タグ別アーカイブ: EIP研究会

かぶら寿司 #niigata

渋川でかぶら寿司

先週金曜日、新潟大学ときめいとで開催された、情報処理学会EIP研究会。懇親会を日本酒の名店「渋川」で開催。コース料理で出てきたかぶら寿司。

かぶら寿司 #niigata

目で見ても楽しんで、食べて再び楽しめる一品であった。

渋川 SHIBUKAWA しぶかわ – 新潟/居酒屋 [食べログ]

Osaka Castle Park

情報処理学会電子化知的財産・社会基盤 (EIP) 研究会、今年度最後の研究会

昨日追手門大学大阪城スクエアにて、情報処理学会電子化知的財産・社会基盤 (EIP) 研究会の第55回研究発表会が開催された。2008年度から4年間にわたり、幹事というお役目をやらせていただいたが、昨日の研究会で任期が終了。来年度からは運営委員として参加させていただく予定だ。同じタイミングで幹事となった、徳島文理大学の橋本誠志先生も退任する。

EIP研究会

昨日会場となった追手門大学大阪城スクエア。大阪城が見える、素晴らしい眺望であった。

Osaka Castle Park

 

情報処理学会は、その名の通り情報分野の老舗学会の一つで、「理系」の研究者が多い学会。学会の運営体制等も、手作り感たっぷりの人文社会科学系の学会とはかなり違ったので、新しい世界を勉強させてもらった。ただEIP研究会は、社会科学系の研究者が比較的多く参加しているので、情報処理学会の中では特殊な、文系寄りのポジションではある。研究会は現在年4回開催。年に1,2回研究大会をやるという、人文社会科学系の学会から見ると、かなり活発に活動があり、幹事の忙しさも破格。ただその分、発表の機会は多数用意されているということなので、文系の若手研究者の皆さんにもぜひご参加いただければと思う。

情報処理学会の制度はわかりにくいが、情報処理学会に入会していただき、その上で各研究会に登録していただく、という形をとる。他の研究会と合同で研究会を行うこともあるので、いろんな分野の研究者の皆さんとお知り合いになれるのもメリットだ。

研究分野のスコープは、創設時の文書からは以下のように定義されている。

EIP研究会:設立趣旨

研究の分野

知的財産権一般(勉強から意見主張まで)
特許(ソフトウエア, デジタル技術)
著作権問題(ソフトエウア、 フリーソフト、データベース、ネットワーク)
倫理問題、
パソコンネチケット、
インターネットロット、
越境データ流通の問題、
ネットワークサーバの国内、国外での法律的差の問題、
コピープロテクション、
非標準化技術、
応用(アプリケーション)問題、
電子図書館、
著作権集中処理システム、
著作物クリアリングシステム、
カスタムテキストブック、
著作物のセキュリテイ、
通信のセキュリテイ、
暗号技術、
防衛技術、
電子貨幣、
エレクトロニックコマース、
WWW、
コンピュータウィルス技術とその対策及び発見技術、
コンピュータ不正アクセス技術とその対策及び検出技術、
ピア・レビュー、
表現の自由、
スキップジャック、
プライバシー保護、通信の秘密
など、上記デジタル技術革命がもたらす制度的、法的問題、 および、それらの関連技術一般を扱う。

 

現在文系研究者の報告は、知的財産関連、情報セキュリティなどが多いが、さまざまな分野を取り扱った研究発表がある。昨日も、「クリシェとしてのビッグデータ」「情報まちづくり論の試み」「リソース指向アーキテクチャによるカラーマネジメント」「石造遺物デジタルアーカイブ構築のための撮影手法の開発」といった幅広いテーマでの報告があった。招待講演も、京都大学の憲法学専攻、曽我部真裕先生から、「インターネット上での児童ポルノ流通対策における法的問題」。非常にバラエティに富んでいるのがおわかりいただけるだろう。

第55回情報処理学会 電子化知的財産・社会基盤研究会

来年度も11月に新潟開催を予定しているので、新潟近隣の方はぜひ発表の機会としていただきたい。

情報処理学会EIP研究会11/11新潟で開催:発表申込受付中

情報処理学会電子化知的財産・社会基盤研究会(EIP)が、11月11日に新潟大学ときめいとで開催される。
ときめいと開催の場合、首都圏から日帰りが可能なので、ぜひ応募いただきたい。応募は9月末まで。
「このテーマはEIPのスコープに入るか?」といったご質問は、お気軽にお問い合わせを。
第54回EIP研究発表会-情報処理学会
EIP研究会

第54回電子化知的財産・社会基盤研究会(EIP)
主査:山下博之(情報処理推進機構)
幹事:一戸信哉 (敬和学園大学),橋本誠志 (徳島文理大学),金子格(東京工芸大),小向太郎(情総研)
奮ってご応募のほど,よろしくお願い申し上げます.
日 時:2011年11月11日(金)13:00-17:00
テーマ:情報セキュリティ,知的財産,デジタルコンテンツ,及び一般
場 所:新潟大学 駅南キャンパス「ときめいと」
〒950-0911 新潟市中央区笹口1-1 プラーカ1 2階
(JR新潟駅南口に隣接しています.)
http://www1.niigata-u.ac.jp/tokimate/access.html
プログラム終了後,新潟駅周辺にて懇親会を予定しております(後日ご案内).
申込締切: 9月30日 ただし応募者多数の場合,早期に締め切る場合があります.
原稿締切: 10月17日(予定)
ページ数: 6-8ページ
申込先: 下記応募フォーマットに必要事項を記入し電子メールでお申込みください.
Subject先頭に「EIP54発表申込」とご記入ください.
申込先: eip54entry◎jura.niigata-u.ac.jp
申込みには必ず返信をしております.返信が届かない場合は,再度メールをお送り下さい.
・お問合せ先:須川 賢洋(新潟大):masahiro◎jura.niigata-u.ac.jp
※スパムメール防止のため,@を◎に置き換えてあります.半角@に直してお送り下さい.
応募フォーマット
———————————————————
第54回電子化知的財産・社会基盤研究会(EIP)研究会発表申込み
・ タイトル
・ 氏名,略称所属:(登壇予定者に○)
・ 概要(200字程度),キーワード(5つ程度)
・ 連絡先,および原稿依頼送付先
– 連絡者名:
– 連絡者住所:
– 電話番号:
– e-mail:
———————————————————
発表お申込みをいただきました方には,後日情報処理学会事務局から予稿原稿の
作成依頼をさせていただきます.カメラレディ原稿のご提出先は情報処理学会
事務局になります.

同志社で2月開催:情報処理学会EIP研究会への投稿募集

来年2月10日開催の情報処理学会電子化知的財産・社会基盤研究会(EIP)。
京都・同志社大学今出川キャンパスで開催される、次回研究会の投稿募集の締め切りが近づいている。
今回はポスターセッションも予定されており、若手も比較的気軽に発表できる形式になっている。
今回の主な幹事役は徳島文理大学の橋本誠志先生だが、一戸も幹事をやっているので、ご関心をお持ちで、質問などがある方はお気軽にお問い合わせください。
EIP研究会

日時:
2011年2月10日(木)
テーマ:
知的財産,デジタルコンテンツ,スマートシティ※,及び一般
場所:
同志社大学寒梅館KMB211教室
〒602-0023 京都市上京区上立売通室町西入御所八幡町103

続きを読む

情報処理学会EIP研究会、9月10日新潟で開催:招待講演は津田大介さん

情報処理学会の電子化知的財産・社会基盤研究会は、9月10日新潟で開催される。

今回は、4本の一般報告のほか、メディアジャーナリストの津田大介さんに、招待講演をお願いした。メディア業界の動きに詳しい津田さんに、著作権法改正への動き、ソーシャルメディアの発展と合わせて、幅広くお話をうかがいたいと思う。2500円の参加費が必要だが、非会員の方でも参加することができるので、津田さんのお話を聞いてみたいという方はぜひご都合をつけて参加していただきたい。

一般報告でも著作権法関連その他で4本の報告がある。いずれも興味深いタイトルが並んでいる。皆さんふるってご参加ください。

【一般講演】
1300-1325
著作物の定義に関する一考察
○源直人(情報セキュリティ大学院大学)

1325-1350
デジタルコンテンツ流通のための著作権フレームワークの検討
~eラーニングプラットフォームを前提として~
○加藤尚徳, 総合研究大学院大学
野川裕記,日本医療情報ネットワーク協会
上田昌史, 国立情報学研究所

=休憩=

【招待講演】

1405-1535
メディアの変容と著作権
○津田大介,メディアジャーナリスト
=休憩=

【一般講演】

1550-1615
社会の「インテリジェンス」活用に向けた課題と考察
○山下博之,IPA/SEC

1615-1640
「情報端末における法的課題の検討」
○山本 将之(ラック)

EIP研究会、45回研究会は再び新潟で開催

情報処理学会EIP研究会の45回研究会の投稿募集が出た。45回は再び新潟での開催。43回も新潟だったが、今度は暖かい時期の新潟でやろうという趣旨で、短期間でまた新潟での開催となった。

今度の会場は敬和学園大学ではなく、新潟大学の新潟駅前キャンパスをお借りすることになった。東京から来ていただく場合、懇親会が終わってからでも、十分日帰りが可能だ。

多数の投稿とご参加をお待ちしております。

リンク: EIP研究会.

   

日時: 2009年9月12日(土) 13:00-17:00

場所: 新潟大学 駅南キャンパスCLLIC

〒950-0917 新潟市中央区天神1-1 プラーカ3地下1階
(JR新潟駅南口に隣接しています)

   
プログラム終了後、新潟駅周辺にて懇親会を予定しております(後日ご案内).

 

テーマ: 情報セキュリティ、知的財産及び一般
申込締切: 7月10日 ただし応募者多数の場合、早期に締め切る場合があります.
原稿締切: 8月12日(予定)

中野潔先生逝去

昨晩メールで、大阪市立大学の中野潔先生が亡くなったことを知った。47Newsにも訃報が出た。

リンク: 中野潔氏死去 大阪市立大大学院教授 – 47NEWS(よんななニュース).

中野潔氏死去  大阪市立大大学院教授
 中野 潔氏(なかの・きよし=大阪市立大大学院教授、都市情報学)25日午前8時5分、間質性肺炎のため堺市の病院で死去、53歳。神奈川県出身。葬儀・告別式は28日午後1時から横浜市戸塚区川上町916、鳳倫閣で。喪主は妻純子(じゅんこ)さん。

続きを読む

新潟・月岡温泉 自家源泉の宿 白玉の湯 泉慶 公式HP

第43回EIP研究会(敬和学園大学にて開催)

来月13日の情報処理学会第43回電子化知的財産・社会基盤研究会(EIP)は、敬和学園大学での開催だ。

リンク: EIP研究会.

すでにプログラムは確定しており、原稿を待っている段階。プログラムは以下の通りだ。

プログラム
セッション1 13:00-14:15 3件
【1】     13:00-13:25 ○佐藤 和紀(法政大)、針谷 友彰(法政大)、安井 良介(法政大)、金井 敦(法政大)
「ブログにおける個人情報漏えいの状況調査」
【2】     13:25-13:50 ○安井 良介(法政大)、佐藤 和紀(法政大)、針谷 友彰(法政大)、金井 敦(法政大)
「ブログにおける個人情報漏えいレベルの定量化」
【3】     13:50-14:15 ○山川 智彦(NTTデータ)
「演習ノウハウの活用による情報セキュリティインシデント対応プロセス確立についての検討」


休憩
招待講演(14:30-15:30)
【4】     ○氏名 村上 晃(ラック)
「サイバー空間におけるリスクとは?~その脅威の最新動向~」

休憩
セッション2 15:40-16:30 2件
【5】     15:40-16:05 ○永田 健太郎(東大)、久保山 哲二(学習院大)
「特許の有効性に影響を与える要因の検討」
【6】     16:05-16:30 ○山本 淳(新潟大)
「電子マネーおよび企業ポイントの規制に向けての提言」

休憩
ポスターセッション 16:40-17:40 6件
【7】     ○関亜紀子(日大)
「コンテンツ循環におけるライセンス更新管理の技術的課題」
【8】     磯部大洋(新潟大)
「青少年と携帯電話・インターネットを巡る法的諸問題」
【9】     ○守屋 豊(早大)亀山 渉(早大)
「『日本ニュース映画』を対象としたデジタルアーカイブ構築についての一考察」
【10】    ○江成 昌治(新潟大)
「システム開発・保守契約に関する取引法の必要性」
【11】    ○Bishnu Prasad Gautam (信州大)
"A Model for Legacy resource management in service cloud over secured
environment"
【12】    ○寺島 大(新潟大)
「『出会い系サイト』に関する法的諸問題」

続きを読む

鳥取名産北条ワイン

先週鳥取開催のEIP研究会で、1日目終了後の懇親会でいただいたのが、地元鳥取産ワインの北条ワインヴィンテージ。かにづくしの料理はもちろんすばらしかったのだが、全くノーマークだったワインのほうをご紹介。

北条ワインヴィンテージ赤

東伯郡北栄町というところで、砂丘農業で作られた葡萄を使用しているようだ。非常においしくて飲みすぎた。

北条ワインのホームページ

鳥取でEIP研究会

情報処理学会の第39回電子化知的財産・社会基盤研究会(EIP)及び第64回デジタルドキュメント研究会(DD)に参加するため、鳥取環境大学に向かっているところ。

リンク: EIP研究会

このところ頼りにしているイーモバイルだが、まだカバーされていない4県のうちの一つが、鳥取なんだそうだ。

イー・モバイルがエリアを大幅拡充。12月に43都道府県をカバー