タグ別アーカイブ: commons

写真アーカイブプロジェクト「新発田アーカイブス」の可能性と課題

今日は3限が終わったあと、新発田市内の新発田学研究センターで行われたイベントへ。新発田で写真のアーカイブプロジェクトを始めようというプロジェクトのイベントで、写真家で敬和学園大学非常勤講師でもある、吉原悠博先生と、学科の同僚である神田より子先生による対談が行われた。ちょうどよいタイミングで、朝日にもこのプロジェクトについての記事がでたところ。

 

朝日新聞デジタル:残せ「写真の記憶」-マイタウン新潟

敬和学園大学の新発田学研究センターは9日、街並みや風景を撮影した古い写真と、当時の思い出といった人々の記憶を一緒に保存する事業を始める。「新発田アーカイブス」と題されたプロジェクトを率いる神田より子教授は「古いモノクロ写真は、当時の空気を鮮やかに再現してくれる。世代を超えて記憶を共有することにつなげたい」と話している。
この事業では、まず新発田市内の商店や寺などから古い写真を借りて、パソコンに画像を入力する。週1回、センターで写真の提供者や撮影した人から思い出を語ってもらう会を開き、学生が話を聞き取って、パソコンに記録。データを蓄積し、検索できるようにする構想が描かれている。

新発田アーカイブス発足 | 写真の町・シバタ 〜写真には人と人を繋げる力がある〜

神田先生から協力要請をいただいたので、どこまでお力になれるかわからないが、とりあえずプロジェクトの様子をうかがおうと、今日出席してみた次第。おおよその様子はわかった。

吉原先生はご自身が経営されている吉原写真館が所蔵しているたくさんの写真があり、これをすでにウェブでも公開されており、また、音とスライドショーを組み合わせた作品も作られている。以前にも拝見したことがあるのだが、今回も少しバージョンアップした作品を見せていただいた。

吉原写真館

今回のプロジェクトはこれを拡張し、町の人々が持っている写真をアーカイブ化し、できればウェブでも公開していこうというもの。会場には、すでに始まっているアーカイブ作業に協力し、スキャン作業を行なっている方や、たくさんの貴重な写真をお持ちになっている方などが集まり、活発に議論がなされた。基本的には、メタ情報を入れて、情報を公開していくことにより、新発田の記録、記憶を掘り起こし、人々の関心を高めていこうというのが、吉原先生の方向性。これに対して、義他のメンバーからは、基本的に前向きなコメントがあった。吉原先生の完成度の高い、完結した作品の世界にとどまらず、不完全な断片を組み合わせたデータベースを、どこまで社会的に有用な共有財産として組み立てていくか、この点が大事になりそうだ。

最終的に、任意団体としての作業ではなく、敬和学園大学がもっと全面に出て、より永続的なアーカイブを責任をもって管理するという立場に立ってほしいし、その方が写真を提供しやすいというコメントもいただいた。これはとてもありがたいご意見であった。

アーカイブの目的としては、コミュニティ内部での記憶の共有がまず第一になるが、これを新発田の外側にどのように発信するかも大事な目的の一つになる。前者についてはまず、プロジェクトメンバーが協力してタグ付けをしていくという作業をし、場合によっては街の人達により広く集まってもらって、「タグ付大会」をしてはどうかという意見が出ていた。あるいは老人福祉施設でワークショップをやるとか。この方向は見えた。この点では皆さんの方向性はかなり一致しており、まず間違いなく盛り上がるワークショップを重ねていくことができると思う。

問題は後者、外への発信だ。個人的にはCreative Commonsライセンスをどこまで採用できるかが、大事なポイントになると感じている。ただ、今日参加者の皆さんのお話をうかがっていると、法律論以前に、狭いコミュニティで、写真の提供者があとでそれを咎められるといった事態や、その他さまざまなトラブルを懸念する声もあり、そう簡単には行かなさそうだ。今日のところはきちんと正確な情報を、被写体や撮影者の立場を踏まえつつ入力していくということで落ち着いた。本来はメタ情報の正確性が保たれたとしても、デジタルデータとしての写真が自由に利用されてしまう可能性は排除できないので、その意味ではむしろ、CCライセンスを採用して、利用条件を明記する(その上で、条件に従って利用してもらう)のが、前向きな解決策でもあり、「写真の街」のアピールにつながるはず。実際このブログ記事でも、利用条件が明記された写真を、様式に従って紹介すれば、何倍にもインパクトが増すわけだ。ただそうはいっても、果たしてどこまで提供者から賛同を得られるかというところ。デフォルトをどのようにするか、提供者からどのように確認をとるか、どのような説明ならば受け入れやすいか。枝葉末節のように見えて、そこに非常に重要な部分がありそうな気がする。

写真の町・シバタ 〜写真には人と人を繋げる力がある〜

自分自身がこの枠組でどこまでお役に立てるかわからないが、片足程度には足を踏み入れてお手伝いすることを約束し、少し予定を延長して話が続いている会場をあとにした。

Keiwa College Open Campus / 敬和学園大学オープンキャンパス20120722

写真で速報:7/22敬和学園大学オープンキャンパス

7/22開催のオープンキャンパスが終了。今回は学生スタッフの紹介方法、学生団体のステージの見せ方など、細かいところを工夫してみた。参加者アンケートはまだ見てないけれど、概ね好評だったのではないか(と希望的観測)。

とりあえずステージを中心に撮影した写真を以下に。

Keiwa College Open Campus / 敬和学園大学オープンキャンパス20120722

Keiwa College Open Campus / 敬和学園大学オープンキャンパス20120722

ブラスバンド部 #keiwa

Keiwa College Open Campus / 敬和学園大学オープンキャンパス20120722

Keiwa College Open Campus / 敬和学園大学オープンキャンパス20120722

Keiwa College Open Campus / 敬和学園大学オープンキャンパス20120722

Keiwa College Open Campus / 敬和学園大学オープンキャンパス20120722

Keiwa College Open Campus / 敬和学園大学オープンキャンパス20120722

Keiwa College Open Campus / 敬和学園大学オープンキャンパス20120722

Keiwa College Open Campus / 敬和学園大学オープンキャンパス20120722

Keiwa College Open Campus / 敬和学園大学オープンキャンパス20120722

Keiwa College Open Campus / 敬和学園大学オープンキャンパス20120722

Keiwa College Open Campus / 敬和学園大学オープンキャンパス20120722

Keiwa College Open Campus / 敬和学園大学オープンキャンパス20120722

ランダムにピックアップした写真で、Slide.lyを作ってみた。曲は、Sound Cloudに掲載されていた、Balkadan「Nu-Swing Mini-Mix
」。Creative Commonsライセンスで公開されている。

Maree Austin, US star John Hubbard and cast of "Mary had a little" celebrate a birthday, Tivoli Theatre, Melbourne, 1951 / Harry Jay

図書館・博物館の古写真を共有するThe Commons on Flickrが4周年

Flickr上で、図書館・博物館が所蔵する古写真を共有するプロジェクト「The Commons on Flickr」。スタートから4年経ったとFlickr Blogが伝えている。

Time Flies! Celebrating 4 Years of The Commons on Flickr « Flickr Blog

Maree Austin, US star John Hubbard and cast of "Mary had a little" celebrate a birthday, Tivoli Theatre, Melbourne, 1951 / Harry Jay

Flickr: The Commons

このプロジェクトが目指すところは、1) 図書館・博物館が写真アーカイブに所蔵している隠された宝を共有するということと、2) ユーザからの情報や知識により、これらのコレクションがさらに豊かとなることを示すこと、にあった。とりわけ二つ目の点は、既存のデジタルアーカイブと一線を画する点で、ぜひその意義に多くの関係者に気付いてもらいたいところだ。

これを実現するために作られた「ライセンス」が、‘No known copyright restrictions’。所蔵する機関が知る限り、誰の著作権も有効ではないというステートメントだ。

この形式で共有された写真は、現在12カ国56機関により、20万以上。この写真に対して、過去4年間で13万のコメント、700万のFav(お気に入り)がつけられたという。残念ながら日本からの参加機関はないのだが、その原因がどこにあるのかは気になるところ。

こうしたコメントから、数多くの写真の撮影場所などが明らかになっている。たとえば、この写真。New York Public Libraryが所蔵している、日下部金兵衛撮影の富士山。「Otometoge」と書いてある。

Fujiyama, from Otometoge

コメント欄には、2006年に撮影された「乙女峠」からの眺めが投稿されている。

富士山 / Mt. Fuji

Japan / Kimbei Kusakabe – a set on Flickr

日下部金兵衛 – Wikipedia

このように多くの写真について、コメント欄などからコンテキストが付与されている。これはおそらく、それぞれの機関に所蔵されたままでは、不可能だったのではなかろうか。

「No known copyright restrictions」を宣言できる程度に、ある程度古くなった情報に、どのような価値を吹き込み、共有するか。実はこの問題は、昨今話題の「忘れてもらう権利」と不可分の話だ。本人にとっては、忘れてもらいたい情報というのがあるだろうが、そのような情報も、ある程度古くなったら、何代も後の子孫にとっては忘れてもらわなくてもよい情報になるかもしれない(そのまま忘れていてもらいたいものもあるだろう)。結局本人以外の誰が、どのような段階で、パーミッションを変更しうるのか。現在直面している問題に比べて、「忘れてもらわなくてもよい」問題の緊急性は低いのだが、しかしこれもまた、考えなければいけない問題になると思う。

楽しいみんなの写真 -とにかく撮る、flickrで見る。ソーシャルメディア時代の写真の撮り方・楽しみ方
楽しいみんなの写真 -とにかく撮る、flickrで見る。ソーシャルメディア時代の写真の撮り方・楽しみ方

やさしいFlickr写真管理術 (Webアプリ―ここが知りたい)
やさしいFlickr写真管理術 (Webアプリ―ここが知りたい)

FacebookのCreative Commons License

FacebookのログをCCライセンスに:CC Application on Facebook

Facebook上のプロフィールに、自分のFacebook上のログに対するCCライセンスを表示できるようになった。

FacebookのCreative Commons License
 

ライセンスの対象は、写真、Profile Text & Status Updates、Videosの中から選択して、指定することができる。

Twitterについては、ちょっと前にTweet.CCというサービスがちょっと話題になった。ライセンスがプロフィールに表示されるわけではないので、あまり普及していないようだ。

Creative Commons Hong Kong

香港でCreative Commons Hong Kongがスタート

先週末香港にいた僕にとっては、ちょっと残念だったのだが、明日25日土曜日に、香港のクリエイティブコモンズのLaunch Partyが行われる予定だ。

リンク: Creative Commons Hong Kong.

CEOのJoiさんやLessig教授のレクチャーも予定されている。

残念ながら一週の差で、参加することができなかったが、香港でのCreative Commonsの発展には、これから注目していきたいと思う。

Creative Commons Hong Kong


from shinyai

iSummit 08終了:日本語セッションと英語セッションの分断

札幌で開催されたiSummit08が終了した。迷いに迷ったが、3日間参加してよかった。最後のモエレ沼にもいきたかったが、飛行機の時間の関係で、参加できなかった。
非常に実りがあったし、新しい知見も得られたし、なによりポジティブで明るい人たちが多く、楽しい時間を過ごせた。主催側の交流を促進する努力もすばらしかった。僕はまだまだ、ある種の興奮状態にあるような気がする。
iSummitについての参加前の理解は、Creative Commonsのイベントで、法律家や技術者が集まり、クリエイティブコモンズの未来について語ったり、あるいはCCライセンスのコンテンツのワークショップが行われたりするイベント、というものであった。中核部分の理解としては間違っていないと思うが、実はもっと射程は広く、「文化」という切り口で、グローバルな社会の発展について議論するという場所と理解したほうがよさそうだ。たとえば教育のLabでは、Freeな教育コンテンツをいかにして世界中で共有して、各国の教育の改善に寄与するかが、話し合われていた。Labはワークショップ形式なので、参加者では議論に参加し、議論をまとめていくものが多く、日本人は(僕も含めて)ついていくので精いっぱいという人が多かったように思う。

続きを読む

Tokyo Photowalkers

写真好きの日本人を中核にコミュニティを広げるZooomr:Photowalk in 築地に参加

先日告知していた、Chidorianさん主催のPhotowalkが昨日開催された。僕も初めて参加してきた。

Tokyo Photowalkers

from shinyai

続きを読む

Creative Commons Japan - クリエイティブ・コモンズ・ジャパン - isummit08

iCommon Summit’08参加します

いろいろ迷ったが、iCommon Summit’08(札幌、7月29日-8月1日)は、全日程参加することにした。最後にモエレ沼に行って皆さんで集まってお話しするのが楽しそうだが、残念ながらそこには参加できなさそう。

リンク: Creative Commons Japan – クリエイティブ・コモンズ・ジャパン – isummit08.

Creative Commons Japan - クリエイティブ・コモンズ・ジャパン - isummit08


from shinyai

「iSummit 2008開催を記念したイベントを企画というのがあって、面白そうだと思ったが、すでに締め切られていた。というわけで、夜は札幌の関係者の皆さんとお会いできれば幸いです。

Public timeline - Identi.ca_1215020993797

ぎりぎり視界から消えずに踏みとどまった、ミニブログのidenti.ca

6月下旬から7月初旬にTwitterが絶不調に陥り、湯川さんがTimelogに引っ越したころ、避難先として主に注目されたのは、日本人ユーザの間ではWassr、英語圏ではidenti.caであったように思う。このころ、Fumiさんの書いたidenti.caに関する記事を読んで、Creative Commonsが適用されるオープンソースのミニブログ、という程度の理解で、僕も一応使い始めた。

Public timeline - Identi.ca_1215020993797

from planspark

ただ残念ながら、一般ユーザから見たときのメリットは安定性ぐらいのもので、他サービスとの連携もイマイチなので、identi.caは徐々に僕の視界からも消えかかっていた。どうやら僕以外の人にとってもそうだったようで、identi.ca静かだなあ、というようなつぶやきが、ときどき見受けられた。そして、Tomblooによるマルチポストの対象からも、今のところ外れてしまっているので、いよいよ脱落かなと思っていたところ。

実はひそかに、identi.caをめぐって、いくつか変化があったようなので紹介しよう。

続きを読む