという。

Narazawa Shrine Festival, Iiyama, Nagano

新潟県、SNS運用指針作成へ…「炎上」防ぐ : ニュース : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

新潟県は、部局や県職員がインターネット上のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を使用する際の運用指針を作成する。組織として発信内容に責任を持つのが狙いで、今夏中にも庁内に周知徹底する。

 指針には、▽発信は庁内の部や課が主体となって行う▽発信内容は部や課で決める――ことなどが盛り込まれる予定で、県職員の勝手な運用や不用意な発信によってネット上のツイッターやフェイスブック(FB)などに批判が殺到する「炎上」や、県のイメージ低下などを未然に防ぐ。

はっきりとは書いていないが、文脈からすると、いわゆる「公式アカウント」「公式Facebookページ」の運用に関することのようだ。復興庁職員のTweet問題から、個人の発信を規制するという話になっていないのであれば、ひとまずは安心。しかし炎上を防ぐという観点からは、個人アカウントの動きも気になるだろう。

さて「公式」についてだが、「県職員の勝手な運用や不用意な発信」を防ぐため、「発信は庁内の部や課が主体となって行う」「発信内容は部や課で決める」といった指針を定めるようだ。たしかに担当者が1人で、本人の独断に全てをゆだねてしまうのはリスクが有るとは思う。ただ、それもまた、実効性があるかどうかはなんともいえない。というのも、情熱を持って、同じテンションでソーシャルメディアに取り組める人が、それぞれの部署に複数もいるとは、考えにくいからだ。もしそういう人が複数名用意できるのであれば、もっと利用が進んでいるような気もする。

ともあれ、「発信内容は部や課で決める」というのは、書き込む内容をすべて、部や課の単位で事前承認するということを意味するのだろうか?おそらく報道発表のようなものは、こうした形になっているのかもしれないが、TwitterやFacebookのようなメディアでもそれをやるのだろうか。やれないことはないだろうが、そこまで規制してしまうと、そもそもやる意味が薄れるように思う。過去に外務省のアカウントが、フィンランド大使館とうまく対話ができず、実はいちいち上司の許可が必要だったという話題があった。

朝日新聞デジタル:つぶやき交流、質問ごとに上司の許可 外務省、2問で完 – 政治

対話できないのであれば、通常のウェブページとあまり違いはないので、無理にソーシャルメディアを活用する必要はないのだが、対話するのであれば、いちいち「部や課で決め」てはいられない。ここに公式ソーシャルメディアの難しさがあるとは思うのだが、この問題を組織としてクリアする気がなく、「すべて組織的に決定してから発言する」というのでは、うまく運用することは難しいだろう。対話をしない公式アカウントは、よっぽどありがたい情報を提供してくれるのでなければ、決して支持されないと思う。現場に任せつつ統制も怠らない、という、絶妙なバランスを、きちんと考えるべきだ。Facebookページであれば、いちいち全部のコメントにはこたえないが、よいコメントにはいいねをおすとか、簡単なものには担当者が「電話応対」と同じようにどんどん答えていくというぐらいは、必要になるだろう。もちろん難しい問題については、組織的に対応できるようにしたほうがよい(組織内の調整をメールでやるのでは間に合わないので、即時性のあるメッセージングサービスやチャットは必要になるように思うが、、、ダメなんだろうなあ)。

おそらくこれは記者が想像して補完したのだと思うが、以下の様な記述もある。

ただ、今年5月、県村上地域振興局が山形県境の山「日本国にほんこく」(555メートル)の登頂者に記念の「日本国征服証明書」の発行を企画したところ、ネット上で「不適切だ」などと批判が広まり、同局が「登頂証明書」に急きょ名称変更するなど、ネット上では思わぬ批判が一気に広がる恐れがある。

この件を、村上地域振興局がソーシャルメディアで拡散したのかどうかは知らないが、これは「不用意な発言」の問題ではなく、「日本国征服証明書」の発行するという「企画」に対して向けられた批判だろう。こうした批判をうけないために、「発信内容は部や課で決める」というのであれば、批判されそうなことをソーシャルメディアでは発表しない、ということになってしまう。実際にはこの件は、ネット上ならばそんなに反対は強まらないような気がするので、ネットに拡散したほうがよかったのかもしれない。電話で批判するような人が出てきても、Facebookだとまた違う反応があったりして、担当者はむしろ励まされることもあるだろう。

個人的には、ソーシャルメディアの運用をコントロールするといっても限界があると思っている。最終的には組織の中で出来る限り信頼出来る対話力のある人を配置し、ある程度のチェックが働くようにした上で、運用していくよりほかないだろう。

Facebook

敬和学園大学Facebookページ、大学別話題にしている人率ランキングで1位に

このところ「敬和学園」全体に関しては、やや「炎上」気味の出来事もあったりして、少し心配していたのだけど、今日はよい話題。

facenaviの各種ランキング、以前、大学Facebookページランキングのことを紹介したが、今日は大学別話題にしている人率ランキング。
数週間前は3位だった敬和学園大学が、今日見たら、なんと1位になっていた。

Facebook大学別話題にしている人率ランキング

Facebook

このランキングは、いいね数300以上のFacebookページが対象で、敬和学園大学のいいね数は300ちょっと。もともとのいいね数(Facebookページに対する「いいね」の数)が少ない学校なので、「話題にしている人率」(1つの投稿に対するいいねやシェアの率)といっても、絶対数がそんなに多いわけではない。絶対数でいうならば、やはり関西学院大学。2,769/15,578と圧倒的な数字を出している。しかし「話題にしている人率」が高いということは、300ちょっとのファンの皆さんの、このコミュニティに対する親近感を現しているとも解釈できる。200を超える反応の絶対数も、それなりに健闘しているようにも見える。

以前書いた通り、大学Facebookページランキングは、50位台にとどまっている。いいねを押してその後も関わってくれる在学生や卒業生も少なくはないのだが、絶対数を増やしていくのはなかなか難しい。在学生や卒業生の皆さんには、自分の所属しているコミュニティを応援し、さらによいコミュニティにしていこうという前向きな気持で、いいねを教えてもらえたらと思う。

また、あらためまして、敬和学園大学のこれからに期待していただける方、ぜひ「いいね」でご支援いただければ幸いです。

大学Facebookページランキング、敬和学園大学もまだ50位台でした | ICHINOHE Blog

20110713

大学Facebookページランキング、敬和学園大学もまだ50位台でした

大学Facebookページランキングをまとめたページを見つけたのでチェックしてみた。

Facebook大学別ファン数ランキング

圧倒的なファン数を集めているのが、関西学院大学。先月の地域科学研究会・高等教育情報センターのセミナーで、私の後にスピーカーをされた新谷さんが担当。実力ある関西有力校の一角、という以上に、よく研究してすばらしい運営をされているという思った。大学に関係する人々の数の蓄積が大きく違うとはいえ、敬和のFacebookページも、かなり早くから取り組んできたわけで、もう少し実績を積み上げたいところ。今日も担当者とそんな話をして帰ってきたところ。

Facebook大学別ファン数ランキング

20110713

by Keiwacollege.

で、ランキングをチェックしてみたところ。敬和もなんとか50番台に残っていた。もちろんFacebookページを作っている大学自体が少ないので、真ん中より下なんだけど。この分野で、県内他大学と見比べてもほとんど意味は無いのだが、新潟県でFacebookページを設置しているのは敬和学園大学だけ。ただそれだけのことではあるが、ここから県内ではもっともオープンな姿勢の大学として、評価してもらえたらうれしい。

敬和学園大学の同窓会組織は、あまり強いとはいえないのだが、卒業生が大学への関心を失ったわけではなく、職歴の浅い自分のような立場であっても、たびたび卒業生に大学で遭遇する。彼ら/彼女らも、みんな社会に出て働いているのであるから、たまの休みに大学に顔を見せてくれるとはいっても、そんなに同窓会活動に参加できるような立場にはないはず。でもだからといって、彼らから同窓会費や寄付を依頼するだけになるのではなく、卒業生たちの心の拠り所として、どのように大学が機能できるかを、この次代ならではの形で追求していくべきで、その意味でFacebookやFacebookページは、現時点でかなり有力なツールになるというべきだろう。

というわけで、担当者と相談しながら、敬和学園大学のFacebookページは、かなり面白いものに変えていくつもり。これからに期待していただける方、ぜひ「いいね」でご支援いただければ幸いです。

地域科学研究会・高等教育情報センター「ソーシャルメディアの活用と留意点」でお話ししてきた | ICHINOHE Blog