タグ別アーカイブ: blog

音声ブログ事情

あれこれ考えて、大学でラジオでもやってみようかと思っている。
稚内の学生たちの世界は、それはそれで面白いことも多いのだけど、丘の下にいる稚内の人たちにもあまり理解されていないし、まして稚内の外にいる人たちにも、最北端なマニアックな大学としてしか思われていないふしがある。
同じマニアックでも、うちのゼミに所属したり、遊びにくる学生たちは、どちらかというと「デジタルな面白いこと」に貪欲な人たちだ。(これも学内では、著作権や法律ばっかりやってるやつら、と思われている)
で、ラジオ。いやテレビでもいいんだけど。大学にあるスタジオを使って、気軽に、「今日ちょっと録ろっか?」っていう感じで始められるのは、音だけのラジオじゃないかなと。そのうち、コミュニティFMにも売り込めればもっといい。
というわけで、4月開局に向けていろいろ調べ始めた。
デジオ:音声blog座談会 : Hotwired
livedoor ねとらじ
Wired News – ネット音声をiPodで聴く『ポッドキャスティング』 – : Hotwired
一人でしゃべくって、mp3にするだけだったら簡単にできそうだ。
問題はスタジオのミキサーの操作を習得しないといけないということだが、そこはH君が大学に残ることになりそうなので、まずは3月にそれをみんなで学ぶか。音楽はかけない。あるいは許諾を得やすいインディーズ系で探すか。
できればSkypeがあるんだから、東京サテライトの学生も参加して、稚内-東京でわいわいやるのもよい(やってみたい人いませんか?)。
うちの弟にもSkypeでなんかしゃべらせよう(うざがられそう。。。)。

「稚内体言止め」

ゼミ生たかやなの「Doblog – Softなぶろぐ –」に「稚内体言止め」というカテゴリーが登場した。たぶん意味のわかる読者は少ないと思うので、親切にも背景説明。ちゃんと説明しながら書きなよ。
稚内市内に流通する地元紙に、市内のニュースを取り扱う「稚内プレス」と宗谷管内のニュースを取り扱う「日刊宗谷」がある。「プレス」はタブロイド版で、表裏一枚の日刊紙。「日刊宗谷」も、テレビ面を含めて計4面でこれも日刊紙。北海道新聞には、留萌・宗谷という地方面があるのだが、全国紙は「北海道」面がそれぞれ1,2ページあるだけなので、地元の稚内のニュースは、この地元2紙と道新だけが頼りということになる。それだけ影響力は大きい。
自分の属する小さなコミュニティの支配的メディアのことについて、あまり悪いこともかけない。慎重に言葉は選ばなければ成らないのだが、、、。大手新聞社のような整理部や校閲部がなく、そういう工程が明確に位置づけられていないのではないかと思う。
-誤字脱字が多い
-見出しレイアウトがわかりにくい
という点に加えて、とにかく体言止めや中途半端に終わる文が連発される。手元に新聞がないので具体例をあげにくいのだが、たとえば。
-観光客も雪祭りの盛況ぶりに驚いていた。
-観光客も雪祭りの盛況ぶりに驚いた様子。
-雪祭りの盛況に驚く観光客。
-雪祭りの盛況に観光客も「びっくり」。
-雪祭りの盛況ぶりに驚く観光客も。
一番目の文はあまり採用されず、「様子」「観光客」「びっくり」といった表現で閉じられる文がよく用いられる。「も」も結構好まれているように思う。Yahoo!のサイト紹介文にもよくあるけど。この手の表現は、大手紙でも「締め」の言葉などで用いられていることが多く、おそらく地元二紙もそれにならっているのではないかと思うのだが、あまりに連発されると、読み手はしらけてしまうのだ。紙面が限られているというのもこの表現が多用される原因かもしれないとは思う。しかし、最後に文を閉じる表現に困った結果として、「体言止め」で終わらせたと思われるようなケースも多い。
しかもこの手の表現法は、どうも感染力が強いようで、地元の人の書く文章にも、この二紙の表現手法にならった表現が見受けられる。新聞協会が「NIE」を提唱している中、子供たちの日本語がこのメディア環境によってどういう影響を受けるのか、心配ではある。
ちなみに青森の東奥日報では、「明鏡欄」という投書欄に、結構むちゃくちゃな内容、文体の投書が掲載されていて、一戸家ではよく話題にのぼっていた。テレビでアナウンサーが使う日本語のおかしさを、親が指摘することもよくあった。うちの親はちゃんとメディアリテラシー教育をやってたんだなあ。ありがとう。

シャラポワにロシア語を習いたい

Papu’s-Blog::競争率13.7倍から。
シャラポワは皆さんより若いのですよ。。。
でもまあ学生たちの気持ちはわかる。
かつて「ニセ学生マニュアル」という本があって、どこの大学でいつどんな文化人が講義を持っているか、情報が載っていた。ミーハーな僕も、さすがにそれを見て他大学の講義にもぐるということまではしていなかったが、他の学部で興味を持った講義を聴きに言ったり、専攻分野で有名な先生の他大学の講義にもぐったこともある。
ちなみに、シャラポワは英語で教えると思うので、ロシア語を習いたい人はまず英語を勉強してください。「来てもらっても学生が対応できるかどうか」というセリフは、現状に妥当しているとともに、先生の免罪符にもなりえます。僕らはいい内容を受け入れる素地ができていますよ、早く対応してください、という姿勢ができていないと、教員もその状態に甘えてしまうのです。「英語で教えてくれるんですか。なるほど。語学を英語で教わるくらいならば、なんとかなりますよ。」と少し背伸びしたらいえるぐらいに学生がなってないと、万が一シャラポワ招聘の糸口をつかんでも、前には進まないでしょうね。
卵が先か鶏が先か。

Inspired by Yukimi’s Blog

「探究心」問題で、T先生からトラックバックがあった。同じ問題に対して、若干違う立場からのコメントだと思う。
地方の研究者には、同じ専門で議論のできる同僚がいない。
まさにその通りで、僕もその状態を4年半も続けている。
巷間言われているところでは、地方の研究者というのは、だんだん専門的な研究から遠ざかってむしろ「広く浅い」研究を志向したり、「地方の名士」となってあちこちに顔を出して自分を満足させたり、「学内政治」にうつつを抜かしたりするものらしい。僕も振り返ってみれば、それらしきことはみんなやっているような気がするのだが、まだこの三分野で満足感を得られる境地にはなっていないので、引き返せるようにはしているつもり。
おそらく「文系」に関しては、学部内で「軸」をもっと明瞭に作っていく必要があったのだろう。それは当初からあったはずだ。
しかし実態は、諸学の集合体にしかなりえていない。そもそもメディア系の文系学部や研究所は、おそらくどこも「寄せ集め」なのだが、基本はこの世界はミーハーというか、変わり身の早い人が多いのだろう、だいたい社会での流行が全体のパースペクティブを形成し、求心力となるようだ。携帯電話やP2Pやブロードバンドを軸にして、諸学が結集できる枠組ということだ。おそらくそこから先は、相互の領域には「不干渉」なのだろうけど、本を作ったり、紀要で特集をやったりして、利害関係がある種の求心力を形成していくのだろう。
僕がそういうことを企画してもいいのだけど、パースペクティブの形成においては、どうも「軸」の部分に法学が置かれることはないようだ。法学者ながらに教養があってそういう役割を果たせる人もいると思うのだが、そこまでの能力も腕力もない。
さて、じゃあ学生を育てて議論の相手に、という話だが、それは求める程度による。
たしかに「ミーハー」な僕は、ある程度は学生も関心を持つようなことを研究テーマにしているので、「最近はこういうのを研究しててさ。。。」という話はできる。
が、そこから先、専門家と話すのと同じ議論ができるかというと、それは無理というものだろう。
大学院時代、タイの大学院に留学していた人がいて、その話を聞いたことがあった。
タイでは特定の問題について、オープンマインドで、細かい論点についての解釈を議論することは少なく、どちらかというと、「知識」程度の浅い議論しかなかったという。本当のところはわからないが、今となってはなんとなくその気分はわかる気がしてきた。
去年から学生に、ビジネス著作権検定と知的財産検定の勉強をさせているのだが、これらに学生たちは非常に熱心に取り組んでいる。
検定試験の勉強をしていると、実際にはさらに追求していきたくなる問題がどうしても出てくるのだが、そこから先はオープンマインド、つまり「教わる」「覚える」という客観的知識を習得する以上の関心がなければならない。学生たちは、なかなかそこから先に進もうという雰囲気にはならないし、検定への最短コースに導こうと考える自分も、「まあそこから先はいろいろあるんだけどね。」という話で幕引きをする。
自分の学部時代のゼミでは、外交官試験を目指す学生が多かった。なので、似たような雰囲気は確かにあった。
しかし先生は、非常に豊富な引き出しから、さまざまな質問を繰り出して下さった。当時学生の何割がその話についてきたかはわからないが、僕自身が大学院に進もうと思ったのは、あのときのゼミでの議論がバックグラウンドにあるように思う。ただ、それは社会生活で必要な態度であったのかは、いまでもよくわからない。
昨今の大学教育の「実学化」は、おそらく「研究」の本質的な視点を学部教育から排斥する方向に進むだろう。
「そこから先」に進むよりは、「次の大事なポイント」に移ることを教師に要求するだろう。
それは僕が目にしている「現実」からすれば、いいことなのかもしれない。
しかし「振り返って役に立つ」ということもある。僕にとって学部時代のゼミでの議論は、「振り返って役に立つ」ことなのだが、それは僕がこの世界に進んだからこそ。
当時ゼミで学んだ仲間は、望みどおり外交官になった者もいるし、それ以外も多くは大手企業に就職した。彼らがいま、あの頃勉強したことをどう思っているのか。そこにきっと、この問題の答えの一部があると思う。
もう一点、一日あたりの学費、という話。
これはその通りなのだけど、僕も大学にちゃんと行っていなかったので、人のことは言えない。
ただ。
稚内では「学生と教員の距離が近い」という。たしかにそうだ。
しかし、そのことがそのまま「学生にとって教員が身近な存在である」と言い換えられるかというと、それはよくわからない。
ただたんに、「口の利き方」がわかっていない場合もあるし、親しげに話しかけてくる学生の後ろに、人と話すことが自体にしんどさを感じている学生もいる。
僕も感覚がおかしくなっているのだろう。妙に「恐縮」されて驚くことも少なくない。たぶんあれが平均的な学生像なのだ。
たぶん自分たちが思っている以上に、教員は学生を「支配」している。
なので、いくら「高い学費を払っているんだから」といったって、たぶん学生はそういう問題ではなく、面前にある「気後れ」のほうが勝ってしまうのだ。

情報共有

数日前の「郷土愛」の弊害には、いくつかコメント、トラックバックをいただいた。ぼかした書き方をしたのと、いくつかの論点を一度に書いたので、コメントのポイントもいろいろだった。
まず稚内にも「外から見える稚内」についてちゃんと考えている人がいる、という意見。
それには同意する。でも、その少数の良識が全く通じる気配がないというのが問題だ。それと、良識なんかなくてもなんとかなる、という楽観的な立場に稚内がいないということがまず大前提になる。「観光」がなければどうにも立ち行かないというのは、都市の構造として非常に悲観的な状況だし、その頼みの綱の「観光」をなんとかする機運もないというのは、もはや絶望的だ。で、いいたかったのは、にもかかわらず「地域に根ざしてくれ」という大学へのリクエストは無茶苦茶なのだということ。何に根ざしたらいいのだろう?そんなに何もないんだったら「大学に根ざしてくれ」とこちらからもいいたくなるというのものだ。IT産業の集積について、何か考えていただいたことはあるのだろうか?学生の起業支援なんて話は、全く聞こえてもきません。
情報共有のチャンネルを作っていくことが大事というもう一つの意見。そう思う。
GREEのサービスを使って感じるのは、非常に都会的な情報共有スペースだということ。これは都会のユーザが多いという意味ではなくて、他人との濃淡のある付き合い方や濃淡のある情報共有があるという意味だ。東京では、電車の中や喫茶店などで、いやおうなしに他人の情報が入ってくる。しゃべっている内容が聞こえたり、服装が目に付いたり。で、他人のことは大して気にはしていないのだが、ちょこちょこ意識せずにいろいろな情報が入ってくる。また人ではなくても、たとえば電車の中吊りとか街に出ている看板から入ってくる情報もある。それらはそんなに集中して情報を取り入れる対象にはなっていないが、自然に入ってくる情報として意識の隅っこに置かれることになる。田舎にいると他人を凝視していろんな情報を得る人たちがいる一方で、自分にかかわりのない情報がちょろちょろ入ってくることが極端に少ない。情報が少ないから他人のことをよく見ているのかもしれない。
GREEは友達の意外な一面がわかるだけでなく、友達の友達のことがだいたいの人となりまでわかるようになる。Blogやおすすめの本の情報もちょこちょこ入ってくる。それらは必ずしも自分の興味の範疇に入るわけではないが、まさに「意識の隅っこ」に置かれることになる。「外の世界」を感じたからといって、一足飛びに「田舎者」でなくなるわけではないが、「中吊り広告」のない街の人には、結構大きなインパクトがあるように思う。
まず稚内掲示板の書き込みに、知性のかけらもないという状態は、なんとかなるかしら。2ちゃんねるの稚内版と割り切るにしても、あまりにもひどい。